ウクライナのエレクトロフォークバンド『GO-A』の疾走感がハンパない! ~Go-A~

2017/8/10現在
Wikipediaのページすら作られていない
ウクライナのインディー・バンド
Go-Aを紹介したい!


ウクライナの首都、キイウで活動中のバンドで
いわゆるエレクトロニック・ダンス・ミュージックを、ウクライナ音楽、民謡、歌謡と掛け合わせつつ
民族楽器を交えて演奏する、エレクトロニックXフォークバンドという
とても特殊なジャンルを得意としている


言葉で説明するより見るのが早い!

Веснянка

凄まじいのはメインボーカルの女性
まるで楽器の一つであるかのような歌声(ファルセット)と
民族歌謡らしい特殊な発声法による歌唱を
効果的に切り替えながら歌っているのだ

彼女の歌声がなければ
楽曲全体の雰囲気は、縦笛があろうともエレクトロニックサウンド一色に染まっているだろう
彼女の歌唱によって、楽曲全体に民族音楽らしさが発生しているのである

Go-Aの他の楽曲も聞いてみよう
また、ウクライナのバンドであるが
どこの国の民族音楽とも言えないような作風が魅力の一つでもある
ЖАЛЬМЕНІНА

こちらの動画では、ウクライナ民謡というよりも
楽器とメロディのおかげで、むしろ中東っぽい音楽のようにさえ聞こえるし
その歌唱はフィンランドの魔女系フォークバンド『Värttinä』の歌唱のように感じられる
フィンランド X ウクライナ X アラブ
そこに、さらにEDMを追加させるのだから
もはや特定の国の音楽とは言えなくなってくる
(少なしウクライナの曲には聞こえない)

また、この曲に関しては
サウンドクラウド上にアコースティック版もアップロードされている



この辺りの疾走感が強い曲はどれも聞き心地がいい
特に民族音楽色が強い曲には、惹かれる人も多いと思う
"Танула"(feat. Шолохов)

こちらは、先ほどの動画のメインボーカルが不在であるが
このバンドの特色である、民族楽器の音色と、エレクトロニックサウンドを
絶妙な塩梅で掛け合わせていて
特に2:15からの流れは秀逸である
この曲も中東っぽいメロディラインになっているように感じるが
レゲエや他の音楽も取り入れて別の形にしているように思う
(単に私が音楽のことをそんなに知らないだけかもしれないが)


さて
このGO-Aというバンド


サウンドクラウド上にも大量に曲をアップロードしている
先ほど先に1曲紹介したので説明が前後するが
むしろメインの活動拠点はサウンドクラウドと言ってもいいぐらいなのである

しかし、その中でも
直近7月前にアップロードした楽曲を聞くと
おそらく驚くと思うので聞いてみてほしい
特に、ウクライナ版The Voice である
Голос країниを追いかけ続けている人ほど
見ていただければと思う


Щедрий Вечір feat Katya Chilly

まあもうタイトルに入っちゃっているわけだが

ウクライナ版The Voiceシーズン7に出場した
あのKatya Chillyが参加しているのである


Щедрий Вечір がアップロードされたのは2017年1月で
カーチャ・チリーがThe Voiceに出場した様子が放送されたのは2月26日
しかし、収録したのはもっと前だろう
タイミング的にはどちらも近い時期だったのだろうと思われる(正確なことは分からないが

私はエレクトロニカとフォークを掛け合わせた曲を探していて
最初に紹介したGO-Aの曲に行きついた
もちろん、その時点ではカーチャがコラボで参加していたことは知らなかったわけだが


サウンドクラウド上には他にも
YouTubeではアップロードしていない曲も投稿されている

Google Play やiTunesでもデジタルミュージックを販売している
https://play.google.com/store/music/artist/Go_A?id=Adujd7wuwlaqtnv62r3f67ynlgi

ただし
今回紹介した楽曲のように
フォークサウンドとエレクトロニックサウンドのバランスが絶妙な曲よりも
個人的にはエレクトロニック感が強い曲の方が多いような気がした
日本で言うところの東方シリーズの同人CD
エレクトロニック系の強いCDにとても近い臭いを感じたんだ

また、エレクトロフォーク、もしくはフォークエレクトロは
まだまだ発展途上のジャンルのようだし
和ロックといって、単に和楽器を使うだけでいいのか
それとも日本民謡の歌唱方法を取り入れたものを言うのか(和楽器でなくても良い)
そういう、バランス調整がまだ難しいジャンルなのかもしれない

ともかく
今後の彼らの活動には注目していきたいところだ



関連記事
民族音楽エレクトロニックフォークウクライナ

4Comments

こまつ  

DakhaBrakha

御存じかも知れませんが、

アイスランドのmumを検索してたら
見つけたウクライナのグループDakhaBrakhaが
jamalaさんとも演奏されてたんで
ウクライナっぽい場所にコメントしてみました。
てか、この記事も結構前読んだ気がするんですが、まだ2ヶ月前なんですね。。。
月日の経つのが早い。。。

ДахаБраха feat. Jamala - Заманили - Live@ДК КПИ, Kiev [23.12.2015] (multicam)
https://www.youtube.com/watch?v=Tfwp9SrEgts
Jamala&Dakhabrakha "Заманили"
https://www.youtube.com/watch?v=QeC0b21cyYc

DakhaBrakha - Sho Z-Pod Duba - Later… with Jools Holland - BBC Two
https://www.youtube.com/watch?v=gqHJT5fZuJk
DakhaBrakha — Yanky
https://www.youtube.com/watch?v=gGW7lLbx8kE


Mum - Sing Along
https://www.youtube.com/watch?v=OsY7UEOb2hM

mumすっごい似てる訳でもないけど、たゆたう感を感じる。
たゆたう つきにうたかた
https://www.youtube.com/watch?v=wAIg1IODXPM

2017/10/20 (Fri) 18:59 | EDIT | REPLY |   

シーラ B  

Re: DakhaBrakha

> こまつさん
ご存知なかったですううううううううううwwwwwwwwwww
やばいぐらい気に入りました
Yankyから聞き始めてみたんですが
一発ですわ
これはすごい

そしてこの記事でのコメントが一番内容的にしっくりくるので
この記事でばっちしですありがとうございます

> Mum - Sing Along
こちらはこちらでまた好みの音楽
それこそOf Monsters And Menみたいな男女の声がすごく綺麗
こういう歌声と音楽を気に入ったきっかけって
私の場合はZabadakなんで
程よくどこの国の音楽とも言えない感じになってるの好きです

> https://www.youtube.com/watch?v=OsY7UEOb2hM
>
> mumすっごい似てる訳でもないけど、たゆたう感を感じる。
コーラスの使い方がそうさせているんでしょうかね
コーラス同士と、リードボーカルと、あえて合わないように歌わせることでハーモニーになってるというか

今いくつか「後日単発で取り上げたい歌手リスト」ができてて
おかげさまでリストに新しい名前が入りました

2017/10/20 (Fri) 23:12 | EDIT | REPLY |   

こまつ  

あw

僕もYankyから観始めて、ええやん!ってサーフしてたらjamalaさんにぶち当たったんで御注進に及びましたw

>そしてこの記事でのコメントが一番内容的にしっくりくるので
>この記事でばっちしですありがとうございます
良かった!
民族系やしここでええかと思ってたってのを書くの忘れてたけどw

mum良いですよね~
ただ、この辺漁る前にCD購入単価基準を激減させてたので現物にはたどり着いてない。。。

>コーラス同士と、リードボーカルと、あえて合わないように歌わせることでハーモニーになってるというか
おお、そういうことなんですか!
音楽的なことはさっぱり判らないので言語化出来なかったんですが、なるほど、参考になります。
いつも有難う御座います。

感謝の気持ちで。
Mirah - Cold Cold Water
https://www.youtube.com/watch?v=zVjl9RgPc5Y

2017/10/20 (Fri) 23:58 | EDIT | REPLY |   

シーラ B  

Re: あw

> こまつさん
> おお、そういうことなんですか!
いや私も詳しいわけでないから
ものすごく感覚的なことを言ってるだけですのでwww
なんとなく、そういうことかな? ぐらいの感じです

> Mirah - Cold Cold Water
はああああああああああああああんんn
どうしてこうツボにはまるような曲を持ってくるのかwwww
なんか、なんも感もがツボにはまりますwww
こちらこそ感謝の極みですwww

2017/10/21 (Sat) 08:58 | EDIT | REPLY |   

Add your comment