La Voz / The Voice of Spain 2017 Blind Audition1 レビュー記事

スペイン版のThe Voice が始まったので見ていきます!!
スペイン版はすごく見たかったんだ
というかEurovisionにおけるBIG5である
英、仏、独、西、伊の5ヵ国は見ておきたいなと思っていたんだ
そもそも、アイスランドやギリシャを見るんじゃなくて
イタリアとスペインからスタートさせる予定だったわけだし
(どうしてこうなった? 私が天邪鬼だからさ)

ということで、念願のスペイン版です!
Blind Audition1
Adriana (曲:Euphoria - Loreen

これ完全に選曲ミスじゃねえか
イントロ、バックバンドもびっくりしただろうな
https://youtu.be/D8xnA2yTpq8?t=26
バンド「えっ!? そこ↑でもう次にうつるの!?」って

声自体は悪くないんだ
ちゃんとした選曲で挑んでいればだいぶ違ったと思う
問題だったのは、つまり、ビッグソング系が似合うタイプというか
後半の歌唱を聞くに、それなりに声量があるのは分かるし
声の押し出し方も上手いんだよ
だから、歌えるかは別として、セリーヌ・ディオンタイプの曲とか上手そう
まあセリーヌ・ディオンの曲持ってきたら無難すぎるから
それ以外の曲の方がいいけど

とにかく、Eurovision 2012 優勝曲であるLoreen の Euphoria は
ビッグソング系で声量が必要な曲ではあるけど
同時に、アップテンポで、しかもダンスに合う曲というタイプ
この人の場合、今回のように、マイク一本の前に立って堂々と歌うのがってるから
選曲が間違ってるという他ないな


Cecilia (曲:All About That Bass - Meghan Trainor
https://www.youtube.com/watch?v=01v2loNAPls
うううううむむむwwww
私の好みではないな(;^ω^)

曲に対するアレンジはいいんだけど
全体的にやり過ぎのように感じたんだ
え? フルターンですか?(;・ω・)
ま、まあ、上手かったしな(;・ω・)タジタジ

コーチはフアネスに
ところでJuanesが本当にフアネスって発音するのかどうか
(フルネームでググったらカタカナでフアネスって出てくる)

Adib (曲:Como Fue - Luis Miguel

素晴らしいの一言ですわ
歌声が美しいわ
声のトーンと、ビブラートをかけながら広がっていく歌唱がほんと素敵
意識して歌っているんじゃなくて
口をついて出るのに任せて
体から音楽が外に出るのに任せて歌ってるようなところが良かった

なんかこないだから綺麗なポルトガルの音楽を聴いてたから
あれ? これもしかしてそう言うタイプ?
って検索してみたら、本家のルイス・ミゲルはメキシコの人だった
(最初ハワイアンみたいでいいね! って書いてたけど削除しておこう)

普段あまり聞かない音楽ながら
とても惹かれたよ

コーチはマルーに

Rocío (曲:Sweet Dreams - Marilyn Manson

予想できなかった

フアネスの単独ターン


Carmelo (曲:Shape Of You - Ed Sheeran

ぶっちゃけこの手の声の人、腐るほど聞くし
選曲的にも履いて捨てるほど歌ってる人いるけど
即ターンされること多いし
私もやっぱり好きなんだよなあ
結構訛りが入ってて
その訛りのおかげで全体的にかわいく歌えてるように感じた

あと、こういうタイプの歌声の人って
バトルが本当に鬼門になるよね
パワーで押すタイプの人と当たったら、押し負けることが多いと思う

コーチはフアネスに


Alejandro (曲:Que Sabe Nadie - Raphael
https://www.youtube.com/watch?v=Tw9x98Dt5ms
声帯広げて歌ってるところの声の通り方は綺麗だけど
そこ以外に褒めるところがなかったな(;・ω・)


Genara Cortés (曲:No Me Importa Nada - Luz Casal

現役か元かセミプロだろ(;・ω・)て
レベルが違うとかいう話ですらないんだけど(;・ω・)

と思って検索したら、10年近く前の映像とか出てきた
https://www.youtube.com/watch?v=ABa0sCM4QJo
年齢以上に、明らかに場数を踏んできたことが分かる歌唱よ
すごいな
そもそも歌ってる曲からしてまず相当難しい曲だよね
たって、三つぐらい全然違う曲がくっついてるみたいななってるし
観客の拍手のタイミングと、その発生の仕方がまた面白くて
歌い出ししばらくは、誰も拍手をしていない
そこから、一人が拍手し始めて、周りがつられて行くという
他の人の歌唱とかだと、みんなが同じタイミングで「この人いい!」って思うから
結構、近いタイミングで複数の人たちが拍手をし始めるけど
そして、歓声が入るタイミングがさらにその後になっていて
最初の拍手の時点では、「この人いい!」って思った人が少ないんだろう
ヘタしたら、誰よりも先に拍手をした人以外、誰も良さに気づいていなかったと思う
現に、私も気が付いていなかったし
そして、曲が転調してからその良さがみんなに伝わって
そこから初めて歓声が上がり始めるという

そして、3、4回ガラッと別の曲になってしまうこの歌を
全くつまづくことがなく歌い切っている
つまづかないってより、曲を完全に自分のものにしているな
いや素晴らしかった

コーチはマルーに


María Córdoba (曲:Amante Amigo - Edith Márquez
https://www.youtube.com/watch?v=Nea4Gzy7LOw
イントロの歌唱は、歌詞に即して歌っているのか
なんだか今にも泣きだしてしまいそうな歌声
それが良かったんだけど
後半、見せようとしてる世界が変わってしまったので、違う世界へ行ってしまっていた


Auxi y Pablo Moreno (曲:Despacito - Luis Fonsi

これは面白いな
男性の方が最初、すごい緊張した状態で歌っていて
でも歌っていく中でだんだん柔らかくなっていってるよね
最初の方は声の伸びがマイクの手前で止まってる感じだったけど
30秒辺りからすごく伸びやかになって、その後はもう、なめらかに声が出てる

んで、女性の方側はすごくクセのある歌い方
真直ぐに声を伸ばそうとする男性とは逆に
飲み込むように、より手前手前で音を止めていて
ソロだったら私が評価していなさそうな歌唱方法になっている

でも、そんな違う歌い方をしている二人だけど
どっちかが前に出すぎることなく
顔はお互いのことを見ていないけど
心で繋がってるのが分かる様な歌い方をしていた

途中でターンされていなかったのは
やっぱり声を聴きたいからって言うのがあるだろうね
あまり邪魔をしたくないというか
この二人の不思議な世界観に没頭したかったんだろうとおもう

コーチはマヌエルに


Elsa Formisano (曲:At Last - Etta James

歌声とかラストの雰囲気的に
普段は激しいロックとか歌ってそうなんだけど
そう言う曲に行かないでこの曲を選んだのはすごいと思う
実際のところどうなのか分からないけど
勢いで誤魔化すような曲を歌うことが多いんじゃないのかな
んで、今回はあえてそう言う曲で歌うんじゃなくて
しっとりとしたバラードで勝負にきているのに
中身はどっちかって言うとロックバラードって感じだし

そしてラストwwwww

コーチはパブロに


Yudith (曲:Víveme - Laura Pausini
https://www.youtube.com/watch?v=mwMHw3LUBPE
普通に通るもんだとばかり思っていた(;・ω・)
通らなかった理由もなんとなく分かるよ
上手く歌わなきゃ上手く歌わなきゃターンしてもらわなきゃ、って
声の中身がなかったから
でも素質はあると思うし、通して見てバトルで様子見でもよかったと思う


Luna García (曲:Cai - Niña Pastori

この表現力よ
間違いなく今回分で一番気持ちを込めて歌っている
もちろん、表情から伝わってくるのもあるけど
声にもすごくよく表れているよね
なんとなく、ファドにも通ずるものを感じる

こういう、歌詞の内容とリンクしていそうな歌い方というか
歌と歌手との距離感の近さが
言語が分からなくても伝わってくるのほんとすごいと思う
バックの人生の深さを感じさせるし

バトルでどうなるか見えてこないけど
ノックアウトやライブショーに上がった場合の選曲や歌唱が楽しみだな
逆に面白みがなくなる場合もあるから分からないが

コーチはマヌエルに


Vanesa (曲:I Drove All Night - Cyndi Lauper

さっきの人が感情こもりまくってたから
中見なくてカラッとしてるの分かるけど
私は結構好きだわ
というかこうやって比較すると
声の中にどれだけの人生経験があるか
すごくよく見えてくるな


Charo Giménez (曲:And I'm Telling You - Jennifer Hudson
https://www.youtube.com/watch?v=p4UwpwHzdvc
いやあああああああああああ
私はさっきの人といい勝負って思ったよ?(;・ω・)
確かに声量もあるし迫力もあるとは思うけど
『この曲を歌いこなせてる自分』がまず先に来てると思う
曲の中身を伝えることがおざなりになってる気がするんだけどなあ……

まあ、でも楽曲難易度が高い事には変わりないし
そりゃターンもされるだろとは思うが

コーチはマルーに


Vincent Loukas (曲:Ne Me Quitte Pas - Jacques Brel

この人これでプロじゃないの!?(;・ω・)て
これはプロの歌唱でしょうよ(;・ω・)
声の出し方が凄すぎる……

というかマルーの反応→2曲目の感じからして
やっぱり一般人に対する反応とは違うな
コーチ全員が、プロの歌手を目の前にした一般人みたいな表情になってる
ということで調べてみたんだけど
番組のwikipediaで確認できたフルネームがVincent Loukas で
自分のホームページを持っているけどwikipediaのページはない
https://www.vincentloukas.com/
ってことぐらいしか分からなかった(;・ω・)
結局何者なのかよく分からないと

てかこれ原曲リンク探して分かった
衝撃の事実
この曲フランス語だわ

いや、フランス語っぽいなとは思ってたんだよ私も
便乗してるわけじゃなくて
だって『パ』って言ってること多いし(謎の基準点
でもスペイン語そこまで分かるわけじゃないし
曲がフラメンコっぽいし、スペインの曲なんだろうと思っていたんだ

そしたら
まさかフランス語の曲をフラメンコアレンジかけているとは

後半のボーカルパフォーマンスにしたって
完全にフラメンコのそれだよね
だからコーチ陣も2曲目をせがんだのか
今までこんなタイプの人いなかったぞ(;・ω・)
マルー「もう一曲歌って!」
Vincent「もう一曲?(いいよ?)」
ってやり取りか
マルー完全に子供になってるのが凄いな
コーチをそんな状態にさせるとか
いやでもこれは確かにすごいわ(;・ω・)

Laura Rubio (曲:You Are So Beautiful - Joe Cocker

ごめんさっきのヴィンセントがすごすぎて
歌が頭に入ってこない(;・ω・)

コーチはパブロに

ああ、でもちゃんと聞き直したら
確かに上手いのは分かるわ
マルー泣きそうになってるし


全体の感想
スペイン版でスペイン語の曲を聞きたいと思っていたのにフランス語の曲が一番すごかったというまさかの展開www
Vincent Loukas が凄すぎる
まず地の歌唱力が尋常じゃなく高くて
決して、声量を上げて迫力で押すタイプじゃないんだけど
聞いていると引き込まれる魅力がある
プロ歌手とカラオケとの圧倒的な差が
声の中の魅力として存在していて
まずそれだけで「ああ、この人はライブショー上がるな」
と思わせるほどの人なのに
フランス語で歌っていたとは(;・ω・)

今までありえたのに誰もやってこなかったよね
英語の楽曲を別のジャンルにアレンジすることは多かったけど
例えばロック曲をジャズアレンジしたりってのは多いはず
だけど、フランス語をその国の音楽に作り替えるとかいうことは
今までなかったと思う
ほんとすごすぎて
他が一気に霞んでしまった(;^ω^)

Vincent のことを一旦考えないでおくと
Auxi y Pablo Moreno
のデュオが良かったな
英訳したらちゃんとAuxi 『and』 Pablo Moreno って出てきた
この二人も、この二人だからこそできる歌唱になっていたし
Genara Cortésも衝撃的だったからね
Genara に関しては、たぶん、誰もが歌い出して「合わない」って思ったはず
私もそう思ったし、でもそっからの世界の広がり方が素晴らしかったよね

どことなく地中海な雰囲気のあったAdib も良かった
スペインってより、イタリアっぽいというか
また適当なこと言ってるけど(;^ω^)
でもあの雰囲気はすごく良かった

あと、Luna Garcíaもすごかった
感情のこもり方が

スペイン語で歌った人ばかりピックアップしてるけど今
ポルトガル版みたいに、英語とスペイン語の大きな差が出てるよね
先に書いたように、英語はストレートに気持ちを伝えるのが上手い気がして
スペイン語は言葉に感情がそのまま乗った状態っぽく聞こえる
ただの気のせいかもしれないが(;^ω^)

これはまた
ウクライナ版やポルトガル版、ギリシャ版みたいに
英語で歌うよりも自分たちの言葉で歌った方が
感情を込めやすいからなんだろうね
まあまだあと2週間分を見てその辺りを見極めていこうと思うけど

ということでスペイン版です
めちゃくちゃ面白いです
というかポルトガル版に近しいものを感じます

これは見ていかないかんな
動画のアップタイミングは日本時間の土曜日っぽいので
今取り上げているアイスランド版が終わったら毎週土曜日に記事書こうと思いますね


次>>
http://sheilabirlings.blog33.fc2.com/blog-entry-5265.html

もくじ記事
http://sheilabirlings.blog33.fc2.com/blog-entry-5264.html

公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCM-n3vDRGscKAuGZq9Gc4jQ

公式ホームページ
http://www.telecinco.es/lavoz/

Wikipedia
https://es.wikipedia.org/wiki/La_Voz_(concurso)#La_Voz_5_.282017.29

関連記事
TheVoiceLaVozTheVoiceスペインBlindAuditionフラメンコ

5Comments

通り酢ガリ  

先行逃げ切り超大穴枠(`・ω・´;)

どうしても彼女の分だけコメントしたい!

Rocío

まさかの斜め上すぎる展開。オペラチック歌唱でもやってくるかと思ってたらこりゃ驚きますわ(;゙゚'ω゚')

しかし驚くと同時に彼女の歌唱技術がかなり高度なレヴェルだとも思ったのです

最初はホントに驚愕で聞き終わったんですけどね、二度三度と聞き直してみて気がついたのが

音を外してないし、それにこの手の歌唱をやる人にありがちな『喚く歌唱』を一切やってないんですよ(;゙゚'ω゚')

あくまでドスを効かせた低音ヴォイス歌唱なんですよ、歌い方が(;゙゚'ω゚')

これデスボイス歌唱としてはワンランク上の技術をやってるんじゃないですかね。なにぶんこっち方面は全然わからないんで憶測に過ぎないんですが(;^ω^)

どのみちバトルが鬼門も鬼門になるのはわかるんですけど、この方向性を活かしたうえでバトル勝ち抜けたら間違いなく大穴枠として暴れる気がしますわ

バトルラウンドで一番の注目株といえそうです

他の人達の分は明日以降で(ФωФ)ノシ

2017/09/25 (Mon) 00:13 | EDIT | REPLY |   

通り酢ガリ  

情熱の国スペイン!

情熱のフラメンコ!

血湧き肉踊る闘牛!

端からみてると危険極まりない牛追い祭り!

そしてパエリアが美味しいのです( ゚Д゚)ウマー

一般的なスペインのイメージってこんな感じですかね

ちなみに『情熱の国』というイメージに関しては正しくないそうです(;・ω・)

スペイン南部に関しては当てはまるらしいのですが、北部に関しては違うと(;・ω・)

あまり語り出すとキリがないんでこの辺でやめときますが

Genara

いきなりとんでもない方が出てきましたな(;・ω・)

もう大御所の方がゲストでいらっしゃたとしかいえないような次元なんですが(;・ω・)

これBオデじゃないだろという圧巻歌唱、恐れ入りましたわm(__)m

Auxi y Pablo Moreno

男女デュオでもなんとも不思議な魅力。選曲もあるんでしょうけどこの二人はソロではなくデュオだからこその魅力があるような感じですね

あと最初からデュエット歌唱ではなく、男性ソロ→デュエットパート、の流れで初めて二人だとわかるここ

これぞBオデならの展開ですね( ・`ω・´)

出場者の姿が見えないBオデだからこそこういう面白さが出てくるんですよ(`・ω・´)

Vincent

いぇあ(;゙゚'ω゚')

まさかフランス語だったとは(;゙゚'ω゚')

おどろき

もものき

三蔵法師

ぱーとすりー

これはたしかにありそうでなかった(;゙゚'ω゚')

しかし意外性以上に歌唱のレヴェルが素晴らしくて二度ビックリ(;゙゚'ω゚')

いやあ参った参った参りました(__,)/~~

さすがに初週は素晴らしいの反面、むしろ次週以降がどうなるかが気になりますね(;^ω^)

2週目でいきなり失速は正直見たくない(;^ω^)

あとポルトガルに近いというのはたしかにあると思いますね

スペインとポルトガルは同じイベリア半島内に国があって(当然ながらお隣同士)文化も共通するものが多いらしいです

このあたりからポルトガル的な歌唱が出てくるのはおおいにあり得ると思いますよ( ・`ω・´)

余談:イスがwwwボタンは反応してるのに回ってないwww

2017/09/25 (Mon) 15:36 | EDIT | REPLY |   

シーラ B  

Re: 情熱の国スペイン!

> 通り酢ガリさん
私もスペインに対してはそんなイメージしかないな
バルログのイメージ

> Rocío
あらゆるジャンルの中でも特別今までご縁がなかったジャンルというか
私もデスボイスはほんと疎いからwww
とにかくすごいことをしてるんだろうけどどう凄いのか全く説明できなかったwww
> あくまでドスを効かせた低音ヴォイス歌唱なんですよ、歌い方が(;゙゚'ω゚')
だからこの説明が凄い分かりやすかった

> Genara
ゲスト分かるわwwww
だってこのレベルをオーディションするとか畏れ多いだろ(;・ω・)
そしてコーチングするって言ったって、ねえ(;・ω・)
やってることがほんと他と違いすぎるし
圧巻も圧巻ですわ

> Auxi y Pablo Moreno
> これぞBオデならの展開ですね( ・`ω・´)
分かるwww
大概、初見は聞きながらも、原曲リンク貼ったりしてて画面見てなかったから
こういうのがあるとパッと画面を見てしまってwww
このオデに限らず、「二人? 一人?」ってやってるのとかも面白いし
声だけを聞いているからこその面白さ

> Vincent
> しかし意外性以上に歌唱のレヴェルが素晴らしくて二度ビックリ(;゙゚'ω゚')
そうそう!
この人、表現力がとにかく素晴らしくて
だから言語的な違和感を覚えさせない完成度になってるんですね

> 2週目でいきなり失速は正直見たくない(;^ω^)
ああああああwwwwww
これは確かにwwwwwwww
そう言う国多いからな~~~wwww
逆に、2週目以降も失速しない国もあるけども
今のところはそうならないとしか思えないけど
下がる時は下がるからなあ……

> あとポルトガルに近いというのはたしかにあると思いますね
> 文化も共通するものが多いらしいです
あ、やっぱりそうなんですね
隣国だし、だからかな~とは思ってたけど
したらなおのこと、スペイン見始めてよかった
今すっかりポルトガル好きになってるし

> 余談:イスがwwwボタンは反応してるのに回ってないwww
これ書き忘れていたwwwwww
どの国でもイスの故障あるけど
アルバニアも何回もあったしwwww
イス故障は毎回笑ってしまうwwww
その時のコーチ陣の反応が特に面白くてwww

2017/09/26 (Tue) 00:49 | EDIT | REPLY |   

通り酢ガリ  

バルログ

ウィキペディアのスペインの著名人(架空の人物)にドンキホーテと一緒に紹介されていて草www

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%AB%E3%83%AD%E3%82%B0_(%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%82%BF%E3%83%BC)

2017/09/26 (Tue) 13:04 | EDIT | REPLY |   

シーラ B  

Re: バルログ

> 通り酢ガリさん
どう反応していいのか分からんwwwww
いや話振ったのは私だけどもwwww
誇っていいのか笑っていいのかwwwww

2017/09/26 (Tue) 23:01 | EDIT | REPLY |   

Add your comment