Eurovision 2018 ラトビア代表 Laura Rizzotto の Funny Girl 和訳・歌詞解釈と考察

おもしろいでしょ? おかしいでしょ?
私は貴方を笑わせることしかできない、滑稽な女 

ラトビアのESC国内予選大会 Supernova 2018 において
数いる出場者の頂点に立ち、リスボン行きの切符を手に入れたのは
カメラワークまで計算しつくした、とてもセンスの良いステージング
感情と歌詞の表現をしているように見える、完璧なコリオグラフ
そして、同国内出場者の中でもずば抜けて高く、安定した歌唱と表現力が魅力的だった
シンガーソングライターの Laura Rizzotto でした
彼女が歌う曲『Funny Girl』
愉快な女の子、面白い女の子、変わった女の子、というタイトルとは裏腹に
暗く重苦しい音楽と、息苦しそうなLaura の歌唱とがない交ぜになった楽曲です
決して叶わぬ恋だと分かっていながらも、意中の男性の為に行動し
心が壊れると分かっていながらも、彼のそばでピエロ訳を演じ続ける
そんな、悲しい物語が描かれており
歌詞の意味が分かればMVの演出も、ステージ上の指先の演技も
そこに在る意味が見えてくることでしょう

という事で、さっそく歌詞の内容を読んでいきましょう

もくじ
歌詞和訳『Funny Girl』
歌詞解釈と解説
 - Verse1 導入
 - Verse2 ~ Chorus1
 - Verse3 ~ Chorus2
 - Bridge ~ Chorus3
MV考察


国内予選大会 Supernova 2018 決勝


公式MV



  
歌詞和訳『Funny Girl』
Verse 1
Ain’t it funny, ain’t it funny
おかしくない? 笑えるでしょ?
Oh, it all started as a joke
全部は冗談から始まったの
But now I’m falling, now I’m falling
なのに今は堕ちていく、堕ちてく
The punch line is getting old
このネタも古くなってきてるわ
Cause I’ve been keeping to myself
だってあたしが持ったままでいるから
For way too long, yeah
もう長いことずっとね

Verse 2
Ain’t it funny, ain’t it funny
おかしくない? 笑えるでしょ?
I made you laugh every time we spoke
話をすれば あたしはいつもあなた笑わせられる
I locked my heart in hesitation
あたしは心を「躊躇」の中に閉じ込めた
But somehow, you cracked the code
でもなぜか、あなたはかけたカギを開けたのよ

Pre-Chorus1
I tore down my walls
あたしは自分の壁を壊した
Wrecked the ceiling
天井も壊して
Ready to bare it all, but
全部をさらけ出す準備が出来た、けど

Chorus1
You’re looking at her, she’s looking at you
あなたは彼女を見ていて、彼女はあなたを見ている
I’m falling apart, what can I do
あたしは壊れてしまう、あたしに何が出来るって言うの
To make you feel that way about me too?
あたしが感じているのと同じように、あなたにあたしの事を思わせるには

And it’s getting hard, I’m not gonna lie
辛くなっていってるの、正直に言うわ
To keep in the dark all I’m feeling inside
あたしの中の黒い感情に飲み込まれそうなの
When you walk in smelling like her perfume
あなたがあの人の香水の匂いをつけてくるから

What was I thinking?
あたし何を考えてるんだろう?
I’m just the funny girl to you
あたしはただあなたの愉快な女の子よ

Verse 3
Can you see me, can you see me
見てる? あたしの事見えてる?
Like a fire rising in the smoke?
煙の中から立ち上る炎のように
Can you hear me, can you hear me
聞こえる、あたしの声が聞こえてる?
Open up with every note?
警告に耳を傾けてる?

Cause I’ve been playing to myself
あたしは一人で遊んでいたから
For way too long
あまりにも長い間

Pre-Chorus2
Oh, I tore down my walls
あたしは自分の壁を壊した
And I wrecked the ceiling
天井も壊して
Ready to bare it all
全部をさらけ出す準備が出来た
What was I thinking?
あたし何を考えていたんだろう?

Chorus2
You’re looking at her, she’s looking at you
あなたは彼女を見ていて、彼女はあなたを見ている
I’m falling apart, what can I do
あたしは壊れてしまう、あたしに何が出来るの
To make you feel that way about me too?
あたしがあなたに感じてるように、あなたにあたしを思わせるには?

And it’s getting hard, I’m not gonna lie
辛くなっていってるの、正直に言うわ
To keep in the dark all I’m feeling inside
あたしの中の黒い感情に飲み込まれそうなの
When you walk in smelling like her perfume
あなたがあの人の香水の匂いをつけてくるから

What was I thinking?
あたし何を考えてるんだろう?
I’m just the funny girl to you
あたしはただあなたの愉快な女の子よ

Bridge
So tell me what you’re looking for
だから、教えて あなだはどんな人が好みなのか
I promise you, I got it all
約束する、あたしは全部持ってるって
What does it take to make you see?
どうしたらあなたに見てもらえるの?
I am right here
あたしはここにいるよ

And if you ever need to cry
もし泣きたいときがあるなら
I’ll be the one who makes you laugh
あたしだけがあなたを笑わせてあげられるから
Yeah, I’ll be your funny girl
そう、あたしはあなたの愉快な女の子
Your funny girl
あなたの愉快な女の子

Chorus3
You’re looking at her, she’s looking at you
あなたは彼女を見ていて、彼女はあなたを見ている
I’m falling apart, what can I do
あたしは壊れてしまう、あたしに何が出来る
To make you feel that way about me too?
あたしがあなたに感じてるように貴方に思わせるには

And it’s getting hard, I’m not gonna lie
辛くなっていってるの、正直に言うわ
To keep in the dark all I’m feeling inside
あたしの中の黒い感情に飲み込まれそうなの
When you walk in smelling like her perfume
あなたがあの人の香水の匂いをつけていたら

What was I thinking?
あたし何を考えてるんだろう?
I’m just the funny girl to you
あたしはただあなたの愉快な女の子よ

歌詞参照元
https://eurovision.tv/participant/laura-rizzotto

  
歌詞解釈と解説
どこか自虐的な語り口調から始まるこの曲は
叶わぬ恋だと分かっていながら、意中の男性の為にピエロ訳を演じ続けるという
そうすることでしか、相手を振り向かせられない、心苦しさに満ちた物語です
陰鬱とした楽曲の雰囲気と、力強くも、同時に今にも壊れてしまいそうな歌唱は
歌詞の主人公の持っている、愛憎模様の強さを上手く表していると言えるでしょう

この曲の歌詞を要約すると
・主人公には好きな男性がいる
・しかし、彼にはすでに恋人がいる
・主人公と彼の関係は友達ではあるけれど、それ以上にはなりえない
・それでも主人公は、彼の傍を離れられないでいる
と言う内容になっています

構成としては
Verse1 = 導入、これから物語を話すことを暗示
Verse2~ = 主人公が意中の男性に惚れた理由の提示
Verse3~ = 振り向いてもらえないことに対する主人公の葛藤
Bridge~ = 主人公の起こそうとしているアクション
というように分けることができます
  
Verse1
楽曲全体を見たとき、Verse1 とそれ以降との歌詞で線引きをすることができます
Verse2 からの歌詞は、意中の男性の事と、自身の心境について歌っているのに対して
Verse1 は「Verse2 以降の事について、これから話をする」という語りになっています

The punch line is getting old
punch line とは、「ジョークのオチの部分」そのものを意味しており
I’ve been keeping to myself, for way too long
「それを長いこと持ったままでいる」=「誰にも話したことがない」そのために
「話の鮮度として古くなってしまっている」=「昔の事を話す」と解釈できるので
Verse2 以降の、叶わぬ恋を前にして心を病んでいた頃の話をしようとする
という内容である事が見えてきます

あるいは、話の核心という意味合いから
「相手に自分の想いを伝えようとする行動」を意味しているとも受け取ることができ
想いを相手に伝えることなく、ズルズルと今の関係を引きずっている、とも受け取れます

いずれにしても、Verse2から物語が動き始めるので
Verse1 は導入の部分であるという意味合いが強いのでしょう
  
Verse2
ここでは、主人公が意中の男性に惚れてしまった理由が描かれています
それというのが、自分の話を楽しそうに聞いてくれるところ、です
Verse2 の後半や、Pre-Chorus の歌詞の内容から見るに
主人公は、あまり人と話すのが得意ではないのか
心にカギをかけて、厚い壁を作って人と距離を置いてしまうタイプのようです
しかし、そんな彼女に対して、『彼』は楽しそうに笑い合ってくれます
他の人とは上手く会話ができない主人公は、それだけで彼に心を許します
また、自分がこれだけ楽しいし、相手も笑ってくれているのだから
きっと私たちは一緒になれば上手くいくはず、と不確かな確信を持ち始めます
  
Pre-Chorus1
そして、『彼』に惚れてしまった主人公は、今まで張っていた心の壁を取っ払って
『彼』に自分の想いを伝えようと、その準備を整えます

Chorus1
ところが、その矢先、主人公は『彼』と『彼女』の関係に気が付いてしまいます
『彼』は『彼女』の事を見ていて、『彼女』は『彼』の事を見ている
実は彼には恋人がいたのです
イメージ的には、対面して見つめ合っているところを見てしまった、というよりかは
ふとした時に二人は互いの事を見ていることに気が付いた、と言ったところでしょうか

それに気が付いても、彼はいつものように変わらず主人公と話をしてくれますが
彼からは『彼女』がいつもつけている香水の匂いが香ってきます
それだけで、主人公はふつふつと湧き上がる黒い感情に押しつぶされそうになります

What was I thinking? I’m just the funny girl to you
『彼』に想いを告げるだなんて、あたしは何を考えていたんだろう
あたしは彼にとって、ただ面白おかしく話ができる女の子なだけなのに
きっと自分たちなら上手くいくと思っていた主人公は
現実を見せつけられ、自分に言い聞かせるようにつぶやきます
  
Verse3
ここで、主人公は威勢よく彼に詰め寄っているように見えます
『彼女』ばかり見ていないで、あたしのことも見て欲しい、あたしの話も聞いてほしい
しかし、そうした主人公の葛藤は、口をついて外に出ることがありません
Like a fire rising in the smoke? 煙の中の炎のように
どれだけ力強い怒りや嫉妬の炎を燃やしても
その炎を自ら煙の中に隠してしまい、炎の輝きが見えないようにしてしまっていますし
Cause I’ve been playing to myself, for way too long
全部は主人公の脳内で広がる一人遊び、つまりは頭の中で考えるだけ
彼に自分の想いを伝えられないでいるのです
また、この歌詞については
「今まで恋の駆け引きをしていると思っていたのは自分だけだった」
という解釈もできます

Pre-Chorus2
ここの歌詞の内容は、Pre1のモノとは微妙に違って
ラストにWhat was I thinking? が追加されています
それまでの歌詞で、全てが一人遊びだった、というのが分かった主人公は
今までせっせと自分の想いを伝えようとしてたその努力をする意味がなくなります
そして、自分の行動を振り返って冷静になった主人公は
あたしは一体何を考えていたんだろう、と寂しい背中を見せます
  
Bridge
what you’re looking for
どんなものが好きなのか、どんな人が好みなのか
I promise you, I got it all
あたしはあなたが望むものを持っているし、なくても手に入れる
そう言って、主人公は、彼に振り向いてもらおうと行動を起こします
しかし、主人公にできることは、彼を笑わせてあげることだけです
主人公はそうすることだけは他の誰にも負けいないと思っていますが
それが主人公にできる精一杯でもあります
I’ll be your funny girl あなただけの、愉快な女の子になってあげる
しかし、恋人になってあげる、という事が主人公にはできません
誰よりも彼の事を想っていると自負していますが
皮肉にも、彼女は自らピエロを演じることでしか、彼を喜ばせる方法を知らないのです

また、ここでの「funny girl」には、複数の意味合いがあります
あなたが辛い時でも、あなたを笑わせてあげられる「funny girl」
必死になって相手を振り向かせようとも、決してそうなることがなく
それでも相手を笑わせようとする、滑稽なピエロという意味での「funny girl」

そして、歌詞は最後のChorus へと繋がりますが
どんなことをしても、やはり彼は『彼女』と愛を深め合っており
友達として主人公と接してくれる彼から香る香水の匂いで
主人公は気が狂いそうになるのです


その他、難しい表現について
Open up with every note?
正直意味わからん

  
MV考察

このMVでは、全部で4タイプのLaura が登場します
MVをもとにして考察すると、歌詞も含めて解釈の仕方が変わると思います
歌詞解釈と解説のように、彼とは特別な関係はないFunny Girl と考えるか
例えば、彼の前では都合のいい女としてのFunny Girl と考えるか
いずれにしても、背景や服装に違いを持たせながらも
ダンスコリオグラフ(振りつけ)は全て一つながりになっており
どのラウラも同じ動きをしている、という事から
一人の人間の心理状態を表現しているという事は明白です

ここでは、4つのラウラの衣装と背景について考察しながら
MVでは何を表現しているのかを見ていきます

1.下着姿のラウラ
esc18laura1.jpg
MVの冒頭から登場するラウラです
最も裸に近い状態であることから、素のラウラに近いという考え方もできますが
『彼』の為にこのような格好をしているとも考えられます
つまり、彼の前でFunny Girl として振る舞っているラウラです
また、歌詞や歌唱のみでは表現されていませんが

また、背景はマンション(?)の一室であり、実世界のラウラでもあることからも
実際に『彼』と接触できるラウラでもあります

2.上着を着たラウラ
esc18laura7.jpg
上着は、3.のピエロのラウラと同じジャケットで
下着には1.の下着姿のラウラと同じ服を着ています
歌詞の内容からして、本来の主人公は他人との間に壁を作るタイプですから
実世界のラウラとしては、これが本来の彼女に最も近い状態であると考えられます

3.ピエロのラウラ
esc18laura2.jpg
服装は上着のみ2.のラウラと同じジャケットを着ていますが
ジャケットの下には、実世界で着ていない衣装を着ています
最も堅苦しい格好をしており、また、実世界ではなく暗闇の世界にいることから
ラウラの精神世界における彼女の心の形を表していると考えられます

そして、やはり一番目立つのは、すっぴんではなくピエロのメイクをしている点です
これは、報われない恋、成就しない恋に対していつまでもすがる自らの姿を顧みて
ピエロのように滑稽である、と内心では主人公自身が思っていることを暗示しています

4.光の扉の前のラウラ
esc18laura8.jpg
おそらくピエロのラウラと同じ格好をしていると思われます
実世界と精神世界の狭間で揺れ動くラウラの精神を表していると考えられます

ハートとスペードの意味
esc18laura22.jpg
トランプのマークと数字というものは
タロットカードの小アルカナを基にしています
タロットカードと言えば、皆さんが想像するのは大アルカナのカードでしょうけども
(占いなどで最もよく見る22枚のカード)
小アルカナのは、トランプのようにエース~10、ジャック、クイーン、キングがあり
それぞれのマークと数字に対応した意味が存在しています

さて、ハートはタロットにおけるカップが、スペードはタロットにおけるソードが
それぞれ基になっています
ハートに相当するカップは、主に感情を象徴とするカードとなっており
スペードに相当するソードは、主に知性を象徴としています
また、ハートのマークがついている右側、すなわち右脳側は感情を司っており
スペードマークがついている左側、左脳側は知性を司っているとされています

これらの事から、ピエロのメイクと背景は、かなりしっかりと計算して
正しく精神世界を表現できるようにしてあるという事が分かります


最後に
MV制作した人絶対そこまで考えてない


国内予選大会Supernova レビュー記事
準決勝1週目
http://sheilabirlings.blog33.fc2.com/blog-entry-5602.html
準決勝2週目
http://sheilabirlings.blog33.fc2.com/blog-entry-5624.html
準決勝3週目
http://sheilabirlings.blog33.fc2.com/blog-entry-5631.html
決勝
http://sheilabirlings.blog33.fc2.com/blog-entry-5654.html

Eurovision 2018 もくじ記事
http://sheilabirlings.blog33.fc2.com/blog-entry-5521.html

参考文献
https://eurovision.tv/participant/laura-rizzotto




関連記事
Eurovision2018ラトビア歌詞解釈と解説洋楽和訳

0Comments

Add your comment