アンチャーテッド 地図なき冒険の始まり トロフィーフルコン ~プラチナトロヒー~

PSNのトロフィー経験値が跳ね上がった(笑)

以前、アンチャーテッドシリーズ4作目
『海賊王と最後の秘宝』のプラチナトロフィーを取ったって言ったけど

続けてPSVitaで発売されたスピンオフ作品
『アンチャーテッド 地図なき冒険の始まり』プラチナトロフィーを獲得した
アンチャプラチナトロフィー地図なき冒険の始まり

このPSVita版アンチャ、実に凄まじく
PSVitaと同時に発売された、いわゆるローンチタイトルであるにもかかわらず
PS2~PS3並の高水準グラフィックになっていると言う
アンチャ 地図なき始まりの冒険
しかも、アンチャシリーズの開発元であるノーティドッグではなく
別会社のSCEベンドスタジオが
PSVitaの性能を活かす作り(言ってしまえばVitaのプロモーション目的)で開発しているのだが
ストーリー的にアンチャーテッド1作目『エル・ドラド』以前という設定を
忠実に再現というか、守ったつくりになっているため
1作目と全く同じ空気感のある作品になっている
特別『エル・ドラドの秘宝』に思い入れのある人は気に入ること間違いなしの良作

ただ、賛否両論になるシステムがあって、その一部が、私も気に入らなかった

PSVitaロンチタイトルと言うだけあって
Vitaのタッチパネル、背面タッチ、ジャイロシステム、カメラなど
Vitaの機能を全て使っているのだが、これが邪魔くさくて仕方がないという
それらの機能が必須である場面と、そうでない場面とがあるが

私の場合は、戦闘面でのジャイロシステムが特別気に食わなかった
(ゲーム機本体を傾けると、ゲームない映像も傾いたり、対応した動きをする機能)

私は、アンチャを攻略するとき、基本的にはピストル片手にヘッドショット狙いで遊ぶのだが
このジャイロシステムのせいで、このシステムありきの挙動になっているため
恐ろしく標準をつけるのが難しいつくりになっていた
つまり、大雑把な標準合わせをアナログスティックで
微調整をジャイロシステムでさせようとするので
PSVita本体の僅かな揺れで標準がぶれると言う仕様
CoDの呼吸を止める事で標準がぶれなくなるゲームとかもあるから
最終的には問題にしなかったけど
肝心な場面で標準がつけられなくて死ぬことが多かった

ただ、そうは言っても、みんなが難しい難しい言ってる場面も、難しくはあったが
正直アンチャ2や3の最高難易度モードをクリアできればどうとでもなる
全体的に難易度低いし、アンチャ1作目みたいな空気が心地よかった

あと、もう一個不満点があって
全体的にはストーリーも面白かったしよかったんだけど
一箇所だけ、どうしても気に食わない場面があった

重大なネタバレを含むので、読まれるならそのつもりで読んでいただければと思うが









中央アメリカにあるとされる伝説の黄金郷『シボラ』に主人公たちが近づいてきたとき
かつてそこで生活をしていたであろう古代人の遺体が見つかる
そして、その古代人の遺体、腕や足が変な方向に捻じれていて
何かの病気でこうなったのか?
あるいは元からこういう状態で生まれたのかも
と主人公たちが会話する

その後、黄金財宝を見つけるが、ガイガーカウンターが鳴り始める
呪われた財宝の正体が、放射能汚染された黄金だった、と言う筋書き

問題はその部分ではなく(むしろのろいの正体が科学的に証明される系は拍子抜けするけど結構好きな部類)
その後の会話

登場人物の一人、金にがめつい男が
放射能汚染された財宝を全て回収し、世界中に売りさばこうと考える
金儲けが一番の彼からしたら、他がどうなろうと関係ない、と言う流れ
そこで主人公側が、そんなことしたら世界中に影響が出る。『その、色々と』
と言うように返す
この返し方が非常に気に食わなかった
素直に被爆するって言えばいいものを

おそらく、もともとの英語版だと汚染される、被爆する、と言ってるんだろうけど
日本語版を収録するにあたって、各所に配慮した言い方に変えたのだろう
が、これだと何が危険なのか、どう危険なのかが伝わらないと思うんだけど……
ブラックジャックの言葉狩りの事を思い出した

今のご時勢、それもやむを得ないとは思うけどね
逆に私の方が気にしすぎな気もするし
ただ、事態が悪い方向に行くかもしないって瀬戸際で
ふわっと事の重大さをはぐらかされたような感じがなんともいえなかった
それ以外は、アンチャーテッドらしい作品だったし面白かった
アンチャ4の後でプレイしたのも、何だかんだよかったわ
シナリオが1~4→Vita→1とループし続けることになるし
開発がノーティドッグではないとはいえ
間違いなくアンチャーテッドだったので
私は最終的には大満足
サリーもいたし(笑)

関連記事

0Comments

Add your comment