Eurovision 2018 モルドヴァ代表 DoReDos の My Lucky Day 和訳・歌詞解釈と考察

一緒に音楽を作ろう 同じのリズムにのめり込もう 
共に情熱の炎を燃やし 共に夢を叶えるんだ 

モルドヴァの国内予選大会O melodie pentru Europa 2018 を制したのは
Marina Djundiet、Eugeniu Andrianov、Sergiu Mîța の三人からなる
トリオバンド『DoReDos』でした
彼らが歌う楽曲は、絡み合う愛の形をそのまま情熱的に表現したような
とてもモルドヴァらしく音楽が特徴的な『My Lucky Day』
数いるモルドヴァ代表候補たちの中でも、特別熱く、そして楽しめる楽曲でした

昨年のモルドヴァ代表 Sunstroke Project に続いて
聞いているだけでも元気を分けてもらえるような、楽しい楽曲ではありますが
どこかエロティックにも聞こえる歌詞が魅力でもあります

それでは、今回はこの曲の歌詞の内容を読んでいきましょう

もくじ
歌詞和訳『My Lucky Day』
歌詞解釈と解説
 - Verse1
 - Pre-Chorus
 - Chorus
 - Verse2
まとめると


公式MV

  
歌詞和訳『My Lucky Day』
赤字=女性パート 青字=男性パート 黒字=合唱パート
Verse 1
You got secrets to unfold
キミは明かしたい秘密を持っているね
You got stories never told
キミは語られなかった物語を持っているね
You’re holding information
キミは情報も持っている
Standing right in front of me
ボクの目の前で
A hidden rhapsody
隠されたラプソディー
I walk into temptation
ボクは自分から魅了されるんだ

Pre-Chorus
Something tells me we can make some music
ワタシたちには音楽が作れるって、そんな気がするの
The rhythm is drivin’ me wild
リズムがワタシを荒々しくさせるわ
And something tells me we ain’t gonna loose it
そして、ワタシたちに失うものがない気がしてくるの
Keep pushin’ way into the night
夜までかかってもやり続けられるって

Chorus
Number one, keep rollin’
一つ、転がり続ける(何事も続ける)こと
Say you’re real, I’m hopin’
キミは現実だって言うんだ、ボク/ワタシは期待している
Do you feel the way I do
ボク/ワタシが感じてるようにキミも感じられている?
Bring it on, it’s magic
本気になりなよ、それは魔法なんだ
Are you real, fantastic
ボク/ワタシは本物か、素晴らしい
Say you feel the way I do
ボク/ワタシのように感じられているって言っておくれ

Number two, keep turnin’
二つ、回り続けること
Feel the heat, we’re burnin’
熱を感じろ、ボクたち/ワタシたちは燃えている
I’ll do anything for you
ボク/ワタシはキミの為ならなんだってする
We can be forever
ボクたち/ワタシたちは永遠になれるんだ
Number one, together
一つ、一緒に
We can make a dream come true
ボクたち/ワタシたちは夢を叶えられる

Verse 2
Well I guess it’s up to you
まあ、キミ次第さ
Do you feel the way I do
ボクが感じてるようにキミも感じられているかい
When bodytalk is magic
体の語り合いが魔法なら
So is this my lucky day
今日は運の良い日なのかな
Will you stay or walk away
ここに残るのか、それとも離れていくのか
Right now you’re stoppin’ traffic
今キミが思考を止めている

Pre-Chorus
Something tells me we can make some music
ワタシたちには音楽が作れるって、そんな気がするの
The rhythm is drivin’ me wild
リズムがワタシを荒々しくさせるわ
And something tells me we ain’t gonna loose it
そして、ワタシたちに失うものがない気がしてくるの
Keep pushin’ way into the night
夜までかかってもやり続けられるって

Chorus
Number one, keep rollin’
一つ、転がり続ける(何事も続ける)こと
Say you’re real, I’m hopin’
キミは現実だって言うんだ、ボク/ワタシは期待している
Do you feel the way I do
ボク/ワタシが感じてるようにキミも感じられているかい
Bring it on, it’s magic
本気になりなよ、それは魔法なんだ
Are you real, fantastic
キミは本物か、素晴らしい
Say you feel the way I do
ボク/ワタシのように感じられているって言っておくれ

Number two, keep turnin’
二つ、回り続けること
Feel the heat, we’re burnin’
熱を感じろ、ボクたち/ワタシたちは燃えている
I’ll do anything for you
ボク/ワタシはキミの為ならなんだってする
We can be forever
ボクたち/ワタシたちは永遠になれるんだ
Number one, together
一つ、一緒に
We can make a dream come true
ボクたち/ワタシたちは夢を叶えられる

歌詞参照元
https://genius.com/Doredos-my-lucky-day-lyrics

  
歌詞解釈と解説
色々と変わった表現や面白いフレーズが散らかっていますが
歌詞の内容を要約すると、実はとっても簡単で
『愛し合っている男女の、愛し合う様』
もしくは『愛で心が一つになるまでの過程』が描かれた曲となっています
この『愛し合っている様』を、どのように受け取るかは
聞き手の受け取り方や判断に委ねられるところがとても大きいですが
個人的に体感で思ったのが、楽曲と合わせて聞いていると
社交ダンスの足さばきに似たような軽快さがあり
スポーツ並みにスカッとした情熱の燃やし方をしているように感じました

ただ、歌詞の中には『おセッセ』の最中を連想させるような言葉もありますし
何より、愛し合い、心を一つにしている状態を表現している曲でもあるので
そのように解釈してもおかしくないとは思います
もっとも、仮にそう解釈したとしても、やはりあっさりとしていて
ネットリ感は全くないだろうと思います

また、楽曲の構成と一緒に考えると、この曲は
男性パート女性パート、そして、男女合唱パート3パートで出来ています
それも、いわゆるAメロBメロサビの王道進行で構成されていることが分かります
これは、男女それぞれのパートを、AメロとBメロとして分けて、サビで合唱することで
二人の気持ちが一つになる、という表現をしていると考えられます

  
Verse1
まずは、男性パートの歌唱から始まります
男性パートは、女性パートや合唱パートとは違い
1番歌詞と2番歌詞で唯一歌詞の内容が変化するパートでもあります

Verse1 の歌詞は、女性が秘密を持っていることについて言及するところから始まります
そして、その秘密というのは『隠されたラプソディー』であり
男性はそのことを知っていながら、自ら彼女の持つラプソディーに魅了されようとします

そもそも『ラプソディー』とは、辞書などを使うと『狂詩曲』と出てきますが
要するに、自由気ままに演奏する曲の事を言うそうで
この歌詞においては、飾らない、素直な感情というように解釈をすることができます
ともすれば、つまりは、秘めたる想いやラブレターの事なのだろうと考えられます
そう考えると、Verse1 全体の意味は、磨いたガラスよりも見えやすくなると思います
  
Pre-Chorus
今まで男性に対して、想いを打ち明けられず、ひた隠しにしていた女性が
思い切って『隠していたラプソディー』を打ち明けている様が、ここで描かれています
プロポーズの言葉は『 we can make some music (ワタシたちには音楽が作れる) 』です
ここで言う『Music』とは、単に『音楽』の事を指しているだけではありません
「私たちなら愛を育むことができる」という意味合いで
『音楽=愛』という解釈をすることができます

あるいは『音楽=物語(人生)』という解釈をすることもできます
つまり、二人でメロディアスな生活を送ろう、というプロポーズになるわけです

一方で、続く歌詞も見ていくと
The rhythm is drivin’ me wild その音楽のリズムによって荒々しくもなるし
Keep pushin’ way into the night 夜になっても続くようなものであるとも歌っているので
このことから、『音楽=性交』という解釈をすることもできます
なまじ、Verse2 で bodytalk is magic とも書かれてありますし
プラトニックな内容ではなく、肉体関係を臭わす内容でもあるわけですので

ただ、ここではそうではなく、やはり『音楽=愛』という解釈が一番しっくりくるでしょう
というのも、でないとVerse1 との繋がりが悪くなると思うので
  
Chorus
男女合唱でのサビパートでは、二人で同じ言葉を贈り合います
色々言っていますが、特別重要なのは
Do you feel the way I do (ワタシ/ボクが感じてるようにキミも感じられているか)
We can be forever (ボクらは永遠になれるんだ)
together, We can make a dream come true (一緒に、ボクらは夢を叶えられる)
これらの、「二人の心が一つになろうとしている」歌詞があるということです
楽曲の構成的にも、そうした意図があるという事は分かっているので
一組の男女が愛を語り合い、心が一つになっていくことが伝わってきます

また何度も繰り返されるDo you feel the way I do
互いに互いの愛の感触を確かめ合うよう歌詞からは
今はまだ二人の愛が完全ではないという印象が生まれます

実際、We can make a dream come true
夢が叶ったのではなく、夢を叶えられる、と歌っているので
育まれている途中の愛を歌っていることが分かります

ちなみに、この手の歌詞で言う「夢が叶う」とは「子供の誕生」を言う場合が多いです
なので、Pre-Chorus の『音楽=性交』という解釈は、ここにも繋がってくるので
やはりそういった見方をすることも可能ではあります
ただし、そうした見方をしたとしても、生々しいものではなく
やはり、カラっとしていて、あっさりとしたものではあると言えるでしょう

それと、愛を育んでいる途中であることが分かる歌詞には
Number one, keep rollin’(一つ、何事も続けること)
Number two, keep turnin’ (二つ、回り続けること)
先に書いた愛を確かめ合う行為の一つとして、約束事が出てきます
この愛がまだ不完全だからこそ、完全にさせようという
ある種、不安からくる行動だと思いますが
面白いのは、その内容が似ている、という点です
どちらもがこの愛を継続させるための言葉ですので
沢山の約束事が必要なのではなく、必要なことはほんの一握り
二人の愛の距離は離れているのではなく、後はほんのちょっとしたきっかけで
完全な愛へと昇華することを暗示しています

  
Verse2
1番歌詞で分かり合えたと思っていた二人ですが
男性の方が唐突に女性を突き放します
試しているのか、彼が臆病なのか

それでも、Pre-Chorus 以降の流れがそれまでと同一であるので
結局は二人は心を一つにするわけですが

ちなみにここでのちょっと変わった表現として
When bodytalk is magic
ボディトークについては、和訳でも書いたように体での語り合い
つまり、裸のお付き合い(オブラート)の事を指していると思います
そう考えると、ここの内容は、おセッセして調子に乗ってる男性のように見えますが
あと、最初は「Body language」の事を言っているのだと思いましたが
ただ、そう考えると「is magic」と繋がらないんですよね

Right now you’re stoppin’ traffic
「Traffic」という単語が曲者で
私はstopping と合わせて直感的に「交通」の事を指しているのだと考えました
ところが、念のために調べてみると「取引」についてもtrafficを使うそうです
なので、ここでは両方の意味から取ってきて「思考を止めている」としました

以降は同じ歌詞なので割愛

  
まとめると
改めて整理すると、この曲の流れは
Verse1
自分に好意を向けている女性がいることに気が付いた男性が
その想いを受け止める覚悟を決めて話を聞きに行こうとする
Pre-Chorus
男性に好意を持っている女性が、その想いを打ち明ける
一緒に音楽を作って同じリズムに乗ろう=共同作業を使用=一緒になろう
Chorus
互いに自分の気持ちを確かめ合い
愛の形を完璧なものにしようとする
最終目標としては永遠になり(結婚)、夢を叶える(出産)
Verse2
上記の流れに調子づいた男性が
浮ついた言葉を並べる
Pre-Chorus
それを見た女性が、改めて自分の愛を伝える
Chorus
再び互いの愛を伝えあい、確かめ合い、夢を語り合う

という内容になっているわけです


ESCモルドヴァ国内予選 O melodie pentru Europa 2018 レビュー記事
http://sheilabirlings.blog33.fc2.com/blog-entry-5673.html

Eurovision 2018 もくじ記事
http://sheilabirlings.blog33.fc2.com/blog-entry-5521.html



関連記事
Eurovision2018モルドヴァ歌詞解釈と解説洋楽和訳

0Comments

Add your comment