Let It Shine ~プロローグ~

話題の新オーディション番組
Let It Shineを見ていきますぜ!

早ければ今日中に記事書き上げます!(意地

とりあえず、新番組ということで
私が調べた限りでの概略を書いておきます!

まずどういうオーディション番組かっていうと
英国のいわゆるボーイバンド(男性アイドルグループ)であるTake That
彼らの楽曲をベースにしたミュージカルが始まるようで
その為のオーディションをテレビでやるのだそうだ!
この説明の日本語大丈夫だろうか!
勢いで乗り切ろう!

ボーイバンドのメンバーを決めるためのオーディションである都合上
出場できるのは若い男の子だけ!
ううむ、誤解を生みそうな表現!

オーディションや番組の進行ルールについては
全部で3ステージ!
オーディションのThe Starway
グループ審査のThe Collaborations
そして、ライブショーのThe Battle of the Bands

初回からしばらくのThe Starwayは

4人の審査員、一人につき最大で5個
出場者に星を与えることができ
合計で15個以上、星を獲得できれば次のステージに進めるようだ

審査員にはTake Thatのゲイリー・バーロウがいるという!
Take Thatのミュージカルのオーディションを
Take Thatのゲイリー・バーロウ自身が行うという!

ゲイリーはサイモン不在時The X Factorで
サイモンポジでしばらくジャッジ・メンターを勤めていたけど
音楽に対してとてもストイックで妥協を許さない姿勢でいたから
これは面白くなりそうだ!

2ndステージについてはまたその時に説明しようと思うが
どうやら1stオーディションを通過した出場者たちでグループを何組か作り
プロの歌手といっしょに歌うらしい

アナウンスされているプロ歌手の中には
The Voice UKでバンドマン枠のコーチを勤めていたリッキー・ウィルソンの所属しているバンド
Kaiser Chiefsの名前もある!
ぶっちゃけ、審査員のゲイリーとリッキーが見たいが為に見ようとしていると言っても過言ではない!

ちなみに
番組名はTake That の曲『Shine』の歌詞から来ているようだ

この曲の歌詞、オーディション番組のテーマ曲として
これ以上ないほどマッチしてるので、そっちもチェックすると面白いかも
発表当時大学生なら、私と同世代確定です
Take That の曲の中でも私も好きな一曲

とはいえ
一つ、懸念事項があってだね
The X Factorなら、アイドル性が重視されるので(近年の対The Voice方針はともかく
歌える、踊れる、タレント性がある
そういう方向で見れば良くて
(私はもっぱら、歌唱力、表現力、ユニーク性の3点重視だけど)

The Voiceなら歌唱力が何より求められるので
歌唱力を見れば良くて
(私はもっぱら、歌唱力、表現力だけじゃなくて(ry

でも
Let It Shineみたいに
ミュージカル歌手として必要なものってなったら
一体何になるんだ!?
私に的確なツッコミができるのか!?
って言う一抹の不安が

あ、
はい
グダグダ言ってないで動画見ます
関連記事

0Comments

Add your comment