近年のEurovision成績を受けて、スペイン社会労働党が法律を変える!? ~母国語で歌うことの重要性~

先日ウィウィブログさんにてアップロードされた記事で
とても興味深いネタがあったのでご紹介します

参考記事はこちら↓(全文英語)
http://wiwibloggs.com/2017/08/03/ingles-no-psoe-political-party-wants-spain-sing-exclusively-national-languages/194204/
※グーグル先生に頼ってもある程度内容が理解できること確認済み

また、fumufumuさんのブログで
今回のウィウィブログさんの記事と私の記事が取り上げられました
http://ameblo.jp/panwapoola/entry-12299213542.html
fumufumuさん視点(別の人の視点)での意見を聞ける上に
とても読み応えのある記事となっているのでお勧めです

さて
ウィウィブログさんの
『もう英語はいらない!』
から始まるタイトルの記事についてですが

Eurovision20162017
スペインの成績が非常に悪い
ということで
PSOE(スペイン社会労働党)法律を変えようとしてるそうです


Eurovision2016に出場したBarei
グランドファイナルでSay Yay! を歌い


Eurovision2017ではManel Navarro が出場
Do It For Your Lover を歌いましたが


2016年の成績は下から5番目の22位
2017年の成績に至っては最下位
という
目を覆いたくなるような結果となっています


スペインがこれまで使ってきた言語
1961年にEurovisionに参加して以来
スペインはこれまで、ほぼ全ての楽曲をスペイン語で統一してきました
中には8、9割ほど英語歌詞な曲もありましたが
それでも必ずスペイン語を入れるという
イタリアと並ぶほどに、母国語で歌うことに対する強いこだわりがある国の一つです

この伝統とも言うべきスペイン語縛りが初めて破られたのが
英歌詞オンリーである2016年代表Barei の『Say Yay!』でした
この結果を受けて、国内で「やはり英歌詞はダメだ」という流れに当時なったのかどうか
ともかく、翌年2017年代表Manel Navarro の『Do It For Your Lover』は
英歌詞とスペイン語歌詞が半々ほどの楽曲で勝負するも
結果、26位最下位という、スペイン代表歴代最低の成績で終わってしまいました
こうした、2年連続でのトップ20からの落選に、強い衝撃を受けたのだとか

まあ、私に言わせれば
スペイン語オンリーで歌った2015年のEdurneの『Amanecer (夜明け)』も21位なんで
別にスペイン語だけのせいでもないと思いますが(2015が順位低い方が問題だと思う)
Edurne - Amanecer



Eurovisionに関連する法案の提出
とかく、この結果にスペインの2大政党の一つ(野党)であるPSOEは
スペインにおけるEurovisionの選考と放送を担当しているRTVEに対し
英語を使うことを禁止するように呼び掛けているそうです
そして、英語を使わない代わりに4つの
スペイン語、カタロニア語、バスク語とガリシア語
で歌うようにするための法案を提出したのだとか
スペインの言語についてはこちら

PSOEは近年の結果を受け、他にも
「英歌詞で歌うことによって成績が良くなる可能性について、疑問である」
「2017年の結果を大げさに言いたくはないが、これによって海外からの印象が心配」
というようにも言っているようです


スペインにおける英歌詞で歌うことに対する反発
同記事の中では
Barei が英歌詞オンリーで歌おうとしたとき
1968年にスペインをEurovision優勝に導いたMassiel 代表からも批判されていたのだとか
また、他の多くのEurovision代表者からも、スペインのみで歌わなければならにという
少々極端な主張もあったそうです
※この記事の論調が英歌詞反対派なので、
賛成派・中道派の意見が書かれていないことに疑問が残りますが

Massiel (曲:La, la, la


とは言え
サルヴァドールさんが優勝したことによる影響はすでに起こっており
来年のスロベニア代表を決める
EMA 2018 においては
言語に関する新たなルールを設ける予定なのだそうです

今回スペインで提出された法案が可決されれば、
来年、いや、今後のスペインは一切英語が使えなくなるかも?
とかそう言うことが言われているみたいです


以下、これに対するみんなの反応
・問題は言語じゃなくて、出場者自身だと思う
・政治家がユーロビジョンに関与するのはどうなんだろう。
 スペイン語の素晴らしさは分かってるけど、これはちょっと違うのでは?
・ビッグ5は少なくとも母国語で歌うべき。残りの国が英語で歌うから
・デンマークやフィンランドがグランドファイナルに上がれなくて不平を言っているか? 言わないだろ?
・スペイン語歌詞の曲も好きです。でも重要なのは言語ではなくて歌そのものだと思います
・スペイン政府が順位は言語以外に問題がないと思ってるようで良かった( ^^)
・英語に戻る必要ないよ、特に訛りが酷すぎるなら
・スペインにはそんなに公用語があるなんて知らなかった。なぜ英語を選ぶんだ?

コメント欄にあった意見をまとめて見ると
・政府が関与することに対して疑問
・言語が問題なのではなく出場者や歌の方が問題
というのが多くの人の共通認識のようです

一方で
・母国語(ないし英語以外の公用語)で歌うべき
・(そこまでは言わないが)スペイン語で歌ってほしい

という意見もあるようです


個人的な意見
ちなみに、私は何語で歌おうが構わない派ですね
もちろん、聞き慣れない言語で歌われる方がテンションが上がりますが
最終的に、歌詞の内容や出場者が想いを伝える姿勢があるかどうか
あるいは楽曲やパフォーマンスのセンスやカリスマ性の高さ
というところに重きを置くので
母国語・公用語で歌いながらも、歌詞の内容が面白くなく
出場者のパフォーマンスもありきたりで何を伝えたいのかが分からない
という場合は評価しません

結局はSong Contest なのであって
Language Contest ではないはずなので

それと、コメント欄の中にあった意見の一つ
「その言語が歌に合うかどうかが一番重要だと思います」
「英語で歌った方が伝わるのであれば英語で歌った方が良いし」
「母国語で歌われているものを無理やり英語にするのも反対です」
という意見に強く賛同しています

なぜなら
英語もそれぞれの国の母国語も
全て等しく『言葉』なのだから
本来、そこに優劣はないはずですので


ウィウィブログさんのコメント欄では
沢山意見交換がされていますが
こちらでも可能であれば色んな人の
特に日本人ファンの意見を聞いてみたいですね

参考サイト
wiwibloggs.com
http://wiwibloggs.com/2017/08/03/ingles-no-psoe-political-party-wants-spain-sing-exclusively-national-languages/194204/
RTVE (Radiotelevisión Española)
https://en.wikipedia.org/wiki/RTVE
RTVEのEurovisionページ
http://www.rtve.es/television/eurovision/

PSOEが法案提出したらしい記事? 全文スペイン語
http://www.europapress.es/tv/noticia-psoe-quiere-festival-eurovision-solo-cante-castellano-catalan-euskera-gallego-20170725174932.html
関連記事

0Comments

Add your comment