もしもあの時の選択をもう一度やり直せたなら ~ライフイズストレンジのプラチナトロヒー~

最近トロフィーラッシュ状態で、アンチャーテッドシリーズをクリアした段階で
PSNトロフィーレベルが19に到達していた
そっから一気に40%ほど経験地を稼いだんだけど、
経験値稼ぎに貢献することになったソフトが、スクウェア・エニックスから販売された
(開発元はDONTNOD)

『ライフ・イズ・ストレンジ』と言うゲーム

このトレーラーに惹かれて
絶対に買うって買ったんだが

海外ドラマと同じ様な進行でストーリーが進むアドベンチャーゲームなので
海外ドラマ、とりわけサスペンスモノが好きな人は
どハマりすること間違いなしなゲーム


タイムリープ、バタフライエフェクト、カオス理論、と
そういうネタが大好きならぜひともお勧めしようかと思ったタイトルでもある

ただ、私はこのゲームを誰にもお勧めはしない
ストーリーはよく出来てると思うし、ゲームシステムとギミックもシナリオとかみ合っていて
本当にしっかりしたゲームだと思う
でも誰にもお勧めはしない

あ、トロフィーブースとしたい人にならお勧めするよw
ライフイズストレンジ


これ、どういうゲームかと言うと、アメリカの田舎町を舞台に
オタクっぽい少女が(作中でそう言われてる)ある日突然、時間を巻き戻せる能力に目覚める
そして、主人公たちが住む町アルカディア・ベイで起きる事件や
友人たちとのいざこざやら何やらを、その能力を駆使して解決していき
なぜその能力が使えるようになったのか
その真相を究明する
という内容になっている

本当にざっくりした説明で言うとそういうシナリオのゲーム
そこに、バタフライエフェクト(ほんの些細な出来事でも、それが大きな変化の要因になる現象・理論)が上手く織り交ぜられていて
自分の行動、自分の発言、自分の行動
それらが巡り巡って、何らかの形で返ってくる、と言うシステムになっている

シナリオを読ませるタイプのアドベンチャーと違って
プレイヤーの選択によってシナリオが微妙に変わってくる作りになっているということだ

自分の選択でシナリオが大なり小なり変わる上に
選んだ選択をなかった事にすることが出来る場面が多い分
そうさせてくれないシーンは、2周目以降で試そうかな、と思わせるような
リプレイ性(2周、3周と遊ばせてくれる内容)のあるゲームなんだけど

肝心の……

シナリオが……

決して悪いシナリオってワケではない
先に書いたようにゲームシステムとしっかりかみ合ってるから、シナリオもしっかりと練られてある

ただ、私が苦手だったのは、作風と言うか、何と言うか

ぶっちゃけて言うと、このゲームにはサイコパスが登場する
米国のドラマや映画で出てくるような事件が発生するんだ
そいつがやらかすことや、それが原因で発生する問題がとにかくエグい

んで、サイコパスのやらかすこともエグいが、イジメとか、ギスギスした人間関係とか
誰かの生殺与奪を迫られるようなシーンとか
人の心を抉るのがとてもお上手なゲームなんですわ

特別エグかったのは
いや、正直どのシナリオも重厚なエグさだったけど
自分の選択をやり直せる場合がある、と言うこと
やり直しても、結局、自分の選択に自信が持てないんだよね
何が正しくて、何が正しくないのか
それがプレイヤーの中でしっかりしていたとしても
それを揺さぶる作りになっているという

やり直しが出来て、結末を選ぶことが出来るがゆえに
めちゃくちゃ悩むに悩みまくるということ

遊んでるとき、ずっと「この選択で正しいのだろうか」って悩む

映画やドラマだと、悩むのも精神的肉体的ダメージを受けるのも
全部物語の登場人物たちだけだ
主人公に感情移入しすぎて、結末が辛い映画とかも、もちろん、ある

だけど、ゲームだと感情移入の度合いが全く違う
虚構と現実がごっちゃになってるってワケでなくて
勝手に物語が進行していく映像作品と違って
主人公と一緒に行動することになるゲーム媒体でそういうことされると
辛くてたまらないと言う

なので、ゲームシステムやシナリオ的に、何度もプレイして最善の方法を模索したり
別の回答を見つける楽しさがあるようだけど
それをしようとは、私には思えなかった
もっかいあのシーンを見るのか……
と思うと、気が乗らないどころの話じゃない

サスペンスモノの海外ドラマが好きな人は
たぶん、相当ハマる

何をやっても上手くいかない状況に陥ったとき
胸が締め付けられたりパニックになるタイプの人には向かない

今まで、万人受けしないゲームでも平気で遊べたが
私は生涯二度とこのゲームを起動することはないだろう



一応、実況動画は撮ってあるんだけど
ご要望がない限りはアップロードしないな
私がしこたま悩みまくってる姿(というか声)が見たい(聞きたい)というマニアックな人向けになりそう
私がまた、おチャラけながら遊んでいればまた違ったかもしれないが
まじめに悩んでまじめに回答してたからね

あと
遊び終わった後でアマゾンのレビューとか見てみたら
ほぼ大絶賛ばかりである中で
「アメリカンな舞台が苦手な人には向かない」って書いてあって
ドンピシャで私それでしたわ
アメリカンな舞台も、ハイスクールっぽい雰囲気も、訛りも苦手だった
ならなぜやったしwwwって話になるが(笑)

繰り返し書くが
ゲームもシナリオも相当作りこんでいて素晴らしかったと思う
ただ、私には合わなかった
それだけのこと
関連記事

0Comments

Add your comment