訛らせたら聞き取れない

今日の

サークルの活動での話


今日は即興ディベートをやってたんですけど

個人的な発音の練習を兼ねて英語を訛らせてみました
訛りを実践で使えるようにするためなんですけどね

お題は「早期結婚は晩年結婚より良い」
日本語間違えてたらすみませんwww


で、
このお題で

内容を

フランス訛りで発音したら



全員「何言っているのか分からんわ!」( `Д´)ノ


と怒られました


主に
語尾のイントネーションを上げ気味にする
語頭の「H」を発音しない
「R」はのどを鳴らす
「the」は「ジ」
なるべくリエゾンしまくる
「tion」「sion」は「ジョン」じゃなくれ「シオン」 e.g. confusion →コンフェシオン


だけなんですけどね
やったことというか注意したこと

実践でとっさにリエゾンは難しい…

たぶん本物のフランス訛りはもっといろんなことを注意しなきゃいけないんだと思いますけど
まぁ、これだけ押さえておけば「っぽく」聞こえます


ちなみにみんなが特に聞き取れなかったのはたぶん「R」音だと思うんですけどね
from, agree, try は連呼しましたし(わざとね
ディベートなのに反論させないし
理解させないという
ある意味 裏技 外道技


来週はインド訛りにしようかしら
それともヨークシャー訛りにしようかしら( ´∀`)ホホホホホ





余談

普段使わないところを使ったので(R音の時
今へんなところが痛いwww
関連記事

0Comments

Add your comment