Lc.ツリーカテゴリー
タグクラウド

Eurovizijos nacionalinė atranka 2018 Heat 6 レビュー記事

リトアニアのユーロビジョン国内予選大会
続きを見ていきますぞ!!
ヒート6ですぞ! 今回は私の一押しが出ますぞ!

いや、前回も出たけどさwww
でも今回のは本命2組
イェヴァとサウラス・クローシャスが登場するんだ
モニカ・マリヤもいるし、実質、その3組での頂上決戦な気がする
上手い人が片方に偏るのはウクライナだけじゃなかったって事さ

しかし、一つ気がかりなことがあって(;・ω・)
前回のHeat5を見てもらったら分かるように
歌詞改変やステージ演出改変が結構目立つんだよねえ
今回、どの程度そういうことをするのか分からないけども
イェヴァとサウラス・クローシャスに関しては、変更の仕様がないと思うが
前回でも、一部の曲は微妙に歌詞を変えていたらしいぐらいだし
どうなるかは分からない

ハンガリーでもそうだったけど
衣装は変えてもいいから、なるべく曲や歌詞は変えないで欲しいよね

と言うことで、一抹の不安を抱えながらも見ていきましょう!

Živilė Gedvilaitė (曲:Melody

前回よりかはこの衣装の方が自然か
前回は黒い衣装にイントロの怪しい分良いから
なんだかおどろおどろしい曲になるかと思ったら
ディズニーミュージカル的な歌唱になって驚かされたもんだ
それを考えると、サビの歌唱と今回の衣装はマッチすると思うよね
ディズニーミュージカルって言うイメージが湧いてくるからなおさら
(ディズニーっぽい発言は前回の歌唱後に審査員が言ってる)

そして、今回の歌唱が、これまた結構良くて
前回のような緊張でのブレがなくなったんじゃないかな、って思うんだね
それでいて、元々持っていた高い表現力が遺憾なく発揮されて
物語の切なさや悲しさ、儚さみたいなものが綺麗に演出されているように思った
特にサビの歌唱がすごく綺麗だよね
それこそ、ディズニー映画の主人公が
何らかの挫折をしたり、葛藤したりしてるときの
真情を吐露しながら歌うシーンっぽくは見える

一方で、Eurovisionだと確実に埋もれるだろうなって言うのは、やっぱりある
単純なバラードじゃなくて、曲的にちょっと捻ってはいるんだけど
それでも足りないと思うんだよね
今回の中で言っても、キックオフを担当するにはちょっと弱いと思ったし
この人単体で見たら、前回よりずっと良くなってたと思うが、さて


Audrius Petrauskas (曲:In My Bones

やっぱりUKポップって感じがする
One Directionに楽曲提供してた人が参加してるって言われても信じるレベル
そんで、この手の歌唱で必要な
最低限の能力を持ってるって感じがするね
声質や声の張り方がまさにそんな感じであると同時に
曲の分良いやステージの輝きもそんな感じ
ポップアイドルらしいポップアイドルな要素が詰まってる感じがするね

ただ、評価しきらないところがあって
緊張からくるものだと思うんだけど
声が震えているって言うことと
表情がすごく硬いって言うところは
特別こういう歌唱、歌手がやるとだいぶマイナスになると思う
震え声なのはまだいい
サビの勢いである程度誤魔化せると思うから
問題なのは、表情だよなあ
あれだけ曲もステージも歌声もキラキラとしているのに
顔がキラキラしていなかったらダメだと思う

表情に元気がないから、声にも元気がないからなあ
すごくもったいないと思う


Agnė Michalenkovaitė (曲:Going On

さっき歌ったオゥドリウスとレベル近いな
オゥドリウスよりちょっと上手いぐらい?
初見時に思ったEurovisionを意識した作りって感じは
やっぱり今回も思うよね
それは決して、悪い意味ではなくて
方向性として目的がすごくはっきりとしているんだ
例えば悲しいバラードとか、悲しさを共感してもらわなきゃいけないし
サンバとか楽しい曲で楽しんでもらえないと厳しいでしょ
そんな感じで、Eurovisionっぽいが上手く出ていたと思うんだ

ただ、歌唱がなあ……(;・ω・)
音が四方八方に飛び散りまくっている(;・ω・)
音程を外しているわけじゃないんだけど
誰に向けてるのか、誰に聞いてほしいのか
そして何を表現したいのか
Eurovisionっぽい曲を歌っているって言う方向性だけはしっかりしてて
でもこの曲で伝えたいものが伝わらなかった


Saulės kliošas
(曲:Įkvėpk ir nepaleisk (Man gaila)


サウラス・クローシャスきちゃああああああ( ゚∀゚)
今回も完璧でございます!!
下手なアレンジを加えて失敗してる人がちらほらいる中で
変更点が衣装と、細かなアレンジ程度で終わらせてるから
すごく安心して聴いていられるわ
2か所ほど、歌唱の入りが早すぎるところがあったものの
いやいやこれは決勝戦確実でしょう
ここまで歌ってきた人たちとは明らかレベルが違うし

丁寧に歌った初回とは違って
今回はちょいちょいアレンジを加えた歌唱があったね
遊びを入れた歌唱というか
https://youtu.be/N__SmTBAoJ8?t=160
緊張を感じさせる場面もあるけど
全体的に余裕を感じさせる歌唱だったと思うな

まあ、入りのズレとかはちょっとどうかなって思ったけど
でも優勝するならサウラス・クローシャスが良いな
イェヴァもいいけどやっぱりユニークだもの

しかし、ボーカルのJustė Starinskaitė 美人だな
腕も足も長いけど、首も長い


Greta Zazza (曲:Broken Shadows

ギリギリ評価ラインを超えていない
ミスの有無以前に、評価ラインのちょうど上に立っていて
それ以上先に進めていない感じがすごく強いよなあ
曲は壮大ながら荘厳ではなく優しさが強くて
歌唱的にも曲のイメージを壊さない綺麗さがあると思った

ただ、ミスがやっぱり多いのと
実はそこまでこの曲を歌いこなせていないんじゃないか
自分の曲にできていないんじゃないかって印象が強い
だから、初回で思ったみたいに
オーディション番組のライブショー感がすごく強いんだよね
素人が既存楽曲を歌ってる感じがするというか
特に、サビで「Broken Shadows」って歌ってるところの
声のペターっとした感じはよろしくないよなあ
遠くまで声が届かないし


Ruta Loop (曲:Positive Thoughts

同じ曲なのに見せ方が初回と全く違う
これは面白いわ
今回単体で見たら大したことはないんだけど
だって、The X Factor のライブショーっぽいもん
でも、同じ曲なのに、初回と全然違う見せ方をしてきてたら
なんかすごくプロっぽく見える
ガチのポップスターって感じがしてくる

いやこれは面白いな
決勝に上がるかはともかく
勝つために大きなリスクを背負ってまで大きく演出を変えたのはすごいわ
これで、決勝でもまた大きく変えてきたらすごく評価すると思う
初回じゃほとんど評価していなかったけど
今回は面白かった


Marija (曲:This Love

リタ・オラ今回もステージ演出面白いぞ
演出的には今回すごく面白いと思った
明らかにEurovisionを意識した作りになっているね
ただ……、歌唱がなあ……
タイミングのズレや音程のズレ
全体的に当てなきゃいけない音よりも低いところで歌ってる気がするし
正直、あまりうまいとは言えないんだよなあ
たぶん、緊張で上手く声が出せていないんだろうけども

ポップ歌手らしいステージングはできていたし
曲自体も悪くはない
が、これをEurovisionに出すのか、って思うと
他に上手い人がいなる中で、出そうとは思えない


The Roop (曲:Yes, I Do

今思ったんだけど
Phil Collins にちょっと似ているかもしれない

この人の持つ異様性は面白うと思うが
どうなんだろうなあああああ
やっぱり前回書いたように、アルバニアのEugentがいるからには
だいぶ印象が薄くなると思うんだ
それでなくても、今ウクライナの優勝候補にも
すごく面白くてカッコいいロックバンドが来ているし

このバンドの事、そんな嫌いってわけじゃないんだけど
Eurovisionで活躍できるかってなったら、難しいと思うかなあ
でもこのバンド自体はすごくユニークだとは思う
似たようなサウンドを持ってるバンドはそんなにいないんじゃないかな


Elizabeth Olshey (曲:Bejausmis

やはり初回同様、私はいまいち評価できない(;・ω・)
バラードはただでさえライバルが多いからなあ
今回の中で言っても、モニカ・マリアやイェヴァを差し置いて彼女を選ぶ理由がない
曲は綺麗だし、歌も上手いんだけど
特に今回は緊張がすごく声にも出ていたし
あまり良いパフォが出来ているとは言えなかったなあ


Monika Marija (曲:The Truth

個人的にモニカはもうゲスト枠って言う扱い
急遽決まったからって言うのもあるけど
結構厳しいだろうなって思ってるところがあって
曲がどうにも素直すぎると思うんだよ
モニカの歌唱力は、そりゃだってThe Voice 優勝するぐらいだもの
折り紙つきさ

ただ、やっぱり、モニカの歌い方がストレート過ぎると思うのよね
これだけ上手く歌っていても、実はこれでようやくスタート地点に立っている感じで
じゃあ、ここからどんな味付けをしようか、って言うようなところだと思うんだ
つまり、どういう人生を歩んできたか、どういう経験をしてきたかで
この曲に対する解釈や表現が変わると思うんだけど
モニカは上手く歌えているだけって言う印象がどうしても拭えない
その点においては、辞退した歌手が歌っていれば、とは思うな

上手いから決勝に上がるだろうとは思うけど
国内優勝するかどうか
したとしてEurovisionで活躍できるかどうか


Gabrielius Vagelis (曲:The Distant

ぐちゃぐちゃだな(;・ω・)
音程ミスったり、声を張れてなかったり
それどころか、歌うタイミングが明らかにめちゃくちゃになってる……
初回よりもずっと悪くなっているとしか……(;・ω・)

  
Ieva Zasimauskaitė (曲:When We're Old

背景の映像演出で話が分かりやすくなってる!
カメラワークで細かい変更点があるな~って見ていたら
ストーリーが伝わりやすいような映像演出を使い始めた
効果音と色合い、横の枠的に、映写機を使ってる風にしているね
すごく曲に合う演出だと思う
個人的には、そういう演出を使わず、表現力だけで伝えに来るところが好きだったけど
でも、これはこれですごく良いわ
この曲を通して言いたいこととかが分かりやすい

歌唱に関しては、ちょっと気になるところが無きにしも非ず
バックコーラスと合わせる時に音程が不安定になってる?
なんかちょっと不協和音に聞こえるところがあるよね
逆に言えば問題はそこぐらいだと思うんだけど

とてもエモーショナルな曲だからか
審査員の一人が泣いちゃってるね
ある意味、タイミング的にはぴったしかもしれないし
もしかしたら、Eurovisionサルヴァドールが優勝していなかったら
評価されていなかったかもしれないし、出場すらしてなかったかもしれないから
いやしかし、やはり優勝候補って感じだわ


結果発表
それでは結果発表です
今回も、12組中6組が決勝戦にすすめる事になるわけですが
勝ち上がるのは一体誰か


1位 Ieva Zasimauskaitė 20点
2位 Monika Marija 17点
3位 Saulės kliošas 16点
4位 The Roop 16点
5位 Marija 12点
6位 Gabrielius Vagelis 10点
――ボーダーライン――
7位 Greta Zazza 8点
8位 Audrius Petrauskas 7点
9位 Elizabeth Olshey 4点
10位 Agnė Michalenkovaitė 4点
11位 Ruta Loop 3点
12位 Živilė Gedvilaitė 2点

おおおほほほほほほほ
上位3組全員分かる!
やはりイェヴァは優勝者の器か
個人的にはサウラス・クローシャスもすごく好きなんだけどね
と言うかこの二組が実質の頂上決戦を繰り広げたようなもんだと思ってたからね
しかし、急遽参加したモニカ・マリヤも負けてないどころか2位って
さすがThe Voice を優勝したばかりなだけあって、いまだ人気があるな
しかし、4位~6位には意外な人たちが上がってきているな(;・ω・)
特にMarijaが上位に上がっているのに、Ruta Loopがいないことが意外
個人的にはMarijaよりもRuta Loop の方が良かったと思うから
何がこれほどまで差をつけたのか気になるところ


それでは、視聴者票と審査員票の内訳を見ていこうズ

視聴者票
5位 Marija 12点
4位 The Roop 10点
1位 Ieva Zasimauskaitė 8点
2位 Monika Marija 7点
3位 Saulės kliošas 6点
6位 Gabrielius Vagelis 5点
7位 Greta Zazza 4点
10位 Agnė Michalenkovaitė 3点
9位 Elizabeth Olshey 2点
12位 Živilė Gedvilaitė 1点
8位 Audrius Petrauskas 0点
11位 Ruta Loop 0点

審査員票
1位 Ieva Zasimauskaitė 12点
2位 Monika Marija 10点
3位 Saulės kliošas 8点
8位 Audrius Petrauskas 7点
4位 The Roop 6点
6位 Gabrielius Vagelis 5点
7位 Greta Zazza 4点
11位 Ruta Loop 3点
9位 Elizabeth Olshey 2点
10位 Agnė Michalenkovaitė 1点
12位 Živilė Gedvilaitė 0点
5位 Marija 0点

ほああああああああ!?!?
あ、あれ!?(;・ω・)て
視聴者票でマリヤ1位だけど、そんな良かったか!?!?!?
しかも、審査員票で0点をとってるって言うカオスな状況に(;・ω・)て
ほんで、前回は満点1位通過だったイェヴァが
視聴者票では3位まで下がっていたなんて(;・ω・)
てか視聴者票2位のThe Roopも、そんなみんなが投票するほどの事をしたか?
なんか全体的に審査員票の方が納得の順位付けな気がするんだけど……

まあ、いくら前のラウンドで1位取っても
組み合わせによって変わってくるとは言え
マリヤの点数はおかしいだろどう考えても(;・ω・)
視聴者票がぶっちぎりなこともそうだけど
審査員との温度差よ

ちなみに視聴者による投票数が
Marija 2722
The Roop 2496
Ieva Zasimauskaitė 2029
Monika Marija 1399
Saulės kliošas 740
票数で見ると直の事思う
言うほどよかったか?(;・ω・)
仮にイェヴァとサウラス・クローシャスがいなかったとしても
たぶん、私は同じ事を言っていると思うぜ?


全体の感想
審査員が力を持ちすぎて結果に納得のいかないハンガリーもあれば
視聴者票がどうにも納得いかないリトアニア
どうなんだろうなあ
もしかしたらリトアニアのリタ・オラすごく有名な歌手なのかもしれない
まあ、最終的には視聴者が良いっていう出場者でいいとは思うんだけど
その国の一般市民の総意、とまで言うと大げさだけど
でも昨年のベラルーシ国内でNavi Band が優勝できたのって
あれは審査員のおかげだったしなあ

とはいえ、総合順位TOP3に関しては文句なし
個人的には1位イェヴァ、2位サウラス・クローシャス、3位モニカ・マリヤ
って感じだけどね

しかし、今回のパフォーマンスや結果を受けて
決勝戦でどうなるかが全く見えてこなくなったと言う
初回から演出の仕方をガラッと変えたり、曲を一部直したりしてるのもあるし
次回、またさらに変えてくるのか、それとも最初と同じステージングに戻すのか
それと、当たり前だけど、その時々のコンディションでどうなるのかが分からないし
ボーカルパフォーマンスをちょろっと足した程度だったサウラス・クローシャスとか
でもJustė Starinskaitė の歌唱がちょっと安定しなかったし

今の所、歌唱が安定しているだけでなく、演出も強化されたイェヴァと
前回の1,2,3のパウラとかの辺りは決勝でも安定しそうだが

うむむ
マジでマリヤの視聴者票1位で全部が崩れかねない(;・ω・)
審査員がクビを縦に振らなかったから1位にならなかったとはいえ
視聴者の意見を聞いて、とかってやりそうな気がしないでもないからなあ
いや、今年初めて見てるわけだから、実際どうなるか分からないけどもよ

どうなるんだろうなああああ
確実にイェヴァが優勝するっていえるぐらいの結果だったら
もっと楽に決勝戦を見れそうなもんなんだけど
まあでも、Heat5の通過者も合流するんだし
少なくとも上位陣は変わらないんじゃないだろうか
はああああもうどうなるのか気になるうううううう


>>次
http://sheilabirlings.blog33.fc2.com/blog-entry-5666.html

<<前
http://sheilabirlings.blog33.fc2.com/blog-entry-5623.html


もくじ記事
http://sheilabirlings.blog33.fc2.com/blog-entry-5521.html

関連記事
スポンサーサイト

THEME:YouTube動画 | GENRE:音楽 | TAGS:

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール

シーラ B

Author:シーラ B
X Factor UK とか BGT とか あと小説とか
長いプロフィール

FC2カウンター
検索フォーム
過去のログ v.コンパクト
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
スポンサードリンク