Lc.ツリーカテゴリー
タグクラウド

Eurovision 2016 出場者決定国を見よう! ~ベルギー~

Eurovision Song Contest 2016
今日はベルギー代表です

最初に公式チャンネルにアップロードされた順番って言ったからね
配慮して急に流れを崩したほうが
何も配慮してないような気がするので


何より
今年のベルギー代表の楽曲がなかなか素敵なので
ぜひご紹介したいのです


Laura Tesoro - What's The Pressure


歌詞
長い一日が終わった後で
太陽がどうしてあんなに輝いてるかだなんて聞かないで
日が落ちたら、まばゆい光が
あたしを一等輝かせてくれるの

巨大な壁が人々を押し潰そうとする
だけど、誰もその事を気にしてないみたい
あたしは誰にも縛られず、自分の足で立つの
あたしの一等いいとこが引き立つわ

何を重荷に感じてるの?
それに気が付けたなら、あなたは成長できるわ
プレッシャーなんてあなたの頭の中にあるだけのものよ
そんなもの気にしてないで、自分の人生を精一杯生きなさい

太陽がどうしてあんなに輝いてるかだなんて聞かないで
日の光はあたしに希望と活力をくれるのよ
ルールがあるとは言って、あたしの事を支配しようとしないで
支配しようだなんてしないでよ

巨大な壁が人々を押し潰そうとする
だけど、誰もその事を気にしてないみたい
そして、あたしは誰にも縛られず、自分の足で立つの
あたしの一等いいとこが引き立つわ

あなたの悩みって何?
それに気が付けたなら、あなたは成長できるわ
悩みなんてなんてあなたの頭の中にあるだけのものよ
そんなもの気にしてないで、自分の人生を精一杯生きなさい

何をプレッシャーに感じてるの?
あなたの頭の中にあるだけのものよ
そんなもの気にしてないで、自分の人生を精一杯生きなさい

自分のしたいことをするべきよ
自分のなりたい人になるべき
だから教えて、あなたの悩みはなに?

あなたを苦しめてるものはなに?
今見てるのはフィクション(虚構)だよ
妄想に逃げてないで、今を生きて

何を重荷に感じてるの?
それに気が付けたなら、あなたは成長できるわ
プレッシャーなんてあなたの頭の中にあるだけのものよ
そんなもの気にしてないで、自分の人生を精一杯生きなさい


歌詞解釈と解説

歌詞の内容的には
そこまで深いことを言っているようには見えないかもしれない

しかし、この楽曲のMVが本気でMVしていて
実にシンプルな作りながら
MVと一緒に歌詞を紐解いていくと
この曲を通して伝えたいメッセージが見えてくる


MVの始まり
壁を前にした若者の集団のシーンから始まります

安っぽい張りぼての壁と
センスのかけらもない安っぽい服装

しかし、それにも意味がある

Laura Tesoroが言葉をこぼす様に歌い始める瞬間を
よく見てみましょう

何かに気が付いたかのような表情をして
それから笑顔になる
そこからの「Hit It!」
→後ろを振り返る

イントロ前のこの演出で何が言いたいのか
色も何もない、空虚な張りぼての壁を前にして
ただ呆然と立ち尽くす若者たちは
壁に直面しているというよりも、むしろ
『意味のないもの』を『意味もなく眺めている』ことを意味しています

もう少しわかりやすく言うと
例えば、商業的に作られた映像作品
そこに芸術性どころか、製作者の表現したいものが込められているわけでもない映像
作品というのもおこがましい『それ』を
『見たいから見る』のではなく『ただ眺める』
『みんなが見ているから』『ただ眺める』
という状態を考えてもらえれば分かりやすいかと

例えば、MVの『壁』が
巨大なモニターで、砂嵐映像が流れていたとしたら、分かりやすいだろう

そもそも、越えられない壁に直面しているのなら
もっ頑丈そうな
太刀打ちできそうにない
圧倒的な壁を配置すればいいのだ


また、Lauraの周囲に居る人たちが
Laura含めて、似たような恰好
似たような姿勢をしているのも、同じ理由だろうと解釈できる

そのことに疑問に思ったからこそ
Lauraは歌を口ずさむ→人と違うことをする→同じでなくていいんだ!
と、歌詞の内容につながっていく構成になっているのです


「Hit It!」からの映像は
唐突にLaura一人になります

そして、壁に対して背を向けています

しばらくすると
Lauraの周りで退屈そうにしていた集団も
全員で踊り始めます

ここからは
大きく分けて3つの映像で構成されます

・原色背景のLaura
・壁を背後にみんなで踊るLaura
・壁を背後に一人でいるLaura
・ピンクの紐を掴むLaura

それぞれのシーンの意味を説明します

まず、原色背景のLauraのシーンは
歌詞で言うところの
The evening falls, the bright lights
Bring out the best in me, I see
の部分です

それまでの映像は
おおむね灰色が基調となった寂しい世界となっているのに対して
原色背景は、原色なのですから、まばゆい世界となっています

表面上では推し量れないような
自分の中の一番の強み
というものが、この映像で表現されています
それは、身体的、技術的なな長所ととってもいいし
精神的な長所と取ってもいいでしょう


この原色背景Lauraのシーンに直結するのが
壁を背景にみんなで踊るシーンです

人と違うことをし始めたLauraに触発されて
周りの人間も同じように踊り始めた
と取っても良いのでしょうが
実は、それだと意味がないのです

みんなで踊るシーンをよく見てみると
ほぼシンメトリーな構成になってします
それこそ、キューブリック作品並みに

このシーンに隠された意味は
周りに流されないで、人と違うことをしよう
と考えても、結局、最初にそれを考え付いた人についていったのでは
全く持って意味がないということ

あるいは
一人一人の内面的な強みというものは
表面上では決して推し量ることができない
という意味ともとれます


次に、ピンクの紐のシーン
これは、歌詞で言うところの
And I will try to stand my ground, won’t be bound
And bring out the best in me

Even though these rules they, they try’na take over me
Try’na take over me, I see
に当たる部分でしょう

入り乱れるピンクの紐に対して
Lauraは絡まるようなことは決してありません
それどころか、紐を握って、放して、あるいは撫でて
自分の好きなようにいらっています

このシーンには
生きるということは、何かに縛られるものではない
という意味が隠されています
MVの途中でカメラを掴んで振り回すシーンも同じ理由でしょう
今までシンメトリーに取られていた映像を破壊する、という意味合いがあります


そして、面白いのはラストシーン
What's the Pressureとスプレーで壁にグラフィティを書きます

壁の中心からやや左にそれており、
配色はWhat's the の部分は斜め縞
Presureは横縞の赤と緑
美しいシンメトリーな構図を破壊しています

そして、スプレー缶を投げ捨てながら

Lauraは壁を破壊することも
乗り越えることもなく
立ち去ってしまします



最初に書いたように
この壁は乗り越えるべき障害ではないのです



改めて歌詞を見てみましょう

巨大な壁に押しつぶされそうになっている人が、周りにいる
だけど、they don’t seem to mind at all
みんな気にしていない『ように』見える

『ように』見えるだけで、みんな気にしています
歌詞の中には
And I will try to stand my ground, won’t be bound

Even though these rules they, they try’na take over me
Try’na take over me, I see
といった一文があります
主人公は縛られたくないから、このように歌っていますが
逆説的に言うと、主人公以外の周りの人間は縛られているということです
気にしているけど、みんなルール、規則、社会に縛られているから
見えていない『ように』振る舞っているのです

縛られていない主人公は
じゃあ、どうしているかというと
自分の足で地に立ち
自分の好きなようにやりたいことをやって
自分のなりたい人になろうとします

そして、まだ縛られている人に対して
『What's The Pressure?』
『あなたを縛っているものは何なのか?』
それを克服し、自分の足で地に立って
自分の人生を精一杯生きなさい

と、訴えかけている歌詞になっているのです



歌詞のシンプルさ
映像のシンプルさによって
地味な印象
ありきたいな楽曲といった印象がどうしても拭えない曲ではありますが

しかし、そこに隠されたメッセージ
込められたメッセージを読み取ることができれば

これが単なるポップ曲ではないことに気が付けるでしょう



大体毎回言ってるけど
いい曲だと思う
素敵な曲だと思う

まあ、ブログのコンセプトが
『全参加国の楽曲を好きになろう』なんだからしょうがない

この曲も私は好きだよ

グランドファイナルにいるかは知らないけど


次>>
http://sheilabirlings.blog33.fc2.com/blog-entry-3853.html
前<<
http://sheilabirlings.blog33.fc2.com/blog-entry-3850.html

Eurovision記事もくじ
http://sheilabirlings.blog33.fc2.com/blog-entry-3794.html

歌詞参考サイト
http://4lyrics.eu/esc/2016/laura-tesoro-whats-the-pressure/

公式HP
http://www.eurovision.tv/page/timeline

YouTube公式チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCRpjHHu8ivVWs73uxHlWwFA

関連記事
スポンサーサイト

THEME:日記 | GENRE:日記 |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール

シーラ B

Author:シーラ B
X Factor UK とか BGT とか あと小説とか
長いプロフィール

FC2カウンター
検索フォーム
過去のログ v.コンパクト
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
スポンサードリンク