鐘が鳴るまで二人でラジオ ~The Voice SP7.5~

The Voice UK 2016
Blind Audition 全体の感想と
私と他力さんそれぞれのベストをご紹介するラジオです!


各チームごとで個人ベストをあげています
なんかもうテンションがアレだ(笑)
私のコメントがさとさんやmeirinさんの影響を受けた形になっていますね!
ありがとうございます!

明日はいよいよ次のステージに入ります
楽しみですね!



あと、重ねて申し上げます
法律違反ダメ、絶対


The Voice 記事
http://sheilabirlings.blog33.fc2.com/blog-entry-3786.html

Kevin Simmさんがかつて所属していたグループ


すごく有名な曲

関連記事

4Comments

さと  

その昔、、、

事故った車(廃車レベル)の隣でピースサインをキメた写真を掲載していた車雑誌がありました。
当時から全くの理解不能でしたが、
そういうノリが今はツイッターにとって代わっているのでしょうか。

「もう捕まれ! 捕まってしまえ」→ ワロタ


という事で、私の優勝候補は以下のメンバー
Cody Frost、 Jolan、 Rachel Ann  → 3人とも若さと可能性を評価。
Kevin Simm は厳しいのではないか。(CD持ってたとかw しかも208円也とは、、、)
元プロ、現プロは他の人より厳しい目で見られると思う。多分。

まもなくバトルラウンド。
これが結構クセがありまして、、、
まず、自分のチーム内で組み合わせを決め、競わせる。そして2組のうち1組を選ぶ。
つまり、ついこの前、自分のチームになったメンバーを半分に減らす訳です。
最初は「え? 自分のチームを即半分にするの?」と思いました。
なんだか、平均的日本人の感覚だと、残酷な気がしてしまって。
でも、これには救済策が用意されており、落とされた人を他の3人のコーチがボタンを押せば救済されます。
(スティール:各コーチ2人までかな?)
その出演者は今後は新しいコーチのチームに入ります。

この一見訳のわからないシステムにも運だか何かが入ってきて、何やら面白く感じてくる不思議。
組み合わせの時点で「アレ、この2人を競わせるのかよー」というのがあります。(特にウィル)
結構人気がある2人をバトルさせたりして。視聴者的には「もったいない」と思う訳です。
しかし、穿った見方をすると、仮に落としても、誰かが拾ってくれるだろー
みたいな考え方もあるのか? と深読みしたりしています。

バトルラウンドは2組が同じ曲を歌います。
なので基本はテイストが似ている人同士で組み合わせますが、
中には、明らかに片方だけが得意なジャンルで、もう片方が合わないような曲だったりする事も。
そんなの不公平じゃん、という(笑)

色々と怪しいシステムのバトルラウンドですが、
見ごたえのある勝負や、新しい発見もあったりすので、蓋を開けてみるまでわかりません。
日本時間の月曜日を楽しみにしたいと思います。

2016/02/27 (Sat) 22:14 | EDIT | REPLY |   

シーラ B  

Re: その昔、、、

> さとさん
捕まったほうが本人のためのような気がするけど
治らない人は治らないのだろうなと思いながら
Liberty X のアルバムは
「でもNOWに入ってるからいいか」と手放したのが悔やまれる
再安価208円だけど

> という事で、私の優勝候補は以下のメンバー
> Cody Frost、 Jolan、 Rachel Ann  → 3人とも若さと可能性を評価。
わざわざこちらでもありがとうございますwww
若さと可能性、分かります
どの番組でもそうですけど、コーチング、トレーニングで色々と飲み込んで化けるのは
やっぱり若い人たちが多い印象がありますからねえ
特別、CodyさんとRachelさんは特性みたいなものを披露してるし

> Kevin Simm は厳しいのではないか。(CD持ってたとかw しかも208円也とは、、、)
> 元プロ、現プロは他の人より厳しい目で見られると思う。多分。
元プロ現プロが厳しいのは分かりますが
2015年トルコのThe Voice優勝者が元Eurovision出場のプロだったりもしたし
希望が持てる!(……たぶん

でもX Factorでもさんざん元プロたち出場して
本当にさんざん敗退してきてるから、なあ……(;^ω^)

> バトルラウンド解説
自分のチーム内で競わせるのか(;゙゚'ω゚')て
は~
へ~
自分の中ではなぜか幽遊白書みたいな(?)
課題曲が決まっていても、直前まで誰が歌うかわからないみたいな
「あ! 相性の悪そうな二人がバトルするぞ!」みたいな
そういう方式かと勝手に思ってた
(ということはURL貼ってもらったウィルのチームのも、チームメンバー同士か)

> バトルラウンドは2組が同じ曲を歌います。
> なので基本はテイストが似ている人同士で組み合わせますが、
> 中には、明らかに片方だけが得意なジャンルで、もう片方が合わないような曲だったりする事も。
> そんなの不公平じゃん、という(笑)
Being系歌手の、歌の提供のしあいとか
歌う人によって解釈の変わる現象が好きな私には何ともうれしいシステム
でも片方が合わないの歌わされる場合の理不尽
……楽しみ(;^ω^)

> 色々と怪しいシステムのバトルラウンドですが、
> 見ごたえのある勝負や、新しい発見もあったりすので、蓋を開けてみるまでわかりません。
> 日本時間の月曜日を楽しみにしたいと思います。
お楽しみに!
私も日曜日の動画視聴とラジオ収録を楽しみにしておりますwww

2016/02/27 (Sat) 23:54 | EDIT | REPLY |   

meirin  

ラジオお疲れ様です♡
なんか渋くていいですねー( ¨̮ )
どんどん語ってください(笑)
あえて、お二方の推しメンには何も私からはコメントせずに、今後のそれぞれの反応に期待します(笑)

細かい事はバトルのブログ後にしますが、今から楽しみすぎますね、明日朝起きたら、もう何人か脱落してるのか…とどきどき。

バトルは若干、もう明らかに勝者が予想できるのある中で、地味にノリ女王(歌唱力があるかはおいといて…(笑))のcherly blueがバトルでどれぐらい歌えるのか気になります

彼女のエンターテイナー性はvoice向きではないかもしれないですけど、普通に楽しいので…( ¨̮ )

2016/02/27 (Sat) 23:54 | EDIT | REPLY |   

シーラ B  

Re: タイトルなし

> meirinさん
ありがとうございます!
どんどん語っていきますwww

> あえて、お二方の推しメンには何も私からはコメントせずに、今後のそれぞれの反応に期待します(笑)
バトルステージでの通る人落ちる人
推しメンの結果に一喜一憂するのもまた
こういう番組の醍醐味ですからねwww

> cherly blue
ノリがすべてと言わんばかりのパフォでしたが
勢いと元気だけゴリ押すタイプ
確かにこういう人が一人いると番組が華やかになるし楽しくなるし派手になるから
いいんですよねええええwwww
最低一人欲しいタイプ

……次もバイオリン持ってくるんだろうか

2016/02/28 (Sun) 00:54 | EDIT | REPLY |   

Add your comment