Eurovision 2018 クロアチア代表 Franka Batelić の Crazy 和訳・歌詞解釈と考察

気が狂いそうなほど貴方の事を愛しているのわ 
たとえこの愛が、破滅へと向かっているとしても 

内部選考によって決まった、Eurovision 2018 のクロアチア代表は
クロアチアでは有名な歌手 Franka Batelić でした
高い歌唱力と表現力を持つ彼女が歌う『Crazy』
2018年の中で最も陰鬱とした雰囲気が特徴的な曲となっています
楽曲の薄暗さで言えば、同じく2018年のベルギー代表である、チームHooverphonic
同じぐらいダークな雰囲気があり、ある意味でこの2曲は似ているところがあります
ただし、この曲は終わりへと向かう過程に美しさを見いだす曲ではなく
もっとシンプルに、人が壊れていく様を描いた曲です

それでは、歌詞の中にどんなことが描かれているのか、見ていきましょう

もくじ
歌詞和訳『Crazy』
歌詞解釈と解説
破滅へのカウントダウン
 - You're just like a movie, black and white
 - Just like Bonnie and Clyde
歌詞の中の難しい表現について

公式MV


  
歌詞和訳『Crazy』
Verse 1
You make me feel
あなたが感じさせるの
You got me deep inside this love
あなたがこの愛に深く突き落としたの
You make my heart go
あなたが私の心を……
When I saw your eyes, boy
あなたの瞳を見た時に、ね
You're just like a movie, black and white
あなたは映画みたいだって思ったの、白黒の
You make me go straight out of my mind
あなたは私を狂わせる

Pre-Chorus 1
I swear that I, I would remember
断言する、私は忘れないって
Roses, and horses, and the rain
バラと、馬と、そして雨と
Make it forever and I-I-I-I go
永遠にさせて、私は

Chorus
Crazy
おかしくなる
Go crazy for your love
あなたの愛が欲しくてたまらない
Crazy
狂いそう
Go crazy for you love
あなたへの愛で気が狂いそうなの
Lo-o-o-ove
Lo-o-o-ove

Post-Chorus
I love you for this love knows no reason, no games
遊びでもなく理由もなく私はあなたを愛してる
Just like Bonnie and Clyde, we walk the road together
ボニーとクライドみたいに、私たちは同じ道を往くの
No fear, no breaks
恐れなく、休みもせず

Verse 2
You light up my world
あなたは私の世界を照らした
No I need no diamond or pearls, not that kind of girl
ダイヤや真珠なんていらないわ、そんな女じゃないの
Over the moon
嬉しくてたまらないの
I'll be your queen and I'll be your fool
あなたの女王にだって、しもべにだってなるわ

Pre-Chorus 2
Say you'll remember the
覚えてるって言って
Roses, and horses, and the rain
バラと、馬と、そして雨と
Make it forever and I-I-I go
永遠にさせて私は

Chorus
Crazy
おかしくなる
Go crazy for your love
あなたの愛が欲しくてたまらない
Crazy
狂いそう
Go crazy for you love
あなたへの愛で気が狂いそうなの
Lo-o-o-ove
Lo-o-o-ove

Bridge
Ain't no running, no turning back
走れもせず、引き返せもせず
Now I'm caught in your web
私はあなたの巣に捕らわれた
Is it real, I keep asking myself
これって本当なの? 私は私に尋ねる
Sweet fantasy, I can't help, can't hide it
甘い幻想、私は押さえられない、隠せもしない
I'm shooting across the sky
私は空に軌跡を描く

Outro
I'm crazy for your love
あなたの愛が欲しくてたまらない
Crazy, I'll go crazy, I'll go crazy
おかしくなる、おかしくなりそう、私狂いそうなのよ
Lo-o-o-ove

歌詞参照元
https://genius.com/Franka-batelic-crazy-lyrics
https://eurovision.tv/participant/franka-batelic

  
歌詞解釈と解説
歌詞の内容を簡単に説明すると、題名に『Crazy』とあるように
『狂おしいほどに貴方が愛おしい』と言う感情にもがき苦しむ女性の姿が描かれた
『愛によって狂っていく女性の物語』となっています

また、Polscy Fani Eurowizji でのインタビューによると
この曲はあらゆる愛を祝福するとともに
人がどのように誰かに夢中になっていくのかを表現した曲である
と、自身で作詞を手掛けた Franka 本人が回答していますので
最初に書いた私の解釈で、おおむね当たっていると言っていいでしょう

また、この曲には、いくつかイディオムが使われていたり、変わった表現が多く
あるいは行間を読ませるような、含みのある歌詞が特徴的ではありますが
書かれてある内容については簡単な方で(同年イスラエルの伏線まみれな曲とは違い)
全文をグーグルの機械直訳したとしても、大体の内容が理解できる曲でもあります
ただし、細部まで理解しようとすると、ある程度の知識量が必要になるかもしれません

個人的にこの曲の歌詞は非常によくできていると思っています
サビ以外の歌詞は少し捻った表現が多く
しかし、サビでの「貴方への愛で狂いそう」の部分は極めてシンプルな歌詞になっており
盲信的に愛に溺れ、自分の周囲の状況が混沌としている様が描かれているように思います
ある意味「こんな理由がいっぱいあって狂ったんだよ!」と説明されるよりも
主人公の胸の中で、心を蝕み続ける葛藤の渦が良く表現されているのではないでしょうか

それに、通常のイディオムとして読むべき意味も、この曲ならではの変化をしており
シンプルな曲ながら、地味に変わったことをしていて、独自の世界観と言葉回しに溢れた
とてもユニークな曲であると思います
  
破滅へのカウントダウン
前述の通り、この曲は『愛によって狂っていく女性の物語』となっていますが
しかし、実際の所、この曲に隠されたメッセージはそれだけではありません
インタビューでもそのように答えてはいますが
この曲の真の物語は、狂った末に待ち受けている結末を
主人公は知っていながらにして狂っていくというものです
二人がともに歩む道の先には破滅しかないというのに
恐れもせず、ただ前に進んで終わる
そういった曲になっています

肝になっているのは、歌詞の中にある2つのライン
Verse1 の You're just like a movie, black and white
Post-Chorus の Just like Bonnie and Clyde, we walk the road together
の二つの文章です
  
You're just like a movie, black and white

ここには、主人公から見た恋人の姿が描かれているのだと思われます
つまり、映画俳優の様に素敵な容姿で、劇的な恋愛を経験させてくれる人物です
そして、それは今どきの男性像とは違っており、白黒であるとも言っています
ただし、これは単に白黒映画時代の俳優を連想させる、という意味だけでなく
おそらくですが、いわゆる『ノワール映画』の登場人物を連想する
ちょっと危険で、ハードボイルドな人物の事を言っているのかもしれません
ちなみに『ノワール映画』とは、1940~1950年代に米国で製作されていた
『虚無的・悲観的・退廃的な指向性を持つ犯罪映画』(wikipediaより) です
  
Just like Bonnie and Clyde

知らない人は、何のことを言っているのか、さっぱりだろうと思います
ボニー・パーカーとクライド・バローは、1930年代米国に実在した男女の強盗です
数えきれないほどの強盗を犯し、計13人の罪のない人々を殺害していますが
当時のアメリカは禁酒法時代で、加えて世界恐慌が重なっていたことで
まるで憂さ晴らしをするように犯罪を繰り返す二人を
一部の報道が英雄のように扱い、支持者もいたのだそうです

そんな彼らの最後は凄惨なもので
待ち伏せをしていた警官から短機関銃で銃撃され
車体を貫通した80発もの銃弾を浴びて死亡したのだそうです

しかし、波乱に満ちた人生や生き様ゆえに
ボニーとクライドを題材にした映画や音楽作品は数多く作られていますし
昨年のモンテネグロ代表の歌詞にも登場しています
http://sheilabirlings.blog33.fc2.com/blog-entry-4750.html

この曲においては、以下の歌詞の中で登場してきます
Just like Bonnie and Clyde, we walk the road together, No fear, no breaks
ボニーとクライドみたいに、私たちは同じ道を往くの、恐れず、休まず

まるで、これから破滅の時を迎えることを知っていて
それでも何に対しても恐怖せず、共にその道を進んでいるかのようです

さて、こうした悲観的、破滅的で、退廃的でありながら、己が信念を貫く姿は
フィルムノワール的であると言えはしないでしょうか
このボニーとクライドのくだりは、Verse1の「あなたは白黒映画の様」に繋がっており
また、Chorus を跨いでこの二つの歌詞が繋がるという所に意味があります
というのも、Verse1 の主人公は、まだ完全に狂ってはおらず
相手の男性に対しても、映画の登場人物の様だ、としか言いません

ところが、Chorus で「気が狂いそうなほどあなたを愛している」状態になると
主人公は自分たちを「映画のキャラクターのボニーとクライド」に見立てて
自分たちも同じ道を歩むだろう、と語りだすのです
もちろん、史実のボニーとクライドの事を言っているとも受け取れますが
今までは見るだけだった存在が、今は自分たちがなっている、と考えれば
歌詞全体の流れがとても自然になると思います

そして、主人公は知っています
この愛が破滅へと向かっていることを

楽曲の雰囲気が陰鬱である理由や、歌唱に恨みや怒りがこもってそうなのも
本当は自分たちの恋愛が悪い方向にしか進まないと知っているからなのでしょう
だから、よりにもよってボニーとクライドと自分たちを重ねているのです
しかし、主人公はそんなことはお構いなしに破滅へと向かっていきます
既に彼女は狂っているから

  
歌詞の中の難しい表現について
そのほか、いくつかこの曲の中にある変わった表現や
難しい表現、イディオムを並べておきます

You make my heart go / Make it forever and I-I-I-I go
前者はVerse1 の歌詞、後者はPre-Chorus1 の歌詞で
どちらも、最後が「Go」で終わっています
ここで言う「Go」とは「行く」と言った意味ではなく「~になる」という意味があります
ただし、どちらの歌詞においても、「どうなるのか」が書かれていません
通常であれば「You make my heart go 〇〇〇」と続けて
「私の心が〇〇〇になったの」という形にするべきところではありますが
この曲ではあえてその部分をぼかし、中途半端に歌詞を切っています
歌詞全体を読んだ後なら、この穴抜けに「Crazy」という言葉が入ることが分かりますが
直接的に言わないことによって、主人公がまだ完全には狂っていないという事
愛に溺れ切っておらず、まだ正気を保っており
自らを狂っていると断言するのを憚っている様が描かれているのだと思います

ちなみに、冒頭の「You make me feel」も同じ形であるように思いますが
歌唱を聞くと、「You got me deep inside this love」と繋がってるように聞こえるので
ここではその二つはくっつけて和訳しています
ただし「あなたが感じさせるの……」と、含みのある意味に受け取ることもできます

You make me go straight out of my mind
straight out of my mind は「気が狂っている」のイディオムです
https://dictionary.cambridge.org (英語
http://www.eigowithluke.com/2011/05/out-of-mind/ (日本語

Roses, and horses, and the rain
この曲の中で、最も難解な歌詞だと私は思います
ちなみに、特にイディオムとかは見つかりませんでした

薔薇の花言葉
赤=愛、白=無垢、黄=友情、ピンク=悦び
橙=情熱、薄紫=一目惚れ、青=抑えることのできない愛
緑=健康祈願、黒=死
https://www.theflowerexpert.com
歌詞に合わせて好きにこじつけられるので並べるだけにしておきます

馬のスピリチュアルな意味
スピリット・アニマルとしての馬には、自分を解放する、という意味があり
トーテムとしてはハードルを越える、という意味があるそうです
https://whatismyspiritanimal.com

雨が意味すること
主人公の持っている悲しみ? 涙のメタファー?
あるいは、「I would remember (忘れない)」と断言し
「Make it foreve (永遠にさせよう)」としている主人公の行動を
文字通りすべて洗い流す存在という事で、雨が存在している可能性もあります
ただ、薔薇、馬、雨、の三つのキーワードについて、確かなことは何も言えません

Go crazy for your love
サビの一文ですが、この曲だけでの変化を起こす、この作品の肝になっていると思います
まず、Go crazy for your love という言葉には「夢中になる」という意味がありますので
本来的には、ここでもそのように訳すべきなのでしょう
しかし、この曲のタイトルは『Crazy』ですし、
ビヨンセのCrazy In Love ほど明るくもなく
とても陰鬱としていて、どこか恨めしそうにさえ歌っている曲でもあります
従って、この曲においては「あなたに夢中になる」と訳すよりも
『狂ってしまう』という訳にした方がとても自然だと思います
「あなたに夢中 / あなたに首ったけ」を英語で言うと・・・
http://eikaiwa-phrase.com/1560.html
crazy for/crazy about意味と使い方
http://初心者英会話.com/englishphrase/love/crazy_for_you.html

Over the moon
嬉しくてたまらない・大喜びという意味らしいです
https://eow.alc.co.jp/search?q=over+the+moon&ref=sa
http://native-phrase-blog.com

I'm shooting across the sky
調べたら、Coldplayの曲に同じ表現があったので、それの和訳を探してきました
たぶん、流れ星の事です
http://mimiuchi.info/?p=108
http://oyogetaiyakukun.blogspot.jp


以上です


初見時の感想
Eurovision 2018 内部選考組 MV鑑賞レビュー記事 後編
http://sheilabirlings.blog33.fc2.com/blog-entry-5702.html

Eurovision 2018 もくじ記事
http://sheilabirlings.blog33.fc2.com/blog-entry-5521.html

参考文献
#interview – Franka (Croatia 2018): „We all sometimes go crazy for someone”
https://polscyfanieurowizji.pl
Crazy Lyrics — Franka (Croatia Eurovision 2018)
http://wiwibloggs.com
フィルム・ノワール wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/
フィルムノワールの代表的作品
https://matome.naver.jp/odai/2141189528356760901
世界一有名なギャングカップル 「ボニーとクライド」
http://book-manabu.com/bonnie-clyde/
ボニーとクライドが人気の理由を解説・『俺たちに明日はない』ネタバレ感想
https://hibino-cinema.com/boniie-and-clyde/
薔薇の花言葉一覧 (英語
https://www.theflowerexpert.com
Horse Spirit Guide (英語
https://whatismyspiritanimal.com



関連記事
Eurovision2018クロアチア歌詞解釈と解説洋楽和訳

0Comments

Add your comment