平沢進さんの新作アルバムが素晴らしい ~ホログラムを登る男~ 

やっと書けるわwww

平沢さんの13thアルバムを買ったよおおおおおwwwwww

ホログラムを登る男
ホログラムを登る男

聴くのがこれほどまでに楽しい音楽とかwww
歌詞を読む方向でwwwwww

ホログラムを登る男カラオケ
公式HPで予約購入したら
3曲分のカラオケCDがついてきた
超うれしい


それで、今回のアルバムなんですけど

一曲目の『アディオス』

これがもう本当にお気に入りで

歌詞がね

いいんすよ

読み込みがまだ浅いからっていうのもあるけど
まあ、なに言ってるかよくわからないですね
よく分かんないんだけど

とにかく歌詞が面白い

Aメロ2回目の歌詞とか特に凄まじいわ

晩年を悔恨に染め
ああ怯える尊師 号泣
叫んでも奇跡はこない
ああ長者の跋扈は連綿


跋扈=ばっこ
思うままにのさばること



Aメロは基本的に
ああ憂える弁士 うなだれ
とか
ああ驕れる人士 逃亡
とか

あんまり良い印象はないけど
……いい印象がないというかなんというか

だけど
サビで続く言葉が綺麗

行こう キミが住む 如実の街 家 家 家
アディオス 置いて行こう 悲劇の遺影

行こう どこかでは 荒んでもキミはまだキミ
アディオス 濡れても行こう 清廉の雨


このサビがあまりにも美しい


メロディーと相まって
心が洗われるかのようだわ


おっそろしく抽象的なこといって
なにがなにやら分からないブログになってきてるけど(;^ω^)

とにかく言葉選びのセンスがいいし
一文一文が綺麗なんだよ

いやあ
早く歌詞の意味合いを完璧に理解できるようになりたいわ

ぶっちゃけ依頼されて英語の歌詞を日本語訳したときより
遥かに大変だけど(笑)




帯に今回のアルバムはヒラサワ節全開って書いてあって

いやいや毎回そうじゃないかって
一人、ツッコミを入れていたけど
聞いてみて初めてわかる

確かに、平沢節全開なんです

気持ちいいぐらい平沢してます(?)


『アディオス』も含め
還弦主義からの流れの平沢さんってかんじ
核P-MODELの『гипноза』とは全く違う

そんで、還弦と『現象の花の秘密』での
ある意味で実験的な造りが
今回、一つの完成系に至ってるように感じます



最高だわ

もうしばらくこのアルバムしか聞けない(笑)

関連記事

0Comments

Add your comment