Eurovision 2015 出場者を見よう! ~セルビア~

過去のEurovision記事をリバイバル

2015年のセルビア代表の曲は
同年の中で最もパワフルで、迫力があり
そして何より、2007年の優勝曲『Molitva』を作曲した人が担当している
と聞いて、私は当時、大いに期待していた

ただ、この年の代表曲は
元々はセルビア語で歌われていたものを
Eurovision用に英語歌詞に変更しており
英語歌詞版も素晴らしいのだが

私はもともとのセルビア語版を押しているので
今回は両方共を紹介しつつ
歌詞の内容を読み込んでいこうと思う

歌手:Bojana Stamenov

英語版
Beauty Never Lies

MV


ライブ



セルビア語版
Ceo svet je moj

MV


ライブ


Beauty Never Lies 歌詞
この暗い世界で生きる眩い少女は
光に気付かず、自らのからにこもる
彼女を夜明けへと導くのに、100万の過ちを犯した
しかし、彼女はやり遂げた。今なら真実が分かる!

美は決して裏切らない、決して隠れない、誰もののしらない!
美は決して裏切らない、いいえ、「私はここにいる」と泣き叫ぶ!
ようやく私は言える、ええ、私は人と違っててもいいのだと!
私はここにいる!

鏡の中で笑う恐怖を、閉じ込めねばならなかった
自分自身の事を見つめ直した、今なら見える!

美は決して裏切らない、決して隠れない、誰もののしらない!
美は決して裏切らない、いいえ、「私はここにいる」と泣き叫ぶ!
ようやく私は言える、ええ、私は人と違っててもいいのだと!
私はここにいる!

体の中で、ハート(心)が美を体現しようともがき
恥の仮面の下、我が魂に火がつく!

美は決して裏切らない、決して隠れない、誰もののしらない!
美は決して裏切らない、いいえ、「私はここにいる」と泣き叫ぶ!
ようやく私は言える、ええ、私は人と違っててもいいのだと!
私はここにいる! 私はここにいる!

Ceo svet je moj 歌詞
(タイトルの意味は『この世界は私のもの』)

この隠された美しい世界へようこそ
あなたを見つけるまで、誰にも入れさせなかった世界

あなたと共に歩めば、全ては初めての事
あなたの為に白い旗を立てよう

この世界は私のもの
見て、私は自由に飛べている
この世界は私のもの、限りあるこの空
私を特別にさせて欲しいの
だけど、真実はあなたの瞳の中に

あなたのともにあれば、私はシルクのように柔らかくなる
あなたの為に白い旗を立てよう

この世界は私のもの
見て、私は自由に飛べている
この世界は私のもの、限りあるこの空
私を特別にさせて欲しいの
だけど、真実はアナタの瞳の中に
これが私だ

稲妻のように力強く
夜のように深い
私はそんな人だった
だけど、あなたがやってきて
壊してくれた

この世界は私のもの (見て、私は自由に飛べている)
この世界は私のもの (限りあるこの空、)
私を特別にさせて欲しいの
だけど、真実はアナタの瞳の中に
これが私なんだ

歌詞解釈と解説
先に書いたように、この年のセルビア代表の曲は
元々はセルビア語の曲だったのだが
Eurovision用に歌詞の内容を英語に書き直している
セルビア語歌詞の和訳は、ほぼ直訳だが
内容が英語版と大幅に違うことも分かるだろう

英語版の歌詞の内容は
ざっくり説明すると
「人と違うと言うことはかくも美しき事かな」であるが
もともとのセルビア語版の内容は
「アナタと出会えたことで、私は変わった」と、
主題が全く違う


まずは英語版から解説しよう
Beauty Never Lies 歌詞解釈と解説
こちらは恋愛が主題なのではなく
(そう読み取ることも出来なくはないが)
おそらく『自己の確立』がメインテーマ

人と違うことで、自分のことを嘲笑う者が周りにいようとも
ユニークであることは別に恥ずかしいことじゃない
殻の中に閉じこもっていないで
世界に自分の存在を訴えよう
周囲の人間がなんと言おうと
アナタの心の中で美は脈動する
美は決してあなたを裏切らない
アナタが人と違っていても
それでいいんだ
だから『私はここにいる』と叫ぼう

そういう曲

グランドファイナルでのステージングとあわせて考えると

ライブのステージングでは
白衣と仮面のバックダンサーが
転調してディスコっぽくなるところで
白衣を脱ぎ棄て、全く異なる衣装で統一感がなくなる
→Finally I can say , yes, I’m diff’rent, and it’s okay!
をそのまま表現するという形に
旗も『色が違う』というところがポイントになっている


ではそのセルビア語版はどういう内容かというと
Ceo svet je moj 歌詞解釈と解説
今まで暗い人生を送っていたが
あなたと出会えた事で世界が美しく変わった
それまで誰にも見せた事のない世界(=自分)へあなたを招き入れた
今の私になら(嬉しさのあまり)なんだって出来る
空だって飛べるし、世界は私の意のままにある
だから、私をアナタの『特別』にさせて欲しい
だけど、あなたの眼に映っている私は
きっと別人でしょう
それでも、これが私なんだ

という、割とよくあるような恋愛モノとなっている

ただし
この曲ならではの色付け肉付けは
Dobro došao u svet sakriven i lep
この隠された美しい世界へようこそ
Ceo svet je moj
世界は全て私のもの(これが私という人間です)

と、自分自身を相手に見せて
私はこんなに素晴らしい人なんだよ
私は今とっても素晴らしい気分なんだよ
そうやって愛を表現しているのだが
(あるいは嬉しさや変化そのものを)

「だけど」 と続き、
Nek’ sam drugačija, al’ u tvojim je očima istina
あなたの眼に映っている私は
きっと別人なのでしょうね
To sam ja
(でも)これが私なんだよ

と、
自分が表現、体現しようとしている自分の姿と
他人の眼に写る自分の姿は違うことに
どこか引け目を感じている、という描写があることだ

ある意味、
ZARDの『心開いて』に近い系統といえなくもない


そして、面白いのはBojana Stamenovの歌唱だ
英語版と同じようにパワフルでソウルフルな
力強い女性をイメージしたような歌唱は同じである

情熱とも熱愛とも取れない
芯のしっかりとした女性像を描いた楽曲に聞こえる

のだが
歌詞の内容を抜きにしても
悲壮感を漂わせる声色で歌っているのである

歌唱そのものが非常にわかりやすく違っている点を比較して聞いてみてほしい

注目すべき点は
・表情
・発声(声色)

まずは英語版

(念のため)歌詞は
体の中で、ハート(心)が美を体現しようともがき
恥の仮面の下、我が魂に火がつく!

美は決して裏切らない、決して隠れない、誰もののしらない!
美は決して裏切らない、いいえ、「私はここにいる」と泣き叫ぶ!
ようやく私は言える、ええ、私は人と違っててもいいのだと!
私はここにいる! 私はここにいる!

セルビア語版

稲妻のように力強く 夜のように深い
私はそんな人だった
だけど、あなたがやってきて 崩してくれた

見て、この世界は私のもの
私は自由に飛べている
限りあるこの空、この世界は私のもの
私を特別にさせて欲しいの
だけど、真実はアナタの瞳の中に
これが私なんだ

お分かりいただけただろうか
英語版では開始地点から最後まで
とにかくパワーで押し切っている
歌詞の内容と相まって、自分が世界で一番なのだ
と力強く叫んでいるような歌唱である

一方で、セルビア語版は
非常にドラマティックである
悲恋、悲哀、悲壮感が
まるで、抑えようとしてるものがあふれ出すかのような歌唱となっている
パワフルな歌唱とバックトラックによって
逆に悲痛な叫び声を上げているように聞こえてくるのである

つまり、
セルビア語版は繊細な女性像を描いており
そこにある悲壮感こそが特徴であり
そして最大の魅力なのである

そもそも
この曲はメロディラインからして
バラードアレンジをかけると
極めて美しくなる可能性を秘めているように思う

残念ながら、実際にバラードアレンジしてカバーしてる人がいなかったが
メロディラインが浮き彫りになるピアノアレンジをされてる方がいたので
ここでその動画を紹介しておく

ピアノやバイオリンによって
ガラッと曲の印象が変わり
かつ似合う曲だとは思っていたが


さて、どちらの歌詞も
主人公の少女が誰かに出会ったことで
隠されていた(あるいは今まで誰からも見向きもされなかった)(自分の)世界が変わった
というテーマと

輝く前と輝いた後の対比が強調されているのが
この楽曲最大の特徴

もっとも、
「似ているのはそこ」程度のもので
もはや別の楽曲と言っても差し支えないだろう

とは言え、
英語版の方がEurovision受けが良いのは確か
と言うのも、回りがみんな恋愛の曲か
困難な状況から立ち上がって戦おう系の応援ソングばかりの中
美は決して裏切らない
のフレーズが持つインパクトはでかい

一方で、セルビア語版は
むしろ色んな人にカバーされて輝くタイプの歌詞になっているのだろうな、と思う



セルビア語版歌詞の
Bele zastave tebi sam razvila

Bele zastave =白旗
tebi sam razvila = 私が開発する
から、「あなたの為に白旗を立てよう」
って訳したけど
英訳とか見るとI shattered white flags for you
「あなたの為に白旗を破壊しよう」なんだよね
もう意味が分からないね
どういう事なんだろうね

というか白旗を立てようが破壊しようが
白旗の意味が分からないからね
『降参』以外に、何か意味があるのかね
調べたところによると、セルビアの国旗には白い鷲の紋章が入ってるので
セルビアの人たちに対する何らかのメッセージが込められてるのかもしれないが
正直、取れる意味があまりにも広すぎて
ちょっとこればかりは誰か分かる人に解説をお願いしたいです

MV考察
白いドレスの女性が踊る方のMVは
完全にセルビア語版の為に作られたMVですね

白いドレス=何物にも染まっていない無垢な状態
ということで、出会った男性のおかげで世界が変わる前の状態を表している

オープニングが朝であることも
世界の夜明け = 男性との出会い

男性が灰の塊になって、そこから復帰するのは
歌詞の中で言うと、自分のことをちゃんと見てくれていないことの暗示か?
のちに、男性が復活するのも考えると、歌詞の中では二人の関係がどうなるか不明だけど
少なくともMVではお互いに分かり合えた、ということを示しているのかも

あるいは、ラストシーンで灰をかぶったバラが地に落ちるのと合わせて
着飾る必要がなく、素の自分を魅せることができ
そしてそれを受け入れてもらえた(=バラで飾る必要がなくなった)
ということでしょうか

シャンデリアのスポットライトに当たっていることが多いのは
見える範囲の狭さ=心の中
の暗示で、誰にも見せたことのない自分の内面を表しているのかと

英語版は
募集したかなんかしたファンの動画を集めたミュージッククリップなので(たしか
考察しようがないね


次>>
http://sheilabirlings.blog33.fc2.com/blog-entry-4304.html
前<<
http://sheilabirlings.blog33.fc2.com/blog-entry-4290.html

記事目次
http://sheilabirlings.blog33.fc2.com/blog-entry-3286.html

歌詞参考サイト
Beauty Never Lies
https://www.eurovision.tv/event/lyrics?event=2073&song=32653

Ceo svet je moj
http://4lyrics.eu/national-final/bojana-stamenov-ceo-svet-je-moj/
http://lyricstranslate.com/en/%D1%86%D0%B5%D0%BE-%D1%81%D0%B2%D0%B5%D1%82-%D1%98%D0%B5-%D0%BC%D0%BE%D1%98-ceo-svet-je-moj-%D1%82he-whole-world-mine.html

Eurovision 公式HP
http://www.eurovision.tv/page/timeline

YouTube公式チャンネル
https://www.youtube.com/user/eurovision/featured

Wikipedia
http://en.wikipedia.org/wiki/Eurovision_Song_Contest_2015


関連記事

0Comments

Add your comment