Lc.ツリーカテゴリー
タグクラウド

Eurovision 2015 出場者を見よう! ~ベルギー~

過去のEurovision記事をリバイバル

事前評価(MVだけ見た状態)最悪から
ライブパフォーマンスで個人的お気に入りTOP5になった曲
ライブパフォーマンスがしびれるほどにカッコいい
何よりも、前回のAminata のLove Injected同様
他と明らかに違うんだよね
曲の雰囲気が

このユニークさとカリスマ性
私は好きだ

Loïc Nottet - Rhythm Inside


センスが良すぎる


MV


歌詞
稲妻の音を聴け
お前の魂の中で鳴り響く
肌よりも奥底で轟いている
心のドラムに少しずつ耳を傾けろ
Listen to the sound of thunder
Rolling in the soul down under
Far beneath the skin, it rumbles
Step to the step of the drum that rolls inside

敵となるのか、恋人となるのか
それを確かめるためにここにいる
鼓動する互いの胸の音
今夜はここで僕らは脈動する
Be you enemy or lover
We are put here to discover
The heart that beats within each other
We gonna rapppabab tonight

そして、もし明日死ぬのなら
何を見せればいいと言うのか
僕らの奥底でリズムが訴えかけてくる
And if we die , tomorrow
What’ll we have to show
For the wicked ways
Down below
The rhythm inside is telling us


美しい風が吹けば
僕らは飛べる
宇宙の軌跡、愛の力
僕はリズムを取り戻す
We can fly tomorrow
On the beautiful wind that blows
On a cosmic track, love attack
I‘m gonna get that rhythm back

敵となるのか、兄弟となるのか
それを確かめるためにここにいる
鼓動する互いの胸の音
今夜はここで僕らは脈動する
Be you enemy or brother
We were put here to discover
The heart that beats within each other
We’re gonna rompanpan ...


And if we die, tomorrow
What’ll we have to show
For the wicked ways
Down below
The rhythm inside is telling us
We can fly tomorrow
On the beautiful wind that blows
On a cosmic track, love attack
I‘m gonna get that rhythm back


歌詞解釈と解説
キーワードになっているのは
タイトルにもある『リズム』

それも、自分と相手の心臓の鼓動

歌詞は一貫して鼓動のリズムを促しているようだけど
この鼓動には2つ、種類がある

1つは、自分の内面を示しているかのようなドラム
一番歌詞のAメロは
空の雷の音じゃなくて
自分の肌のしたでゴロゴロと鳴っている音
心臓の鼓動に耳を傾けろと言っている歌詞

サビも同じく、対象は『We(我々)』ではあるものの
自分の内面、自分の心の声が
外面に訴えかけているという構図で
それに耳を傾けろ、と言っている
そういうタイプの胸の鼓動

もう一つは、精神的なものではなく、リアル(現実)の心臓の鼓動
A'メロの『らっぱっぱ』までの部分がこれに相当する
あなたと私、互いの胸の鼓動、歩調が合うのか
今夜、一緒にいて確かめてみましょう
っていうのが直訳的な解釈だけど
掘り下げると、それは
「普段、私たちは別々のリズムを持っているけど」
「今夜はそのリズムを合わせましょう。合わせられる」
という歌詞になっている、と思う

それから
For the wicked ways
の歌詞だけど
wickedは辞書で引くと『悪行』とか悪いイメージの言葉が最初に出てくる
ただ、私の場合、スラングでの『素晴らしい』という意味の方が先に来るし(よく使うので
流れ的にもおそらくその解釈の方が正しいはず

And if we die , tomorrow
What’ll we have to show
For the wicked ways
Down below
The rhythm inside is telling us

もしも明日死んでしまうのなら
何をするべきなのか?
胸の奥底からwicked way (良い意味で普通じゃない方法、びっくりするような形で
リズムが私たちに訴えかけてくる
っていう訳で正しいはず(たぶん

ラストのI‘m gonna get that rhythm back
これはどんなリズムを取り返そうとしているのか?
歌詞の最初から最後までを読んでみると
一つ、分かることは
「これだ!」というリズムを主人公は持っていないということ
だから『耳を傾けよ』と促される
他の人と鼓動の違い』を確認させようとする
そして、最終的に『自分のリズムとはどんなものなのか』を見つけ出し
そして取り返す

っていう歌詞になってるんじゃないだろうか


追記
調べてみたら謎の歌詞『らっぱっぱ』は
ハートビートそのものであるということが分かった

MV考察
MVがまた意味深で、最初は不気味に思えていたけど
よくよく見て深読み考察してみると、中々に深い

MVのオープニングはLoïc Nottetの映像の後
歯車の映像が流れて
赤い椅子に座る、Loïc の映像に戻る(心臓の鼓動と合わせた演出が起きる
歯車の映像に戻った後から、複数の登場人物が出てくるんだけど

特徴的な点は二つ
ほぼ一貫してモノクロな色調の世界であることと
対照的な登場人物たち
白⇔黒
マッチョ⇔メガネガリ
化粧するおばさん⇔メガネインテリ女子高生
お人形持ったドレスの幼女⇔乱暴そうなワンピースの幼女
ゲームする白人男の子⇔ダンスする黒人男の子
ヘルメット付きフットボール選手⇔ヘルメットなしフットボール選手

初見の時、なぜかサイレントヒルを彷彿とさせられて
本当はガリガリの男の子だけど、自分ではマッチョだと思ってたり
外面はおとなしそうな幼女なんだけど、内面は乱暴な女の子とか
内面世界と外面世界の対比がメインになってるんだと思っていた

だから、自分の心の奥底にある
本当の声を聴け
っていう形で促すような歌詞になってるんだろうなって思っていた

そうやって考えるとMVの大体は解釈できる

ただ、そうすると歌詞の中に謎が残ってしまう

らっぱっぱの部分だ

らっぱっぱが何なのかは置いとくとしても
その少し前の、お互いのハートビートが合うのかを見てみよう
っていう部分の意味が通じなくなる

お互いに、本心は別にあるんだから、それをさらけ出してしまおう
っていう解釈もできなくもないけど
どうにもしっくりこない
それなら内面世界の話だけで済ませればいい

それに、後半から
機械仕掛けの心臓から流れ出した
赤いペンキで遊び始めるところ
ここがまた意味が分からない

血を連想させるイメージと赤い液体を塗りたくることから
内面世界の方かいとか、誰かを傷つけたとか、そういう解釈もできるけど
それにしては妙に楽しそう

なので、別方向からのアプローチで解釈することを考えた

まず、登場人物たちが
服装や肌の色でモノクロ感を出しているということは
世界に色がないということではないかと

そして、相反する性質を持つ人々
互いに干渉しあうことがなく、相手のことなど見ていない(大体
モノクロで統一感があるように見えても
その実、人々は統一されておらず、全員が違うことをしている状態で
また、逆のことをしているという、混とんとした世界

そこに、赤いペンキがやってくる
ここで初めて、単一の色に染められ始め(Loïcの赤い椅子はこの際無視して
みんなが一緒になって笑いあう
ここで初めて、世界は一つになって、人々は手を取り合うことができた

っていう、そういうMVなんじゃないかなと
そうやって見ると、歌詞の内容ともリンクしてるように思う
自分の胸の奥にある心臓のリズムを聞いてごらん?

そして、他人の鼓動も聞いてみよう
違いなんて存在せず、人間は本質的には一緒なんだよ
自分のリズムを取り戻そう

そういう歌詞なんじゃないかな


ただ
ここまで書いたものの
問題はもう一つあって
この解釈だとMV的には合うんだけど
ライブパフォーマンスが何を表現しているのかさっぱりわからなくなるということ
なんだかんだ、どの出場者も、ライブパフォーマンスには意味があって
そのぱふぉーまんそをしている
でもLoïc のパフォーマンスは分からないことが多い
さっきのMV解釈を持ってくるならば
統率のとれた男女のコリオグラフから、似たような解釈はできるけど
どことなく、ディストピア的な世界観で
マインドコントロールされたロボットのような人たちの中で、ひときわ輝くLoïc が歌ってるような
なんかそんなイメージに見える

追記
歌詞解釈、MVので大体あってた
https://eurovisiontimes.wordpress.com/2015/05/02/belgium-a-message-and-interview-from-loic-nottet/

かいつまんで説明すると
この歌詞はどうやら
見た目や肌の色
金持ちかどうか
太ってるか細いかどうか
そういう違いはあるけれど
心臓の鼓動はみんな一緒
みんな同じ人間なんだよ

っていうメッセージが込められているそうな
ちなみにラッパッパは心臓の鼓動そのものらしい


次>>
http://sheilabirlings.blog33.fc2.com/blog-entry-4102.html
前<<
http://sheilabirlings.blog33.fc2.com/blog-entry-4064.html

記事目次
http://sheilabirlings.blog33.fc2.com/blog-entry-3286.html

歌詞参考サイト
https://www.eurovision.tv/event/lyrics?event=2063&song=32813

Eurovision 公式HP
http://www.eurovision.tv/page/timeline

YouTube公式チャンネル
https://www.youtube.com/user/eurovision/featured

Wikipedia
http://en.wikipedia.org/wiki/Eurovision_Song_Contest_2015


関連記事
スポンサーサイト

THEME:日記 | GENRE:日記 |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール

シーラ B

Author:シーラ B
X Factor UK とか BGT とか あと小説とか
長いプロフィール

FC2カウンター
検索フォーム
過去のログ v.コンパクト
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
スポンサードリンク