The Voice UK 2018 Knockout2 レビュー記事

UK版The Voice のノックアウト2週目見ていくぞ!!
実質の準々決勝2枠目!!!

今のところUK版が一番やっぱり見やすくてすごく助かる
一度の放送時間も放送の長さも一番見やすくて面白い
最終的に他の番組を全て切ったとしても
この国だけ続けられるだけの理由としてすごく強いし

そんなイギリス版のThe Voiceは、今回で準決勝行きの出場者が全員決まる
各チーム、残った3人のうち1人が、先週通った人と合流して準決勝に行くわけだね

個人的には、前回ローレンが通過したから、まずはそれで満足
後は、まだ歌っていないトムチームのWayne Ellington が通って欲しいところ
でもバトルで活躍しまくったドネルにも期待したいところ

ということで、さっそく見ていきましょう
The Voice UK 2018 KO2
ウィルのチーム2枠目
Donel Mangena (曲:Finesse - Bruno Mars

The X Factor でやれwwww
他の出場者たちの中には、ステージパフォーマンスにとらわれ過ぎて
歌唱が疎かになったり、本調子で歌えなかった人たちだっていたというのに
バリバリにステージパフォーマンスを入れまくるどころか
歌を聞かせることよりも見せることがメインになっているレベル
しかし、まあ、踊る踊るwwww
でも、時々歌わないで踊り始める人とかいるから
それを考えると、ドネルは最初から最後までちゃんと歌っているよね
てか、ダンスがキレッキレなの笑ってしまうわwwww
無駄に決めポーズが多いしwwww
これもう歌を聞いてる人そんないないだろうなwww

とは言え、歌唱力にはいささか難ありか
歌唱に関しては、だけど、そこまで高いわけではないよね
技術的に見てもさして他の出場者を脅かすほどでもなく
ただ乱暴に声を飛ばしているだけであると言っても過言ではない
The X Factor でやれ、って最初に書いたのは
ダンスがThe Voice らしからぬ高いクオリティを持っているからだけでなく
歌唱自体が、勢いで色んなことを誤魔化しているだけのような状態だから
というか、バトルでの歌唱の方がよっぽど丁寧に歌っていたと思う
つっても、まあ、この選曲で丁寧に歌いすぎて
歌唱に勢いや楽しさがない方が嫌だけどねwww
たぶん、ウィルの指示も、もちろん基礎力向上は合ったろうけど
何よりステージを楽しむように言ったんだろうと思う

色々書いたけど、The Voice らしくなかろうとも
とりあえずこの場では、私はすごく楽しめたんだ
Bオデ記事 バトル記事

Saskia Eng (曲:Came Here for Love - Sigala, Ella Eyre

なんか……、すごく不自然な歌い方……(;・ω・)
地声で歌ってはいるんだろうけど、これは良くないな……(;・ω・)
バトルラウンドまでの歌唱はすごく良かったのに、変な癖がついている
最初は緊張で肩に力が入っているようにも感じたけど、実際はそうじゃなくて
わざとクセをつけて歌っているから、歌い方がとても不自然なんだね
それも、Florence + the Machine っぽい歌唱を意識しすぎた不自然さ

途中からだんだん良くなっていくものの
それは曲に引っ張ってもらって歌えているって言うだけで
結局、人から歌い方を借りたままの状態
彼女らしさとか、彼女本来の歌い方って言うのが見えなくなってしまっている

バトルで私は、Florence + the Machine を狙いすぎてるってコメントしたけど
逆に言えば、そういう歌い方がとても様になるような人でもあるんだ
だから、彼女がここでまた、Florence + the Machine っぽく歌おうとするのも分かる
大体、そういう歌唱が出来るってことを評価されてこその今だとも思うし
それに、方向性自体は悪くないはずだよね
この曲を上手いこと、Florence + The Machineアレンジみたいな感じにしているし
たぶん、Florence + The Machine がこの曲をカバーしたら
実際にこんな感じのアレンジになるんだろうなって思う
だけど、これはFlorence + The Machine『風』な歌唱で合って
Florence + The Machineでもなければサスキアの歌唱でもない

これなら、私はBオデの歌唱の方がとてもナチュラルで良かったと思う
Bオデの歌唱はまた、あれはあれで人から借りた歌唱だったかもしれないけど
少なくとも、今回の歌唱よりかは遥かに自然な声の出し方や歌い方をしていた

ウィルがやらせたいことも、サスキア自身がやりたいこと
そして、彼女が進みたい方向性は、すごく良く分かるんだ
ただ、こうじゃないと思う
もっと他に歌わせ方があったと思う
バトルではなんだかんだ言ったけども、Florence + The Machine風に歌える人は好きだし
あまり書いてこなかったけど、サスキアには結構期待していたんだ
まあ、まだ結果は分からんが
Bオデ記事 バトル記事

Mark Asari (曲:Don't Dream It's Over - Crowded House

ううむ……これは選曲ミスでは……?(;・ω・)
下手にポップスを歌わせるよりも
Bオデの時みたいに渋い曲を歌わせた方が良かったように思う
あるいは、儚さのあるような曲とか、もの悲しさのある曲とか
彼の歌声や歌い方だったら、ただ悲しいだけじゃなくて、そこに美しさも生まれると思う
別に、明るい曲を歌うなっていう訳じゃないんだけど
吃音症ゆえに詰まる部分ではなく、何より緊張のコントロールができていないと思ったから
とは言え、この曲を通して彼が言いたいことも分かるから
全く持ってこの曲が合っていないとも言い切れはしないが

どうだろうなあ、個人的に一番良くないなって思っているのが
『声を出す位置が高すぎる』って言うところなんだよね
音域の話じゃなくて、胸から上しか使わずに歌っているように聞こえてしまうんだ
Bオデの時点では、そういう風には感じなかった
だってBオデの時は無理して歌っていなかったから
単に今回の曲をちゃんと自分のものにできていないのが問題だったんだろうとも思うが
Bオデ記事 バトル記事

ウィルチーム2結果
さて、ウィルチームの準決勝進出者2人目は
Donel Mangena となった
まあ、そりゃそうだろうなあ
一番上手くいっているのはドネルだと思ったもの
実力的には、ドネル<サスキア≦マーク、なんだろうけど
ドネルが上手くいくのは何となく予想していた
というか、多少悪くても勢いで何とかするだろうなって思っていたからね
でもサスキアとマークはもっとうまく歌えただろ
こんなもんじゃなかったはずだわ


トムのチーム2枠目
Chantelle Nandi (曲:Sing It Back - Moloko

めちゃくちゃ面白いことするな
アレンジがとてつもなく面白い
イントロのパワーが凄すぎる
サビ以降の流れ自体は割と普通というか、こういう曲にありがちな流れではあるんだけど
ナンディのふわふわして甘い歌声に対するドラムの力強さがあるイントロ
その絶妙なギャップとバランスがすごく楽しいわ

ほんで、どっちかって言うとこういう曲って
チャカ・カーンみたいなパワーのある歌手の方が似合いそうなところはあるよね
原曲を歌ってるMoloko は、ナンディみたいな甘い歌唱ではなく
もっと淡々とした歌い方をしているけども
今回みたいにパワフルなアレンジが楽曲にかかっていると
本来的には歌唱にもパワーが欲しいところ
でも、ナンディの歌唱に違和感がないんだ
彼女が元々得意なジャンルと、トムの選曲センスがあってこそだろうね

そして、ドネルほどではないにせよ、結構踊っていて
ステージで歌うことを心底楽しんでいるところも良かった
半ば、自分に酔ってしまったパフォになっていて
その吹っ切れ具合が本当に気持が良いぐらいだったんだ

一方で、歌唱はちょっと、ふらふらしているところがあったよね
高音域の不安定さがどうにもねえ
高音が武器なのに、弱点でもある諸刃の剣だからねえ
それがあるせいで、ギリギリのところでカラオケっぽくなってしまっているが
でもまあ、いい歌唱だったと思うよ
Bオデ記事 バトル記事

Wayne Ellington (曲:Man in the Mirror - Michael Jackson

個人的大本命のウェインさんがビッグすぎる曲を歌う
ナンディの後だと、一切のミスがない完璧な歌唱に驚かされるな
むしろ、ウェインほどの実力者だからこそ、この曲に振り回されなかったんだろうね
さらに言えば、多くの人はMJの歌唱に引っ張られるのに
全く引っ張られることなく、自分の歌い方に徹することができている
歌唱力が高いだけでなく、自分のスタイルががしっかりしているからこそできること
もうお手本のように完璧な歌唱ですよ

ただ、ナンディの後だからなのか、味つけがもうちょっと欲しいと思ってしまった
素直に言うと、ちょっと歌唱が退屈だと思った
確かに歌唱力は高いし、ソウルフルだし、とても綺麗に歌ってはいるんだ
でも、Bオデでドキドキさせられた歌唱って、丁寧で綺麗なだけじゃなかったはず
もっと言葉の中に重みがあったように思う
だから、この回の歌唱は、上手く歌うことに比重が行き過ぎているような気がするんだ
元々上手いんだから、そこに+αでボーカルパフォーマンスをしても駄目な気がする
まあ、MJに引っ張られなかったってだけでも、相当すごいことはやっているが
Bオデ記事 バトル記事

Ruti Olajugbagbe (曲:Dreams - The Cranberries

えっ!? ルティってこんなに上手かったっけ!?
いや、元々彼女は上手かったよ、上手かったけども
全体で言えばちょっとパッとしないところがあるというか
人に愛されるようなタイプの歌い方をする人で
他の出場者を置いてって前に出るタイプじゃないなってちょっと思っていた
でも、その認識が根底から覆るレベルで、今回は本当にいい歌い方をしていたよ
トムが彼女の魅力を引き出したんだな

もう歌い出しから一気に引き込まれたし、思わず歌い終わるまで見入ってしまったし
歌い終わった後になって手が震えてるの見てすごくグッときた
ウィルチームと合わせて考えても、ここまでで一番の歌唱だわ(;・ω・)
そりゃコーチ陣も立って拍手しますわ

なんていうか、もはや曲を自分のものにしているとかいう次元じゃなくなっていて
本音で歌っているというか、今この場で新しい歌が生まれているようにさえ感じるんだ
練習した曲を歌ってる感じが全くしなくて、ミュージカル映画の登場人物が歌うみたいに
ものすごくナチュラルに自分の気持ちを歌って言う形にしているかのように見えてくる
ルティの人間性というか、ルティという人間そのものを
歌を通して見せているような感じがするんだ
ここまで歌ってきている人たちの中の、誰とも違う歌い方だと思った
でも、だからと言ってプロの歌手らしさって言うのは全くなくて
それでいて、Bオデの時みたいな素人臭さやイモ臭さもなくて
何が良いって、Bオデのルティから離れず、でもしっかりと成長しているんだよね

そして、やっぱりそこはトムのコーチングの上手さがなせるものでもあると思う
トムは出場者が銘々に持っている一番の持ち味を
そのままの形で強化させて歌わせるのがすごく上手いわ
Bオデでルティが見せたルティの魅力を、しっかりとそのまま持って来つつ
でもちゃんと彼女がBオデで出し切れなかった魅力を引き出させていると思ったもの
歌唱力や基礎能力がものすごく高くなっているのはもちろんなんだけど
それ以上に、ルティはルティのまま、誰が見てもルティらしく成長したと思わせるほどだし
ウェインの時だって、それ以上成長のしようがなかったとはいえ、奇抜なことをさせず
ちゃんとウェインの持ち味を活かした選曲と歌唱の組み合わせで歌わせていたし
いや、それはなんか話がズレてくるな
でもとにかく、すごく良かったよ

てか、良くこの曲を選んだよ、トムも
元の曲を歌っている人とは全く声質が違うし
でもこれなら、Ozark Henry の I'm Your Sacrifice みたいな曲とかも歌ってほしくなる
Bオデ記事 バトル記事

トムチーム2結果
勝者はRuti Olajugbagbe
トムチームの中だと、私はウェインが一番良いと思っていたし
応援してるのもウェインだった
だけど、今回はルティの通過は当然だと思った
もっとウェインの歌唱も聴きたいけども
だけど、ルティの歌唱にはぐうの音も出ないわ


ジェニファーのチーム2枠目
Rhianna Abrey (曲:Anywhere - Rita Ora

うわああああああああああああwwwwww
くっっっっっそ惜しいいいいいいいいwwwww

選曲センスと歌唱センスがバッチシハマっている
リタ・オラから逃げずに真っ向から勝負を挑んでいて
実力よりもセンスだけでリタ・オラに並ぼうとしているのがすごく良かった
が、センスで全部をカバーしてしまっている分、歌唱にパワーが足りていない
Bオデの時は勢いがあって、自分の歌唱をコントロールできていなかったけど
今はしっかりとコントロールで来ていて、とても丁寧な歌唱が出来るようになっている
でも歌唱が丁寧になったことで、勢いが今度は犠牲になってるようにも見える
とても魅力的なのに、あと一歩のところで足りていない
だから、すごく歌唱が惜しいって思うんだ

でも、ウィルのチームでセンスを磨いて
ジェニファーチームで歌唱力を叩きあげたからだろう
めちゃくちゃに魅力的な歌い方をしているように見える
文章行ったり来たりしていてすごくごっちゃになってるけど
評価したい、けど評価しきれない、でもやっぱり評価したい
って言う、私の中での葛藤がそれだけすごいことになっているってことなんだwww

いや、でもやっぱり良いよ、すごく良い
Bオデから考えたら本当に大した成長だと思う
曲も完全に自分のものにできているし
正直、このセンスの高さはもっと見ていたい
多少歌唱がぐらついているのは、もうこの際どうでもいいから
彼女の中にあるセンスを、もっと引き出してほしいと思った
Bオデ記事 バトル記事

Belle Voci (曲:Nella Fantasia - Sarah Brightman

実は既に飽きてきている(;・ω・)
いや、上手いと思うし
オペラデュエットって、この手の番組で見ること滅多にないから
それだけで、もうかなり面白くはあるんだけど
ずば抜けて高い歌唱力とか関係なく、私は面白みと感じなかった

The Voice に限らずThe X Factor とか他の音楽番組で
オペラだけで勝負する人たちが上手く上位に行けないことは多い
オペラに対してつまらないと思う視聴者が多いから、あまり票がいかないんだろう
でも、正直に言うと、私はオペラ系に投票『しない』側の気持ちの方が分かる
それは、オペラが嫌いって言う意味ではなく
単に良し悪しが分からないって言うところなんだよね
それは、例えば一般の人から見たデスメタルが全部同じに聞こえるように
曲は違っていても、全部『オペラ』という括りでしか見ることができないんだよね
それって、どんな曲でも『バラード』って括りでまとめてしまうような
とても乱暴な見方であるって言うことは分かるんだけど
それでも、私はオペラ歌唱はいまいちに感じることが、本当言うと多い

逆に、オペラで楽しめるって言ったら、それこそThe Voice UK で決勝まで行った
Lucy O’Byrne ぐらいキャラクター性が強い人
Ruth Lockwood みたいにポップスとオペラを融合させる人
私がこだわっている、ポップオペラ色の強い人たちだね
でも、オペラにオペラらしさではなく奇抜さを足してほしいってのは
極論、別にオペラに限らず、他のポップスでも言ってるから
例えば歌謡曲っぽいオーソドックスなバラードを、そのまんま手を付けずに歌うんじゃなく
何か一捻りを加えてから歌ってほしいって

だから、私はオペラの事は分からないけど
逆にオーソドックスにオペラをやりすぎていてつまらなくなっている
って言うことだけは分かるから
この二人の歌唱についても面白くないな、と感じたんだ
Bオデ記事 バトル記事

Jason Nicholson-Porter (曲:When You Believe - Whitney Houston

間違いなく今週のトップどころか
KO戦全体で見ても一番ですよ

いやこれもうすごすぎるわ
歌唱の中に込められた情熱の量が素晴らしいし
あれだけのパワーを完全にコントロールできているのもすごいわ

歌い出しからしばらくの間は
ビッグソングすぎるって言うことと、王道過ぎるって言うことで
これはもしかしたら退屈になるかもしれない、って思っていた
Bオデでアメイジング・グレイス、バトルでLet It Be と
王道な楽曲を歌ってきていて
でもそれらの曲は歌い出し数秒でもう彼なりのアレンジが入ってたから
それだけでもう引き込まれるような歌唱だったんだけど
今回の歌い出しは、アレンジをかけすぎていて、崩し過ぎていて
ちょっとどうなるか分からないな、って思っていた
だけど、聞いていると、いつの間にか胸に歌唱が染み込んでくるみたいになっていて
そして、サビのパワフルな歌唱で一気に持っていかれてしまった
歌唱力と、歌にかける熱意で、まさにガツンと来るような歌唱
ハートに響くとかいうレベルでなく、鷲掴みにされて一気に引き込まれるような
あるいは熱意の波で押されてしまうような歌唱だわ

こういう、王道な楽曲
もはやスタンダードナンバーになっているような曲に対して
真っ向から立ち向かって、しかも誰にも文句を言わせない
迫力のある歌唱でアレンジできるって本当にすごいわ
Bオデ記事 バトル記事

ジェニファーチーム2結果
勝者はBelle Voci


……えっ?
ほあっ!?
Belle Voci ? マジで?
ここはジェイソンじゃないの!?
ジェイソンじゃないにしても、リアナでも良かったと思うが
だって、Belle Voci ライブショーでも同じようなオペラ歌うぐらいじゃん
それ言ったらジェイソンもビッグソング系のスタンダードナンバーで勝負するだろうけど
いやああああ、Belle Voci か? マジか……
いや、下手ってわけじゃないんだけどさ Belle Voci


オリマーのチーム2枠目
Kirby Frost (曲:Crazy - Gnarls Barkley

ウソのようにセンスの良いアレンジかけてんだけど
歌う曲がCrazy ってことの時点で予想できた歌唱の
完全に斜め上を行くアレンジと歌唱を持ってきおった
多少、歌唱力(声量)が足りていないところがあるものの
全然気にならなくなるぐらいセンスが良いと思う
なんかウィルがまだギラギラしてた初期の頃のThe Voice のセンスを感じる

まあ、つってやっぱり歌唱力が気になるし
この名曲を今風にアレンジしただけとも言えるんだけどね
でも、そこにはオリマーの思惑があったらしくて
これまでカービィが歌ってきたような曲とは違うテイストの曲を歌わせて
彼女の歌唱に焦点を当てようとしていたらしい
実際、あまり勢いで勝負するような曲ではなく
むしろ歌唱力で勝負せざるを得ない曲だよね
特に、サビの部分とかはそうだと思う
センスもいるけど、基礎的な能力が高くないと曲に負けてしまう
それもあって、彼女の歌唱じゃ物足りないと思うところも多々あった

それでも、やっぱりセンスが良いよね
オリーはポップスター以上のセンスを持ってるって、今回特別感じる
あるいは、コーチ慣れしすぎてしまったウィルとは違って
結構好き放題に出場者を鍛えているからこそなのかもしれないが
でも、カービィをここまで面白い歌手にできたのはオリマーだからこそだと思うよ
Bオデ記事 バトル記事

Shane McCormack (曲:City of Stars - ミュージカル映画『La La Land』

ううむ……、個人的にはいまいちだったな(;・ω・)
これまで彼が持っていた魅力がなくなって
割と普通な歌唱になってしまったように感じる
間違いなく曲は合っているんだけど
ちょっとコンセプトありきすぎるような歌唱に感じた
Bオデ記事 バトル記事

Jamie Grey (曲:Faith - George Michael

歌い出しからして、ちょっとふらつきかけていた
声もかすれさせながら、音も外しかけながら
でも、全然心配しなかった
ダメになるなんて思わなかった
だってハートで歌ってるって分かったから
歌い出しの段階で、不思議と「これは良い歌唱が来る」って思わされた
KO2週目の中で、誰よりも生の歌唱っぽいというか
この曲を通して彼の気持ちや心が伝わってくるのを感じたし
そういう歌い方をしているんだなって言うのが、歌い出しだけで分かったからだ

どっちかって言うと
The X Factor のオーディションで聞けるタイプの
とても素直で、気持ちのこもった歌唱だと思った
もはや、優勝することが目的なんじゃなくて
自分の言いたいことを言うのが目的にさえ感じるような
濁りのない、とっても素朴で純粋な歌い方
こういう歌唱こそ、オーディション番組の醍醐味だよね
プロじゃなく、素人だからこそ見せられる、むき出しの心の形
こういう歌唱を観たくて、私はXやVとかのオーディション番組を見てるんだ

オリマーが最後泣きそうになってるのも良かったし
途中でトムが息を飲んでるところも良かった
というか、オリマーじゃなくてトムが魅了されてるってところがすごく良いな
こういう時、結構その出場者のコーチ自身にカメラの焦点があてられるか
それか、例えば他コーチの曲を歌わせて、歌われたコーチがが映されるとか
でもそうじゃなく、トムがあまりにも良い表情でジェイミーの歌唱に引き込まれていた
もはや、視聴者の気持ちを代弁するかのような表情だったと思う
不意打ち的にあそこでもぐっと来たわ
https://youtu.be/7h51Tvq4tWc?t=94
Bオデ記事 バトル記事

オリマーチーム2結果
勝者はJamie Grey
これも圧倒的だった
そして、リベンジャーとして再挑戦しているジェイミーだけど
ここまで成長するとは
文句なしのファイナリストです


全体の感想
これで今週分は終わりですね
ノックアウトラウンド面白かった
今年のUK版のKO面白かった!!
例年に比べると、ものすごく飛び抜けて、ってわけではないものの
実質ノックアウトと準々決勝が合わさっている分
全体的に質がすごく良くなっていると思ったし
やっぱり、目を見張るような歌手が多いからすごく楽しめたんだ
それに、各チームの準決勝進出者たちも
みんな上がるべくして上がったって感じで
それぞれのチーム内で飛び抜けた人たちだったものね
まあ、さすがにドネルのあれはノックアウトってよか、完全にライブショーだったがwww

でも、ジェイミーやルティの歌唱は心に残るほど印象的だったし
敗退したけどカービィやリアナもすごく良いセンスをしていた
てか、敗退した人で言えば、ジェニファーチームがなあ
私はジェイソンが通る方が良かったと思うんだよ
生放送で見栄えが良いのはベル・ヴォッチの方かもしれないけども
ジェイソンの事は推しだからっての関係なく
あれだけパッショナブルに歌える人は、そうそういないと思ったもの
今回の敗退者の中で言えば、一番惜しい人だと思うよ


さて、それでは次回はついにライブショー
準決勝ですね

前にも書いたけど
KO戦のあとすぐに準決勝になると
今年のThe Voice は例年より短めに感じてしまうという
放送期間は変わらないのにね

またリストは作っておこうと思うけど
ウィルチームはドネルとタイ
ジェニファーチームはヴェル・ヴォッチとガイヤトリィ
トムチームはルーシーとルティ
オリマーチームはローレンとジェイミー

まあ、積もる話はその時書こうと思うが
面白そうなのはドネル
応援したいのはローレン
感動しそうなのはジェイミーやルティ、ガイヤトリィとルーシーあたりか
タイとオペラがどうなるか

いやあ、今から楽しみだね
後たったの2週間しかないとはいえ
冒頭で書いたように見やすい期間だよ
理想的な長さ


ということで、また次回




次>>
http://sheilabirlings.blog33.fc2.com/blog-entry-5718.html
前<<
http://sheilabirlings.blog33.fc2.com/blog-entry-5707.html

もくじ記事
http://sheilabirlings.blog33.fc2.com/blog-entry-5540.html

YouTube公式チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCOlLivh3_AfkjDFy5X7EL5Q

番組公式HP
https://www.itv.com/thevoice


関連記事
TheVoiceUKUKiTV神回

0Comments

Add your comment