Lc.ツリーカテゴリー
タグクラウド

Eurovision 2018 歌詞解釈と考察 EX ハンガリー代表候補 Horváth Tamás の Meggyfa 和訳

葉が落ちる、でも君はいつまでも美しい 
秋よ来てくれるな 幸せな時よ永遠に 

ハンガリーの Eurovision 国内予選大会 A Dal において
個人的に最も気に入っていた曲がありました
エスニック感がありながらも、どこの国の音楽とも言えない不思議なメロディと
情熱的でソウルフルな歌唱によって A Dal の中でも際立っていた
Horváth Tamás『Meggyfa』です
A Dal 2018 では、優勝最有力候補であった Dánielfy Gergely や
見事優勝したAWS と肩を並べて決勝戦に進出していた出場者で
個人的には、A Dal 2018 出場者の中で、最もEurovision 向きな歌手でもあったと思うので
ここでは彼の楽曲と歌詞の内容を紹介していこうと思います
それでは、見ていきましょう

もくじ
歌詞和訳『Meggyfa』
歌詞解釈と解説
国内予選大会での歌詞の沿革
スプーン演奏について
余談

国内予選大会 (歌詞改編前


公式MV (歌詞改編後


アコースティックバージョン

  
歌詞和訳『Meggyfa』
Verse 1
Virágokat fújja a szél.
花が風に舞う
Erős lélek, mint az acél.
魂は鋼のように強く
Szóljon nekünk a Hold!
月が僕たちに歌ってくれる
Fénye arcoddal dacolt.
君の顔のように優しく輝く
Simogat a mosolyod,
君の笑顔が僕にぶつかる
mámorító a csókod.
君のキスが僕を虜にする
Kérlek gyere vissza szép emlék,
美しい記憶よ、戻ってきてくれ
mert kell még a bókod!
僕にはまだ君の声援が必要なんだ

Pre-Chorus
Szíved az, amire vágyom én.
君の心は僕が欲しているもの
Nincs nálad szebb, a Föld kerekén.
君より美しいものはこの地球にはないんだ

Chorus
Hullnak a falevelek, és te mindig szép vagy!
葉が落ちる、君はまだ美しい
Meggyfáról lemászok, hogy egy-két csókot adjak!
僕は桜の木から降りてる 君にキスするために
Hejj Babám a teringettét, olyan gyönyörű vagy!
ああ、君はなぜそんなに美しい
Gyere ide, szeretgessél!
ここにきて僕を愛しておくれ
A csizmámat meg hagyjad!
でも僕の靴はそのままにね

Oly gyönyörű vagy.
君は本当に美しい
Oly gyönyörű vagy.
君は本当に美しい

Verse 2
Elért már az őszi homály.
秋の憂鬱がやってきた
Elbúcsúzik a napsugár.
太陽が別れを告げる
Nem akarok többé fázni!
僕は寒さなんて感じたくないんだ
Az idő nem fog mi ránk várni!
時は僕たちを待ちはしない
Gyere jöjj most közelebb!
こっちへおいで
Engedd szabad lelkedet!
君の心を解き放って
Táncolj ide hozzám utóljára, hadd legyek veled!
一緒に踊っておくれ、最後にもう一度だけ一緒にいさせておくれ

Pre-Chorus
Szíved az, amire vágyom én.
君の心は僕が欲しているもの
Nincs nálad szebb, a Föld kerekén.
君より美しいものはこの地球にはないんだ

Chorus
Hullnak a falevelek, és te mindig szép vagy!
葉が落ちる、君はまだ美しい
Meggyfáról lemászok, hogy egy-két csókot adjak!
僕は桜の木から降りて君に数回キスをする
Hejj Babám a teringettét, olyan gyönyörű vagy!
ああ、君はなぜそんなに美しい
Gyere ide, szeretgessél!
ここにきて僕を愛しておくれ
A csizmámat meg hagyjad!
でも僕の靴はそのままにね

Oly gyönyörű vagy.
君は本当に美しい
Oly gyönyörű vagy.
君は本当に美しい

歌詞参照元
https://lyricstranslate.com/en/meggyfa-sour-cherry-tree.html
英訳参照元
https://www.youtube.com/watch?v=t58r0WXHQ5s
参考翻訳サイト
http://www.etranslator.ro/hungarian-english-online-translator.php
https://translate.google.co.jp/?um=1&ie=UTF-8&hl=ja&client=tw-ob#hu/en/
https://en.eprevodilac.com/prevodilac-madjarski-engleski

  
歌詞解釈と解説
この歌詞は、公式MVの翻訳機能で表示させた英訳をそのまま訳しています
YouTubeのの字幕表示機能には、機械英訳の場合と、人力字幕設定の場合があって
動画投稿者が字幕を設定したり、有志が字幕を設定することもできます
この曲に関しては、有志が英訳した2つのバージョンや、機械翻訳サイトも使って
実際にそういう歌詞になるのかどうかも確認を取った上で和訳しましたが
MV英訳、有志英訳2つ、機械翻訳と見比べても
明らかにMVの英語字幕は完成度が高く、人力で字幕設定しているのが分かります
そして、さすが公式英訳、有志の英訳よりも遥かに美しい
ともすれば、ハンガリー語が分かればさらに歌詞の美しさに魅了されるのでしょう

内容としては、非常にシンプルで分かりやすく、そして伝わりやすいです

歌詞を要約すると
主人公には絶世の美女と呼ぶにふさわしい女性がいますが
いつか別れの時を迎えるかもしれない為
時間に進んでほしくないと懇願します
言うなれば「幸せなこの時間よ永遠に」という事でしょう

落ちる秋の枯葉、別れを告げる太陽、訪れる冬の寒さ
これらの描写から、恋人の死期が近い可能性があり
また、Verse2 の最後の歌詞
Táncolj ide hozzám utóljára, hadd legyek veled! が、公式英訳では
Dance to me, let me be with you one last time
一緒に踊ってくれ、最後にもう一度だけ一緒にいさせてくれ、となっているので
冬になると、恋人との別れが、何らかの形で待ち受けているという事が分かります

また、主人公は様々な言葉で恋人の美しさを表現しますが
本当に彼の恋人が美女なのかどうかは、完全に彼の主観でしかないため分かりません
これは、恋に盲目になっているがゆえに、彼にとってはそう見えるのか
はたまた限られた時間しか一緒にいられないからこそ、彼女が美しく見えるのか

いずれにしても、歌詞の内容はとても詩的で
恋人に向けて歌う言葉にしては多少キザな内容でもありますが
そのあざといぐらいのキザっぽさが
落ち着いた雰囲気を持つ、不思議なメロディと
Horváth Tamás の熱すぎるぐらいの熱唱によって
とても誠実で、まっすぐな言葉に見えてきます

  
国内予選大会での歌詞の沿革
リトアニアの国内予選大会がそうであったように、ハンガリーの国内予選大会も
一部の出場者は勝ち進むたびに歌詞や演出、曲調を変えて挑んでいました
リトアニアと比べると、その際は微々たるものかもしれませんし
実際に変更している人も多くはありませんでしたが
(優勝したAWSは何も変更せずストレートに勝ち進んでいましたし)

さて、Horváth Tamás の曲『Meggyfa』は
出場するたびにちょっとずつ歌詞の内容を変えていました
変えたポイントは、間奏でのコーラス歌唱です

Heat3 (初登場)での歌唱

こちらが、一番最初にこの大会で彼が歌ったバーションです
間奏の部分を聞くと
https://youtu.be/t2O2VqPtT9E?t=47
この時点では「ホップティーディリッタィライラー」という歌唱を入れていました
このコーラス部分は、MV版では完全に削除され、代わりに
Oly gyönyörű vagy. 君は本当に美しい と置き換えられることになりますが
この部分が、何か意味があるのかどうかは、残念ながらハンガリー語が分かりませんし
翻訳サイトや歌詞サイトはどこも完成版
Oly gyönyörű vagy 版しか載っていないので、確認のしようがありません

ちなみに私は、このコーラス部分をとても気に入っていました
むしろ、このコーラス部分に一目ぼれしたと言っても過言ではないほどで
ここの歌詞が後に削除されたことが残念でありませんでした
あれが残っていれば、今頃優勝していたかもしれないですね

Semi Final での歌唱

ここでの変更点は、前述の通りで歌詞の変更です
https://youtu.be/-MwcFW6UF0k?t=55
「ホップティーディリッタィライラー」は完全に削除され
代わりに新たに追加した歌詞 Oly gyönyörű vagy を歌います
これは、一度目の歌唱のみならず、2番歌詞でも同じようにしています
https://youtu.be/-MwcFW6UF0k?t=138
放送当時、私はとても悲しかった

決勝戦での歌唱

「ホップティーディリッタィライラー」が復活します
https://youtu.be/6tvg2etl6R0?t=54
ただし、一度目はコーラスに任せ
2度目の歌唱で、今度は自分で「ホップティーディリッタィライラー」しています
https://youtu.be/6tvg2etl6R0?t=134
個人的には「ホップティーディリッタィライラー」だけで良かったです

  
スプーン演奏について
スプーンを楽器にして使う国は、ハンガリーだけでなくアイルランドでもそうです

私は先にアイリッシュトラッドなんかで演奏されるスプーンを見ていたので
ある意味、馴染みのある楽器ではありましたが
それでもTamás がステージでスプーンで演奏していてテンションが上がりました
マイク音拾ってないかもしれないけど関係なし

  
余談
A Dal 2018 放送当時、コメント欄で指摘されてから

この曲好きになった

私はなんか、聖剣伝説レジェンドオブマナの『ドミナの町』とか
チョコボの不思議なダンジョンの『幻のアイテムを求めて』とか連想してた


ハンガリー国内予選大会 A Dal 2018 もくじ記事
http://sheilabirlings.blog33.fc2.com/blog-entry-5749.html

Eurovision 2018 もくじ記事
http://sheilabirlings.blog33.fc2.com/blog-entry-5521.html




関連記事
スポンサーサイト

THEME:YouTube動画 | GENRE:音楽 | TAGS:

COMMENT

Englishman in NY

そういえばそんなコメントしましたね

「エイリアンて、そうじゃないwww」と突っ込んだ動画があります
http://www.dailymotion.com/video/xivg7c

ホップティーディリッタィライラー♪
どんな意味なんでしょうねえ

Re: Englishman in NY

> fumufumuさん
> http://www.dailymotion.com/video/xivg7c
ギリシャ語めちゃくちゃカッコいいですねwwww
BGMもだいぶアレンジかけてますけど……
そしてUFOwww

> どんな意味なんでしょうねえ
ほんと気になりますよね
意味なしパターンも考えられますが謎ですねえ

閑話休題

今回の記事とは直接関係はないけど

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A6%E3%83%BC%E3%83%AD%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%BD%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%BB%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%86%E3%82%B9%E3%83%88%E3%81%AE%E5%84%AA%E5%8B%9D%E8%80%85%E4%B8%80%E8%A6%A7

過去のユーロビジョン優勝者まとめ

暇なんでいろいろ調べてたらなかなか面白い(;^ω^)

過去の優勝者でやはり注目すべきは1974年のアバと1988年のセリーヌ・ディオン

まさかユーロ優勝者とは知らんかったわ(;・ω・)

ちなみにセリーヌはスイス代表で優勝してるあたりその辺の事情が気になる(;・ω・)

変わり種としては2004年にウクライナ初の優勝を果たしたルスラナで、後年国会議員を勤めた経歴は

完全にズラータさんの先輩やんけ(;^ω^)

ちなみに翌年がギリシャのエレ姐で、なんと国内予選はエレ姐が新曲を4曲歌って視聴者投票で代表曲を決定したらしいwww

サーラの先輩がいたわwwwwww

セミファイナルのエントリーが正式発表されたみたいだし、セミの大トリはウクライナのメロビィンだって

さぁどうなる本選( ・`ω・´)

Re: 閑話休題

> 通り酢ガリさん
他に意外な人と言えば
2000年代FLASH全盛期だった頃に流行った
「もすかう」や「ジンギスカン」で有名な
Dschinghis Khan (グループ名がジンギス・カーン)は
1979年のドイツ代表(もう分けわかんねえな)だったり
https://www.youtube.com/watch?v=eAEUrp2V4ss

Gipsy Kings がカバーしたことで有名なヴォラーレは
1958年に Domenico Modungo が歌ったのが原曲
https://www.youtube.com/watch?v=LNOfTnv-3BY

t.A.T.u.もロシア代表だったし
探せばボロボロ出てくる
(てかなんでジンギスカンの曲何曲も空耳できてんの)

通り酢ガリさんはどっちかって言うとThe Voice の方メインなのに
Eurovisionにも興味持ってもらって、しかも色々調べてもらって
すごく嬉しいし感謝してます
本当はウクヴォやフランスThe Voice記事の方見たいでしょうに
(たとえもう自分で動画を見ていたとしても)
それゆえ、申し訳ない気持ちも強いけど
とにかく今回のコメはすごい励みになりました
(って書いたらいつもは励みになってないみたいだけどwwwいつものコメもちゃんと励みになっているので!)

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール

シーラ B

Author:シーラ B
X Factor UK とか BGT とか あと小説とか
長いプロフィール

FC2カウンター
検索フォーム
過去のログ v.コンパクト
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
スポンサードリンク