Eurovision 2015 出場者を見よう! ~オランダ~

過去のEurovision記事をリバイバル

とてもキャッチーなフレーズと
ポップ曲らしいポップ曲であるが
同時に、どこか寂しそうにしている気持ちが伝わってくる

そんな曲が
2015年オランダ代表
Trijntje Oosterhuis - Walk Along


セミファイナルでのパフォーマンス


歌詞
私はあなたに心を開いた
あなたの気を引きたくて
だけどあなたはまだ気づいていなくて
あなたは私を友達としてしか見てくれない
でも、きっとあなたは待っているって信じたい
夕焼けのバラ園で

なんで、なんで、なんで
なんで一緒に歩いてくれないの、そばにいてくれないの、あなた
なんで、なんで、なんで
なんで一緒に歩いてくれないの、そばにいてくれないの、あなた

私はあなたが前に進むのをやさしく見守る
精一杯ガンバっていないわけじゃない
でも、あなたは私がここにいることを知らないじゃない
違う時、違う場所、違う人生であったとしても、たぶんね
ホンの少しの時間でもいいのに

サビコーラス

あなたに一度だって目を引かせることなんて出来ないと思う
一緒に歩いてくれないかしら、あなた
一時の気の迷いなんかじゃない
ただの順番待ちだなんてイヤよ

ああ、ああ、愛してる、愛してるわ、あなた
ああ、ああ、愛してる、愛してるわ、あなた
ホンの一時(ひととき)でも良いから

サビコーラス


歌詞解釈と解説
前回、冷めきった恋愛関係が題材になってる
ドイツ代表のBlack Smokeを和訳したものだから
内容がちょっと狂気的に感じてしまったが
それはさておき

今楽曲を
曲を聞かずに歌詞だけを読んだ場合
曲を一緒に聞きながら歌詞を読んだ場合
映像と一緒に見た場合

この3つで歌詞の内容が全く変わってくる

歌詞だけを読んだ場合だと
それこそ読み手によって如何様にも取れるだろうから
「この場合はこうだ!」と確定させて今うことはナンセンスだが

ともかく、歌詞だけで読みとれるのは
主人公の女性と相手の男性は友人関係である
男性は主人公のことを(女性として見ていないのか)見向きもしていない
しかし、女性にとって男性はとても愛しい存在である
自分のことを振り向いてくれないことに対して
なぜ一緒に歩いてくれないのか(結婚的な意味合いで同じ道を歩む?)と
ひたすら疑問を投げかけている

この度合いの強さに関しては
読み手に左右されるところが非常に大きいので
よくある片思いの恋愛模様と取るか
どこか狂気的な愛憎模様と取るか
全く変わってくることだろう


次に、楽曲と一緒に歌詞を読みこんでいくと
雰囲気明るめのポップ曲となっている
それも、正直に言うと、どこでも聞けそうな、普通の楽曲であり
同時に、Trijntje Oosterhuisの歌唱は、大人の女性で、ハスキーよりであることもあって
どこか悲壮感をはらんでいるような歌唱になっている

歌唱と楽曲イメージによって
歌詞で読みとった片思いの恋愛ソングと強い愛憎模様の中間
あるいは、アンジェラ・アキさんの名曲『愛と絆創膏』のような
悲恋ものとしても読み取ることができる

ちなみに『愛と絆創膏』は
相手の男性の事が好きな主人公
だけど二人は友人関係
主人公の気持ちも知らないで、男性は主人公に
好きな人のことで相談を持ちかける
本当はあたしの方が好きなのに
あなたは辛そうにしているけど
本当に辛いのはあたしなんだよ
っていうような曲

内容は大きく違うが
友人としての関係が出来上がってしまっているがために
相手のことを愛していても
その愛を実現できない
という点ではとても似ている
そして、そこに在る悲恋模様も、また


さて、もう一つの見方は
動画で演出やパフォーマンスを観ながらだとどう変化するかだ

ライブでのTrijntje Oosterhuisの服装は
喪服である

単に黒いドレスにしただけと言えるかもしれないが
それなら、最初のヴェールは?

加えて、MVを見てみると
カラー映像が一切入らない
全てモノクロの映像である

これらが何を意味するのか?

おそらく、相手の男性はすでに亡くなっているのではないだろうか

出だしAメロの歌詞の内容を
初めてであった頃の思い出
と無理やり解釈すれば
後はすんなり、男性死亡説でも歌詞を読み取ることができる

特に、サビの
I love you, I love you ba-babe
Why, why-aiaiai, why-aiaiai
Won’t you walk along, walk along, baby
私はこんなにもあなたを愛しているのに
あなたはどうして私と一緒に歩いてくれないの?
このフレーズの意味合いが
男性がもうこの世にいないからこその台詞と読み取れば
しっくりくるようにも思う


感想他
正直、この曲
そこまで深く考える必要がないと思う
和訳した通りの歌詞だと思うので
深読みするだけ原曲の持つ意味合いから遠ざかっていくだろうと思う

一か所、訳す時に注意が必要だったか所
This is not a little crush
一時の気の迷いなんかじゃない
little crushは小さな衝撃と直訳するのではなく
一時的な恋、という訳仕方が正しいはず

なので、相手の男性のことを
これだけ想っているのは
単純に一時の気の迷い(一時的な恋)のせいなんかじゃないわ

という内容になっている
前後とも繋がるし
歌詞全体で見ても自然だろうと思う


ちなみに
私はこの年のオランダ代表のように
どこでもありそうな普通な曲はあまり評価しない
別にEurovisionで聞かなくてもいいじゃん、ってなるので

とはいえ、それだけの理由で切って捨ててしまうのはよろしくない
当時は聞き流していたが
こうして改めて聞いてみると

……うん、普通ですね

でも悪い曲ではないと思う


次>>
http://sheilabirlings.blog33.fc2.com/blog-entry-4226.html
前<<
http://sheilabirlings.blog33.fc2.com/blog-entry-4250.html

記事目次
http://sheilabirlings.blog33.fc2.com/blog-entry-3286.html

歌詞参考サイト
https://www.eurovision.tv/event/lyrics?event=2073&song=32783

Eurovision 公式HP
http://www.eurovision.tv/page/timeline

YouTube公式チャンネル
https://www.youtube.com/user/eurovision/featured

Wikipedia
http://en.wikipedia.org/wiki/Eurovision_Song_Contest_2015



関連記事

2Comments

さと  

この方、

長らくオランダのThe voiceのコーチを務めていますね。

2016/10/01 (Sat) 16:13 | EDIT | REPLY |   

シーラ B  

Re: この方、

> さとさん
そう言うところを調べてないのが
私が私たるゆえん
そして、そう言うところを
さすがさとさんは良く知っている

しかし
オランダのThe Voiceコーチですか
どーりで他の出場者たちと違って
キャリア積んできた雰囲気バリバリにあると思った

2016/10/01 (Sat) 23:20 | EDIT | REPLY |   

Add your comment