The Voice UK 2018 Battle 3 レビュー記事

毎週末の楽しみThe Voice UK !!
ラストバトルラウンドを見ていくぞおおおお!!

今年のUK版The Voice は
バトルラウンドが例年よりも1週間多い!!

(・ω・)

ありがたいはずなのに3週4週する国見てきてるから
ありがたみが分からなくなっているという残念感wwww
他の国を見過ぎたなwwww
なんにしても、今回が最終バトルラウンド
あまり後ろの方に押しが残って欲しくはないんだけどなあ
場合によっては、スティール枠埋まって敗退していくことになるわけだし
しかも、残った枠はウィルの1席のみ
こうなると、イス入れ替え制のバトルラウンドのありがたみとかが見えてくる
ウクライナとかポーランドとかさ
まあ、入れ替えると、入れ替えられた人がいたたまれないが
その辺り、UKは毎回の選択に責任感がすごいあるから好きだが

ということで、ラストバトルを見ていきましょう!
The Voice UK 2018 Battle 3
トムチーム
Saskia Eng VS Ruti Olajugbagbe
(曲:Dog Days Are Over - Florence + the Machine

ほんとにこの曲を歌わせるとは思わなかったwwwww
確かにSaskia Eng はトゥルーリー型の歌手だと思っていたがwwww
ドンピシャで思ってた通りの曲を歌わせるとは思わなかったwww
しかも、アレンジかけさせるとかでなく
真正面から 本家 とぶつけるような歌唱
でもこれじゃあ、どっちもが Florence + the Machineのトリビュート歌手
物まね歌手っぽくなってしまっている
こうなると、どっちがより 本家っぽく歌えるかってところに焦点がいってしまって
彼女たちそれぞれの良さ、彼女たちらしさでの勝負じゃなくなってしまうように思う
例えば、全く違う曲で Florence + the Machine っぽく歌わせるってなら意味あると思うが
結局のところ、私は Florence + the Machine 好きだから
本家っぽく歌ってくれるのは大歓迎だしすごく面白かったが
The Voice の出場者を選ぶ、次のラウンドに進める
一人の歌手として育成させるって意味では、どうかなって思うところはある

そう思う一方で、だけど、いかにして相手とは違うってところを見せるか
本家っぽく歌いながらも、個性を見せつけることがメインになってるようにも見える
出そうとしているのか、結果、出てしまって言うのかってところではあるが
元々の声質の違いも結構あるしな

Saskia はより深くて重い歌い方をしている
深いところから音を持ちあげるような歌い方と言うか
だから、彼女の歌声を聞くと、Ruti の声はいささか軽く聞こえる
Ruti の歌声は、軽くはあるけど、軽やかだって言うのが正しい見方だと思う
音を持ちあげるような歌唱ではなく、音を浮遊させるような持ち上げ方をしていて
言葉が耳に入ってきやすい歌唱をしている

これはどっちを選ぶべきかなあ
難しい勝負だとは思うんだ

トムの選択はRuti Olajugbagbe
そして、半ばさせられる形でウィルがSaskia Eng をスティール
ウィルがコーチのトムよりも先にRutiのもとに行こうとするのが印象的だった
(meirin さんのコメント思い出した)

しかし、思ったよりも早く席がなくなったな(;・ω・)
ウィルはBオデ居残りにならない代わりに
バトルでギリギリまでスティールしないのかと思っていたら
最後まで残りはしたものの、案外早く席を埋めてしまった
そんで、こっから先はスティールなしのサドンデス


オリマーのチーム
Lauren Bannon VS Debbie Aramide
(曲:Praise You - Fatboy Slim

原曲はFatboy Slim のPraise you だが、これはHannah Grace版
昨年のThe X Factor UK でも歌われたけど
私はこの曲がかなり好きなんだ
というか元々Fatboy Slim から特殊な曲に入っていったところはあるから(一因
それを、本当に上手くカバーしたHannah Grace 版もすごく好きなんだよね

歌うのはオリマーチームで一押しのLauren Bannon
そして、私の目に狂いはなかった
Debbie Aramide は風邪で喉をやられていた、ということだけど
本調子だったとしても、私はローレンしか見ていなかったと思う
Bオデで歌ったLean On も素晴らしかったが、大きくレベルを上げていて戻ってきたよ
さらにここから成長できるってのを見せてくれたのも良かったし
Bオデでの歌唱は、ワザとクセをつけて歌っているところがあったが
今回はとても自然な形で声を出せていて、声の伸ばし方がすごく綺麗だった
とにかく喉を綺麗に開いて、スカッとするような歌唱が出来ている
その上で、クセをつけているなと思った
いきなりクセのある歌い方をするんじゃなくて
ベースをしっかりとさせた上でのユニークさ
もし今Lean On をもう一度歌わせたら
きっと、もっといい歌唱が出来ると思う

いやあ、今回でローレンに対する期待値が一気に上がりましたわ
そして勝者はLauren Bannon


ジェニファーのチーム
Ant & Ox VS Gayatri Nair
(曲:Skin - Rag'n'Bone Man

合唱で持ち直した感
でも合唱しなかったら全員ガタガタなんだけど(;・ω・)
Gayatri とかBオデ見た感じ、めっちゃ上手いはずなんだけど
全然曲を自分のものにできていなくて、歌うことに必死って感じ
彼女の良さは表現力の高さのはずなのに、音外すわリズムズレるわ
でも対戦相手のAnt & Ox も歌唱がグダグダになっている気がする
全員で合唱したら誤魔化せているが……

ちなみに、コーチコメントでは
オリーは正直に彼らのハーモニーがガタガタになっていることを指摘
Ant & Ox もそのことを素直に認めたし
ジェニファーが「リハーサルの時の方が上手くいっていた」に対する
Gayatri の「確かにその通りだと思うし、次の段階を踏めるようにすべきだった」
って返しているように
出場者もコーチも、誰もが認める出来ではあったんだ

勝者は Gayatri Nair
まあ、そうなるだろうなと思ったが
相手を圧倒して勝っていたのなら問題なかったが
どっちもが上手くいっていない上でだと、ちょっとモヤモヤが残るよね


オリマーのチーム
Shane McCormack VS Ivy Paige
(曲:Sway - Rosemary Clooney

どっちにとってもピッタシな選曲wwww
ある意味で今期のバトル中、最も選曲と対戦相手の組み合わせが合っているwww
てかアイヴィはやり過ぎだろアレwwwwww
クセをつけて歌いすぎているwww
楽しいから全然いいがwwwwww
でも振り切ったパフォーマンスをしているところは見てて楽しいな
半ばふざけているようにさえ感じるがwwww
でもシェインを毒牙にかけんとする歌唱で楽しかったwww

一方でシェインは、アイヴィとは対極の歌い方だよな
とにかくナチュラルで、ひねったことは全くしていない
元々の歌声だけで曲に合う歌唱をしている
素直な歌い方ながら、渋みもあってすごく良かった

シェインはシンガーだけど
アイヴィはパフォーマーって感じだな
そして、その差が結果に繋がったように思う
勝者はShane McCormackだったからだ
アイヴィは、正直あともう一回ぐらい見たかった感はある
独特なんだよね
バトルそのものが同じタイプのいないバトルになってたのも良かったし
何より、彼女には競合するタイプがいないから、そこは本当に強みだと思った
しかし、シェインが通るのも分かるし
むしろThe Voice的にはシェインが通らなきゃなっていう


ウィルのチーム
Wesu Wallace VS Paige Young
(曲:Faith - Stevie Wonder featuring Ariana Grande

まだこの二人がバトルしていなかったという事実
勘だけど、ウェスゥはライブショーに行くと思う
ストレートな歌唱をする辺り、ウィルとの相性にもよるとは思うが
一方で、ペイジはウィルとの相性が抜群だと思う
クセをつけようとしてクセがついてるタイプでなく
元々歌声にクセがあって、その上で色んな技を仕掛けているあたり
ウィルと組むことで面白くなるって思っていたから

しかし、ウェスゥの歌唱がめちゃくちゃ硬い(;・ω・)
歌い出しの瞬間からして「オゥイェ、ゥワオ!」って言ってるけど
表情からして全然硬い
ペイジはの方は、もう歌う前からしてノリノリ
ペイジはこの曲を元々知っていたけど
ウェスゥは知らなかったって言うことで、躓いていた様子(歌唱前ドキュメンタリーで
そして、ウェスゥはかなり頑張ってはいるが
曲を知っているって言う点で、ペイジはやはり有利
完全に曲を自分のものにしているし、ステージは彼女中心で回っている
何より、ほとんどずっとペイジの声しか聞こえてこないような状態なんだもの
トリッキーな歌い方をしつつも、パワフルな歌唱で攻めまくってて
バトルしてるってんじゃなくて、ペイジ的にははなからウィルしか見ていない感じ
ペイジに追いつこうとするウェスゥ 対 ウィルをくぎ付けにしようとするペイジ

カットされているけど
結果発表前に、悩むウィルに対してウェスゥが
「決めやすくしてやるよ。ボクがウィルの度肝を抜かせてやるよ」
と、ウィルに自分を選ぶよう催促するという
それに対して「もっと見せられるものがあるから諦めないで」
と、ペイジも負けじと食い下がる
その流れ……、ウェスゥは強気なことを言っているが
声震えてるし、元々の性格が優しそうな感じだから
かなり無理してるんだろうなって言うのが見え見えで……

そして結果はPaige Young の勝利に
今回の勝負で目立っていたし、ウィルとの相性もよさそうだし
てか前回と今回、ウェスゥはライブショー行き確定って言ってた私……


トムのチーム
Jade Williams VS Wayne Ellington
(曲:What About Us - P!nk

The Voice UK 名勝負に新たな一ページが
これもう事実上の頂上決戦だろ
ジェイドは歌い出しからしばらく、曲に置いて行かれている感じがして
逆にウェインは曲を置いていってしまっているような感じがした
だけど、ジェイドが感情的になって歌い始めたあたりから
場の空気が完全に一つになった
どっちも素晴らしすぎる

ジェイドもすごく好きなんだけど、ウェインは私の一押しでもある歌手
ウェインは背景も含めてものすごく感情移入してしまってるからな
でも今回は、二人とも他の出場者たちに負けないレベルで素晴らしかった
トムがすごく良い仕事をしたと思ったよ
コーチング中にトムが言っていたけど、二人ともソウルフルな歌唱をするタイプ
そこに、P!nk の What About Us を持ってくるのは上手いと思った

まず、二人ともこの曲の事を知らなかったんだ
これだけ二人とも上手く歌えているのに、知らない曲だったんだね
曲を知ってるってアドバンテージがないって点で上手いと思ったが
だって、やろうと思えば、王道なソウル曲で勝負させることもできたはず
二人ともが知っていそうな曲を選んでも良かったはず
でも、あえてこの曲を選んだって言うところが上手かった
この曲はポップスやロックソングに分類されるような曲だけど
同時に、ソウルフルに、魂を込めて歌うことも求められるから
表現力があるだけじゃあなくて、本当に心から歌えないといけなくて
だからこそ、この二人が歌うことで曲が生きたように感じた

しかし、ジェイドの歌唱は魂を感じさせる
ジェニファーが「歌声の中にスタイルがある」って言っていて
そのコメントがものすごく印象的だった
声の中にスタイルがある
歌声の中に、確かに彼女の存在があって、魂があって
作った歌唱方法じゃなくて、彼女そのものが声の中にある
そういうことができる人って、そんなにいないと思うよね

でもウェインも良いんだよなあ
ウェインは一貫して安定した歌唱をしていた
あれだけパワフルな歌声をしていて、やりすぎにならないのがすごい
さすが、人に歌を教えている先生なだけあるわ
非常に丁寧で、曲に対する敬意の念がすごく強い

そして、トムの選択はWayne Ellington だった
これどっちかを決めるってよか
どっちもを通したいよなあ
ジェイドの評価なんか、一気にトムチームのトップに躍り出るレベルだもの


全体の感想
ということで、今年のバトルラウンドはこれで終了
最後の最後ですさまじいバトルだった……
というか、今回のバトル、どれも面白かったわ
特にトムチームの二組はレベルが高くて
さすが大御所ベテランコーチのコーチング力って感じだった
特にラストバトルは本当に面白かった
あれ完全に今期の頂上決戦だろ
ファイナルでやるようなレベルをバトルラウンドでもうやってしまった感よ

そして、私が押していたウェイン意外に
オリマーチームのローレンも通過したのが良かった
Debbie はちょっと残念だったけどね
このタイミングで風邪をひいてしまうのはいたたまれない
んで、オリマーチームもバトル二つとも上質で良かった
というか、シェインVSアイヴィは完全にエンターテイメントでwww
方向性がUK版The Voiceって感じじゃなくなってて良かったわwwww
どっちかって言うとルーマニアやウクライナでやるようなのだわwwww

あと、個人的に結構押していたウェスゥがあっさり敗退してしまったのがもったいない
まあ、ウィルとペイジは絶対相性良いと思うが

ジェニファーは、珍しく空気だったな

はい
ということで例年よりもちょっと長めのバトルラウンドも終了
次回からはのノックアウトか
今年もまた3人ずつがライブショーに上がるのかな
楽しみだ

まあまずはその前にまとめ記事で
誰が通ったのかを見ていきたいところ
ではまた次回


次>>
http://sheilabirlings.blog33.fc2.com/blog-entry-5706.html
前<<
http://sheilabirlings.blog33.fc2.com/blog-entry-5683.html

もくじ記事
http://sheilabirlings.blog33.fc2.com/blog-entry-5540.html

YouTube公式チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCOlLivh3_AfkjDFy5X7EL5Q

番組公式HP
https://www.itv.com/thevoice



関連記事
TheVoiceUKUKiTV神回

2Comments

fumufumu  

Jade VS Wayne

凄いものを見せて頂きました
コーチ陣の表情からも、素晴らしさがわかります
これでスティールされないの、勿体無さすぎる
Wayneさんに言ったトムおじさんの「Believe me」が素敵

2018/03/11 (Sun) 23:34 | EDIT | REPLY |   

シーラ B  

Re: Jade VS Wayne

> fumufumuさん
どこの国もバトルラウンドで頂上決戦やってる時の盛り上がりはすさまじいけど
歌唱力と表現力重視のジェニファーが、思わず前のめりになるほど
本当にスティールがないのがもったいなさすぎる

> Wayneさんに言ったトムおじさんの「Believe me」が素敵
胸を親指で刺して「ここ(心)で信じてくれ」って言うところも含めて
本当に素敵でしたね
カッコよすぎる

2018/03/12 (Mon) 00:17 | EDIT | REPLY |   

Add your comment