Eurovision 2015 出場者を見よう! ~スロベニア~

過去のEurovision記事をリバイバル

楽曲で歌詞に色を付け
歌唱一つで歌詞の内容を大きく変える

歌詞の意味合いが読み手によって大きく変わる
というのは毎回言っているが
曲に深みを与える、という意味では
この曲以上のものはそうそうないだろう

スロベニア代表
Maraaya - Here For You


Eurovision2015の中でも
特別ユニークで、
他の誰にもマネできない独特の歌唱


やたらテンションの高いピアノと

そしてぶっ飛んでるエアバイオリン

が織りなす、圧倒的な個性

グランドファイナル

個人的にグランドファイナルの
出だしから頭ぶっ飛んだエアバイオリンが大好きです

では
歌詞
アナタが深く、深く、落ち込んで
どこにも居場所がない時は

アナタが深く、深く、落ち込んでいても
アタシがそばにいるって、知ってるでしょ


アタシが壊れていたとき、アナタはワタシの人生に介入してきた
凍りついたアタシの心を熱くさせてくれた
そしてアタシたちは流れるままに身を任せ
今、高みへと上る

そして今度はアナタが隠れる番
もう何度も否定しただろうけど
怖がる必要なんて無い
戦う必要だって無い

アナタが深く、深く、落ち込んで
どこにも居場所がない時は
アナタが深く、深く、落ち込んでいても
アタシがそばにいるわ

だって、アタシは知ってるもの
アナタが絶対に見せようとしない傷みだって
アナタが深く、深く、落ち込んでいる時は
アナタの痛んだ魂をアタシに癒させて

アタシが壊れていたとき、アナタはアタシの人生に介入してきた
凍りついたアタシの心を熱くさせてくれた
そしてアタシたちは流れるままに身を任せ
そして今、高みへと上る

だってアナタはアタシの痛みを消してくれた
だからアタシにもそうさせて
ドアの前に置いて行ってしまえば、アタシたちなら何とかできる
隠れる必要なんて無い
アタシがアナタのそばにいるから

誰もが白黒に見えるのは
アナタの見方が悪いからで、それを正しましょう
アタシにアナタを目覚めさせて

アナタが深く、深く、落ち込んでいるのなら……

歌詞解釈と解説
というか、この曲の歌詞
そこまで深いことが書かれてある訳ではないんだわ
問題なのは歌詞よりもむしろメロディーや歌っているMaraayaの歌唱方法
ピアノ、そしてエアバイオリン
エアバイオリンって初めて見たよ
エアギターならまだ分かるけど
しかも、どのコンテスタントよりも目立ってるし

ただ、何も解説しないのもあれなので
おそらく誰もが読み取ってくれるであろう部分を
読んでいこう

まあ、読んでいこうも何も
しょっぱなから出てくるサビである
When you're down down low
And there's no place you can go...
アナタが深く、深く、落ち込んで
どこにも居場所がない時は
When you're down down low
You know that I am here for you...
アナタが深く、深く、落ち込んでいても
アタシがそばにいるって、知ってるでしょ

この部分がこの曲の肝であり
そして全てでもある

私が酷く落ち込んでいたときに
(どの程度に落ち込んでるかは、読む人が共感を得るレベルに合わせたらいいと思う)
アナタは私を励まして、立ち直らせてくれた
だから、アナタが落ち込んだなら
今度は私がアナタを助ける番
私はアナタのそばにいることを
忘れないでいて

と言う曲
歌詞そのものは、そこまでユニークであるわけでもなく
全体を通して難しい表現がある訳でもない
ひねりの無い、とてもストレートな
「アナタを助けになりたい」と言う心が
本当にまっすぐに伝わってくる歌詞になっている
そういった意味では、とても素直で良い歌だ
同じ歌詞をポップ歌手にアレンジさわせれば、とても健気なかわいい曲になることだろう

さて
シンプルな歌だとは書いたけども
歌唱と演奏、バックトラックによる
楽曲への色付けが秀逸なのがこの曲である

楽曲考察
イントロは、ライブでの演出でもそうだが
ピアノ伴奏オンリーで、サビから始まる
Maraayaの歌唱は切なさよりも、どこか優しさがこもっているように見える

転調してから
ドラムのパワーもあってか
Maraayaの歌唱に力が加わり
『アナタ』を勇気づけようとする意志が込められる
と、同時に、ピアノとエアバイオリンの音色によって、切なさもが内包される
この部分が、歌詞の意味合いに色を付ける、とても重要な役割を果たしていて
『アナタ』の辛さも分かるわ
だって、かつてはアタシも同じ気持ちだったもの→(それをアナタは変えてくれた)
と、歌詞の内容に即した音色となっている

この一度目の転調での歌唱と楽器の調和が実に見事で
歌詞の内容を決して軽いものにせず
本当に生き生きとした、人間味あふれる歌詞に仕上げている

サビ
ピアノやストリングスの切なさよりも
ドラムと歌唱の威勢のよさが勝っていることから
『アナタ』の力になろうとする強い意志が込められているのが分かる
エアバイオリンのソロで
この曲が持つ愛しさと切なさと心強さを鮮やかに表現

そしてラストはイントロのリフレインのようだが
実は決定的に違う部分があって
似ているようで、ラストの歌唱にはイントロのような優しさはなく
そこには切なさだけが残っている

全く同じ歌唱をしているようだが
イントロとは違い、それまでの力強いパフォーマンスを一通り見た後のラストは
実際、華やいだ祭りの後の状態であるため
切ない、という印象がより強くなっている

これがこの曲の中で最も秀逸な部分で
アタシは辛いことがあったけど、アナタのおかげで立ち直れた
今度はアナタが落ち込んでいるから、アタシが助けてあげる番
と意気込んではいるものの
ラストでどうなったのか!?
と、読み手にその後のストーリー展開を委ねる形になっている

これがこの曲最大の魅力だろう
と思う


次>>
http://sheilabirlings.blog33.fc2.com/blog-entry-4327.html
前<<
http://sheilabirlings.blog33.fc2.com/blog-entry-4304.html

記事目次
http://sheilabirlings.blog33.fc2.com/blog-entry-3286.html

歌詞参考サイト
https://www.eurovision.tv/event/lyrics?event=2063&song=32803

Eurovision 公式HP
http://www.eurovision.tv/page/timeline

YouTube公式チャンネル
https://www.youtube.com/user/eurovision/featured

Wikipedia
http://en.wikipedia.org/wiki/Eurovision_Song_Contest_2015



関連記事

0Comments

Add your comment