Lc.ツリーカテゴリー
タグクラウド

Eurovision 2015 出場者を見よう! ~ジョージア~

Eurovisionの楽曲の和訳が集まってるサイトをこないだ見つけたが
多くに曲が和訳されている中でも
2015年のジョージア代表の楽曲の和訳は
現時点では存在していない

歌詞自体は極めてシンプルで
難しい言葉も全く使わず
同じフレーズをひたすら繰り返している曲なのだが

とはいえ、曲を聞いて、歌唱を聞いて、シンプルな歌詞を聞けば
誰が聞いても、英語が分からなくても
聞いたら一発でメッセージが伝わる秀逸な楽曲となっている

直接ハートに響いてくるからこそ
和訳しにくいのかもしれない
一言一言を拾っただけでは、意味が分からないから

Nina Sublatti - Warrior


ちなみに私は
Eurovision2015年の中でも
ラトビア代表Aminataと並んで
言ってることは分かんねえが
とにかくガツンと来るから気に入った!

状態で、フィーリングだけでトップクラスに気に入っています



歌詞
我は闘士
オキシム化
世界は立ち上がり、見ることになるだろう

我は戦士
孤立した
世界は我が声を聞くだろう

暴力
自由の為
翼を広げる

我は戦士
孤立した
世界は立ち上がり、我が姿を見ることになろう

我は戦士
未だ脳内に押し込められた
あまりにも長い間、危険にさらされ続けた

我は戦士
未だ脳内に押し込められた
あまりにも長い間、危険にさらされ続けた

みすぼらしくなく
金にがめついわけでもなく
世界は平和の光によって照らされよう

影などない
小さくも強い光
貴方のせいではない、貴方は生きてさえいればいい

暴力
我を破壊する
翼を広げる
我は戦士
オキシム化
世界は立ち上がり、見ることになるだろう

我は戦士
未だ脳内に押し込められた
あまりにも長い間、危険にさらされ続けた

歌詞解釈と解説
さて、この曲の歌詞が和訳されていない原因は、
ただ1点『Oximated』というこの言葉の意味が不明である為だと考えられる
無理もない。方々で調べてみても、正確な意味は載っていない上に、Twitterや公式サイトのコメント欄など
英語のネイティブスピーカーたちでさえ
「びゃああああああああジョージア代表がOximatedとかって謎の新語を作り出したあああああ(^q^)wwwwwwww」
と、『Oximated』の意味が分からないでいる
中には、これは誤字ではないのか
英語が分からないから造語を作ったのではないか
楽曲全体を通して意味を成さない部分(あるいは意味が分からない部分)があるから、
意味なんて最初からないのではないか
などと言われている

しかし、意味のない言葉なんて最初から入れるわけがない

なので、これを今回は解説していく

単語一つを取ってそこから解釈していく前に
まずはこの曲で何を伝えたいのかを見ていきましょう

1.楽曲のテーマ
この曲を通して言いたいことを大雑把にまとめると

暴力に対して非力なままでいる必要はない
アナタの中には戦う力(闘士)と心(戦士)が宿っている
だけど、それを解放せずにいつまでも危ない目にあっているのもアナタ自身
アナタが立ち上がれば、世界はアナタを無視する事は出来なくなるだろう

と言うような内容

I'm a warrior
自分が戦士であることを連呼して鼓舞しつつも
still stuck in my mind
心の戦士を外に出そうとしていないのは自分自身である
自分から立ち上がらないと、世界はアナタの事に気がつかないよ
という強いメッセージが込められている楽曲だ

解釈としては、
公式での回答のように
女性に対するDV等々へのアンチテーゼと受取ることもできるし
同じく公式回答での
ジョージアの女性は良い女性、良き母、良き教師とあるべきであり
子供を戦士として育てるべきだ、という考えに基づいた歌詞だと考えることができる
だが、それ以外にこの曲のテーマを、単純に『再起』と受取ってもいいだろうし
読み手にとっての心の戦士がどういう動きを「する」か、あるいは「させたい」かで
曲の印象が変わる歌詞だと思う

歌詞の内容がとてもシンプルである分
読み手のセンスによって、もう一段階、化ける可能性を持った曲ということだ

それでは、問題の『Oximated』がなんなのかを考えていこう


2.Oximatedについて
Oximated
最初、私は聞きなれないこの単語の事を
ジョージア語で何らかの意味がある言葉なのだろうと思っていた
ところが、いくら調べても出てこないし
そもそもジョージア語読めないし調べ方も分からない
もしジョージア語でOximatedに近しい発音の言葉があるのであれば、教えていただきたい

と言うことで、この単語を英語として読んでみる

『Oximated』は
オキシム化の事を意味していて
このオキシム化って言うのが
かなり専門的な科学用語の事を言う

専門的過ぎて、その説明すら私にはさっぱり意味が分からないため
Wikipediaからの引用だけ置いておく

オキシム (oxime) は分子内に >C=N−OH で表される構造を有する有機化合物。
窒素に結合している炭素に、有機基と水素が結合している場合をアルドオキシムまたはアルドキシム (aldoxime)、
有機基が2個結合している場合をケトオキシムまたはケトキシム (ketoxime) という。
前者はアルデヒド、後者はケトンに由来するオキシムにあたる。
Wikipediaより

なぜこの様な専門用語が唐突に出てくるのか不思議だが
平沢進さんの歌詞ばかり読んでるとうろたえる事はない

理解するのに苦労するような専門用語を使う場合と言うのは
その単語一つで複数の意味合いを兼ねさせる時だと考えられる

元々、英語は日本語と違って
一つの単語、一種類の意味ではなく、
一つの単語に対し、全く違う意味合いが内包されていることがある

今パッと思いつくのが
直近で遊んでたPS4のゲームからぐらいだが、例えば
『Polarize』
という英単語には
「偏光された」という意味と、「二極化(or分裂)」という
全く異なる意味がある
文脈によって、どちらの意味かで取れたり
作品によっては、どちらの意味でも取れることが伏線になったりすることがある

今回の場合、科学用語を使ったのは
単にOximated(オキシム化)そのもの以外に
何か、それによって伝えたいことがあったから
一言で伝えられるよいほう方がなかったからだ
と考えるのが正しいだろう

オキシムそのものについては
Wikipediaをちらっと読んだ
まさに「今さっきかじってきたよ」程度の知識量しかなく
詳しく説明することは出来ないが
結合する方法、要因によって性質の異なるものに変化するもののようだということ
由来が違うものの、オキシムであることには変わりないということ
の二つはなんとなく分かる

牛乳が牛乳であることには変わらないが
脂肪が何%入っているかで呼称が少々変わる
と言うようなところだろうか
(全く違ってるような気もするが)

専門的過ぎて私の理解力が追いつかないが
今回はもう、しょうがないのでそういう理解で考察をしていこうと思う
(お詳しい方がいたら小学生にも分かるように説明していただけたらと切に思う)

では、上記のような理解のうえで考察するとして
この楽曲においてOximedがどういう意味を持っているのかと言うと

まず
Oximatedが歌詞の中で登場するのが2回

歌いだし
Fighter
我は闘士
Oximated
オキシム化

ラスト近く
I'm a warrior
我は戦士
Oximated
オキシム化(された)

FighterとWarriorは
どちらも『戦う者』
つまり『戦士』としての意味を持つが
本質的には意味合いが違う

Fighterは目の前の闘争に対して戦闘行為をしている人の事を言う
競技的な意味合いで使う事が多いだろう
まさにFight(戦い)をしている人(er)の事を指す

一方、Warriorは職業的な意味合いがある
Fighterとは違い、目の前の闘争の為ではなく
背後に守るものがあったり、職業上、命令があれば戦いに出たりなど
誰かの為に戦う人の事を指す

異なる性質を持つ両者に共通していることは
「戦い」を「する人」であると言うこと

これを『オキシム化』させる
Fighter と Warrior を一つの意味として
両方の言葉が持つ意味を一つの言葉『Warrior』で表現する
と言う意味が込められているのではないか、という考察

Fighter と Warrior をオキシム化してどうなるかというと
困難な状況、あるいはそうした状況を作り出している原因に対して
立ち上がって戦うこと(Fighter)
そして、自分を守るために戦い続けること(Warrior)
この二つを、オキシム化してWarriorの一単語に収めようとしたのではないか
ということです


3.もう一つの可能性
どちらもOximatedの後に続く歌詞は
World's gonna get up and see
世界は立ち上がり、見ることになるだろう

Fighter や Warrior を Oximated した結果、世界が立ち上がると言う表現

これは
still stuck in my mind
未だ脳内に押し込められた
この部分にかかっていると考えられる

先に解説した部分と合わせると
アナタに宿る戦う力(闘士)と心(戦士)=深層意識
アナタ自身=表層意識

これを一つにするという意味でのOximated

深層意識のアナタと
表層意識にあるアナタは別人のようになっている
立ち上がり、戦うためにはこれを一つにする必要がある
ということ

どちらか一方の解釈が正しい
というよりも
どちらも正解で、あるいは不正解でしょう

何にしても、本質的には
女性が立ち上がること
この一点であるため
そこまで深く考える必要はないと思う
もっと言えば、Warrior 一つに絞って
考えるんじゃない、感じるんだ
状態でも何ら問題はないと思う


余談
何回聞いても
Oximated だけでなく
Isolated さえも英語に聞こえない
もしかしたら、やはり本当はジョージア語で何らかの意味があるのかもしれない


余談2

↑始まる前のこのモジモジがクッソ可愛い
もうこのギャップ萌えがいつまでも印象に残ってる


次>>
http://sheilabirlings.blog33.fc2.com/blog-entry-4368.html
前<<
http://sheilabirlings.blog33.fc2.com/blog-entry-4350.html

記事目次
http://sheilabirlings.blog33.fc2.com/blog-entry-3286.html

公式サイト歌詞全文
https://www.eurovision.tv/event/lyrics?event=2073&song=32873

Eurovision 公式HP
http://www.eurovision.tv/page/timeline

YouTube公式チャンネル
https://www.youtube.com/user/eurovision/featured

Wikipedia
http://en.wikipedia.org/wiki/Eurovision_Song_Contest_2015


関連記事
スポンサーサイト

THEME:日記 | GENRE:日記 |

COMMENT

Oximatedってそんな意味なんですね

てっきり
oxi=酸素=空気
mated=仲間になるで
Oximated=風と仲間になる
みたいな意味かと

Re: タイトルなし

> 名無しさん
YouTubeコメント欄や海外フォーラムなんかでは
oxime + mated
という考察に至っている人が多かったと記憶しています
英語圏の人の感覚だとそう言う分け方になるのかな?
と思って、私もオキシムから考察を広げていきました
戦士の部分をとっても、複数の意味を一つの意味として使う傾向もありましたし

ただ、今回の私の考察のような方向性に持って行ってる人はいないはず
なので、必ずしも私の考察が正しいわけではないので
歌詞の内容を自分で解読した結果「Oximated=風と仲間になる」になるようであれば
それも正解だと思いますよ

また、歌手によっては
「聞こえがいいからそれっぽい言葉を入れる」という手法を使う方もいます
有名どころで言えば井上陽水さんの『少年時代』に登場してくる「風あざみ」
同曲に出てくる「宵かがり」などが同じようなものなのではないでしょうか
どちらも明確な意味は存在せず、語感で聞こえがいいため、そう言う効果を狙っていると言われています
Eurovision代表曲の中にも、そう言った歌詞づくりをしている曲も確かあったので
『結局意味がない』が正解の可能性は高いです

ちなみに、有名なスラング辞書では
Oximated = Eurovision 2015 で作られた造語
『Literaly no definition(意味はない)』
注釈
質問者:誰かOximated の意味が分かる人はいる?
みんな:知るか!
とネタにされています

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール

シーラ B

Author:シーラ B
X Factor UK とか BGT とか あと小説とか
長いプロフィール

FC2カウンター
検索フォーム
過去のログ v.コンパクト
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
スポンサードリンク