Eurovision 2016 出場者決定国を見よう! ~ベラルーシ~

今日からEurovision Song Contest の
出場者が決まった国を紹介していくよ!( `・ω・´)

本選は5月入ってからだけど、今からせっせと記事を書きためていくよ!( `・ω・´)

出場する全部の国を好きになろう
(コンセプト)

ベラルーシ代表 IVAN


んでは、今回は
最も早く代表者が決まったベラルーシから!

ベラルーシ - IVAN - Help You Fly

なんかB'zみたいな歌詞だな

サビの歌詞「I will help you learn how to fly」
「君に飛び方を教えてあげるよ」(直)の部分が目立つだろうけど
これは翼を使って空を飛ぶ、天使とか鳥とかそう言う意味合いでないですね

大人になって色んなことに毒されて、荒んでしまった君よ
幼いころの純粋な気持ちを思い出してごらん

今こそ、キミが押さえ込んでる君を解き放とう
大丈夫、僕が君に飛び方(解き放ち方)を教えてあげるよ

僕が飛べるなら君も飛べるさ
さあ、一緒に飛ぼう
君を苦しめるモノを、全部置いてけぼりにして


っていう歌詞ですね
意訳+要約すると


ぶっちゃけね
初見で聞いたときは
「ああ、大したことねえなこの人」
って思ったよ

昨年、私が推していた人らが上位陣だったりしたのもあるし
正直なところ、覇権を握れるほどの実力はないと思う

でも、歌詞が良いよね
私、こういう歌詞大好きです

歌の翻訳とか意訳で一番重要なのって
歌い手がどう歌っているのか
どのポイントでどういう声を出しているのか
そう言うところが非常に重要になるのだと思う

それを踏まえて、動画を見てみると
Help You Fly を歌うIVAN は、ずっとすました表情
あるいは達観したような視線を送っているように見えるし
やさしく微笑んでいるように見える

「I will help you learn how to fly」という歌詞を向けている相手に対して
諭したり、導いたりしているように見えますね
よく通るいい声と相まって、そうした印象がより強くなる


ただ、Aメロ部分の歌詞を歌う時は
必ずハスキーがかった低い声で歌っています
Bメロやサビとは大違い
これが何を意味しているのか

Aメロの歌詞の内容を要約すると
(1番)幼いころの純粋だった僕らを思い出してごらん
(2番)君が苦しんでいるのは知っているよ

どちらも、目線を苦しんでいる『君』と対等な立場に立とうとしている内容になっている

だから、この曲は『僕』が『君』を導こうとしている歌詞なんだ!

って終わってもいいけど
個人的な深読み

これって、でも、Aメロをそこまで低くてハスキーな声
つまり、苦しそうに歌う必要がないんじゃなかろうか
わざわざそうするっていうことは、意味があるんだよ
Aメロ→Bメロ→サビにかけて
徐々に解き放れていく様も含めて

何が言いたいのかっていうと
物語の語り部である『僕』は
苦しんでいる『君』のことを、『僕』はこれだけ分かっているんだよ?
『僕』も『君』と同じぐらい苦しいんだよ?
って言おうとしていることを表現しているんだと思う

加えて、導き手である『僕』がそれだけ『君』の気持ちを表現できるほど
苦しそうな声を出せるっていうことは

それはつまり、過去に『僕』も『君』と同じような苦しみを味わったことがある、
ということなのではないでしょうか
同じ苦しみを味わって、克服したことがあるから

「I will help you learn how to fly」
「君に飛び方を教えてあげるよ」

「If I can fly then you can fly」
「僕が飛べたなら、君も飛べるさ」

に繋がってくるのだと思う

やっぱりいい歌だ


次>>
http://sheilabirlings.blog33.fc2.com/blog-entry-3801.html

Eurovision記事もくじ
http://sheilabirlings.blog33.fc2.com/blog-entry-3794.html


参考サイト
http://4lyrics.eu/esc/2016/ivan-help-you-fly/

公式HP
http://www.eurovision.tv/page/timeline

YouTube公式チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCRpjHHu8ivVWs73uxHlWwFA

関連記事

0Comments

Add your comment