Lc.ツリーカテゴリー
スポンサードリンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Eurovision 2017 アゼルバイジャン代表Dihaj の Skeletons 和訳・歌詞解釈と考察

ユーロビジョン2017 アゼルバイジャン代表曲は
ある意味、2017年の中で最も『異質』さを持っている
Eurovisionらしい曲でもなく
『City Lights』や『Gravity』のように際立ってEurovisionらしさから外れるでもなく
音楽の流行に乗るわけでもなく

ただただ、一つの完成系がそこにあるようだ

Dihaj - Skeletons


歌詞(直訳)
※歌詞の中の(?)は結局よく分からなかった部分

Standing in a mirror lane wondering what, to do
鏡の道の前で、どうすればいいかも分からずに突っ立って
Another day and gravity’s got, got another hold of me
新しい日と重力が、別の私を掴む(?)
I never dreamed that this could be happening, not to me
私の身に起きるなんて夢にも思わなかった
But if he came falling down falling so hard, I started believing
でももし彼が倒れるなら、酷く崩れ落ちるのなら、私は信じるようになるでしょう

Now I’m into daydreams
今、私は白昼夢の中
Amazed by thorn jeans
茨のジーンズ(?)に驚かされ
Deep into high extremes
高い高揚感にはまり
When I’m with him it’s fantasy
彼と一緒にいることは夢のよう
We’re just like alchemy
私たちは秘法のよう
Oh I feel ready
ああ、私は準備できてるわ

Have my skeletons
私の骨を受取って
[I can only trick you once, bad boy]
私は一度だけアナタにいたずらするわ、いけない子
Have my lungs, my millions
私の肺、私の全てを受取って
[Talk is cheap don’t speak in tongues, bad boy]
話が薄っぺらいわ、口先で喋らないで、いけない子
Drum drum drum, bring out the guns
ドン、ドン、ドン、本音で喋ってよ
[Drum drum drum, bring out the guns, bad boy]
ドン、ドン、ドン、本音で喋ってよ、いけない子
I’m so so cursed
私は本当に本当に苦しんだ
[Fuss and fight won’t get you tons]
口論と争いは何にもならないわ
Bad boy
いけない子

The world is spinning faster by the minute and I’m longing to be saved
世界は刻一刻と速くなっていき、私は安全でいられることを切望する
This bitter sweet sensation got a, got another hold of me
この苦く甘い出来事は、私の関心をひきつける

Now I’m stuck in daydreams
今、私は白昼夢に囚われている
Surrounded by thorn jeans
トゲジーンズに囲まれて
Deep into high extremes
高い高揚感にはまり
When we hook up it’s fantasy
私たちが結ばれればそれは夢のよう
We’re just like alchemy
私たちは秘法のよう
I’ve never been so ready
私は一度だってここまで準備できていなかった

Have my skeletons
私の骨を受取って
[I can only trick you once, bad boy]
私は一度だけアナタにいたずらするわ、いけない子
Have my lungs, my millions
私の肺、私の全てを受取って
[Talk is cheap don’t speak in tongues, bad boy]
話が薄っぺらいわ、口先で喋らないで、いけない子
Drum drum drum, bring out the guns
ドン、ドン、ドン、本音で喋ってよ
[Drum drum drum, bring out the guns, bad boy]
ドン、ドン、ドン、本音で喋ってよ、いけない子
I’m so so cursed
私は本当に本当に苦しんだ
[Fuss and fight won’t get you tons]
口論と争いはあなたに何ももたらさない
Bad boy
いけない子

[I can only trick you once, bad boy]
私は一度だけアナタにいたずらするわ、いけない子
I can only trick you once
私は一度だけアナタにいたずらするわ
[Talk is cheap don’t speak in tongues, bad boy]
話が薄っぺらいわ、口先で喋らないで、いけない子
[Talk is cheap don’t speak in tongues, bad boy]
話が薄っぺらいわ、口先で喋らないで、いけない子
Talk is cheap don’t speak in tongues
話が薄っぺらいわ、口先で喋らないで

Drum drum drum, bring out the guns
ドン、ドン、ドン、本音で喋ってよ
[Drum drum drum, bring out the guns, bad boy]
ドン、ドン、ドン、本音で喋ってよ、いけない子
Bad boy
いけない子
Fuss and fight won’t get you tons, bad boy
口論と争いはあなたに何ももたらさない、いけない子
[Fuss and fight won’t get you tons]
口論と争いはあなたに何ももたらさない

Have my skeletons
私の骨を受取って
[I can only trick you once, bad boy]
私は一度だけアナタにいたずらするわ、いけない子
Have my lungs, my millions
[Talk is cheap don’t speak in tongues, bad boy]
話が薄っぺらいわ、口先で喋らないで、いけない子
Have my skeletons
[Drum drum drum, bring out the guns, bad boy]
ドン、ドン、ドン、本音で喋ってよ、いけない子
I’m so so cursed
私は本当に本当に苦しんだ
[Fuss and fight won’t get you tons]
口論と争いはあなたに何ももたらさない
Have my skeletons
私の骨を受取って

歌詞解釈と解説
非常に表現が分かりにくい曲だと思う
というのも、一部の歌詞が和訳できなかったので

ただ、伝えたいメッセージはなんとなく分かるし
そのメッセージが分かりやすく表現されている部分を集めれば、
それだけでも全体像は見えてくるので
そういった意味では、比較的分かりやすい曲だとは思う

また
重要なのは聞こえづらい
バックのコーラス
ここを拾うか拾わないかで
歌詞全体の印象が驚くほど変わってくる

まずは分かる部分だけを拾っていこうと思う

物語の登場人物は2人
主人公と、主人公の目の前にいる男性
When I’m with him it’s fantasy
主人公は相手の男性のことが好きで
自分たちが結ばれることを夢見ていて
We’re just like alchemy
お互いの相性がとても良いと考えている

alchemy は
鋼の錬金術師のサブタイトルが
Full Metal Alchemist であることから
錬金術を意味している、と言うことを知っている人は多いだろうが
他にも秘術、秘法、と言った意味もある
ここでの意味は、化学式のように正しい組み合わせによって秘術が成功することから
相性が抜群であると言う意味になっている

この二つの歌詞で
主人公が男性のことに、とても強い恋愛感情を抱いていることが分かる

しかし、一方で
主人公たちは恋の駆け引きと言うか
本音と建前で違うことを言っているようでもある
サビで Have my skeletons, have my lungs, my millions と、
主人公は自分の全てを捧げようとしていることが分かるが
バックコーラスは全く違うことを言っている
[I can only trick you once, bad boy]
[Talk is cheap don’t speak in tongues, bad boy]

この歌詞のように、挑発するような事を言っているのである
つまり、Diana (Dihajのボーカル)の歌唱(建前)とコーラスの歌唱(本音)という組み合わせで
私の全部をあなたに捧げるわ(でもあなたを騙せるのは一度切り)
と、心の声として表現するように構成しているということだ

そうなってくると、上ではほぼ直訳で書いたが
主人公が誰に向けてこれらを言っているのかで印象がまた変わってくる
『あなたにすべてをささげるわ(でも私のこの言葉は全部口先だけなのよ)』
という歌詞としても受け取ることができるということ
(単に私の読解力が乏しいから、どっちなのかはっきりと言えないだけだが)

他の歌詞も見ると、
この考え方が間違っていないと思えてくるだろうと思う

Drum drum drum, bring out the guns
bring out the gunsは
bring up one's big guns のイディオムではないかと思う
意味は『切り札を出す』という意味合いがある
この曲では、転じて、本音で喋りなよ
という言葉に見えてこないだろうか
かなり、しっくりくると思う

I’m so so cursed
私は本当に本当に苦しんだ
[Fuss and fight won’t get you tons]
口論と争いは何にもならないわ
苦しみを訴える主人公のセリフと
訴える理由として、口論やケンカによって、心身ともに疲労しており
不毛な争いをやめたいという思いが描かれている

これだけでも
主人公のアクション、男性のアクションもある程度見えてくるだろうと思う


分からなかった表現
Amazed by thorn jeans
端的に申し上げて
意味が分かりません
Amazed by はともかくとして
thorn jeans
直訳するとトゲのあるジーンズか?
何かのイディオムかと思って調べてみても
特にそれらしい単語は出てこなかった
また、公式サイトの歌詞が間違えているだけで
torn jeans
破けたジーンズの間違いではないだろうかとも思ったが
どう聞いても、確かにthorn jeans と歌っているのが分かる

bad boy
何に対して?

結論
なんとなく全体像は分かる
相手のことを愛しているからこそ
互いに本音で喋りたいと考えている
という歌詞であることも

Skelton と言うタイトルの意味も
余計なものを全部取っ払った素の自分
腹を割って話し合おうと言う意味合いと
自分の骨=基礎になっている部分を貴方に差し出す
自分の大事なものを差し出すことや
全てを相手にゆだねてしまう
と言うことの、二つの意味が込められているのだろうと考えることができる

ただ、良い線行っていると思うが、
さりとて正確にその内容を把握できているとは言いがたい

正直、私も歌詞の内容教えて欲しいです

音楽に関しては
最初に書いたように
独特で、かつ重厚感あふれる音色が
何とも私好みな曲で
Drum drum drum の響きだけでもものすごく惹かれている

だから、歌詞の意味知りたい



>>次
http://sheilabirlings.blog33.fc2.com/blog-entry-4756.html
<<前
http://sheilabirlings.blog33.fc2.com/blog-entry-4750.html

もくじ
http://sheilabirlings.blog33.fc2.com/blog-entry-4487.html

歌詞参考元
https://eurovision.tv/participant/dihaj/lyrics

Eurovision図鑑
http://sheilabirlings.blog33.fc2.com/blog-entry-3965.html

Eurovision 公式HP
http://www.eurovision.tv/tag/expand/2017

YouTube公式チャンネル
https://www.youtube.com/user/eurovision/featured

Wikipedia
https://en.wikipedia.org/wiki/Eurovision_Song_Contest_2017

関連記事
スポンサーサイト

THEME:洋楽歌詞対訳 | GENRE:音楽 |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール

シーラ B

Author:シーラ B
X Factor UK とか BGT とか あと小説とか
長いプロフィール

FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
魔導アーマー