The Voice : la plus belle voix 2018 Les Duels1 レビュー記事

フランス版The Voice の続きを見ていきます!
今回からバトルラウンドです!!

KOラウンドとバトルラウンドの順番が他の国とは逆で
KOラウンドで相当数が敗退した後でのバトルラウンド
その分、一度コーチングを受けているから
二度目のコーチングで歌い方もかなり良くなっているだろうし
リトアニアも同じ形式だったけど、やっぱりいきなり人と組むわけじゃないから
全体的にバトルラウンドの完成度が良かったからね
そこに来て、Bオデからレベルの高いフランス版なら、より面白くなるはず
……オーディションフィナーレ見た後だとちょっと不安だけど

そして、先にKOラウンドでスティールシステムを使ってるから
バトルラウンドでのスティールは存在しないことになってるようで
ここでの敗退=そのまま敗退
バトル→KO の方で慣れていると、バトルでスティールないのは妙な感じだけど

ともあれ、今回から2回、バトルラウンドです
さっそく見ていきましょう!

フランス版The Voice バトルラウンド1
ザジのチーム
B. Demi-Mondaine VS Luna Gritt
(曲:Sweet Dreams (Are Made Of This) - Eurythmics

ザジ姐のセンス最高過ぎかよ!
ヤバいこのバトル、選曲も組み合わせも演出も、何もかもが面白すぎるwwww
歌い出しのルナの誘うような指使いとか、それに応えるモデーヌとか
しかも、何が凄いって、ほとんど原曲のままの編曲と歌唱で歌わせているのに
二人とも声や雰囲気がそのままこの曲にぴったしハマっていて
かつ、二人のイメージと全くズレがないって言うところよね
どっちが歌っていても全く違和感がなく、二人で歌っても違和感ないって
本当にザジ姐のセンスがさく裂しているって感じがするわ

タイプ的には、古き良きロックなモデーヌと、Amy Winehouse系の今時なロックのルナ
実年齢の問題ではなく、スタイルとしては、そういう違いが今まであったと思う
でも、ほんと最初からこの二人でユニットを組んでいるみたいに声質が近いね
ルナの歌い出しの時点で原曲のイメージが全く壊れず、自然と入っていったし
ルナが中音域、モデーヌが低音域をベースに歌ってるから歌唱に立体感もある
なんだかもう、一つの作品として完成しているところもあるなwww

それでも、比べようと知ると、ルナの歌唱はが若干弱いかもしれない?
途中の絞り出すような高音が全然決まってないしな
思いきやのシャウトで驚かされるとは言え
モデーヌは年上の実力や経験の差を、はっきりとした形で出すんじゃなくて
じわじわとレベルの違いがあることを、深いところで見せている様に感じる
歌唱自体も、ルナよりもモデーヌの方がかなり深い音を出しているし
というか、モデーヌは取り憑かれたみたいな歌い方がすごく上手いわ
ルナの歌唱がメロディアスな分、言いたいことを言ってるっぽく聞こえるモデーヌは
ゾクっと来る瞬間がちょくちょくあっておソロ素子い

勝者はB. Demi-Mondaine
まあ、これは実力差が確かにあったものかもしれない
今回のルナの歌唱も良かったと思うけど、モデーヌも良かったし
長年のパートナーと歌ってるみたいな違和感のなさは
良いバトルをしている証拠とも思うから
これは二人とも本当によく頑張ったと思うな


ミカのチーム
Ubare VS Frédéric Longbois
(曲:Puisque vous partez en voyage - Hardy et Dutronc

フレデリックほんと好き
ミカチームで一番好き

ユバレはすごく上手い、いやマジでうまいよ
音程正確性とフランス語の発音の正確性が異常にきちっとしてて
日本で言うならお歌のお姉さんとかの歌唱にものすごく近くて
歌の技術で言えば、ユバレの歌唱の方が圧倒的にレベルが高い
声楽とかやってそうだよね。そういう歌唱に見える
語りのパートに至っては、笑い方までもがはっきりとした音になっている
だから、譜面通りの上手さで言えば、ユバレの方に軍配が上がる
だけど私はフレデリックの歌唱が好き
フレデリックは心で歌ってるから
フランス語が全く分からなくても伝わってくる

表情や筋肉の動き、声色や音のこもらせ方
全てで曲の中身を表現していて、ものすごく伝わりやすい
だってもう、まず表情からしてすごく素敵なんだよね
そして、何より歌い方がとてもメロディアスで
音に乗って流れるように言葉を紡いでいくのがすごく素敵

こうして比較すると、ユバレの歌唱はやっぱぶつ切りなんだ
音は正確でクリアだし、はっきりとしているんだけど
「単語」「単語」「単語」「単語」「単語」
って感じで歌っているようにしか聞こえない
それに対してフレデリックの歌唱は
「言葉~言葉~言葉~言葉」
って感じで、単語単位で歌うんじゃなくて、言葉単位で歌っているし
ユバレが「らー、らー、らー」ならフレデリックは「ら~ら~ら~ぁ……」と
語尾に余韻を持たせて歌っている
この歌い方の差が、ユバレの歌唱に心を感じられなくて
フレデリックの歌唱に温かみがあるように感じるポイントだよね

勝者はFrédéric Longbois
だって、フレデリック本当に良かったもの
そりゃフレデリック推しだって言うのもあるけども
心から歌ってるのは絶対フレちゃんだよ


フロンのチーム
Isadora VS Hobbs
(曲:Attention - Charlie Puth

全く正反対の二人なのに、だからこそ合唱が合う
てかイザドラがすごく頑張ってるわ

どっちが好きかってなったら、私は今までホッブスの方を応援してたけど
今回の歌唱は、私はイザドラの方が上手く歌えているように思えた
ホッブスの歌唱がこもり気味で、イザドラの歌唱に勢いがあるから
イザドラの歌唱の方が聞きやすいって言うのは、もちろんあると思うけど
それを抜きにしたとしても、今回のこの二人から選ぶなら、私はイザドラを選びたいかも

表現力的には、これまで表現力モンスターだったホッブスに分があると思うよ
ただ、そんなホッブスに影響を受けたのか、感化されたのか
イザドラもかなり感情と熱を込めて歌っていたのが良かった
これまでのような、乱暴な熱の込め方じゃなくて
負けたくないって言う力強さと、やり過ぎないほど良い熱の込め方で
それこそ、フレデリックみたいに、自然な感情表現が出来てると思った

それに、ホッブスに関して心配してるところが一つあって
彼の歌唱スタイル的に、バラード専門なところがあるから
今回みたいなグルーヴ感のある曲を歌わせて
観客をビートに乗せなきゃいけないのに、上手くいくんだろうかって
(ちなみにグルーヴだのビートだの感覚だけで書いてます。フィーリングだけ感じろ)
楽曲と対戦相手の組み合わせからして、諸刃の剣になりそうだと思ってた
実際、今回の選曲は、どっちかって言うと Isadora 有利な曲なわけだし
ホッブスの魅力が今回はあまり感じられなかったと思うもの
でも、これまでの様に凄絶な歌唱しかできないわけじゃない
ってのをホッブスは見せてくれたように思う

それに、ホッブスめっちゃ上手いんスわ
やっぱり、単色での感情表現で勝負してるイザドラに対して
ホッブスの感情表現は繊細さを極めていて、上手いんスわ

ところで、イザドラ危うくコケるところだったなwww
階段を下りながら歌うところ
ミカチューとフロンの表情が良かった

勝者は Hobbs
まあああああああそうなるかあああああああ
これが他の国だとイザドラスティールされてたけど
KO戦が先にあったから、もうスティールがないんだわ
ホッブスはもちろん良かったし
多彩な表現ができるから今後の歌唱も期待できるけど
イザドラ敗退はもったいないよなあ

どうでもいいけど、イザドラちょっとESCオーストリア代表のZOË みたいに見える


パスカルのチーム
Florent Marchand VS Xam Hurricane
(曲:Les histoires d’A. - Les Rita Mitsouko

まさかのコーチネタで替え歌という
てかクサムがキメまくっててヤバい

もう歌い出しの前からして全然二人の入り込み具合が違ってる
私は前回、フロレントはものすごく評価した
そりゃ評価したさ、だってすごいアイドルしてて輝いてたもの
そんで、対戦相手のクサムのソロ歌唱に関しては
ぶっちゃけBオデもAFも、私にはすごく難しかった
それとなく良い感じに書いてはいたけど、正直に言う、難しい
だってなんか良いのか悪いのか分からないんだもの

ただ、今回の歌唱に関しては
フロレントが良い子ちゃん過ぎて
完全にクサムに食われてしまっていた

始終、クサムの方しか見てなかったし、クサムめっちゃカッコよかった
フロレントの歌唱は、歌おうと思って歌ってる感じで
かなり肩に力が入っていて、型にはまっている感じがする
練習通りに歌えるように頑張ってる感じがして、それはそれでいいんだけど
クサムの、その場のノリだけで歌ってるように感じる歌唱のナチュラルさに負ける

もうライブのノリだよね、クサムは完全に
リハーサルであんなにクルクル回りながら、おティクビをチラ見せしてたとは思えない
完全にハイになっていて、歌の中、音楽の中にいる状態になってる
大体歌い出しの姿勢からして頭おかしいぞコイツ
ずっと踊りながら歌っているし、声の出し方にまで遊びがあるし
これまで選曲がネックだったけど、これはパスカルグッジョブですわ

しかし、コーチ名指しの替え歌って面白いな

勝者は Xam Hurricane
フロレント推しだったけど、今はクサム推しですわ


ザジのチーム
Maëlle VS Gulaan
(曲:Fragile - Sting

なんでこの二人で組ませたの!?
って思ったけどマエルの成長速度が速ややや

バトルは誰と組んでも厳しそうなグランだけど
今回のこれは、若干マエル通す気満々な流れに思えなくもない
英語歌唱だともうグランの良さが完全につぶれてしまってるよなあ
曲の雰囲気的には、グランの領分って感じはするけども
魅力半減どころじゃなくなっているのが残念でならない

一方で、マエルは逆に輝きまくっている
ホッブスとイザドラの時と同じ法則で
グランが低くこもり気味な声色で歌っているから
はっきりとした音のマエルの歌唱がすごく聞きやすくなっている
というかグランがもうバックコーラスっぽくさえなっている
でも、彼女の歌唱が輝いて見えるのは、そうした部分だけが理由なわけではなく
ザジのコーチングを受けて、メキメキ実力をつけているからでもある
特に、声のコントロールの仕方が本当に上手くなった
BオデからAFの時点でも、そこを重点的に鍛えられていたのは分かるけど
人と合わせて歌わないといけない今回は、特に気にして歌わないといけないからだろう
押し過ぎず、抑えすぎず、絶妙な力加減で歌っている
今こういう歌い方が出来るなら、将来的に相当な表現力を持って歌えると思う

しかし、この曲よく見たら、原曲者スティングなんだね
ポリスとスティングが苦手な私でも、スルっと耳に入ってきたよ
アレンジで雰囲気が相当変わっているのもあるけど
スティングのイメージを持たせない演奏と歌唱になってたってことか
自分たちの歌唱で原曲を塗り替えてるってのも、なかなかできることじゃない

勝者は Maëlle
まあ、グランは別に、ザジが教えられることも少ないだろうし
若手のマエルにはザジみたいに自分を変えてくれる
正しく導いてくれるコーチが必要だと思うから
歌唱バトルもさることながら、そう言う部分でも残すべきって思ったな


フロンのチーム
Aurélien VS Raffi Arto
(曲:Toute la musique que j’aime - Johnny

ううむ……、個人的にはどっちもいまいち
何かが悪いってわけではないんだけどさ
絶賛するほど良くもないかなって言う
注目してた歌手なわけじゃないって言うのもあるのかも?
特に、ラフィの歌唱が軽すぎると思うんだよねえ
まあ、BオデとAFみたいな歌唱じゃなく、落ち着いて歌うと安定するのは分かったかな
アウリアンは元からこういう曲に強い雰囲気があったから違和感がないな
ラフィはm悪いってわけではないんだけど、声もちょっと震え気味だし
でもブルースではあるけど、明るくもあるからラフィに合わなくもないかな?
ある意味、折衷案的にこの二人に合う曲を選んだと言えなくもないか
そういう状態だからか、選曲的には間違っているとは思わないけど
無難な曲だっただろうなとは思う

勝者は Raffi Arto
今回の歌唱だけで言えば、私はどっちかって言うとアウリアンの方が良かったな


ミカのチーム
Capucine VS Sherley Parédès
(曲:L’amour en solitaire - Juliette Armanet

これはまた難しい勝負を……
どっちも上手い、ように聞こえるけど、選曲が何よりも良かったんだな
二人の歌唱がちょうど上手くかみ合うような選曲とコーチングって感じか
特にシェルリーは今回の歌唱で大きく変わったな
前回ストロマエの曲を歌った時は、怒りと共に歌ってる感じだったけど
やり過ぎず、曲ともキャプシンとも合わせて歌っているし
でもそれは、彼女の強みを押さえて歌っているとも言えるような気がする
キャプシンがまた、ちょっと淡々と歌ってるように感じるのがなあ

というか、なんか二人とも、色々と押さえて歌いすぎているような気がする
ダイナミックに歌いたがるフレデリックに、抑えて歌うように指示するミカだから
この二人にこういう歌い方をさせるのも分かるけども
こういう歌唱は、相当な表現力を持ってやらないことには
どうにも感情なく歌ってるように感じてしまう瞬間があるから
本当に加減が難しいと思う
そう考えると、フレデリックの時の理論がここでも生きてくるな
感情を爆発させるのが上手いからか
シェルリーは繊細な表現を持って歌うのが、キャプシンよりも上手いと思う

ただ、ここ↓とか、シェルリー音を外し気味なんだよなあ
https://youtu.be/5lTg63oHknQ?t=79
全体的に、シェルリーは自信なさそうに歌いすぎている
音を外さないように高いとこを狙わずに、低いところから音を当ててるけど
そのせいで、本来当てないといけない音よりも低い音程が出てる時がある
しかも、この目立つ一回じゃなく、割と何度も
だからと言ってキャプシンが上手いかってなったら、それも微妙だが

勝者は Sherley Parédès
まあ、でもシェルリーは歌声が結構特殊だから
ここから先、曲合わせで面白くはなるか


ミカのチーム
Casanova VS Mennel Ibtissem
(曲:Là-bas - Jean-Jacques Goldman (Non Diffusée)
Mennel Ibtissem 辞退につき勝者は Casanova


全体の感想
今回一番良かったのは
ミカチームのフレデリックと、パスカルチームのクサムの二人だな
フレは元から好きだったから良いとして、クサムはもう今回すご過ぎた
今までは比較対象が隣にいなかったのもあってか、やたら目立ったし
いや元々ちょっとおかしかったけど、今回最高におかしくてカッコよかった
一人だけバトルラウンドでライブショーやってるぐらいの勢いがあった
フレデリック一押しのはずなのに、終わってみればクサムの印象が凄い
てかホッブスとマエルもいるのにクサムの事しか印象にないレベル
キャラが濃いよ

と、言いつつも
一押ししていたフレ、マエル、ホッブス3人とも良かった
ホッブスVSイザドラは、でもイザドラの方が良かったけども
大体が、通るべくして通った人たちって感じだったかな
モデーヌVSルナやキャプシンVSシェルリーみたいに
かなりの接戦もあったし
少なくとも外れバトルがなかったって言う点では
さすがKOの後でやってるだけはあるって思った
ただ、グランがなあ
グランの得意なジャンルと歌唱で敗退するならまだしも
でも英語歌唱もできないとこの先厳しくはあるか?
グランは毎回の歌唱というか
選曲で絶対聞いたことのない曲で来るだろうって思ってたから
そこが楽しみではあったんだけどもねえ

というようなところで、また次回


>>次
http://sheilabirlings.blog33.fc2.com/blog-entry-5842.html
<<前
http://sheilabirlings.blog33.fc2.com/blog-entry-5840.html

もくじ記事
http://sheilabirlings.blog33.fc2.com/blog-entry-5588.html

公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCQRELbX0H5FCokIFxOAsHFA/featured

関連記事
TheVoiceフランスフランスオーディション・フィナーレ

4Comments

通り酢ガリ  

ザジチームつおい(つおい)

モデーヌさんとマエルちゃんの二人が通過した時点でザジチームつおい(つおい)

モデーヌさんはBオデの時点で尖りまくったセンスと歌唱力の高さでもともと注目株だったけど、ザジ姐のコーチングが入って隙がなくなった(;・ω・)

前回の圧倒するような歌唱から今回はちゃんとデュエットしつつも自分の歌唱ができてるあたり、負ける要素がねぇ(;゙゚'ω゚')

とはいえ敗退したルナさんもよかったんだよなぁ、正直これは接戦だったな、なにかの加減一つで結果が変わった可能性もなくもないし(;・ω・)

対してマエルちゃんは覚醒してから完全に別人状態だな(;^ω^)

グランさんもやっぱ上手いんだけど、ちゃんと歌唱を合わせつつも一歩前に出ているマエルちゃんが通ったのは妥当か(;・ω・)

とはいえマエルちゃんかモデーヌさん以外の対戦相手ならグランさんも生き残りはあったかも?

しかし遅かれ早かれ潰し合いになるならここでバトルさせるあたりザジ姐本気だろ(;^ω^)

正直この二人はそう簡単には脱落しないぞ

あと気になるのはフレデリックさんだよなあぁぁぁwww

正直ここまで来るとは予想できなかったけど(;^ω^)

年齢的にベテラン組のモデーヌさんとは違う意味で味があるんだよなぁこの人www

モデーヌさんがアンダーグラウンドっぽいイメージならフレデリックさんは流しの人みたいな(;^ω^)

正直違うチームで良かったわ(;^ω^)どっちも好きだもん(;^ω^)

しかしリトアニアと同じくバトルとKOラウンドの順番を引っくり返すやり方はこれはこれでありだよね

先に単独歌唱を選別しているぶんバトルの内容がレベルが高くなってるし、人数が絞られてるから組み合わせと選曲もよりよく考えられるだろうからコーチの負担も軽減されるだろうし

はたしてこの流れが他国にも広まるか(;・ω・)

2018/06/19 (Tue) 21:50 | EDIT | REPLY |   

シーラ B  

Re: ザジチームつおい(つおい)

> 通り酢ガリさん
ほんとモデーヌとマエルの二人だけでもうこのチーム安泰レベルまで行ってる
強い、強すぎる

> ザジ姐のコーチングが入って隙がなくなった(;・ω・)
そうなんですよ
これ他のコーチじゃここまでモデーヌの事を導けなかったと思う
ミカチューやパスカルみたいに自分の価値観を押し付けるか
フロンみたいに無難に手堅く歌わせるかって言うんじゃなくて
モデーヌのやりたい方向性に進めるように手助けするザジだからこそって感じ
そして、ルナがほんと良い歌唱してたんだ

> 対してマエルちゃんは覚醒してから完全に別人状態だな(;^ω^)
Bオデからほんと覚醒して一気に変わりましたよね
どんどん色んな事を吸収して、どんどん成長して
そして、向上心が強いからなのか、ぐいぐい前に行く
向上心の高さだけでも多分今年一番だろうし
手に入れたものがちゃんと身になってるようにも思うという

> あと気になるのはフレデリックさんだよなあぁぁぁwww
私もBオデの時点ではここまで来るとは思っていなかったwww
そして、ミカとのぶつかり合いから言っても落とされると思ってたwww

> モデーヌさんがアンダーグラウンドっぽいイメージならフレデリックさんは流しの人みたいな(;^ω^)
分かり味ありけり

> しかしリトアニアと同じくバトルとKOラウンドの順番を引っくり返すやり方はこれはこれでありだよね
前にリトアニアの時に通り酢ガリさんがにたようなコメントしてて
それが結構印象に残っているという

>コーチの負担も軽減されるだろうし
これは盲点だった

> はたしてこの流れが他国にも広まるか(;・ω・)
記事にするのが大変過ぎるのでノーサンキュー

2018/06/19 (Tue) 23:29 | EDIT | REPLY |   

にわかアリス  

No title

マエル&グラン
良い答え合わせができました(^_-)-☆

2018/06/20 (Wed) 13:30 | EDIT | REPLY |   

シーラ B  

Re: No title

> にわかアリスさん
YouTubeのコメント欄だと、今年のバトルの中で一番だという声もあるようですね
盲目的に良かったと言ってるコメントも多そうだけども
私のコメントとも違うのでさらなる答え合わせをv

2018/06/20 (Wed) 22:09 | EDIT | REPLY |   

Add your comment