Eurovision 2017 ポルトガル代表 Salvador Sobral の『Amar Pelos Dois』 和訳・歌詞解釈と考察

一人ぽっちじゃ誰かを愛することなんてできない
だから、どうか愛しの君よ ボクのところに戻ってきておくれ

Eurovision Song Contest ポルトガルの国内予選大会である
Festival da Canção (フェスティバル・ダ・カンサゥン)
その 2017年版に置いて優勝し、ウクライナのキイウ行きの切符を手に入れたのは
まるで、クラシック映画やミュージカル映画の登場人物が
スクリーンから抜け出して、そのままステージで歌っているかのような印象を受けるほど
音楽の世界に深く深く没入して歌う、Salvador Sobral でした

サルヴァドールが歌った『Amar Pelos Dois』は、
姉のLuisa Sobral によって書かれた曲でもあり
聞く人の心に、ほっ、とした温かさを感じさせるような
それでいて、どこか哀愁漂う切ないメロディーに包まれる曲で
歌唱と音楽から溢れ出る、儚さが持つ美しさが、本当に尊いと思える曲です

正直私はユーロビジョン2017の代表者の中でも
Salvadorの歌唱を、ぶっちぎりで気に入っています
今年の出場者の中で言っても、唯一『語る』ような歌い方するサルヴァドールですが
姉と共に作り上げたこのマスターピースにはどんなことが書かれてあるのか
その内容を紐解いていきましょう

もくじ
歌詞和訳『Amar Pelos Dois』
歌詞解釈と解説
 - Verse1
 - Verse2 ~ Chorus
なぜ第三者に伝言を頼むのか
解釈の一例
楽曲構造の考察
MV考察
Eurovision でのサルヴァドールと、心臓移植手術

Eurovision Song Contest 2017 Grand Final


国内予選大会 決勝戦でのパフォーマンス


歌詞和訳『Amar Pelos Dois(二つの愛)』
Verse 1
Se um dia alguém perguntar por mim
いつの日か、もしボクの事を尋ねに来た人がいたら
Diz que vivi p’ra te amar
ボクは独りで君を愛し続けたよ、と伝えておくれ
Verse 2
Antes de ti, só existi
君に出会うまで、僕はただ存在するだけだった
Cansado e sem nada p’ra dar
ボクは疲れてて、余裕なんてなかったんだ

Chorus
Meu bem, ouve as minhas preces
愛しの君よ、ボクの頼みを聞いておくれ
Peço que regresses, que me voltes a querer
ボクは君に戻ってきて、そしてまたボクを愛して欲しいんだ
Eu sei que não se ama sozinho
一人ぽっちじゃ誰かを愛することなんてできないんだよ
Talves devagarinho possas voltar a aprender
もしかしたら時と共に ボクのことを愛せるようになるさ

~間奏~

Chorus
Meu bem, ouve as minhas preces
愛しの君よ、ボクの頼みを聞いておくれ
Peço que regresses, que me voltes a querer
ボクは君に戻ってきて、そしてまたボクを愛して欲しい
Eu sei que não se ama sozinho
一人ぽっちじゃ誰かを愛することなんてできないんだよ
Talves devagarinho possas voltar a aprender
もしかしたら時と共に ボクのことを愛せるようになるさ

Bridge
Se o teu coração
もし君の心が
Não quiser ceder
諦めたくないというのなら
Não sentir paixão
情熱を感じたくないというのなら
Não quiser sofrer
苦しみたくないというのなら
Sem fazer planos do que virá depois
先のことなんて何も考えなくても
O meu coração pode amar pelos dois
代わりにボクの心は二人分を愛そう

歌詞参照元
https://genius.com/Salvador-sobral-amar-pelos-dois-lyrics

歌詞解釈と解説
ポルトガル語が分からなければ、この曲を理解することもままなりませんが
実のところ、特殊な慣用句や、複雑な比喩表現と言ったものなどはありませんし
素人でも辞書を片手に和訳が出来るほど、簡単な言葉でしか書かれていない曲です

そして、使われている語句も優しいですが、内容も実にシンプル
特別、長々とした解説などを挟む必要もなく
拙いながら、私の和訳を見るだけで、すぐに中身を理解していただけるかと思いますし
英語が分かる方であれば、英訳を見ていた代でも内容がすぐに分かるかと思います
英訳参考リンク https://genius.com

さて、その上でこの曲にどんなことが書かれてあるかと言うと
「自分のもとを離れた恋人のことを、いつまでも探し続けている主人公の物語」です

Verse 1
まず、この曲が始まるまでの間で
主人公は恋人と結ばれますが、現在は離れ離れになっている、と言う過程があります
その上で、主人公は恋人に戻ってきてほしいと、心の底から想っているので
様々な場所を尋ね、訪れ、恋人の影を追い求め続けていました
ところが、何らかの理由で、恋人に自分の想いを伝えられなくなります
そこで主人公は、たまたまその場にいた第三者に、次のように伝えます
Se um dia alguém perguntar por mim
いつの日か、もしボクの事を尋ねに来た人がいたら
Diz que vivi p’ra te amar
ボクは独りで君を愛し続けたよ、と伝えておくれ

この曲の物語は、そこから始まるのです

Verse2 ~ Chorus
Verse1 で、主人公は第三者に伝言をお願いしていますが
Verse2 以降の歌詞は、その伝言の内容で統一されています

そして、その伝言の内容と言うのは
その全てが恋人へ向けたメッセージとして描かれているのですが
それが単なる愛の言葉ではなく、恋人に「戻ってきてほしい」と願う
主人公の切実な想いであると言うことが分かるかと思います

Peço que regresses, que me voltes a querer
ボクは君に戻ってきて、そしてまたボクを愛して欲しい

特にこの一文だけで、主人公と恋人が離れ離れであることが分かりますし
そういう言葉を弱々しく零してしまうほど
主人公の心には大きな穴が開いているということが伝わってきます

また、この歌詞には、この物語の主人公ならではの恋愛観が込められています
Eu sei que não se ama sozinho
一人ぽっちじゃ誰かを愛することなんてできないんだよ

この「誰か」は、主人公の元を離れた恋人の事を言っているのだとは思いますが
同時に、人を愛することの精神についても歌っている様に思います

ここで主人公は、「一人では誰かを愛せない」と歌っていますが
冷静に考えてみると、例え「愛したい相手」が目の前にいなくても
その人を想うと言う事はできると思いますし、愛せないわけではないはずです

しかし、主人公は「一人では愛せない」と断言しています
つまり、一方的に愛の押し売りをしても意味がない
それでは結局のところ、一人でいるのと変わりがない、と言っているのだと思います
誰かを愛することで、初めて愛は返ってきますし
誰かに愛してもらうには、自分が誰かを愛する必要があるのです
そうした精神、恋愛感が、この言葉に詰め込まれているような気がしますし
主人公の心の優しさも伝わってくるように思います

なぜ第三者に伝言を頼むのかなぜ第三者に伝言を頼むのか
ところで、そもそもの話なのですが
なぜこの曲の主人公は、自分で自分の想いを恋人に伝えないで
第三者に伝言を他のでいるのでしょうか

考えられる可能性はいくつかあります
・主人公が次の目的地へ移動するため、すれ違った時のために
・主人公がこれから『眠り』につくため
・恋人が主人公を愛することはないと分かってるので、想いだけを打ち明けるため

……こうして並べてみると、これ全部な気がしてきますね

解釈の一例
個人的な解釈ですが、曲を聴いたイメージだと
主人公は『眠り』につく間際にある、という解釈がしっくりくるような気がしました
(この『眠り』の意味をどうとるかは、個々の判断に委ねます)

なぜ『眠り』につくイメージを受けたのかというと
やはりそこは、サルヴァドールの歌い方です

歌唱の抑揚のつけ方を聞いてみると
引いては満ちてを繰り返すさざ波のような
あるいはユラユラと揺りかごに揺られるような
恋人を愛してやまず、方々を駆け回っている主人公とは思えないほど
やわらかく、優しく、そしてまどろみの中にある様な歌い方をしているように思います

と、同時に、歌詞の内容も
「君のことを必ず見つけ出す」ではなく
「ボクにとって君はこんな人だったよ」
「ボクは君にこういうことをしてほしいんだよ」という語りになっています
この事から、主人公は、恋人を見つけられないことを悟っているように思えます

あとは、恋人が主人公を愛してくれないことが分かっているのに
主人公はそれでも希望を捨てきれずに、伝言を残しているのではないか
と、思います

ただ、そう考えると、歌詞の言葉の重みが一味違って見えてきますね

『眠り』につく前の歌詞として読むか
愛してもらえないと分かっていても愛せざるを得ない
儚い恋と切ない想いの歌詞として読むか

楽曲構成的にも、主人公の、恋人に向ける愛の純真さと
叶わぬ恋の儚さを、同時に表現しているようにも思います
歌詞と合わせても、美しすぎるあまり、心苦しくなるほどです

楽曲構造の考察
ジャンルとしては、クラシックジャズに相当すると思われるこの曲は
非常にシンプルな構成、音楽構造をしています

まず、楽器に関して言えば、ピアノとバイオリンのみです
他の曲のように、ドラムであったり、ギターであったり
あるいは管楽器や電子音などの楽器は一切使われていません
音数に関しても、それほど多いわけではないことが分かるかと思います
そこに、サルヴァドールの歌声が乗るのみですので
極めてシンプルな編成である、と言えるでしょう

そして、ゆったりと、静かに流れるピアノとバイオリンの美しい音色に
優しくも儚さを感じさせるサルヴァドールの歌声によって紡がれるこの曲は
多少、変則的な進行をしますが、構造そのものも非常にシンプルです

大抵の曲が、Aメロ、Bメロ、サビ前、サビ、間奏と
聞いている人を飽きさせない様に様々な工夫を凝らしているのに対して
サルヴァドールの曲は、Aメロ→サビ→間奏→サビ→A´メロ、と
信じられないほどシンプルな構造で作られています

しかし、これほどまでにシンプルな曲だからこそ
彼が表現してる世界がダイレクトに伝わりやすいのではないかと思います
例え、ポルトガル語が分からなかったとしても
この曲の中身を想像させるやすいのだと思うのです

MV考察
Amar Pelos DoisのEurovisionの公式MVは
国内予選大会の映像をそのまま丸々使われています
映像にフィルターかけてる程度で、差異はほとんどないと言えるでしょう

お金のない国はMVにあまり力を入れることができなかったり
時間的な都合でMVを作らないことも多いため
そう言う側面が強いのだろうとは思いますが

同時に、こと『Amar Pelos Dois』に関しては
実はライブパフォーマンスこそ
この曲の世界を正確に伝えられているので
MVを作る必要がないのではないか思います


繰り返しになりますが、この曲は先に書いたように
1.別れた恋人のことを追い続ける主人公が
2.第三者に、いかに主人公が恋人のことを愛していたかを伝えてほしい、と言い
3.恋人への想いを語る
という歌詞になっていると思うので

そのことをしっかりと念頭に置いて、オフィシャルビデオを
単なる国内予選決勝映像の使いまわしとしてではなく
ミュージックビデオとして見てもらうと……?

Se um dia alguém perguntar por mim
いつの日か、もしボクの事を尋ねに来た人がいたら
Diz que vivi p’ra te amar
ボクは独りで君を愛し続けたよ、と伝えておくれ
歌詞の冒頭の、この部分によって
会場にいる観客や審査員はおろか
スタッフの面々も含めた、あの場にいた全員
そして、スクリーン越しに見ている
視聴者全員に向けて歌っているように見えてきませんか?


この際、サルヴァドールのお姉さんが
この曲の作曲者であることは一旦、忘れましょう


まさしく、歌詞の主人公がそこにいるという風に見ると
ポルトガルの国内予選大会決勝というこの場で
さらに言えば、来 るEurovision 準決勝、決勝という大きなステージで
物語の主人公が恋人に向けてメッセージを送っているように見えないでしょうか

「ボクはキミのことを
ひたすらに、ひたむきに
ただただ想い続けてここまで来た
今この歌を聴いているキミよ
この世界のどこかにいるキミよ
もしボクの歌を聞いたなら
ボクのもとに戻っておいで」


そう言う風に訴えている映像に見えてこないでしょうか

さらに言えば、国内予選大会はリアルで起きた出来事だというのに
もしかしたら、あの観客たちの中に、別れた恋人がいるかもしれない
今、私たちがこうして見ているように
どこかでYouTubeなりで、彼の映像を見ているかもしれない

そう言う風に見えてはこないでしょうか

そこからドラマを広げるとすると
例えば、……『例えば』ですが

ポルトガルのとある町のとあるバー(パブ)で
恋人(人名)は一人、グラスの中の酒を回しながら、黄昏ていた。
と、ふいに、彼女の耳を優しい歌声が、ふわり、と撫でた。
母親が子を撫でるよりも、愛おしそうにしている歌声である。
子が親に求めるよりも、切なそうにしている歌声である。
聞き覚えのある歌声だ。
聞き慣れた歌声だ。
そう思った彼女の脳裏に、あの男の顔が浮かび上がった。
「サルヴァドール……?」
恋人は、やおら振り返ると、店内の隅、カウンターの端にあるテレビに目を向けた。
ああ、あのまっすぐな瞳、無垢な声。
この世に愛以外は存在しないと、本気で思っているような男の姿。
Peço que regresses, que me voltes a querer
(ボクは君に戻ってきて、そしてまたボクを愛して欲しいんだ)
彼の言葉に、恋人は、しかし胸を締めつけられはしなかった。
「これ、どこでやってるの?」
恋人は、店主に聞いた。
店主は、少し驚いたが、
「リスボンのどっかだろうね」
と、答えた。
そんなことは分かっている。
あの会場がどこなのかを聞いている。
Eu sei que não se ama sozinho
(一人ぽっちじゃ誰かを愛することなんてできないんだよ)
バカね……。あんたのそういうところ、ほんとにバカよ……。
恋人は、文句の一つでも言いたげな表情で、店を出ていった。
からん……。
口紅のついていないグラスの中で、氷が鳴った。
みたいなさあ
ドラマを連想しない!?
(長い)
ライブでのパフォーマンスが
本当にMVとして機能するというか
ライブで完成してしまっているというか
ライブでこの曲は完成したというか

これは、下手にMVを収録してしまうよりも
ライブをそのまま『MV』とした方が
歌詞の世界を壊すことがないのだろうと思います

それに、このライブパフォーマンス以上に
歌詞の世界を表現できるものもないと思うのです
それほどに、Salvador Sobral の表現力は高い
圧倒的に高く、芸術の域に達しているのです

Eurovision でのサルヴァドールと、心臓移植手術
Eurovision Song Contest 2017 のポルトガル代表に決まった後
しかし、サルヴァドールは大会を辞退する可能性を示唆していました
それと言うのも、サルヴァドールは元々心臓に持病を抱えており
その病状が悪化し、大会出場すら危ぶまれていたのです

Eurovision の準決勝リハーサルが始まった段階でも
最初の内は姉のルイーザが代わりにリハーサルを行うなどもして
多くのファンが、サルヴァドールの体調を心配していました

大会の辞退どころか、命の危機すら心配されていたサルヴァドールですが
Eurovision 2017 の準決勝に何とか間に合い、出場し
そして、決勝の舞台にまで上り詰めると
サルヴァドールは見事、欧州一の座を獲得することが出来たのです

優勝後のウィニングパフォーマンスは
自分をずっと支え続けてくれた、『Amar Pelos Dois』の作曲者
姉のルイーザと共にデュエットを披露していました

その後は、心臓移植手術を受けるまで、音楽活動を休止していたのですが

さて、サルヴァドールの病状の事を知った上で、改めて歌詞の内容を見てみると
この曲の歌詞で、主人公が恋人に会えない本当の理由が見えてくるように思います
あるいは、この曲がサルヴァドール最後の曲になっていた可能性を思うと
歌詞の内容の重みと言うものが変わってくるかと思います

合わせて読みたい
サルヴァドールの新曲『Mano a Mano』和訳・歌詞解釈と考察
http://sheilabirlings.blog33.fc2.com/blog-entry-4618.html
心臓移植手術後のサルヴァドールが、新たな生を受けて書いた曲です
まるで、『Amar Pelos Dois』のその後の物語になっているようにも聞こえるので
『Amar Pelos Dois』の歌詞の内容が気に入りましたら、ぜひ

Eurovision2017でポルトガルが優勝した理由をガチ解説した動画を和訳
http://sheilabirlings.blog33.fc2.com/blog-entry-5072.html

>>次
http://sheilabirlings.blog33.fc2.com/blog-entry-4619.html
<<前
http://sheilabirlings.blog33.fc2.com/blog-entry-4672.html

もくじ
http://sheilabirlings.blog33.fc2.com/blog-entry-4487.html

歌詞参考元
http://www.eurovision.tv/event/lyrics?event=2173&song=34593
公式英歌詞(あんまり合ってる気がしない)
http://www.eurovision.tv/event/lyrics?event=2173&song=34593&type=English

Eurovision図鑑
http://sheilabirlings.blog33.fc2.com/blog-entry-3965.html

Eurovision 公式HP
http://www.eurovision.tv/tag/expand/2017

YouTube公式チャンネル
https://www.youtube.com/user/eurovision/featured

Wikipedia
https://en.wikipedia.org/wiki/Eurovision_Song_Contest_2017
関連記事
Eurovision2017ポルトガル洋楽和訳歌詞解釈と解説

7Comments

fumufumu  

ぶっちぎり

同感です。
あ、Salvador検索でたどり着いた者です。初めまして。
ここ数日、鬼のようなアクセスをしているのは私ですw

元々(国としての)ギリシャ・マニアで応援ついでに他もチェックというスタンスなので、各国が出揃ってから聴き比べ。
で、私の中でもダントツがサルヴァドール。
ライブ・パフォーマンスの素晴らしさはお姉さんもインタビューで言及してましたね。
「曲に込めたことを全部彼が表現してくれるから、翻訳する必要もないし、演出もいらないの」とかって。

個人的には、国内大会セミ・ファイナル後のインタビューで、
審査員から12ポイントの高評価を得たことに対する感想を聞かれた彼が
「凄いけど、ちょっとお腹空いちゃった」と答えたところがツボでした。大会進行が押したのか真夜中近いからって、何それ、カワイすぎ。

戻って来ない恋人の話ですが。
この先も恋人は戻って来ないと思っています。
彼の優しさや無垢なところ、一途に慕う気持ちに
堪えられなくて去ったんじゃないかなと。
加えてもう少し、ほんの少しだけ現実を見て欲しいと思ったのではないかと。
でも、そうなったら彼ではなくなってしまう、才能も否定することになりかねない。
だから彼のそばから離れて行った。
愛していないんじゃなくて、愛することをやめた。
戻りたくても戻らない。
いつの日か、どこかで偶然再会したその時はって思うけど、
多分、そんな日は来ないだろう。。。

彼は恋人が去った理由をきちんと理解出来ない。
自分のせいだろうとは思っていても、何がいけなかったのかわからない。
喧嘩したことなんてなかったし、怒らせたことだってなかったのに。
だから彼には彼女以外は考えれない。これからも。

ああ、悲し過ぎる。

いやぁ、我ながら妄想が凄いわw

長文失礼しました。
5月の本選まで、情緒不安定で待ちそうです。

2017/04/23 (Sun) 01:59 | EDIT | REPLY |   

シーラ B  

Re: ぶっちぎり

> fumufumuさん
初めまして!
私もインタビュー見ましたが
お姉さんが「誰しもこういう失恋で胸を痛めることはあったと思いますが」
「弟にはそういう経験がないらしいけどwwwたいていの人にはありますよねwww」
https://www.youtube.com/watch?v=r02kNeGXveY&t=70s
みたいなこと言ってて
それを聞いて、また彼の表現の仕方に合点がいきましたね

特に、fumufumuさんがいう
> 彼は恋人が去った理由をきちんと理解出来ない。中略。だから彼には彼女以外は考えれない。これからも。
この解釈が、もう、まさにその通りだと思います
そして、歌詞が分かる人、分からない人
誰でもこのイメージを受け取れるように歌ってるんですね

> 「凄いけど、ちょっとお腹空いちゃった」と答えたところがツボでした。
なにそれかわいい

> 戻って来ない恋人の話ですが。
恋人のアクションを明記していない分
読み手聞き手の自由な発想で物語を展開させていく仕掛けですが
私もこれは戻ってこない方が物語が美しくなると思いますね
記事では戻ってくる的な妄想したけどwww
でもそれは読み手の私の願望であって作品世界とはまた別のお話w

> いやぁ、我ながら妄想が凄いわw
いやいや楽しんで読ませてもらいました
全43曲を読み終わって
でも楽曲内で見える情報以外(恋人のアクションや心境)を想像させる曲
というか物語の続きを妄想させてくれる曲はこの曲だけだと思いますし
そうさせる歌い方もサルヴァドールただ一人だとも思うので
他の人のストーリー展開を見たかったのですwww

5月の本戦、楽しみですね!
私も来週とか特にソワソワしてそうです(;^ω^)

2017/04/23 (Sun) 13:11 | EDIT | REPLY |   

通りすがり  

Alexander Rybakが英語詞でこの曲をカヴァーしてますね。なかなか興味深いです。
https://youtu.be/FNd3tyY7CcA
それにしても、本当に愛されてますねーSalvadorもお姉さまの作ったこの曲も。優勝というのもすごく納得のいく、気持ちのいい結果だと思います。めでたい。

2017/05/15 (Mon) 10:17 | EDIT | REPLY |   

シーラ B  

Re: タイトルなし

> 通りすがりさん
リンクありがとうございます!!
英訳ではなく
あくまでカヴァーに徹してるのもいいですね
元の歌詞を壊さず
でも、主人公の気持ちをAlexanderならこう表現する
って言うのが分かるのが面白い

でしょ!?
愛されてるでしょ!
そうなんですよー

視聴者と審査員
満場一致の第一位
投票結果発表開幕から12点取れて
最後まで駆け抜けてたし
ほんと気持ちのいい結果でしたわ
やだやだ、あの国に勝ってほしいのにいいいいい
ってなることなく
にこにこ結果見てられたのも良かった
ああ、めでたい

2017/05/15 (Mon) 23:05 | EDIT | REPLY |   

fumufumu  

No title

シーラさん、シーラさん。
どこに貼ったらよいかわからなかったけど、関連するとしたら、
ちょっと前の記事ですがこちらかなと思って。

https://youtu.be/GSp3Rdp7Tq0

自分のブログでも紹介したのですが、この動画が優れものなんですよ
ちょっとお時間割いて、視聴して見て下さい。

2017/07/22 (Sat) 21:30 | EDIT | REPLY |   

ゆか  

No title

はじめまして。今日ユーロビジョンコンテストの歴代優勝者の曲を聴いていて、なんていい曲なんだろう、でもポルトガル語はさすがに分からないなと思っていたら、ここがあって本当に感謝です。

2018/02/06 (Tue) 23:07 | EDIT | REPLY |   

シーラ B  

Re: No title

> ゆかさん
はじめまして!
この記事長いから読むの大変だったでしょう(;・ω・)

和訳については、基本的に英語以外の言語は全て
一回英語に機械翻訳をかけるか
英訳されたサイトを探して
それを日本語に訳しているので
元の歌詞とはある程度、訳する上でずれている部分もあると思います
念のため、複数の英訳、複数の解釈を見比べて
元の言語の言葉の形を探っていますが
記事では偉そうに書いてますが、100%信用しないようにして頂けたらと思います
それでも、参考になったようでこちらこそ読んでいただいてありがとうございます

2018/02/06 (Tue) 23:56 | EDIT | REPLY |   

Add your comment