Lc.ツリーカテゴリー
タグクラウド

Eurovision にプロの歌手は不要!? アマチュア歌手にこそ出場して欲しいという声 ~雑談考察記事~

60年以上続く、ヨーロッパ最大の音楽祭・歌唱際である
Eurovision Song Contest

各国から、その国の代表として一人の歌手(ないしグループ)を選抜し
参加国で一番の歌手を決める、世界最大規模の歌唱大会である

国内予選大会を勝ち抜いて出場した歌手
あるいは内部選考によって抜擢された歌手
各国の代表となる歌手の年齢、ジャンル、レベルはバラバラで
多種多様な歌手がこの大会に出場することになるのだが
さて、この大会における『歌手』とはどうあるべきなのか?
その疑問に、多くのEurovisionファンが銘々の考えを持っている

Eurovision にはプロ歌手は出るべきではない!?
Eurovision は、各国の代表が歌唱力などを競い合う大会としているが、同時に
アマチュア歌手がプロになる為の登竜門的な大会である、としている人は少なくない
ゆえに、「プロの歌手はこの大会に出るべきではない」
と言う考えを持つ人が、欧州各国に一定数いる

プロの歌手は既にプロとして成功を収めているのだから
ことさら出場して名を売る必要はない、と言う意見や
中々日の目を見ることの出来ないアマチュア歌手にこそ
こういった大きなステージに立てる機会を譲ってあげるべき、など
内容に多少の差異はあるものの
概ね、Eurovision=アマチュア歌手(ないしインディー歌手)の活躍の場
と言う認識を持っている人は多々見受けられる
(年々増えてきているようにも思う)

中には、Eurovision の公式的なルールとして
プロ歌手の出場は禁じられている、と解釈している人もいるほどだが
ほとんど毎年のように議論されているこの問題について、今回は掘り下げていこうと思う

先に書いておくが、私は別にプロが出ようがアマチュアが出ようが
その国の文化を音楽を通して見せてくれる歌手が一番見たい派なので
どちらかの意見に肩入れするつもりはない、とだけ言っておく

あと、この記事は別に結論を出していないし
ただウダウダと書き綴っているだけなので
長いだけのチラ裏記事である、という事も先に言っておく

続きを読む

スポンサーサイト

【お知らせ】Eurovision 和訳記事総合一覧ページのリンクやレイアウトを全て直した!!

180曲分近くあるリンク全て貼り直して
レイアウトも全部一新させたああああああ!!!
3日かかったぞおおおおお!!!!

http://sheilabirlings.blog33.fc2.com/blog-entry-3965.html

今までMVやSF、GFの文字に太文字をかけていたんだけど
出場者名に太文字をかけた方が見やすいという事に気が付いたので
文字一つ一つにかかっていた太文字を設定する文字列を全て削除
さらに、過去のものはセミファイナルとグランドファイナルの区別をつけず
ただ「ライブ」とだけ書いてリンクを貼っていたものを
全てセミファイナルのSFとグランドファイナルのGFに区別して貼り付け
あと、国内予選があればNF(ナショナルファイナル)
アコースティック版があればAV(acoustic version)
別言語版があればなるべく拾ってきて貼り付けていった
代わりに名前の方に太文字を設定するって言う、それだけの単純作業が
単純計算でも2015-2018のおよそ40曲4年分=160曲
プラス2014年途中までなので、端数(43の3とか)を合わせて
大体180曲分のリンクを貼り直し終えた

検索するときに地味に困ったのが
Eurovision 〇年版 国名
で検索すると、グランドファイナルに上がったのにセミファイナルだけヒットしたり
つまり、わざわざGrand Final ってつけないとGFの映像が検索で上がってこなかったり
セミファイナルも同じような現象でヒットしなかったりしたことがあった
なので、一部のリンクは決勝戦のものが抜けてる可能性がある
もう検索するのが嫌なので来年また検索することにするが

Eurovision記事に関しては
もう今回のこのお知らせ記事を最後にして
明日からウクライナ版The Voiceの記事を書いていく
とりあえずウクヴォから

ただ、まだ何も記事用意してない上に
ウクヴォと、あとフランス版The Voiceは2時間超えの番組で
実質記事二つ分を毎回書かないといけないので
その都合上、2日おきにアップするようにしたいと思う

以上です

音楽なしで Eurovision 2018 !? BGMを消して、イメージSEをつけた動画が面白い

すっげえくだらないけど最っ高に笑う

無音でEurovisionを見たらこんな感じに見えますよ
って言う印象を分かりやすくするために
完全無音になってるわけではなく、効果音を追加したもの

完全にバカにしてるのに
悔しいけど笑っちゃう


なんでこれを取り上げたかって言うと
先日の「曲に合わないバックダンサー」の話が
これを見て改めてぶり返してきたから

続きを読む

THEME:YouTube動画 | GENRE:音楽 |

Eurovision を微塵も知らない米国人に2018のTOP10を当てさせた動画がクソ面白い!! ~USの反応~

昨年も取り上げましたが、今年もやってきました! 
アメリカ人が反応するシリーズESC版!! 

去年これ見て今年も早くやらないかなって待ってたんだわwwww
Eurovision2018が終了して、一週間後も経たないうちに投稿された動画なんだけど
ユーロビジョンを微塵も知らない人に
ESC2018最終順位TOP10を当てさせるというwww


基本的に私は他の人の意見が自分の中に入ると
ブログの記事を書く上で私の純粋な意見が崩れるので見ないことが多いけど
結果が出終わった後のこの反応は面白いというか
このタイミングで見るからこそ、色々楽しいので今年も見るという

ちなみに去年の記事はこちら
http://sheilabirlings.blog33.fc2.com/blog-entry-5159.html

この動画の中でも
個人的にすごく「面白い」と思ったコメントを拾っていこうと思う

続きを読む

THEME:YouTube動画 | GENRE:音楽 | TAGS:

本当に世界中のThe Voice を見ればEurovisionをより楽しめるのか? 後編

前回の記事の続きです


The Voice Portugal
イギリスやフランスと並ぶ高い歌唱力と
スペイン版並みにエモーショナルな歌唱と豊かな感情表現
そして、伝統的なファドやポルトガル語歌唱の揃ったポルトガル版は
世界有数の歌唱力とセンスのある出場者が集う大会である

ただし、US版ほど圧倒的な歌唱力を持った出場者がいるわけでもなく
ルーマニアほどぶっ飛んだ表現力で挑んでいるわけでもなく
ギリシャほど母国語歌唱が多いわけでもなく
ポジション的にはどこか、器用貧乏感のある大会であるとも言える
ただ、そう見えるのは出場者一人一人がかなりまじめで
冒険しすぎずに歌っているところが強いのと
コーチたちのコーチングの方向性が合わない場合が多々ある為で
とは言え、The Voice シンジケートの中でも上位ランカーであることに間違いはないし
何より、最もコーチ同士の仲が良いため
見ていてほっこりする場面が最も多い国でもある

ポルトガル版最大の魅力はそう言った、ホーム感の強さで
出場者に対してコーチ全員で励ましたり、ハグしたり、健闘を称えたり
出場者以上にコーチ陣の掛け合いを楽しむ人の方が多いと思う

Cláudia Pascoal

続きを読む

THEME:YouTube動画 | GENRE:音楽 |
プロフィール

シーラ B

Author:シーラ B
X Factor UK とか BGT とか あと小説とか
長いプロフィール

FC2カウンター
検索フォーム
過去のログ v.コンパクト
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
スポンサードリンク