Eurovision 2018 マケドニア代表 Eye Cue の Lost and Found 和訳・歌詞解釈と考察

私たちは迷子になっても、また会える、会えるんだ 
道に迷っても、戻り道はないのだから 

内部選考で決まったESC2018のマケドニア代表 Eye Cue
EDMやレゲエ、R&Bなど、まったく別ジャンルの音楽をごった煮にしてしまったかのような
今までにない奇抜な楽曲『Lost and Found』でESCのステージに立ちます

曲の進行とともに、音楽の雰囲気が変わるという事は多々ありますが
特別目を引くレゲエが楽曲の途中で唐突に始まるなど
まるで、ツギハギの楽曲のようにも思える奇抜さが話題にもなっています
これが不思議と上手くいっており、通して聞くとそこまで不自然でもないという
とてもユニークで、とても変わっていて、そしてセンスのいい楽曲です

しかし、面白いのは何も音楽だけではなく
その特殊な構成ゆえに、一風変わった歌詞にもなっているようなので
今回はこの曲の歌詞を読んでいこうともいます

もくじ
歌詞和訳『Lost and Found』
歌詞解釈と解説
楽曲構成から見る歌詞解釈の変化
1.豹変する主人公説
2.レゲエパート男性説
『Lost and Found 』の意味

公式MV

  
歌詞和訳『Lost and Found』
Intro
Come and take me, I can show you how it's done
こっちに来て私を連れてって、私ならやり方を見せてあげられるから
Come and take me when no one is around
誰も居ない時にこっちにきて私を連れてって
Come and take me, I can show you how it's done
こっちに来て私を連れてって、私ならやり方を見せてあげられるから
We'll be lost and we'll be
私たちは迷子になって、私たちは

Verse 1
If you want me, I can tell you what it's all about
私が欲しいなら、私が全部教えてあげる
You're standing in the shadow, I'm wondering why
君は影の中に立つ、不思議ね
You're in the dark
君は闇の中にいる

I want a deeper, deeper love
私はもっと深く、深い愛が欲しい
I want you by my side
あなたに傍にいて欲しいの
Just let me deeper, go deeper
溺れさせて、もっと深く

Pre-Chorus
Come and take me, I can show you how it's done
こっちに来て私を連れてって私ならやり方を見せてあげられるから
Come and take me when no one is around
誰も居ない時にこっちにきて私を連れてって
Come and take me, I can show you how it's done
私のところに来て、私ならやり方を見せてあげられるから
We'll be lost and we'll be found
私たちは迷子になって、また会える
We'll be lost and we'll be found, found
私たちは迷子になっても、また会える、会えるんだ

Chorus
Have you ever thought about it?
君は一度でも考えた事ある?
We went too far, no there's no way back
私たちは進みすぎた、引き返すことも出来ない
No way back
戻り道なんてないんだ

Have you ever thought about it?
君は一度でも考えた事ある?
We went too far, no there's no way back
私たちは進みすぎた、引き返すことも出来ない
No way back
戻り道なんてないんだ

Verse 2
I wish you trust your intuition and let the journey start
あなたが自分の直感を信じて旅を始めるって信じてるわ
You're afraid that you might suffer
あなたは苦しむことを恐れてるのかもしれない
But trust me what you'll find will blow your mind
でも信じて、あなたが見つけるものはあなたを夢中にさせる

I want a deeper, deeper love
私はもっと深く、深い愛が欲しい
I want you by my side
あなたに傍にいて欲しいの
Just let me deeper, go deeper, go deeper
溺れさせて、もっと深く、もっと深く

Pre-Chorus
Come and take me, I can show you how it's done
私を連れにきて、私ならやり方を見せてあげられるから
Come and take me when no one is around
誰も居ない時にこっちにきて私を連れてって
Come and take me, I can show you how it's done
私を連れにきて、私ならやり方を見せてあげられるから
We'll be lost and we'll be found
私たちは迷子になっても、また出会える
We'll be lost and we'll be
私たちは迷子になっても、私たちなら
Baby, you and I we'll be lost and found
私とあなた、私たちは落し物

Chorus
Have you ever thought about it?
君は一度でも考えた事ある?
We went too far, no there's no way back
私たちは進みすぎた、引き返すことも出来ない
No way back
戻り道なんてないんだ

Have you ever thought about it?
君は一度でも考えた事ある?
We went too far, no there's no way back
私たちは進みすぎた、引き返すことも出来ない
No way back
戻り道なんてないんだ

Outro
We'll be lost and we'll be
私たちは迷子になっても、私たちなら

  
歌詞解釈と解説
歌詞にはほとんど難しい言葉や表現が使われておらず
直訳でも大体の意味が伝わるような語彙で埋め尽くされており
全体的にほとんど同じフレーズを繰り返し続ける、シンプルな曲となっています

楽曲によっては、3分という限られた時間の中で
伝えたいことを詰め込めるだけ詰め込む曲もありますし
一つの言葉、一つの文章、一つの流れ、一つの表現の中に
複数の意味を内包させたり、複数の解釈に発展できる仕掛けを施したり
様々な工夫を凝らして制限時間内に言いたいことを詰めている曲もありますが
この曲は、そうした曲とは対照的に、歌詞の広がり方が少ない曲でもあります

また、この曲の最大の特徴は、それまでの流れをぶつ切りにするレゲエ調で
複数のジャンルを詰め込むという、その「コンセプトありき」で作られているのか
あたかも、歌詞は後付けで用意されているかのように見えてくることでしょう
実際、そうであるがゆえなのか、彼女らに対する各メディアからのインタビューでも
楽曲の構造的な奇抜さに対して質問をすることはあれど
歌詞の内容については質問している人はほぼいません

ところが、実際のところは、単に曲が変わったことをしているだけの曲ではなく
この楽曲もまた、歌詞の中に面白い仕掛けが施されています
私も、最初は歌詞に深い意味はないのだろうと思っていましたが
この曲は、楽曲自体の構造的な奇抜さもあって
歌詞の受け取り方がかなり変わってくる曲でもあるのです
つまり、レゲエパートとそれ以外とで、視点を変える必要があるという事です
  
楽曲構成から見る歌詞解釈の変化
この曲を構成的に分けるとするならば
Intro と Pre-Chorus の穏やかな歌唱部分 (以下、イントロパート
Verse 1 と Verse 2レゲエパート
そして、サビであるChorus 部分 (以下、サビパート
の、3つの歌詞、楽曲構成に分けることができます

まず、イントロパートレゲエパートには、対になる歌詞が存在しています
Intro とPre-Chorus
Come and take me, I can show you how it's done
こっちに来て私を連れてって、私ならやり方を見せてあげられるから

Verse 1 と Verse 2
If you want me, I can tell you what it's all about
私が欲しいなら、私が全部教えてあげる

イントロパートでは Come and take me 私の所に来て欲しい と訴えているのに対して
レゲエパートでは 私の事が欲しいのなら、と受け身ではなくなっていますし
続く歌詞の内容は「見せて説明するもの」から「全てを教える」に変わっています
英語の雰囲気としては
「 I can show you」は直訳して「私なら見せてあげられる」
後半の「I can tell you」では「私が教えられるよ」と
「show you」の方がやわらかく、「tell you」の方が固い印象があります

また、レゲエ部分は歌詞全体の中で、唯一『愛』について歌っている部分でもあります
それも、単なる愛ではなく、相手に愛を切望するような内容です

ここに、レゲエパート特有の雰囲気と、Marija Ivanovska の歌唱が合わさることで
歌詞の内容が大きく変わるような構造になっていると思うのです

そして、考えられる解釈は、大きく分けて二通り
1.豹変する女性説
2.レゲエパート男性説
  
1.豹変する主人公説
まずは、歌詞の内容を読んで、最初に私が考察した解釈です
おそらく、大抵の人がこのように素直に解釈すると思うのですが
全体の意味としては、女性が男性を支配しようとしている歌詞であり
レゲエパートで豹変する女性、という考え方です

歌詞の中で「あなたに教えてあげる」と言っているように
主人公は恋人に『何か』を教えようとします
ただし、その内容については、歌詞の中では言及されていません
これは、聞き手それぞれの人生経験に当てはめられるようにするため
あえて具体的な言葉を使わずに、ふんわりと濁しているのだと考えられます

例えば、付き合い始めてこれからどうしたらいいのか
結婚してからの生活をどうしようと思っているのか
大きな括りでの事から、本当に些細なレベルの話まで
聞き手が実際に、男性に対して文句を言いたかった場面、言った場面を想像し
この曲に当てはめられるようになっている、という事です

もっとも、ここではヒントになるような言葉も置かれています
Verse の最後に来る「I want a deeper, deeper love」に繋がりなんかは
おセッセの事について歌っているようにも見えてきますし
そうすると、サビの「No way back」という言葉の持つ重みが増すように思います
  
2.レゲエパート男性説
レゲエパートでの歌唱の力強さや、歌詞が対になるという事から
Verse1 と Verse2 の歌詞は、イントロパートで歌っている主人公の相手の言い分
という解釈ができるかと思います

そうすると、歌詞の内容は男女の対話がメインになり
従って、Verse1 と Verse2 それぞれのパートの歌詞については
Verse 1
If you want me, I can tell you what it's all about
オレが欲しいなら、オレが全部教えてやるぜ
You're standing in the shadow, I'm wondering why
キミは影の中に立つ、どうしてだろうな
You're in the dark
君は闇の中にいる

I want a deeper, deeper love
オレはもっと深く、深い愛が欲しい
I want you by my side
キミに傍にいて欲しいんだ
Just let me deeper, go deeper
溺れさせてくれ、もっと深く

Verse 2
I wish you trust your intuition and let the journey start
キミが自分の直感を信じて旅を始めるって信じてる
You're afraid that you might suffer
キミは苦しむことを恐れてるのかもしれない
But trust me what you'll find will blow your mind
だが信じてほしい、キミが見つけるものはきっとキミを驚かせる

I want a deeper, deeper love
オレはもっと深く、深い愛が欲しい
I want you by my side
キミに傍にいて欲しいんだ
Just let me deeper, go deeper, go deeper
溺れさせてくれ、もっと深く、もっと深く


前述の通り、イントロパートとレゲエパートは対になっており
改めて歌詞の内容を整理してみると
Intro とPre-Chorus
Come and take me, I can show you how it's done
こっちに来て私を連れてって、私なら教えて上げられるから

Verse 1 と Verse 2
If you want me, I can tell you what it's all about
オレが欲しいなら、オレが全部教えてやるぜ

と、あたかも会話をしているかのように見えてくるので
こうした和訳ができる、という事です

この解釈の重要性は、
女性人格のイントロパートと、男性人格のレゲエパート
それぞれ違う人格として喋り、内容にも違いがありますが
どちらの歌詞でも、最終的にはサビの歌詞に言葉が続くという点にあります
どちらもが相手の事を想っていて
We'll be lost and we'll be found
私たちは迷子になって、また会える

そうであるがゆえに、たとえ途中で道に迷っても
必ず最後はまた巡り合える、という歌詞になっているのだと考えられます

  
『Lost and Found 』の意味
本来は、遺失物係(落とし物を保管している場所)という意味があるそうですが
この曲においては、そのまま迷子と迷子じゃなくなった状態を歌っているのだと思います
歌詞の内容としても、急に落とし物保管所が出てくるのもおかしいですし
ただ、レゲエパート男性説で考えると
お互いに自分たちの愛を見失った後、落とし物保管所で落とし物を見つけられるように
また再び会える、という解釈をする上では、あながち間違いとも言えないかもしれないですね

以上です


初見時の感想
http://sheilabirlings.blog33.fc2.com/blog-entry-5701.html

Eurovision 2018 もくじ記事
http://sheilabirlings.blog33.fc2.com/blog-entry-5521.html



関連記事
Eurovision2018マケドニア歌詞解釈と解説洋楽和訳

0Comments

Add your comment