Eurovision 2018 ハンガリー代表 AWS の Viszlát Nyár 和訳・歌詞解釈と考察

お前の体には俺の血が流れ、心臓には俺の生きた証が残る 
だから俺にすがるな前を向け! 俺の屍を越えてゆけ!! 

6週間に及ぶハンガリーの国内予選大会 A Dal 2018 において
優勝最有力候補者を打ち破り、見事優勝して見せたのは
メタルロックバンド AWS でした
暴力的なまでに力強く、そして激しい歌唱で聞き手を圧倒する彼らが歌うのは
怒りと後悔の念がない交ぜになった、時代へ受け継ぐ『Viszlát Nyár』

メタルロックらしいパワフルな歌唱に圧倒されて
それだけで苦手意識を持つ人も一定数いると思われますが
歌詞の内容はとても詩的であり、とても美しくもあり
そして、とても人間味のある曲でもあります
それでは、今回はこの曲の歌詞の内容を読んでいきましょう

もくじ
歌詞和訳『Viszlát Nyár』
歌詞解釈と解説
 - Verse1
 - Pre-Chorus
 - Chorus
 - Verse2
 - 歌詞の背景
おまけ


公式MV


国内予選大会


  
歌詞和訳『Viszlát Nyár』
Verse1
Játsszunk nyílt lapokkal végre:
手札を全部明かそうぜ
a hajómnak mennie kell
俺の船は出航し
és itt fog hagyni téged.
お前を置いていくことになる

Pre-Chorus
Majd benned él tovább a vérem,
俺の血がお前の体の中に残るだろう
és ha nem adod el, a szíveden a jel,
取り払わないなら、お前の心臓に印を残し
mi a földről az égig emel.
お前を大地から空へと引き上げるだろう

Chorus
Viszlát, nyár, most már elkéstél,
さらば、夏よ、もう手遅れさ
Mert azt hazudtad, enyém leszel
オマエは嘘をついた、オマエは俺のものだと
De nem jöttél
オマエは来てくれはしなかったんだ!

Viszlát, álom, köszönöm, hogy eltűntél!
さらば、夢の日々よ、感謝するぜ、消え失せたことに!
Most már ideje visszakapnom,
さあ、返す時だ
amiket elvettél!
オマエが俺から奪ったものをな!

Verse2
Megfáradt ereimben az élet,
俺の人生はくたびれている
tudom, hogy fognál még,
お前がまだ俺にすがっているからな
de engedj el már, kérlek.
だが、頼むから俺から離れてくれ

Pre-Chorus
Itt van, tépd le belőlem a részed,
ほらよ、お前の中の俺を取っ払えよ
és ha nem adod el, a szíveden a jel,
取り払わないなら、お前の心臓に印を残し
mi a földről az égig emel.
お前を大地から空へと引き上げるだろう

Chorus
Viszlát, nyár, most már elkéstél,
さらば、夏よ、もう手遅れさ
Mert azt hazudtad, enyém leszel
オマエは嘘をついた、オマエは俺のものだと
De nem jöttél
オマエは来てくれはしなかったんだ!

Viszlát, álom, köszönöm, hogy eltűntél!
さらば、夢の日々よ、感謝するぜ、消え失せたことに!
Most már ideje visszakapnom,
さあ、返す時だ
amiket elvettél!
オマエが俺から奪ったものをな!

Bridge
Viszlát, viszlát
さらば、さらば
Viszlát
さらばだ

Chorus
Viszlát, nyár, most már elkéstél,
さらば、夏よ、もう手遅れさ
Mert azt hazudtad, enyém leszel
オマエは嘘をついた、オマエは俺のものだと
De nem jöttél
オマエは来てくれはしなかったんだ!

Viszlát, nyár, most már elkéstél,
さらば、夏よ、もう手遅れさ
Mert azt hazudtad, enyém leszel
オマエは嘘をついた、オマエは俺のものだと
De nem jöttél
オマエは来てくれはしなかったんだ!

Viszlát, álom, köszönöm, hogy eltűntél!
さらば、夢の日々よ、感謝するぜ、消え失せたことに!
Most már ideje visszakapnom,
さあ、返す時だ
amiket elvettél!
オマエが俺から奪ったものをな!

Outlo
Viszlát
さらば

歌詞参照元
https://eurovision.tv/participant/aws
https://lyricstranslate.com
参考翻訳サイト
http://www.etranslator.ro/hungarian-english-online-translator.php
https://translate.google.co.jp/?um=1&ie=UTF-8&hl=ja&client=tw-ob#hu/en/
https://en.eprevodilac.com/prevodilac-madjarski-engleski

  
歌詞解釈と解説
この曲の歌詞の内容は、これから死にゆく主人公が、遺される人たちに向け
最後に伝えたいメッセージを伝える内容となっています
リードボーカル Örs Siklósi の、怒りに満ちているようにも聞こえる歌唱の奥には
もちろん、歌唱と同じように力強いメッセージが込められていますが、
同時に、とても詩的で美しい言葉も詰め込められています
それは、自分の死を乗り越えられないでいる者たちを心配する心と
未練を残して死んだへの、自分か、あるいは天への怒りがない交ぜになっているからです

それでは歌詞の内容を改めて見ていきましょう
  
Verse1
Játsszunk nyílt lapokkal végre: 手札を全てテーブルの上に置こうぜ
という言葉から始まる歌い出しは、
「見えないようにしていた手札=隠し事」を「テーブルに置く=全てを明かす」
簡単に言うと、腹を割って全てを話そう、という言葉から始まります

それというのも
a hajómnak mennie kell, és itt fog hagyni téged.
主人公はこれから遠い船旅に出ることになります
聞き手と話ができるのは、最後かもしれないから、だから全部話しておきたいと伝えます
  
Pre-Chorus
主人公は、これからこの世を去ることになりますが
Majd benned él tovább a vérem,
子供たちに自分の血が流れていること
és ha nem adod el, a szíveden a jel,
その生きた証が心臓を通して子の体の中を巡り続け
mi a földről az égig emel.
そして、自分の血が流れている限り、連綿と同じ血が受け継がれ続ける子孫たちは
きっと素晴らしい人間へと成長するだろうと語ります
  
Chorus
サビの歌唱は、一転して自分自身の事について歌い出します
Verse1 と Pre-Chorus では、父として残される子を前に気丈に振る舞っていましたが
その実、主人公は死にたくなかった、と心の底から後悔と怒りの言葉を吐きます

タイトルにもなっている『Viszlát Nyár (夏よさらば)』とは
必ず毎年来ると思っていた夏が
主人公にはもう二度と訪れないことを意味しており
主人公は来てくれない夏に対して『Mert azt hazudtad (お前は嘘をついた)』と罵ります

サビの後半では、自分が夢を叶えるために手に入れてきたもの
代償として支払ったものが返ってくることが書かれています
ここの解釈は色々と考えられますが、夢を叶えるために代償として支払った幸せが
しかし、最後には子供たちに看取られて逝けるという幸せを得ることで清算される
という内容になっているのではないかと、私は解釈しました
どこにも幸せという言葉は出てきませんけれど

ただ、Verse2 前のタイミングでの解釈は、少し変わってきます
  
Verse2
俺の死を 悲しむ暇があるなら、一歩でも 前へ向け 決して 振り向くな
子供たちよ… 俺の屍を 越えてゆけッ (『俺の屍を越えてゆけ』より

主人公としては、子供達には自分の子を乗り越えて欲しいと願っていますが
子供立ちはいつまでも主人公にすがりついています
それゆえ、主人公は自分を解放してくれ、と頼みます
でなければ、安心して逝くことができないからです

また、Verse2 のこの内容から
直前のサビ後半の歌詞の内容も少し変化します
Verse2前の時点では、自分が今まで子供たちの為に色んなことを犠牲にしてきた
子供たちが安心して暮らしていけるように努めてきたのだから
最期は親に安心して逝けるようにしてくれ、という解釈ができます

  
歌詞の背景

この曲の歌詞を書いたリードボーカルのÖrs Siklósi が
楽曲発表の1年前に父親を亡くされているそうで
その事が歌詞政策に大きな影響を与えていたようです

  
おまけ

AWSのメンバーであるAron と Soma が
Eurovision2018参加曲43曲を見ながら感想を言います

The Humans の Goodbye に対する反応が一番好き

ハンガリー国内予選大会 A Dal 2018 もくじ記事
http://sheilabirlings.blog33.fc2.com/blog-entry-5749.html

Eurovision 2018 もくじ記事
http://sheilabirlings.blog33.fc2.com/blog-entry-5521.html



関連記事
Eurovision2018ハンガリー歌詞解釈と解説洋楽和訳

0Comments

Add your comment