Let It Shine Week1 The Starway1 ~TAKE THAT!~

どうも皆さんお待たせしました!

BBCが送る新しいオーディション番組
Let It Shine


私も見ていきます!
やっぱり見ていきます!

ゲイリー・バーロウ好きなので!


プロローグ記事で書いたみたいに
ミュージカル歌手のオーディションでコンテスタントをどう評価していけばいいのかちょっとまだ分からないし
そこが不安ではあるけども

初週さえ見れば番組の方向性分かってくるでしょう!
ではまず、早速The Starwayオーディションを見ていこうと思う!

Clinton Elvis (曲:(Your Love Keeps Lifting Me) Higher and Higher - Jackie Wilson

なるほど!
こういう感じなんですね!


個人的には微妙なところ
と思ったのは、やはり歌唱力重視で見てしまったからだろうな

おそらく、視聴者が見るべきは
出場者が見る側を楽しませてくれるかどうか
この一点に尽きると思う

ただ歌って踊れるだけじゃダメなんだね
歌唱できるだけでも駄目だろうけど
必要なのは、エンターテイメント
おそらくね

点数は16☆

Deaclan Arthurs (曲:New York, New York - Liza Minnelli
https://www.youtube.com/watch?v=Ze-hA6qIM3A
おや
こちらはより歌唱力重視か……

って思ったら後半よwww

なるほどwww
こういう番組なんですねwww


どちらかというとこっちの子の方が歌唱力寄りなエンターテイナー
エンターテイナー……?
むしろ、ジャズシンガーらしいジャズシンガーって感じですね
何より、ボーカルレンジが広いところはかなりの強みではなかろうか
ミュージカルのことなんて
普通の歌唱以上(歌手型やアイドル型の歌唱)に分からないけど(私には音楽の技術的知識、素養はないので)
それでも、低音を強みとして出せるなら、
役を演じる必要のあるミュージカルでも強みになるんじゃないかなって思うな

Jamie-Ryan Taylor (曲:Last Request - Paolo Nutini
参考動画なし
この番組じゃないな
選曲的にもバンドマンを目指した方がいいようなだし
歌唱もクセのある方だから
ミュージカル向けではないんじゃないかな

緊張で声が震えてるのはしょうがない

11☆

あと、どうやら私は
最初の2人でこの番組を見切ることができたようだ

Jazzie Mattis (曲:Uptown Funk - Mark Ronson featuring Bruno Mars

この人いいな
真剣に歌いすぎてるところがかなりマイナスだが
たぶんね

選曲は120%合ってる
特別、ダンス突っ込んでて
驚くほど上手いのが素晴らしいですね

ただ、選曲が合っているのに
表情が真剣すぎていて、前半は見ていてちょっとハラハラした
おそらく、ミュージカル歌手としては
見ている人を楽しませる必要がある以上
不安や緊張は観客に伝わってはいけないはず

彼は歌唱もそうだけど、ダンスでも
「失敗するわけにはいかない」
っていう思いが強すぎて
それが強く伝わってき過ぎた

まあ、ゆってでもオーディションですからね
まだ

こっから良くなっていけばいいと思う

なんかあれだね
The X Factorよりも
キラキラした笑顔が必要だね


17☆

Tyler Jack Smith (曲:You Are So Beautiful - Joe Cocker
https://www.youtube.com/watch?v=uQyKi_7ke6Q
ミュージカル=楽しませるエンターテイメント
だけではない

と思う理由としては
やっぱり、レ・ミゼラブルやオペラ座の怪人なんかがある点だね

ガチでの歌唱
それも良かろう

歌い出ししばらくで
どっちだろう
って私はちょっと思った
もし他のオデ番組出るならば、ってね
だけど、The Voiceではないな
音程ミスが目立つ
おそらく振り返ってもらえないだろう
The X Factorでもいいかもしれない
けど、このレベルなら、他で潰されそう
個性はが多いのがThe X Factorだし
普通すぎる

LISだとどうだろう?
17☆

Hector Mitchell-Turner (曲:You Get What You Give - New Radicals
Zak Robinson (曲:(Sittin' On) The Dock of the Bay - Otis Redding
Bobby Foord (曲:7 Days - Craig David
番組中では敗退をダイジェストで行われた3人
Wikipediaにて選曲と星の数を確認できる
ここでは割愛

Nicky Price (曲:Say Something - A Great Big World and Christina Aguilera
https://www.youtube.com/watch?v=GlR0lDjV2RY
え?
どう?
どう思う?

ううむ
難しい
悪いとは思わないが
どっちかっていうと
こういうバックグラウンドのストーリーを思わせるような歌唱と選曲は
The X Factorっぽいなあ
って思った
仮にThe X Factorに出たとしても弱いが

と思っていたら
まさかの☆満点

見切ったとか生意気言ってごめんなさい
まだ全然基準が分からんです

歌唱重視
なのか
エンタメ重視なのか

とはいえ
少なくとも彼の歌唱は
原曲に引っ張られ過ぎず
自分なりの歌唱をできている方だと思ったし
そう言った意味でも上手い方だとは思ったよ


…………
ミュージカル歌手的に我が出るってどうなんだろう(;・ω・)

Nick Carsberg (曲:Dance with Me Tonight - Olly Murs

私はこっちの方がいいな

ぶっちゃけ
そんな上手くないんだけど
こういうキラキラしてる笑顔できる子は貴重だと思う
むしろアイドル歌手として活躍できそうな子ではあるが
嫌味のない、爽やかで素敵な笑顔ができるのも才能さ

選曲もまた良かったね
元々キラキラしてる人の曲だものwww

16☆

Wayne Thurtell (曲:My Girl - The Temptations
参考動画なしだけど
番組中では歌唱全部見せてくれてた
たぶんBBCの方針的には
通った人の分だけをYouTubeに流すつもりなんだろう

それはそれとして
選曲的にはThe Voice向きではあるなと思った
ただ、最初から最後までただ退屈なだけで
気持ちがこもってるわけでもなく、そこまで上手いわけでもなく
何がしたいのか見えてこないような歌唱だった
つまり、単調なんだな

Jason Brock (曲:Run to You - Whitney Houston

現役ミュージカル歌手?
30歳だって
ありなんだそれ
てっきりほんとに若い子だけだと思ってた
Take Thatのメンバーの役ができるかどうかが重要視されるんだろうね

さすが若い子らと違って
経験と実力にかなりの差があるな
若干、反則臭いがwww
選曲もあってて、完成度が非常に高く思えますね

☆満点
そりゃそうだろうよ

個人的には微妙なところがあって
The Voiceでよく現役や元ミュージカル歌手が出てくるけど
軒並み微妙なんだよね
何が微妙って
おそらくだけど、みんな同じ発声、歌唱訓練を受けているのか
似たような歌唱に聞こえてくる
つまり、個性がほとんどないんだ

だけど
それってこの番組やミュージカルでは、むしろ正解なんだよね?
なんで、私の言ってることは的外れもいいところなわけで
ただ、私はThe X FactorやThe Voiceを見てきたから
どうしてもそういう考えが先に来てしまう


はい
ということで
今回分はとりあえずここまで!

さっき書いたのが
全体を通した私の素直な感想ですね

まだまだ
まだこの番組始まったばっかりだし
私もこの番組を見始めたばっかりだし

この番組の方向性やなんかもまだ掴みきれてないし
でも、そういうのはこれから徐々に分かってくるはずだよね
私だけじゃなくて
この番組を見る人みんな
今年は手探りで見ていくことになるだろうし
それは番組を作る側も同じはず
一回目はそんなもんだろ

それよりやらないといけないことは
ミュージカル歌手のオーディションである手前
見る側はとにかく楽しむことだね!

他の番組でも基本的な私のスタンスでもあるが(;^ω^)

では


>>次
http://sheilabirlings.blog33.fc2.com/blog-entry-4445.html

もくじ
http://sheilabirlings.blog33.fc2.com/blog-entry-4435.html
関連記事

0Comments

Add your comment