Eurovision を微塵も知らない米国人に2018のTOP10を当てさせた動画がクソ面白い!! ~USの反応~

昨年も取り上げましたが、今年もやってきました! 
アメリカ人が反応するシリーズESC版!! 

去年これ見て今年も早くやらないかなって待ってたんだわwwww
Eurovision2018が終了して、一週間後も経たないうちに投稿された動画なんだけど
ユーロビジョンを微塵も知らない人に
ESC2018最終順位TOP10を当てさせるというwww


基本的に私は他の人の意見が自分の中に入ると
ブログの記事を書く上で私の純粋な意見が崩れるので見ないことが多いけど
結果が出終わった後のこの反応は面白いというか
このタイミングで見るからこそ、色々楽しいので今年も見るという

ちなみに去年の記事はこちら
http://sheilabirlings.blog33.fc2.com/blog-entry-5159.html

この動画の中でも
個人的にすごく「面白い」と思ったコメントを拾っていこうと思う
まず先に、昨年は好きな曲から上位5曲選んでいく方式だったのに対して
今回はTOP10を当てるって言う方式を取っていて
US審査員の好みで選ぶだけでなく、優勝予想も入ってしまっている
そのため、純粋な「この順番で好き」とは違うのだが
その上で、US審査員が選んだ順位当てクイズの回答結果を
そのまま各国の得点として並べてみようと思う
厳密なUSから見た人気帳票ではないけども
今回はそういう風に見ていこうと思う

というかこちらがその結果である
無題6

キプロスがさすがとしか言いようのない結果に
イスラエルとオーストリアが実際の順位から落ちるのはしょうがないとして
ドイツが人気なのもさすがと言える
純粋にシンプルなバラードだけど、心に訴えかけるものがあったし
たぶん、歌詞やステージングで心に響いたんだろう
歌唱もストレートだし
エストニアはオペラらしい結果になったと言える
オペラは日本で言う演歌みたいに、好きな人は好きだけど
受けつけられない人はとことん苦手だろうし
てかイタリアがやたら順位低い
驚くほど低い
そしてその理由は後で説明するが
てか票のばらけ方すごくない!?
USでまでそんな票ばらけなくてもいいのに

ちなみに昨年のUSの反応では
賛否両論ながらも、それでもサルヴァドールが1位だったという

では、最下位からUSのコメントをに対する私の反応を

10位 デンマーク代表
Rasmussen の Higher Ground


ロード・オブ・ザ・リングとか
ゲーム・オブ・スローンズのサントラっぽい

って言うのは、でも結構言われていたし
インタビューでもちょくちょくそう言われてたから
あ、やっぱりみんなそう思うんだなって感じ
ちなみに私はゲーム・オブ・スローンズは名前しか分からないので
個人的には今一つ伝わりにくかったけど
ロード・オブ・ザ・リングのサントラっぽいは分かりやすかった

面白いのは、デンマークはいまいちだったって言う評価をしているところ
これは中々面白いコメントだと思った
だって、我々は43曲の中から、9位入賞して
でもまあ良かったし納得の結果だよね、で終われるけど
彼らは10曲の中から選んだ上で、いまいちだったって評価しているんだよね
いまいちって言う評価が出てくることに驚きだけど、割と面白いコメントだと思った


9位 イタリア代表
Ermal Meta e Fabrizio Moro の Non Mi Avete Fatto Niente


Fabrizio Moro の歌唱が叫びすぎ
何に対して怒りながら歌ってるの?
って言う評価が出てきたことに驚きを隠せない

あまりにもみんながFabrizio の歌唱にコメントするからか
スタッフ側が思わず「この曲は戦争とテロを題材にしてるよ」って教えてあげてるが
それでもやはり順位はそこまで上がらず、結果9位に
ぶっちゃけ歌詞の内容とかどうでもいいんだと思う

しかし、私は歌詞の内容が分からなくても
なんとなくでも何かを訴えようとしているって言うパワーは感じていたし
純粋にロックソングとしてもカッコいいなって評価をしていたんだけど
パンクロックとかメタルロックが大好きなアメリカ人でもこれはダメかい?
とにかく叫びすぎで歌じゃないと言われ、良くなかったというコメントが多いが


8位 モルドヴァ
DoReDoS の My Lucky Day


ダンスが驚きの不人気っぷり
高校生の学芸会みたいらしい

私自身、USどころか欧州の反応をそもそも調べてないから
欧州の人たちもそういうコメントをしてたのかどうか気になるが
ハイスクールの演技っぽいってコメントは意外だった
しかし、そう言いながらも順位は8位なんだな

この時点で面白いのは
イタリアとモルドヴァの両方ともが不人気で
だけど、全体を見ると最下位になったのはデンマーク
特に文句も言われていなかったが、関心もむけられなかったという事か
イタリアに関しては、一人すごい高評価上げてる人がいたからもあるが


6位エストニア(同列)
Elina Nechayeva の La Forza


めちゃくちゃオペラらしい評価になってる
コメントで特に変わったことを言われてるわけではないけど
一人、オペラが苦手だと明言してる人がいて
実際、彼女はエストニアを2位にしていた
エストニアの順位は、一番賛否両論って感じで
1位にしたのが2人、最下位と9位にしたのが2人、と
両極端な振り幅になっている
このあたりがとてもオペラらしい結果になっていると思った
先に書いたように、オペラは演歌の様に、気に入る人は気に入るけど
理解できない人はオペラっぽいだけで評価しないところがある
かくいう私も苦手でね

おさらい記事でも書いたように
La Forza はホルストの木星みたいに、オペラの威厳を保ちつつも
でも聞きやすい敷居の低さも持ち合わせている
ポップオペラとしての向かうべき方向性をしっかりと持ってる曲ではある
ただ、私も国内予選の段階では、そこまで興味をひかれていたわけではなかった
やっぱりそれは、オペラだからとっつきにくいって言うイメージがあったからだ
この感覚は、欧州、US、日本、どこ行ってもあると思う


6位スウェーデン(同列)
Benjamin Ingrosso の Dance You Off


スウェーデンが音楽輸出大国なのは世界共通認識
アメリカ人なら好きそうだよな~、ってなぜか思ってたけど
スウェーデンとチェコに関しては、USじゃよく聞くような音楽であるから
もっと高い順位に行くと思ってたんだけどね
ただ、それゆえに順位があまり上がらなかったのかな
まあ、この順位付けも「順位を当てる」って言う流れであるため
実際に彼らが好んで採点しているわけでもないからなあ
もし、好きな曲TOP10で並び変えてってなったらまた変わったと思う
ただ、それでもスウェーデンを1位に設定した人は二人いるからね

ちなみに、似たような理由でキプロスも上位に上がると思ってた
いかにも今どきの英米の流行りの音楽なわけだし


4位オーストリア(同列)
Cesár Sampson - Nobody But You


オーストリア版 John Legend
分かる


John Legend の方が繊細な歌い方をするけどね
てかそれ、ほぼ見た目での話だろ


あと、決勝戦でのステージング
Cesár が巨大化して見えるというか
映像演出でバストショット状態の姿が透けて見えるようにしているところ
「80年代や90年代のダサい感じを何で持ってくるのか」ってコメントされてて
言われるまで全然何とも思ってなかったから気にしてなかったけど
ぱっと思いつくので、Earth, Wind & Fire の Let's Groove とか?

でも確かに、今時の人からしたらちょっとダサいと感じさせる演出はある
チェコの演出に関しても、本来的にはそういう部類のはずだと思うんだけど
そっちは特に何も言われていないんだよね
スウェーデンだって、90年代の音楽っぽさがあるわけだし
そういう音楽や演出を、どれだけ上手く今時っぽく落とし込めるか
そこが、Eurovisionの面白さの一つだと思うところはあるから
そう言うところをジャンジャン見つけてもらうのは面白いと思う

あと、コメントの中で
was very soulful, but there wasn't too much of an interaction, it wasn't very fluid
って言われてて、これがちょっと意味が分からなかった
歌唱がぶつ切りになりすぎてるってことだろうか?
歌唱が固いというか、流れるような歌い方じゃなかったというか

4位チェコ(同列)
Mikolas Josef の Lie To Me


評価それ自体はスウェーデンとそんなに変わらないはず
アメリカ人にとって好まれる音楽って言う意味ではね
ただ、まるでMVの様だってステージングはすごく喜ばれている
まあ、ステージングに関しては、私もそう思ったしな
あれはカメラワークでそう見えるようにしているだけなんだけども
初見時は驚かされるよね
音楽的には「90年代の雰囲気があって良い」って言うコメントが面白かったな
あと「nerdy (オタクっぽい)見た目がクール」って言うのも面白かった

コメントの中で
「歌い手に動き(ダンス)があるのは良かったけど」
「もうちょっと(動きに)熱意が合ったらよかった」ってのがあったけど
彼が汚して大きな動きが出来ないのを知らなかったらしょうがないよね
全部じゃなくてダイジェストだけ見せてる様だから
最後まで見たら、そのコメントも変わったかもしれない

後は、大体スウェーデンに言えることと同じことがここでも言えるか

チェコに関しては、結果発表の時に他にも
ポップ色が強くて、今時の音楽らしかったのに
って言う声もあって、うん、やっぱりUSのみんな好きだろうなって思ったよ
でもそのコメントをした人はチェコを9位に設定していて
結果、チェコの順位が6位で低いことに文句を言ってたから
やっぱりこの順位付けは、かなり「結果を当てる」に焦点が当てられているね

3位 イスラエル
Netta の Toy


WTFな反応
そりゃそうなるわ

一人、シーラさんていうユダヤ人女性が
「イスラエルではこういうテクノ系がパーティで好まれる」
「イスラエル人の友達いっぱいいるけど、みんなあんな感じで踊る」
って言ってて、マジかよイスラエル始まってんな、ってなった

オーストリアに対して詳しい解説というか、コメントをしたセルジオさん
最終的にイスラエル、イタリア、チェコ、スウェーデン、デンマークの順位を当てて
ただ、イスラエルに関してはMVは見たことがあったようで
でもその上で、色彩や感情表現、歌唱、全部を絶賛しているという
他のコメントも鋭いところをついていたから、セルジオさんのコメントは一番参考になる

(てかTOYの動画低評価付きすぎだろ……)
と、思ってるんだけど
でもUS勢の意見を聞いてみても
イスラエル優勝は意外過ぎて、やっぱりWTFな反応
一人、すごく鋭いことを言っていて
歌詞の意味に点数をあげたんだろ、って言われてる
これでも微妙なラインだよね
花火曲を求めた人と、歌詞の意味を求めた人と
両方ともが点数をあげてたって感じな気はするが
なんだかんだ花火曲はやたら求められてるし
聞き手の方が花火曲を求めてるんだから(ごにゃごにゃごにゃ
話が長いのでカット


2位 ドイツ
Michael Schulte の You Let Me Walk Alone


サイケデリックな部分をピックアップしないで上げてwww
メインはそこじゃないからwwww

バックの映像演出で苦手意識持たれたのは盲点だったwww
サイケデリックな演出が歌を聞く邪魔をさせている、と
言いたいことはすごく良く分かる
でも、一番歌唱力がある、とも判断されていたね
43曲の中からってなったら、ドイツの最終順位4位が意外だったけど
なんかこの10人の中から選べって言われたら
私も確かにドイツを一押しにしそうな気がしてきた


1位 キプロス
Eleni Foureira - Fuego


「ジェニファー・ロペス」みたいは盲点だった
フェゴに関しては、世界中の今の早いの音楽でもあるし
ギリシャ・キプロスの音楽っぽさを取り入れているとは言え
ベースにあるのは流行りのラテン系ミュージック
その事については、実際、USコメントでも触れてる人はいたね

ただ、JLoみたいは目から鱗ですわ

てかもうそういう風にしか見えなくなってきた
他にもShakira や Beyonce っぽさがあるって言われていて
そうなんだよね、私はあと、Dua Lipa っぽいなって最初思ったけど
最終的にシャキーラっぽいって言う評価に落ち着いてたんだ
でも、とにかくShakiraBeyonceDua Lipa、Jennifer Lopez
この辺りの音楽や見た目やダンスや
そういうのを好みそうな人たちの音楽って感じだよね
バックにギリシャの楽器を使ってるってぐらいで

実際の結果で2位になったことに関しても
好意的な意見が多かった
なるべくしてなった、という感じで


総括部分
まとめの部分では
・国家間の溝を埋めるのに良い大会
・お互いを尊敬しあうものとしては、音楽が一番良い
・通常、世界規模のイベントは、オリンピックやワールドカップの様にスポーツが多く 
 自国の芸術や文化を見せ合うのにはスポーツよりも良い
と言った意見が出ていた
特別、最後の意見に私は前面同意していて
ぶっちゃけ、全楽曲が花火曲でいいし、英語歌詞の曲でもいいから
その国らしさをまず大前提として持っておいて欲しいんだよね
音楽的にその国の文化的な部分があっても良いし(楽器やメロディで
あるいはキプロスがやったみたいに、今時の流行りの音楽と自国の文化を融合させるとか
最終的な判断はアーティストに任せるべきだとは思うけど
アーティストが今どきの音楽や英語歌詞でやりたいって言うのなれば
それに文句を言うべきではないし、そうじゃないことをさせようと強制すべきでもないが


US版Eurovisionについて
現在50あるアメリカの州で、ESCの様に州対抗の歌唱合戦をするのはどうか
という質問については
America's Got Talent、The Voice、American Idol、と
既に複数の番組があるのに、似たような番組を作ってどうするの
という意見や

やるにしても、オリジナルとは全く違う大会にすべき
EurovisionはEurovisionで、アメリカはアメリカでやるべき
という、どちらかと言うと否定的な意見がある一方で

州ごとで代表を決めるってなったら
州ごとで大きな盛り上がりになるだろうし
そこに住む人たちも自分たちに誇りを持つだろう
って言う肯定的な意見もあった

個人的には、州対抗はありだと思う
むしろ、アメリカやUSで一括りにされたがらないところもあるだろうし
(ESCにUS来てほしくないし)ありだと思う


あと、全然最初の方に戻るけど
The Voice のでかい版みたい!
って言うコメントがあったの聞いて
私はむしろ、Eurovisionとは別で
各国のThe Voice 優勝者同士で歌わせる
最終決戦みたいなのがあっても良いなって思ってる


ちなみに、このFBEというチャンネルの動画は
他にも色んなネタでTOP10を当てさせたりしてるけど
純粋に反応を見るパターンや
年配の方に当時はやった音楽について語らせたり
色んな反応を集めているYouTube番組

ここのチャンネルが2017年Eurovisionに反応した動画を
昨年も私は取り上げているので
そっちもどうぞ
Eurovision を微塵も知らない米国人に2017のTOP5を見せてみた動画がクソ面白い!! ~USの反応~
http://sheilabirlings.blog33.fc2.com/blog-entry-5159.html






関連記事
海外の反応EurovisionEurovisionSongContestEurovision2018

4Comments

通り酢ガリ  

今年もやったのかwww

こういうの面白いから好きだわwww

コメントできになったのが、歌唱そのものに対する評価とは別に映像演出やダンスに対する評価があったこと

でもこれって結構重要なことで、例えば去年のサルヴァドールさんがあの歌唱で、バックダンサーが踊りまくってたりしたらそりゃ変だろ、って話しになるだろうし

セミファイナル敗退したロシアが実際言われているらしく、バックダンサーはいらなかったという意見がかなりあるらしい

ユリアさんはX出身だけど、当時から聞き手が黙って聞いてしまうようなエモーショナルな歌唱がすごく評価高かったんだよね

この人の歌に余計な演出はいらない、ただステージで本人が一人歌っていれば結果は違ったんじゃないかって

しかしキプロスwww

そうかジェニファー・ロペスかwww

もうそういう風にしか見えないわwww

完全に盲点だったwww

2018/05/20 (Sun) 14:29 | EDIT | REPLY |   

fumufumu  

なるほど

ようやくコメント出来る余裕(時間も心も)が出て来ました

確かに今回、順位付けでは個人の好み抑えめですね
で、アメリカの意見であるけれど、ヨーロッパ以外の意見という気がしました

10位 デンマーク
彼らにとってはヴァイキングよりパイレーツなんだろうな

9位 イタリア
「Fabrizioが叫びすぎ」、すごくわかる!私も思ったもの!
Ermalと対比させるにしても、最初から最後までだったから

8位 モルドヴァ
ダンスが不人気…そりゃあ、アメリカにはトップクラスのダンスが溢れてますもの
ESCでこういうステージが少ないから面白いのであって、単独で見たらそうですわ

6位 エストニア
ソプラノの声の高さは技術に驚愕することもあれば、拒否につながることもあるような
有名な「The Three Tenors」が「The Three Sopranos」だったら、
あそこまでの人気にはならなかったような気がします

この曲を聴くとこれを思い出す。違う星のような曲。
https://youtu.be/hxKGfbGKbrM

6位 スウェーデン
普通すぎたのかな

6位 オーストリア
あああ、映像か!気付かなかったけど、よく見たらそれなりに凝ってたんだわw
確かに昔のEW&Fとか、あのあたりのSoulは暗闇を多用したし、
出だしで顔の半分だけにスポットがあたるのも、当時のMVで見ますよね
今現在ESCを見る人だと、そのあたりの音楽は馴染みがなさそうだけど

4位 チェコ
スウェーデンより評価高いのわかる
比べて見た時の面白さはチェコの方が上だと思うもの

3位 イスラエル
WTF…これ、本当に判断に迷いますよね
歌詞や歌唱力に注目した人と、ビジュアル含む奇抜さに「面白え!」な人と、
ESCではどっちが多かったのか
ネッタちゃんが歌詞を書いたわけではないのもあって(多分そうですよね)、
私自身は歌詞にそれほど感銘を受けていないのですが(stupid連発がダメ)
余談になりますが、ギリシャでホテルを家族経営している友人によると、
ギリシャに来る外国人観光客の中で一番悪ふざけが過ぎるのがイスラエル人、
次いでイギリス人らしいですわ

2位 ドイツ
サイケwww 確かに「Seven Nation Army」が関連動画であがりそうw
一番聴きやすいし、歌詞がわかるからきちんと伝わったんでしょうね

1位 キプロス
エレーニ、おめでとう!!!
エレーニは細いからなあ。ビヨンセやシャキーラより、JLoなのわかる
同じラテンでもシャキーラよりJLoの音に近いのかな
作曲者のAlexPの別の曲をJLoの元旦那がカヴァー(歌詞も変えた)しているし
(記事を書いた https://ameblo.jp/panwapoola/entry-12373254611.html

ESCをまったく知らない日本人に同じことをやってもらったとしたら、
ドイツとチェコが上位になるのは予想できますね
他も今回とかなり近い結果が出そう

2018/05/20 (Sun) 14:52 | EDIT | REPLY |   

fumufumu  

自分のコメントの長さに震えた

通り酢ガリさん

>例えば去年のサルヴァドールさんがあの歌唱で、バックダンサーが踊りまくってたりしたらそりゃ変だろ

やめてwwww「変」だから正しい意見ですけど、想像しちゃうからやめてw

ロシアの件、私も自分のレビューでそれと同じこと書いていて、
「余計なことをしやがって」状態でしたよ
で、あのダンサーの演出が有名な某ギリシャ人演出家のスタイルに似ていて
調べるのが怖いから調べない…

2018/05/20 (Sun) 14:59 | EDIT | REPLY |   

シーラ B  

Re: to 通り酢ガリさん、fumufumuさん

> 通り酢ガリさん
このチャンネル、去年のTOP5レビューの
イギリス代表のルーシー・ジョーンズに対するコメントでも
やっぱりダンスの仕方というか、不自然な手先の動かし方で
評価が一気に変わっていたりもしたから
本当に歌唱だけじゃなくて色んな所を見ているなって思わされますね
ルーシーが上位に上がれなかったのは手の置き場が分かってないからって
本当に盲点だったし、去年ので一番印象に残ってる

試しにサルヴァドールの後ろで前傾姿勢のアイリッシュ・ダンス軍団とか配置したら
台無しどころじゃなくなっていただろうな

> セミファイナル敗退したロシアが実際言われているらしく
私も邪魔だなって思ってたけど
やっぱりみんな思ってる事なんですねえ

それと同時に、Eurovisionは結構、逆に演出がなくて寂しいパターンもあって
この人には演出いるはずなのになんでないんだろう
この人は演出いらないだろ、なんで余計なことした
って言うのがちらほらあるのがまた難しいところ

> そうかジェニファー・ロペスかwww
しかもこれをポンとあんまり深いこと考えずに行ってて
でももうJLoにしか聞こえなくなるのがすごいwww


> fumufumu さん
> 確かに今回、順位付けでは個人の好み抑えめですね
ここがほんとすごく残念なところ
もっと素直に評価させてあげて欲しかったですけど
このチャンネルのテコ入れの様で、最近アップしてる動画は大体この形式という

> で、アメリカの意見であるけれど、ヨーロッパ以外の意見という気がしました
去年の動画はちゃんとアメリカの意見って感じだったんですけどね
チャンネル制作側がEurovision好きになってきてるのか
あまり酷いことは言わせてない(カットしてるのかも)ようにしてきてるから
アメリカというより、ちょっと当たり障りない感じにはなってると思いましたね

> 9位 イタリア
サンレモの時ってどう立ったっけ
って思って観比べてみたら
サンレモの時の方がメロディアスな気がするというか
比べたら優しいような気がしてきました
ダミ声具合も、喉を傷めそうな感じじゃなく
地声の上でって感じがするかも

> 8位 モルドヴァ
モルドヴァに限らずだけど、ダンスに凄い厳しいアメリカ人www
厳しいというかしっかり見ているというか
チェコの方は絶賛だったわけですし
やっぱり良いダンスを見てるからなんでしょうねえ

> 6位 エストニア
すごい良いところついてると思いました
というのが、実際、色んなオデ番組見て
男性のオペラには私はそこまで変なコメントしてないけど
女性のオペラの場合は、やっぱり高音で拒否に繋がってますし
ほんとその通りだなって思いますわ

> この曲を聴くとこれを思い出す。違う星のような曲。
(フィフスエレメントのオペラかと思って開いたら全然違った)

> 6位 オーストリア
私もステージの土台ぐらいしか見てなくて
映像演出言われるまで全く気が付かなかったという
ポーランド代表のスネークダンス(腕で波を作る動き)してんなあ
ぐらいしか見てなくて

> 4位 チェコ
スウェーデンはやることや演出を必要最小限に抑えて
効率よく票が入るようにしてるこなれてる感が
チェコはやれるだけの事を全てやろうと
やりたいことを全てぶち込んだ感が
それぞれあるような気がしてきました
だから、ラストのダンスとかこだわるにこだわりまくったのかもしれないし
だから、チェコの方が面白いと感じるのかも

> 3位 イスラエル
ESCでほんとどっちが多かったのか
視聴者の意識がどこにあるのかで
結局、花火曲云々とは何だったのか、になるのかどうか
そこが決まるような気がしますからね。すごく重要!

歌詞についてはネッタが書いたわけではなかったはず
Me too ムーブメントについての言及も
ネッタはあまりしてなくて、むしろ作詞家の方が積極的にアピールしてたはず
だから優勝スピーチでも多様性を認めてくれてありがとうって言う
そっちのコメントが先に出なのかなって言う
そんで、私も歌詞が面白いよ!とは書いたけど
実はそこまで影響受けなかったですからねえ

> 余談になりますが
大手ホテルで働いてる妹曰く
嫌な外国人は、世界中の飲食とホテルで嫌われてる中国人じゃなくアメリカ人だ
奴らは自由と我がままの違いをはき違えてやがる
って言ってましたね

> 2位 ドイツ
直前でAW&Fを先に出しちゃってたからそっちの印象が強かったけど
Seven Nation Army めっちゃ分かるwwwww
色合いも赤白黒で近いし

> 1位 キプロス
> エレーニ、おめでとう!!!
エレーニここで報われた
> 作曲者のAlexPの別の曲をJLoの元旦那がカヴァー(歌詞も変えた)しているし
この繋がり具合よ

> ESCをまったく知らない日本人に同じことをやってもらったとしたら、
去年取り上げたときにも同じこと思いましたね
全く知らない日本人ならどう反応するんだろう
日本人好みの曲とかもあるからあれは上位に上がるかも
とか色々やっぱり考えますよね

2018/05/20 (Sun) 22:06 | EDIT | REPLY |   

Add your comment