Lc.ツリーカテゴリー
タグクラウド

Eurovision 2016 出場者決定国を見よう! ~チェコ~

ようやく書き上がったEurovision 2016記事!

今日はチェコ代表の楽曲を紹介いたします!

記事を書き続けているモチベーション維持第2回目!wwww

もうね
この曲が公式チャンネルにアップロードされてから
ずっと歌詞読みたかったのwwww
読んでいって深読み考察したかったのwwwww

素晴らしい曲だと思うわ

チェコ代表 Gabriela Gunčíková - I Stand


自己紹介動画


歌詞
私は人生に行き詰った
私は壁にぶつかった
私は登りつめて、そこから落ちぶれた者
私は私の役割を、私の心と共に演じてたんだけど
でも、悲しみの奥からそれ(失敗?)はやってきた

私は無理しているのを感じた、私は過ちを犯した
私の頭の中にいる怪物と共に
だけど、あなたはあそこに立っている
あなただけが私のことを気にかけてくれる

だって、私は立っている、ここに立っている
私はただあなたの為にここに立つ
私の全てはあなたの一部
私は立っている

私は立ち向かっている。私になんでもやれる
今なら私の居場所が分かる
私の選択で、自分のことが分かる
この人生は私のものだってことが

私が一人前になれたのはあなたのおかげだって、感謝してる
あなたは私にとって必要不可欠な人、私はいつもあなたのことを気にかけている

だって、私は立っている、ここに立っている
私はただあなたの為にここに立つ
私の全てはあなたの一部
私はここに立つ

あなたは決して私のことを離さない
あなたはいつも私のことを信じてくれて
私がここに立っていることを見てくれている

だって、私は立っている、ここに立っている
私はただあなたの為にここに立つ
私の全てはあなたの一部
私はここに立つ


歌詞解釈と解説

なんて力強い曲だろうか

壮大な曲調もさることながら
歌詞の内容にも力強い意志を感じる


まず
歌い出しからサビまでの間は
『負』のイメージのある言葉が繰り返される歌詞になっている
曲調も重苦しさと切なさ、悲しみがない交ぜになったものとなっていて
ピアノと弦楽器の低音が特別、その空気感を作り出している
歌詞の内容的には、何かにぶつかって挫折したのではないか
ということが読み取れる

そこから一回目のサビに入るものの
まだ悲しみはぬぐいきれない
1回目のサビの「I Stand」の一言は
まるで一人孤独に立ち上がっているような
強いんだけど、それは気丈に振る舞うからこそ、という雰囲気さえある
まるで哀愁漂う背中を見ているかのような場面になっている


サビ後のAメロからは、次第に
そして劇的に世界が変わっていく

何より、歌詞の内容が逆転するのだ
最初のAメロとは全く異なり
主人公は立ち上がり、自分の成すべき事を理解している

最も対照的かつ分かりやすいのが
I’ve played my heart when I played the part
言われたとおりに自分の役割を演じるだけだった最初のAメロ歌詞と
Now this life is mine to play
自分の人生は自分のものだと訴えるサビ後のAメロ歌詞

この対比を見るだけで
この楽曲の主人公がいかに強くなったか
その心情がいかに変化したか
それがうかがえる

サビ後の楽曲における変化も目を見張るものがある
ストリングスの力強さ
楽曲全体が明るさを得ると同時に
悲しみに押しつぶされているだけじゃなく
押し返そうと立ち上がる曲調へと変化している

歌唱に関しても
その声色には明らかに意志が宿っている
どこか空虚でさえあった出だしの主人公は、もう、そこにはいない

I am thanking you, you made me
の部分が特にその空気感が強い


2度目のサビに入る
1度目のサビと歌詞の内容は全く同じだが
意味合いは全く異なるものになっている

1度目のサビでの
I am standing here
Just because of you
Every part of me is a part of you
の内容は
挫折していた、どん底の状況から救い出してくれた『あなた』に対して
今ここに居られるのは『あなた』のおかげ
私は『あなた』がいないとどうにもならない
私の全ては『あなた』のもの
という、感謝の内容も含めて『あなた』に強く依存したものになっている

ところが、2回目Aメロを経た主人公は
サビで同じフレーズを歌いながらも、その内容は
私がここに居られるのは『あなた』のおかげ
『あなた』のおかげで、私は全くの別人に変わることができた
だから、今の私は自分の力でここに立つことができている
という、依存というよりは、感謝の念がより強くなっている

直前の歌詞
I am thanking you, you made me
You are my air, I’ll always care
がまさにサビにかかってきているということだ
特別、「care」という言葉が重要だろう
歌詞の最初だったら、たぶん、人のことを心配してられる余裕がなかったと思う
『あなた』のことをいつでも気にかけているっていうことは
人のことを考えられる程度には余裕ができているということだろう

こういう、楽曲の進行、物語の進行とともに
同じ歌詞でも意味合いが180度も変化する曲は本当に素晴らしい


最後の方
転調して穏やかになる直前の歌詞なんだけど
ここもまた意味深
You never lose hold of me
You always trust and you see
Here I stand
主人公に対して『あなた』は決して裏切らず
手を放すこともなく、常に見ていてくれている

『あなた』が主人公に何をしてくれたのか
これまで、一度もそのアクションは描かれていなかったのだが
ここにきて初めて、それが書かれてある
だけど、これって本当に『あなた』のことを言っているのだろうか?

それまでの歌詞を読んでいると
主人公の立ち位置は『あなた』と離れているように感じる
対面しているわけでもなく
一人で、自分の足で、立ち上がれた自分を振り返って
今まで心の支えにしていた『あなた』に対して、私は自立できましたよ
と語ってる歌だと思うので

この一文は
「あなたを心の支えにしていました」
という内容なのではないか、と私は読んでいる

もちろん、そばに『あなた』がいると読んでもいいと思うが
まあ、ここは複数の意味で取れるということで


最後のサビ
歌唱そのものがこれまでで一番力強くなって
そこから一気に穏やかになる
穏やかというか、切なささえ感じさせる
それこそ最初の歌い出しのように

最後の瞬間は
独り立ちしたその先の展開
を暗示しているのか、と

切なくはあるが、歌唱の中にも
ただもの悲しさを前面に押しているわけではなく
むしろやさしさを感じることができる


要約すると
私は人生のどん底にいたけど
あなたのおかげで救われたわ
だから、あなたなしでは生きていけないの

挫折することは何度もあったわ
だけど、あなたのおかげでもう大丈夫
今はあなたの為にここに立つわ(→生きていく)

あなたのおかげですっかりまっとうに生きることができるようになりました
これからもあなたを心の支えにして、今度は私があなたの為に生きていきます

という、三段変化のある歌詞ということでしょうかね
やはり最後のサビの歌い方がとても意味深


MV考察

MV最初のシーンは、湖の真ん中に立つ灰色の施設の映像から始まる
ダムかもしれないけど

空は一面、雲に覆われていて
それを移す鏡となっている湖も、同じく灰鼠色となっている

謎の施設の屋上に立つ女性が
最後のシーンに出てくる
おそらく日記を湖に投げ込むんだけど
ここまでの間で、最初のAメロ歌詞、『負』のイメージの歌詞が歌われてサビに入る

サビに入ってからは、
全てこの曲を歌っているGabriela Gunčíkováの映像に切り替わる
ここからの映像はどれもが鮮やかであったり
不思議な映像ばかりになるんだけど

最後の最後で湖のシーンに戻る
湖畔で最初に捨てられた日記を
少女が拾い上げるシーンに切り替わるのだ

ということは
二つの湖シーンに挟まれた映像全ては
この日記の内容なのではないかと考えられる

日記の内容なんだから
書かれてあることは当然のことながら一人称であって
だからこそ、MV中ほとんどGabriela Gunčíkováの顔のアップしか映らないのではないか
というように読み取ることができる
日記を拾った少女の髪の色がそもそも違うものね
まあ、最初に日記を捨てた人も黒髪っぽく見えるけど


意味深な映像を一つ一つ読んでいこう

・宝石の涙を流すシーン→正面を向いて、背景が星座の映像
これまで薄暗い世界にあった主人公が
悲しみを洗い流すことで、正面を向くことができたという意味

・三角形の模様や図形、ピースが複数出るシーン
歌詞とリンクしていて
私を構成するあらゆるものは『あなた』のもの
という歌詞を表現している

・うごめく壁に触れる→腕が壁に取り込まれそうになるシーン
ここも歌詞と連動していて
それまでは周りに流され、自分では何も決めない人生だったけど
今は違う。自分の人生は自分のものだ
という、強い意志と決意を表している
うごめく壁は、自分を探しているのだろうか

・コンクリの塊を腕が引っ張るシーン
よく見ると画面右側には、黒いピラミッド型の凹凸が床一面に広がっている
コンクリの塊を引っ張ると、やわらかそうな芝生が広がり始める
私は変わったよ
ということを表現していると考えられる
ここから表情は明るくなり
楽曲もより壮大になっていくこともあって
映像が楽曲と密接につながっていることが分かる

・唇のピースをぬぐう→ピースの色が一気に変わる
『あなた』のおかげで私は変われた
けど、これは私の人生
私の全ては紛れもなく『あなた』が変えてくれたからこそあるけど
私は一人で立ってみせる
という内容かと
最後に顔を背けてピースを飛ばすのも印象的

・花びらがGabriela Gunčíkováの顔や髪に広がるシーン
新たな自分が開花することの暗示か?

・黒ピラミッドを背景にしたシーン
ここはよく分からない
が、少なくとも苦しんではなさそうだけど?
どうなんだろう?

・一面を花や花びらが覆いつくすシーン
最初の、芝生だけだったシーンとはもう違って
今は様々な色、複数の花に囲まれている
私の全ては『あなた』によって構成されている
という歌詞とのリンクを考えるに
あるいは『あなた』というのは特定の誰かを指すのではなく
『私』という一人の人間を構成するのに影響を与えてくれた
全ての人のことを指しているのかもしれない

なんにしても
もはや彼女には悲しみに暮れる必要がないのだ



日記を捨てた人はあの後どうなったのか?
日記の登場人物『私』は最終的にどうなったのか?
少女は今後、日記を読んでどうなるのか?

この辺り、謎しか残ってないが

さすがにこの辺りは考え方がより広がるので
ここで確定させてしまうのももったいない



他に考えられる解釈
1.『あなた』はすでに亡くなっている説
『あなた』のおかげで私は変わることができた
私は『あなた』のためにいつまでもここで待つわ
とも読み取れる
亡くなっていることを知ってか知らずかで
歌詞の重みが変わってくる
もっとも、楽曲の構成で考えると
可能性は低い

2.いつまでもあなたのそばにいるわ説
依存したまま
ずっと依存しっぱなしソング
大黒摩季


まあ、ここまでこれだけ書いて
全く見当違いな解釈の仕方してたってなったら
恥ずかしいどころの騒ぎじゃないけどな


今年のチェコ代表
完全に優勝候補の一人だ

狂おしいほど好き

いや、まだまだ同じレベルで好きな楽曲あるんですけど

これは一発で惚れますわ

曲があまりにも良すぎる

歌詞もよかったけど
何より、切なさ儚さをはらんだこの壮大な音楽が
美しいのなんの

Gabriela Gunčíkováさんの歌唱力がまた高いのなんのって
並みいる強豪を押しのけて
頭一つとびぬけて良い曲だと思う

2曲立て続けで素晴らしい曲を紹介できて幸せです(*´ω`*)ほくほく

次>>
http://sheilabirlings.blog33.fc2.com/blog-entry-3848.html
前<<
http://sheilabirlings.blog33.fc2.com/blog-entry-3846.html

Eurovision記事もくじ
http://sheilabirlings.blog33.fc2.com/blog-entry-3794.html

歌詞参考サイト
http://4lyrics.eu/esc/2016/gabriela-guncikova-i-stand/

公式HP
http://www.eurovision.tv/page/timeline

YouTube公式チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCRpjHHu8ivVWs73uxHlWwFA

関連記事
スポンサーサイト

THEME:日記 | GENRE:日記 |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール

シーラ B

Author:シーラ B
X Factor UK とか BGT とか あと小説とか
長いプロフィール

FC2カウンター
検索フォーム
過去のログ v.コンパクト
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
スポンサードリンク