Eurovision 2018 オーストリア代表 Cesár Sampson の Nobody But You 和訳・歌詞解釈と考察

ボクにはもうキミしかいない、他の誰でもなく 
キミだから忘れられない キミだから心苦しいんだ 

2016年と2017年にブルガリア代表のバックボーカルとして参加していた歌手が
オーストリアの内部選考によって代表者と決まりました
ソウルフルで力強い歌唱を武器として歌う Cesár Sampson
パワフルさの中にも切なさと憂いを含めて歌うのは『Nobody But You』
ESC2018の曲の中でも特別シンプルで分かりやすく
英語を習い始めた人でも、辞書片手に簡単に訳せる楽曲となっています
何も複雑に複数の意味を含めまくった曲だけが歌ではない
ストレートに思いの丈をぶちまけるのも歌の良さです

という事で、今回はこの曲を見ていきましょう

もくじ
歌詞和訳『Nobody But You』
歌詞解釈と解説
 - Verse1
 - Pre-Chorus
 - Chorus
 - Verse2
 - Bridge
歌詞がシンプルで簡単なことについて

公式MV

  
歌詞和訳『Nobody But You』
Verse 1
Lord, I’m gonna get so high tonight
主よ、ボクは今夜 超ハイになる
I’m gonna let the floodgates open wide
ボクは水門を大きく開いて
I’m in open water
ボクは水の中に浸かる
This is what I need
それがボクに必要な事なんだ
And though I try to get you off my mind
そしてボクはなんとかキミを頭の中から引き離そうとする

Pre-Chorus
And I get no sleep
ボクは眠れない
I’m in too deep
ボクはドツボにはまっている
I can’t let you leave
ボクはキミを忘れられない

Chorus
It wouldn’t be right letting you go running away from love
キミに愛から逃げさせるのは良くないんだろう
Ain’t nobody but you I can hold onto
キミ以外にいないんだ、ボクがすがれるのは
So am I wrong giving my all making you stay tonight?
だから、キミに今晩いてもらうために尽くすのは間違っているかい?
Ain’t nobody but you I can hold onto
キミ以外にいないんだ、ボクがすがれるのは
(Ain't nobody, ain't nobody)
(他じゃダメなんだ、他じゃダメなんだ)

Verse 2
(Hey)
Lord, I’m gonna bring you back tonight, girl
主よ、ボクはキミを取り返すよ、お嬢さん
Oh, you’re running circles round my mind
ああ、キミはボクの頭の中でぐるぐる回っている
After your words have been my bible
キミの言葉がボクの聖書になっているんだ
How can I search for someone new?
そんなボクがどうして他に想い人を作れるだろうか?
When I really want you by my side
キミに傍にいて欲しいと心から想っているのに

Pre-Chorus
And I get no sleep
ボクは眠れない
I’m in too deep
ボクはドツボにはまっている
I can’t let you leave
ボクはキミを忘れられない

Chorus
It wouldn’t be right letting you go running away from love
キミに愛から逃げさせるのは良くないんだろう
Ain’t nobody but you I can hold onto
キミ以外にいないんだ、ボクがすがれるのは
(Ain't nobody, ain't nobody)
(他じゃダメなんだ、他じゃダメなんだ)
So am I wrong giving my all making you stay tonight?
だから、キミに今晩いてもらうために尽くすのは間違っているかい?
Ain’t nobody but you I can hold onto
キミ以外にいないんだ、ボクがすがれるのは
(Ain't nobody, ain't nobody)
(他じゃダメなんだ、他じゃダメなんだ)

Bridge
Don’t make me tear my heart out
ボクに胸を痛めさせないで
I’m shaking 'til I fall down
ボクは倒れるまで震えてる
Don’t make me tear my heart out
ボクに胸を痛めさせないで
Don’t make me tear my heart out
ボクに胸を痛めさせないで
I’m shaking 'til I fall down
ボクは倒れるまで震えてる
Don’t make me tear my heart out
ボクに胸を痛めさせないで

Chorus
It wouldn’t be right letting you go running away
キミに愛から逃げさせるのは良くないんだろう
Ain’t nobody but you I can hold onto
キミ以外にいないんだ、ボクがすがれるのは
So am I wrong giving my all making you stay tonight?
だから、キミに今晩いてもらうために尽くすのは間違っているかい?
Ain’t nobody but you I can hold onto
キミ以外にいないんだ、ボクがすがれるのは
(Ain't nobody, ain't nobody)
(他じゃダメなんだ、他じゃダメなんだ)
It wouldn’t be right letting you go running away from love
キミに愛から逃げさせるのは良くないんだろう
Ain’t nobody but you I can hold onto
キミ以外にいないんだ、ボクがすがれるのは
(Ain't nobody, ain't nobody)
(他じゃダメなんだ、他じゃダメなんだ)

歌詞参照元
https://eurovision.tv/participant/cesar-sampson
https://genius.com/Cesar-sampson-nobody-but-you-lyrics

  
歌詞解釈と解説
この曲の歌詞を解説する必要があるのかどうか、はなはだ疑問ではありますが
歌詞の内容はとてもシンプルで
分かれてしまいそうな段階になってから、あるいは分かれてしまった後になって
付き合っていた女性の大切さに気付かされて、必死にすがりつく男性の物語となっています
もしくは、普通に恋愛をして恋焦がれている歌詞とも読めますが
歌詞の中に「すがりついている様」が描かれているので
この曲は終わった恋愛について歌っていると考えていいでしょう
もっとも、普通のラブソングと受取れるようであれば
それはそれで正解だとも思います
  
Verse 1
Lord, I’m gonna get so high tonight
「Lord(主)」に胸の内を明かす、のではなく
この歌詞で書かれている「Lord」は「God(神)」と同じで
「Lord = マジで」ぐらいのニュアンスで読むので大丈夫だと思います
もちろん、「Lord = 主」と読んでも意味は通りますが
何らかの原因によって「get so high (有頂天になる)」事を懺悔しているというよりかは
「マジでボクはこれから超ハイになる」と、強調するために使っている言葉だと思います

続く歌詞では、抑え込んでいる胸の内を、ダムの水門のように表現しています
本来なら、主人公は水門を開けるべきではありませんでした
And though I try to get you off my mind (ボクはキミを頭の中から引き離そうとする)
と言うのは、本当なら頭の中から『キミ』を引き離し、綺麗さっぱり忘れるか
水門で硬く閉ざしてしまうべきだったのですが
「I try to」頑張ったけど、let the floodgates open wide 彼は水門を開けてしまった
それが必要な事だと思っていたし、そうせざるを得ないほど想いが溜まっていたから
  
Pre-Chorus
水門を開け、自分に素直になったことで
彼女への想いを抑え切れなくなっている状態が描かれています
  
Chorus
ここの歌詞で肝になっているのは、主人公が恋人にすがっている姿ではなく
It wouldn’t be right letting you go running away from love
この歌詞です
It wouldn’t be right = そうすることは良くないだろう
go running away from love = 愛から逃げることを
letting you go = キミに自由にそうさせる
キミに愛から逃げさせるのは良くないんだろう
つまり、主人公を捨てて行ってしまう恋人の姿がここで描かれていることになります

そして、逃げていってしまいそうな恋人に対して主人公は
Ain’t nobody but you I can hold onto (キミ以外にいないんだ、ボクがすがれるのは)
と、主人公が恋人にすがっている姿が描かれているので
捨てられそうな段階になって、ようやく恋人の大切さに気付いて必死になっている曲
と言う解釈が出来るわけです

ちなみに
「hold (持つ)」 ではなく「hold on to」で
to stop someone from leaving you or from doing what they want (こちらより引用
誰かがアナタから離れたり、何かをしようとすることを阻止する
という意味があるようです
https://www.macmillandictionary.com/dictionary/british/hold-on-to
これを端的に日本語で説明できる言葉がなかったので
ここでは「すがりつく」という日本語を選びましたが
ニュアンスが微妙に違うと自分でも思います
  
Verse 2
さて、ここまでの歌詞では、主人公が捨てられているのか、そうでないのか
そこがまだ不明瞭なままとなっています
それが分かるのが、Verse2の歌詞です
How can I search for someone new?
そんなボクがどうして他に想い人を作れるだろうか?
直前まで、どれだけ彼女の事を愛してやまないかを語っていますが
問題はここの歌詞で
主人公は恋人か、周囲の人間から新しい恋人を作るように促されていることが分かります
ともすれば、今の恋人との関係は既に終わっているものであるはずなので

ここでようやく、この曲は主人公が恋人に捨てられ
そうなってようやく彼女の大切さが分かって恋焦がれている曲である
、と言うことが分かるのです
  
Bridge
Don’t make me tear my heart out
tear (one's) heart out で
誰かを心から悲しませる、という意味のイディオムの様です
https://idioms.thefreedictionary.com/tear+my+heart+out
https://dictionary.cambridge.org/ja/dictionary/english/tear-sb-s-heart-out

  
歌詞がシンプルで簡単なことについて
ここまで見てみると、改めてこの曲がいかにシンプルかが分かるかと思います
歌詞の内容はほとんど難しい言葉や表現が使われておらず
直訳和訳でも大体の意味が伝わるような語彙で埋め尽くされている曲です
楽曲によっては、3分という限られた時間の中で
伝えたいことを詰め込めるだけ詰め込む曲もありますし
一つの言葉、一つの文章、一つの流れ、一つの表現の中に
複数の意味を内包させたり、複数の解釈に発展できる仕掛けを施したり
様々な工夫を凝らして制限時間内に言いたいことを詰めている曲もありますが
しかし、この曲はそうした曲とは対照的に、物語の動きが少ない曲となっています

もしかしたら、Cesár Sampson の声に合った曲を歌わせる、という
その「コンセプトそのものありき」で曲が作られていて
歌詞は後付けで用意されたからなのかもしれません

余談ですが、曲が先で後から歌詞がつけられたからと言って
必ずしも歌詞の中身がない曲が生まれるとは限りません
難解な曲を作ることで有名な平沢進さんなんかは
オーケストラを先に作ってから歌詞を書いているそうなので

さて、しかし、歌詞の内容がシンプルであるとはいえ
伏線だらけの曲や、深い意味を持つ曲と比べて劣っている、というわけではありません
具体的な表現がほとんど書かれていないという事は
聞き手の解釈によって歌詞の内容が変化しやすい曲であるという事でもありますし
何より、歌詞の登場人物を自分に置き換えやすい、共感しやすい曲でもあります

これは、過去に和訳した記事でも書いたことではありますが(よく使う持ちネタ)
例えば、かぐや姫の『神田川』の、当時の日本社会を色濃く反映されている歌詞で言えば
夫婦二人で銭湯に行って、夫を待たせてはいけないので奥さんが先に上がって外で待ち
湯冷めするどころか体が震えて石鹸がカタカタ鳴る描写
そもそもなんで「石鹸カタカタ」鳴るまで外にいるのか
さらに言えば「優しさが恐い」理由は何なのか
そうした時代背景ありきの歌詞を理解しきれない人も、近年は増えてきていることでしょう

逆に、岡本真夜の『TOMORROW』
時代背景や年齢性別関係なく、どんな人でも間違いなく共感できる歌詞となっています

この曲も、時代背景の影響を受ける部分が一切なく
共感できる人は世代関係なく誰でも共感できる内容になっているので
シンプルである、という事が必ずしも悪いことではない、という事が
この曲を通して、また歌詞を読んで分かるかと思います


Eurovision 2018 もくじ記事
http://sheilabirlings.blog33.fc2.com/blog-entry-5521.html



関連記事
Eurovision2018オーストリア歌詞解釈と解説洋楽和訳

0Comments

Add your comment