Eurovision2018 ベルギー代表が確定! Ozark氏と活動しているあの人来ちゃあああああwwwwww

Eurovision2018 ベルギー代表が
Laura Groeseneken さんに確定しました!

楽曲含めて確定したわけではないですが、彼女の歌声をネット上で聞くことができます

まずはEurovision公式YouTubeチャンネル上の動画から見ていきましょう
Laura Groeseneken へのインタビュー動画

笑顔がちょっとキーラ・ナイトレイに似ていますね
動画の冒頭でOzark Henry のバンドで活動しているとも言っていますが
実は私はOzark Henryを知っている
単発記事でOzark Henryを取り上げようとしていたから


Laura Groesenekenさんのことを説明する前に
Ozark Henry について
本名:Piet Goddaer
ベルギーの有名な歌手で1996年からソロ活動をしており
今年9枚目のアルバムを発表した
ベテラン・シンガーソングライター

Ozark氏がAmaryllis Uitterlindenm という女性シンガーとコラボした
I'm Your Sacrifice という曲を私はえらく気に入っていて

この曲を聞いて以来、彼の曲を調べながら記事を書こうとしていた
(せっかくなんでもう今回の記事と統合する)

Laura Groesenekenは、レギュラー歌手 兼 キーボードとして
2014年からOzark Henry氏のと共に活動をしていて
だから、I'm Your Sacrifice もラウラさんとのデュエット版をライブで歌っているし

他にもいろんな曲を二人は歌っているわけだ


Laura Groesenekenさんについて
さて、ラウラさんについてはまだ情報が少ない
そもそも、私だってむしろOzarkの方に集中していたから
あんまりラウラさんのことについては知らなかったんだ
(にも拘らず、さも知ったげなタイトルにしているという)

とは言え、調べた上で気づいたこともあり
その中でも特に、どうしても知っておいてほしいことが、いくつかある

1つ目は
Alex Callier と
共同で曲を書いて提供していたということ


あのアレックスだよ!
ベルギー版The Voiceのコーチにして

Hooverphonic のベーシスト 兼 作曲家 兼 Pの!
Ozark HenryとAlex Callier って時点でもうすごいわ

2つ目
英語でサルヴァドールさんの
Amar Pelos Doisをカバーしている


最初に紹介したインタビュー動画で
「聴いた人が感動するような歌を書きたい」
「(音楽ではなく)歌に集中しなきゃいけないはず。(Eurovision『Music』Contestではなく)ちゃんとEurovision 『Song』 Contest になっているかが重要なんだと思う」
的なことを答えていたり
ジャマラさんの1944→サルヴァドールさん、と影響を受けているらしいし
これはそう言う精神をちゃんと受け継いでいますね
勝ちたいから綺麗な曲やサルヴァドールさんっぽい曲を歌うんじゃない
Ozark氏の元で修行しているのは伊達じゃないってことか

3つ目
SENNEK名義でソロ活動もしている

現在、どの名義でEurovisionに出場するのかまでは不明だそうで
楽曲のスタイルによって変わるかもしれない
との噂です

4つ目
エレクトロポップ方面でも歌える

ESCTodayさんの記事にあって初めて知ったんですけど
AKS (Addicted Kru Sound)ともコラボをしているそうです
方向性がガラッと変わっているけど
あんまり驚きはしない

なんせ、彼女がコラボしたアレックス所属のフーヴァーフォニックでは
こういう曲も発表されているわけで

こういう方向性に対しても強みがあるのかもしれない

何にしても
現状、ベルギー代表が決まっただけでもあるので
どんな曲を歌うのかまでは分かっていない
曲は結構左右されますからね
これまで彼女がSennek名義で歌ったり
Ozark氏の元で歌ってきたような曲で勝負するのか

それともEurovision2015や2017のような
独特過ぎるセンスを前面に押し出した曲で勝負するのか
今後に注目ですね

参考にした記事
http://esctoday.com/150336/belgium-meet-belgiums-2018-eurovision-participant-laura-groeseneken/
http://wiwibloggs.com/2017/09/28/laura-groeseneken-belgiums-eurovision-2018-singer/196990/
関連記事
Eurovision2018ベルギー

0Comments

Add your comment