Lc.ツリーカテゴリー
タグクラウド

The X Factor 2016 UK の出場者Sada Vidooがヤバイ

The Voiceで散々Will.i.amのチョイスの事を
特殊すぎる」だ「ウィルすぎる」だなんだって言ってたけど
私も相当、選ぶ人が普通じゃないなと気づきつつある

もっとも
私が選ぶタイプはCody Frost然り
Leah McFall然り
この人にしか出せない世界観
この人だから聞くことができる歌唱
ユニークさで頂点に君臨する
才能とセンスの塊のようなパフォーマンス

を持っている前提だけど

と言うことで
The X Factor UK 2016を
Week4 Audition6まで見たところ
個人的トップがSada Vidooであるという

この人、最高すぎるわ


他にもいい人はいっぱいいるさ
歌唱力が高い人や、聞いてるとジンと来る人とか
応援したい人だっている

だけど
何回も聞き直してるのはSadaなんだよなあwww
編集の為やら動画うpの為にYouTubeを開くたびに
トップで「もう一度見る?」ってYouTubeに打診されるんだけど
Sadaがきてて
そんでついつい再生しちゃうという

Sadaの一番面白いところって
やっぱりそのキャラクター性だよね

歌唱力が今年の中でずば抜けてるどころか
トップを独創する勢いで上手いのは
まあ、みんな聞いて思うことだろうから
ことさら言うことでもないかとは思うが

Sadaのキャラクター性
特別、自分の事を「お人形さん」だと言い張りながらも
素の彼女らしさがにじみ出ているところがとにかく気に入っている

オーディションの様子を振り返ってみると
自分を生きる人形だと言い張るSadaに対して
人形じゃないだろとしつこく返すサイモン
この時、Sadaも内心、まさかサイモンみたいな返しをされると思っていなかったんだろう
かなり動揺しているのが見て取れる

そこから、いろいろ応対があった後
いよいよ歌う場面に

歌い始めは、まださっきまでのSada
語り部分と言うか、楽曲内の自己紹介部分だと
まだ面接部分となんら変わりない

ところが
歌唱を開始したところから
Sadaの様子がガラっと変わる

お人形さんになりきっているかどうかはともかく
完全に楽曲の世界に入り込んでいて
Sadaの内面世界が外界にまで広がってるかのよう


全体記事でも書いたけど
私は彼女のパフォーマンスを見て
あるいはブラインドオーディションよろしく画面見ずに聞いてもそうだけど
なぜだか、荒廃した世界で一人歌う姿を想像した
いや、想像させられた
オーディション風景と重なるイメージで私にはこんな感じに見えた

こう、現実のオーディション風景と、ちらほら見えるイメージ映像みたいな感じで
(この参考動画でも強烈すぎて参考にならないな)

表現力、と端的に言い表すことが出来ないほど
見事に世界観の構築して見せている
間違いなく2016年オーディション参加者の中で頂点に立つ
歌唱力と表現力を披露したわけだ

ところが
一番肝心なのはここからで
歌い終わった瞬間
そこにこそ、Sada最大の魅力が詰まっている

歌い終わった瞬間のSadaの表情
「えっと……、どう……、ですかね……?」
と、言わんばかりの表情の変化
曲の世界に入り込むことを忘れるどころか
完全にお人形さんキャラを忘れて
素の表情がモロに出ている

続く、ジャッジたちのコメントに入ってからも
緊張しているからだろう
鼻に手を当てながら喋ったり
オーディション前のSadaすらそこにはいない

緊張してると鼻に手を当てるんだろうね
人形じゃなくて完全に普通の女性だよ

これが良い
これが良いんだ
歌唱力が驚くほど高いことも気に入ってるポイントだし
原曲を聞いてから改めてSada版を聞き直したときの衝撃もいいけど

変人になりきれてない普通の人が見えるのが良いんだ
歌うまでに長々と
「こういう人生を歩んできてて」
「こういう音楽に影響されてて」
「こういう歌手になりたい」
って口で説明されるよりも
よっぽどストレートに伝わってくるし
何より好感が持てる

逆パターンだけど

Eurovision2015 ジョージア代表のNina Sublattiがそんな感じ
歌う前に緊張でもじもじしてるのに
いざステージに立つと全くの別人に見える
このギャップがいい


ところで
これまで私がオーディションの最中やらに個別記事を書いてきたのが
Alice Fredenham BGT2013セミファイナル敗退
Anton Stephans The X Factor Live Show4敗退
Cody Frost The Voice 2016 準決勝敗退
と、私が個別記事を書く人はみんな優勝しないという
Sadaは優勝するのだろうか?
私のジンクスがどこまできくか……(;・ω・)


ちなみにこの記事へのコメントは
誰に対してでもオッケーとします
Sada以外の「この人が好き!」で問題なし
ただしThe X Factor UK 2016の出場者に限る

関連記事
スポンサーサイト

THEME:日記 | GENRE:日記 |

COMMENT

Sada

お前を嫁に もらう前に
言っておきたい 事がある

「ホントは人形じゃなくね?」

いやー Sada愛が溢れる記事ですなー

何だろう、自分にはそこまで全力推しできるほどのパッションがないw
現状では「様子見」状態。

次回以降を見て評価したいと思います。
彼女の場合、上手く行けば「何回も期待を裏切ってくれそう」で楽しみです。
(もちろんイイ意味で)

彼女に望むのは「ずっと人形キャラ」でいって欲しいということ。
あ、失礼。キャラじゃないのかw

で、最大の関門はカテゴリーどうすんだ、と。
スタッフも大変だなこれは。

Re: Sada

> さとさん
若干、先走った感があるが(笑)
私は私のセンスを信じることにする

問題はSadaが独特すぎて
たぶん、ブートキャンプでの課題曲歌唱や
毎回のテーマ
ジャッジの手綱さばきで
とんでもないことになりそう
良くも悪くも

> で、最大の関門はカテゴリーどうすんだ、と。
> スタッフも大変だなこれは。
下手したらそれで年齢が大まかに露見するという
Overにいてもガールズにいても阿鼻叫喚になりそう
良くも悪くも(笑)

わかる

Sadaの印象半端ないよね

なんだか悔しいけど、シーラさんに同じ。
前回コメントでビヨンセは歌えないと書いたけど、歌ったら、どんな風に料理するか知りたい。

歌唱力の幅がどんなんかを知りたい。

ただ、x facterは社交性と協調性がある程度ないとブートキャンプは乗り越えられないだろうなぁ。

Re: わかる

> よっぴさん
これで、もともと今回Sadaが歌ったみたいな楽曲を選んでたら
たぶん、印象がまた変わったでしょうねえ
原曲聞くと、アレンジの仕方がとてつもなくて
料理できるって最高にアドバンテージ

> ただ、x facterは社交性と協調性がある程度ないとブートキャンプは乗り越えられないだろうなぁ。
これすごい分かる
実際、私が心配してるのもそこだだし
ブートキャンプだとチームを組んで歌って
社交性、協調性、アティチュードを審査されるところがあって
それによって、ジャッジがプロデュースできるかどうかも見極められるから
(自分のタイプじゃなければどれだけうまくても切られるし)
そういうところで引っかかりそう

スタッフが気に入ってたら
番組を盛り上げる意味もあって
無理やりにでも入りそうではあるが
それを期待しすぎるのもおかしな話で

とにかく目が離せないwww

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール

シーラ B

Author:シーラ B
X Factor UK とか BGT とか あと小説とか
長いプロフィール

FC2カウンター
検索フォーム
過去のログ v.コンパクト
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
スポンサードリンク