The Voice : la plus belle voix 2018 ライブショー2 レビュー記事

フランス版The Voice 2018 の
生放送2回目を見ていきますよ!!

前回の生放送1回目の感触で言えば
ヤスミンの優勝がほとんど決定したようなもんだけど
ただ、追い上げてくるマエルとモデーヌも恐いんだよなあ
同チーム内のライバルホッブスも強力な出場者だとも思うし
それに、私はミカチームのフレデリックにも、まだまだ期待しているという
フレデリックは前回、彼のやりたいように歌わせてもらっていたけど
あのままの状態で進むのなら、敗退は濃厚ではある物の
オーディションフィナーレのような歌唱をすれば、優勝も近くなるだろうからね

と言うことで
今回で各チーム出場者の数が2人ずつになるわけで
いよいよ終わりが近づいてきています
それでは見ていきましょう!

パスカルのチーム
Xam Hurricane (曲:Quand on arrive en ville - Daniel Balavoine

埋込動画を再生できない場合はこちら
完全にThe X Factor だけど
真面目に歌うよりかはこっちの方がクサムに合ってる

振りつけが多いし、歌唱よりもステージングの方に力を入れているし
だけど、クサムはこのぐらいハッチャケた歌唱をしているぐらいの方が合うわ
吊るされた檻から飛び降りたり、また飛びついてそのまま歌ったり
もはや、やりたい放題に歌っている様にしか見えないんだけど
そのぐらいの元気というか、パッションを持って歌う方が
見ている側も気持ちよく見ることができるというもの
ラストでシャウトしながら大ジャンプするところまで
最初から最後まで頭おかしくなった状態で歌っているし
バトルラウンドでとても魅力的に感じたクサムがそこで歌ってる感じがしたな
絶対前回よりもいい

別に、クサムがバラードの合わない歌手ってわけではないし
ロックバラードで上手いこと決めれば、それだけでも王手をかけられる可能性はあるが
っても、みんなが見たいクサムも、クサムが歌いたい方向性も、こういうのだと思うからね
なんせ、バトルのとき並みに生き生きとした歌唱をしているもの

しかし、一点だけ残念に思ったところがあって
これだけ激しく動きながらも、音を外さず、完璧に歌いこなすのもすごいが
若干、バトルの時よりかは丁寧に歌っているようにも感じてて
見た目にはめちゃくちゃにパフォーマンスをしているように見えるのに
その実、バトルと比べると、練習した曲を練習通りに歌おうとしている感じがした
それ自体は、間違いなく良いことだとは思うよ
リハーサルで出来たことが本番で出来なくなるよりかは
予定通りの歌唱でしっかりとステージを自分のモノにするってのは
でも、私はその場のノリだけで歌うクサムがまた見たかったな、とは思うった
まあ、そんな注文をするのは私ぐらいだろうし
今回の彼の歌唱が、これまでの歌唱の中でもベストなものであることには変わりない
このまま今回も通って、生放送で歌うことにどんどん慣れて
誰も近づくことのできない、迫力の歌唱が出来るようになればな、って思うかな
Bオデ動画 AF動画 バトル動画 L1動画
Bオデ記事 AF記事 バトル記事 L1記事

Ecco (曲:L’Hymne à l’amour - Édith Piaf

間違いなくエッコのベストパフォーマンス
今までで一番良い歌唱をしてくれた

捻った歌唱や奇抜なことは一切なしで、シンプルに Voice だけで勝負しきった
ストレートな歌唱で勝負すると、チーム内でのバトルよりもむしろ
立ちはだかるヤスミンやマエルのような表現力モンスターたちが強大すぎるが
それでも、今回のエッコは過去最高の歌唱をして見せたように思うし
ヤスミンやマエルに対して負けず劣らずの高い表現力を持って歌ってくれたと思った

これでも、まだ素人感が強いんだけど、むしろその素人らしさがすごく良いよね
この年頃の女の子(16)が等身大の歌唱で挑んでいる感じがしていてすごく素敵
最初はガラスの器っぽい歌唱というか、歌声だけじゃなくて心の中まで
とてもクリアで、全く濁りのない歌唱をしているように感じていたんだけど
でもそれって、大人な表現力、背景の深みを持たせないで、むしろ無垢なままで歌ったから
ここまで透き通った歌い方が出来ていたんだろうなって思った
例えば、今後さらに歌唱力をつけて、色んなことを経験して精神的に大人になっていって
それでまたこの曲を歌えって言っても、きっと、今回のような歌唱はできないだろうね
今のエッコだからこそ、ティーンエイジの彼女だからこそできる歌い方だと思う

あと、素人感があるとは書いたけど、決してカラオケ的な歌い方ではないし
技術的にはプロに匹敵するだけの能力があるとも思っている
まあ、そこまで言ったら、ヤスミンとマエルがいるのに言い過ぎかもしれないけど
だけど、カラオケっぽさって言うのはほんと全くないよね
素人らしく聞こえるのは、それこそ練習した曲を練習した通りに歌ってる様に聞こえる所
んで、それもさっき、クサムの時に書いたように、悪いことではない

途中で、パスカルが涙目になっているのを見ると
彼がどれだけエッコを大事に育ててきたのかが分かるような気がする
エッコがこの曲をとても大切に、そして丁寧に歌っているのを見ていると
それはパスカルが彼女にそう接していたからだって言うのも伝わってくるからね
クサムに対して、彼の意志を尊重し、彼がやりたい様に歌えるようサポートしたみたいに
まだまだThe Voice コーチとしての勝手が分かっていないながらも
出場者を一人の歌手として、後輩として、最高の経験ができるようにサポートした
今回のエッコとクサムの歌唱を見ていると
パスカルはそういうコーチングをしたんだなって思った
Bオデ動画 AF動画 バトル動画 L1動画
Bオデ記事 AF記事 バトル記事 L1記事

Betty Patural (曲:Isn’t She Lovely - Stevie Wonder

……パスカル?(;^ω^)
ベッティ……、絶対もっと上手く歌えるはずなんだけど
歌い慣れてない曲を歌っているみたいに声の張り具合が悪いし
音程だって全く安定していない
これはカラオケにしか聞こえないどころか
正直、ちゃんと歌えていないと思った……
え……? マジでどうしてこうなった……?
Bオデ動画 AF動画 バトル動画 L1動画
Bオデ記事 AF記事 バトル記事 L1記事

結果発表
視聴者の選択 Ecco
パスカルの選択 Xam Hurricane
何から何まで納得の結果
エッコが視聴者チョイスでストレート勝ちをしたのも分かるし
ベッティには悪いけど、今回の歌唱を見たら、そりゃ落ちるだろうと思うし
だからこそ、パスカルがクサムを選んだのも分かる
実際、視聴者の投票順位も「エッコ>クサム>ベッティ」だと思うよ


フロンのチーム
Hobbs (曲:Runnin’ - Naughty Boy feat. Beyoncé, Arrow Benjamin

いや……、そうじゃない……、そうじゃないんだよ……
これ頭抱えるAA貼りたくなってくるわ……
なんでホッブスにこの曲を歌わせたよフロン……
ホッブスの良さを全力で潰しに来てるだろこれ……
ホッブスもホッブスで、まじめだからちゃんと歌ってるけど
ちゃんと歌えば歌ほど、彼の良さが消え失せて、ただのカラオケになってる
アップテンポな曲を歌うことが得意じゃないってことが目に見えてしまってるし
バックダンサーもガチャガチャ動きすぎて画面がすごくうるさいし

Bオデのホッブスはすごく良かった
どこか狂気的にすら感じるほどに曲の世界に入り込んで
エドゥワードやクサムのとは違った絶叫
心の叫びをそのまま外に吐き出しているかのような歌唱が素晴らしかった
なのに、これじゃあ、そこらにいるどうでもいいような歌手と並んでしまうわ
大体、じゃあこの歌唱でBオデを通るのかって言う話だよね
絶対ノーターンか、あっても1ターンレベルだと思うし
他のシーズン、他の国でこの曲をカバーしてる人たちの足元にも及ばないと思う

フロンは無難な選曲で勝負させることが多いのに
同時に、こういう突拍子もない選曲で歌手を潰すことがあるのがほんと恐い
なんかこの時点でホッブスに関しては半ばあきらめてるけど
せめてヤスミンにはちゃんと歌わせて欲しいって思う
Bオデ動画 AF動画 バトル動画 L1動画
Bオデ記事 AF記事 バトル記事 L1記事

Raffi Arto (曲:Can’t Help Falling In Love - Elvis Presley

埋込動画を再生できない場合はこちら
ホッブスとラッフィに間違えて曲渡しただろフロン
ここにきてラッフィにバラードを歌わせたのは意外だった
いや、それ言ったらホッブスの選曲も悪い意味で意外性の塊だったけど
でも、どうかなあああすごく評価に迷ったよ私は
ラッフィにこの曲を歌わせるには、表現力も歌唱力も、ちょっと足りていないと思った
だって、これまでのラッフィって、勢いで誤魔化しまくっていたから良かったのに
今回は歌唱力が浮き彫りになるような曲だったから
ラッフィの天井が完全に露呈してしまった様に感じた
これは優勝はないわ、って言う感想がまず最初に出てしまう

とは言え、100%ネガティブなことを思ったわけでもなく
これはこれで、ラッフィなりにものすごく頑張っているように感じた
実際、この曲を歌うのは難しかったと思うよ
ホッブスとは真逆で今までアップテンポな曲を歌ってきていたから
一つ一つの音を長く溜めて歌うのは多分苦手だろうし
それもあってか、明らか声に緊張が出てしまっている
ビブラートではなく、ナチュラルに声が震えているものね
そう言った意味では、自分の苦手なジャンルを何とか歌い切ろうと頑張ってるように感じた

でもまあ、ラッフィはやっぱり若さを武器に勢いだけで歌った方が良いわ
この曲はむしろ、高い表現力を持ってるホッブスの方が合うだろうし
なんなら、ホッブスが歌ったRunnin’ をブギウギアレンジにして歌っても面白かったと思う
Bオデ動画 AF動画 バトル動画 L1動画
Bオデ記事 AF記事 バトル記事 L1記事

Yasmine Ammari (曲:Too Good at Goodbyes - Sam Smith

もう今回のフロン最悪
今回のフロンのコーチングの酷さたるや
最高級の食材を渡されてジャンクフードすら作れなかった感が凄いわ
出場者全員に一切の罪はなく、完全にフロンのコーチングミス

なんかもう、歌い方の一つ一つがものすごく不自然
低音歌唱はやり過ぎているし、ファルセット歌唱も合っていない
この辺りはたぶんフロンが出した余計な指示なんだろうな
これまで彼女が見せてきた歌唱を考えると、フロンの手が入っていない状態なら
同じ選曲でも絶対もっとまともな歌い方が出来ていたと思う
何より、音程は合ってるのにここまでリズムがズレると音痴に聞こえてしまうのが酷い
本番直前に曲を変えたんじゃないかってレベルの歌いっぷり

数少ない評価できるポイントは、ラスト前のボーカルパフォーマンスと
YouTubeの評価割合が良いところぐらいだわ
その評価割合も、母国アルジェリアからの支持なんだろうけど

これで、この年しかフランス版The Voice を見ていないのであれば
フロンが悪いって言う発想には至らなかったかもしれないが
去年のThe Voice を見てるから、絶対フロンのせいでこうなったって分かるし
しかも、過去の分は去年のしか見ていなくても、そう言い切っちゃうレベルだからなあ
最初に書いたけど、ほんとコーチがフロンだとこういうことになるから恐いんだよ
てか、今年しか見ていなくても、ホッブス→ラッフィ→ヤスミンのこの流れで
あ、フロン先生やべえわ、って気づくだろうしな

ヤスミンは絶対今年のフランス版の中で一番の歌唱力を持ってるのに
どうしてここまで酷くできたのか
マジでザジチームに入ってたらなあ……
Bオデ動画 AF動画 バトル動画 L1動画
Bオデ記事 AF記事 バトル記事 L1記事

結果発表
視聴者の選択 Raffi Arto
フロンの選択 Yasmine Ammari
悔しいけど、そりゃ今回はラッフィが視聴者票で選ばれるよ
歌唱の完成度的にもラッフィに軍配が上がると思うし
むしろ、下手したら「ホッブス>ヤスミン」だってありえたと思う
てか、合わないだけで丁寧に歌えてたホッブスの方が歌えてるわ
マジでフロン、よくもここまで酷いコーチングが出来たもんだ

恐ろしいのは、仮にこれでヤスミンが決勝に上がったとしても
フロンがコーチであるって言うことで博打になること確定してるって事よ
てか、視聴者票でラッフィが通るぐらいだから
次回ですら、選曲ミスったらヤスミンが敗退する可能性があるほどだからね
頼むぞフロン


ミカのチーム
Frédéric Longbois (曲:Je voulais te dire que je t’attends - Michel Jonasz

埋込動画を再生できない場合はこちら
感嘆のため息が思わず漏れるほどの歌唱に
コーチ全員が感動してる……

涙もろいパスカルはともかく、フロンまで感動のあまり見入ってるし
ザジなんか本当に感嘆のため息を漏らしてるよね
でもそりゃそうなるわ、今回のフレデリックは本当に素晴らしい歌唱をしてたもの
歌唱力が高いとか、表現力が高いとか、もうそう言うところを飛び越えて
ハートで歌う熱唱だったし
物語の主人公がステージに立って歌っているかのようだった

特に後半からの流れは本当に素晴らしかった
お調子者のフレデリックにして、あれだけの歌唱が出来るとは
前回、あれだけ大はしゃぎをしていた分もあって、ここまでできるとは思わないよね
オーディションフィナーレの奇跡以上の奇跡が起きたかのようだったわ
ここまでで間違いなく一番の歌唱だったし、これまでの彼のパフォの中でも一番だった

前回が、フレデリックのやりたいように歌わせた歌唱で
今回はミカが歌わせたいように歌わせた結果っぽく見える
ボーカルパフォーマンスに対するミカのこだわりがしっかりと反映されてたわけだし
でも、これは単にミカに指示された通りに歌ったってだけじゃあないよね
それでここまで上手く表現できるようなら、誰だって上手くなるわ

フレデリックはこれまで、お調子者キャラで通っていたし
Bオデや、前回の生放送初週みたいに、スペクタクルに歌いたがるタイプで
でも、スペクタクルに歌えるのは、それができるほどの歌唱力と表現力があるからで
だからこそ、AFやバトルラウンドでの歌唱みたいなこともできていた

ところが、今回の歌唱は、お調子者のフレデリックとも
AFやバトルラウンドの表現力の高いフレデリックとも違っていて
歌い終わった後もしばらく曲の世界から抜け出せてないほどに
真剣に、持てる能力全てを注ぎ込んだ、迫真の歌唱だった
歌唱力も表現力も、持てる限りの能力全てを使って
全身全霊でこの曲を歌っていた

化けたとかいうレベルじゃないよ
ここまで来て、いまだ底の見えない歌唱をしたんだ
例え、フロンチーム全員が自爆していなかったとしても
フロンチームにだって負けない歌唱をしていたと思うよ
Bオデ動画 AF動画 バトル動画 L1動画
Bオデ記事 AF記事 バトル記事 L1記事

Guillaume (曲:Let’s Dance - David Bowie

ううむ……(;^ω^)
いくらフレデリックの直後ってことで、分が悪いとは言え……
これはなんかもう、ジョークアクトにすら思えるな……
こうやって見ると、前回の Radiohead の曲は、本当に彼にピッタシの曲だったんだな

ちゃんと聞いたら、別に歌が下手ってわけじゃないのは分かるし
むしろ、かなり歌唱力が高いことも分かるんだけど
ただ、ただただ中身がない歌唱だったとしか言えない
人を楽しませる歌唱としても中途半端だったし
てか鉄球いらんだろ別に
Bオデ動画 AF動画 バトル動画 L1動画
Bオデ記事 AF記事 バトル記事 L1記事

Casanova (曲:Le Chanteur - Daniel Balavoine

凡人の中のB級歌手って感じ
バックステージにいる間は、まだ上手く歌えていた
前回よりかは遥かにマシで、ああ、落ち着いて歌えばだいぶ良くなるんだって思った
だけど、ステージ上がったとたんに歌唱がガタつき具合があまりにも悪い
フレデリックの事を考えなくても、これは良くないわ
ギリアムはまだベースの能力が高いからマシだけど
カサノヴァは、なんかもう、良くここまで残ったよねって感じに見えてくる
歌ってるって言うか、声出してるだけなんだもんなあ
特に後半は喚いてるだけって感じ
Bオデ動画 AF動画 バトル動画なし L1動画
Bオデ記事 AF記事 バトル記事 L1記事

結果発表
視聴者の選択 Frédéric Longbois 
ミカの選択 Casanova
正直、ギリアムとカサノヴァのどっちが通ろうが、私はあまり興味はない
問題なのは、フレデリックが視聴者の選択によって勝てるかどうかだった
そして、フレデリックはストレートに視聴者票で通った
当然だよね、これでギリアムかカサノヴァが選ばれていたら
The Voice とは何なのかって感じになっていたと思うよ

ミカが残ったギリアムじゃなくてカサノヴァを選んだのは
単に好みかもしれない
しかし、ラッキーボーイ
その強運はもう続かないだろう


ザジのチーム
Maëlle Pistoia (曲:Wasting My Young Years - London Grammar

フレデリックとは別ベクトルの熱唱
しかし、多少歌唱が走り過ぎているか……?

フロンチームが全員自爆した上に、次回以降もフロンがどうするか分からない以上
フレデリック最大のライバルは、ザジチームのマエル以外にいないだろうと思っていた
しかし、今回の歌唱を聞く分には、やはりフレデリックが今のところの頂点か

今回のマエルって、まず何より選曲が本当にぴったしハマっていると思った
ベルギー版のLuka に近いってちょくちょく思ってたのもあって
Mad About You とか、ダークな曲を歌わせたら相当上手いだろうなって言ったけど
この曲は方向性的には近いものがあるし、Mad Aboud You より疾走感があって
本当にぴったりな曲だって思ったんだ
それに、Luka の事がなくても、彼女の歌声に合う選曲だとも思ったからね

ただ、マエルの歌唱が、どうにも私の中では賛否両方ともあるんだよなあ
YouTubeの評価割合では、前回の曲よりも人気になってるけど
ぶっちゃけ、私は前回の歌唱の方が遥かに上手く歌えていると思ったし
今回の歌唱は変に力み過ぎて、ガタつきがあると思った

勢いを持って歌うのは良いと思うし
熱を込めて歌ってる方が、淡々と歌うよりもずっと良いが
とは言え、もうちょっと丁寧に歌ってほしいとも思った
ところどころ、熱がこもりすぎて、気持ちが前のめりになってるように感じたんだ
音を外したり、リズムがズレたりしてるところもあるし
前回の歌唱を知っているだけに、もっと完璧に歌えたはずだと思ったからね

とまあ、ネガティブなことを書いてはいるけど、彼女に才能があることは間違いないし
フレデリック、エッコと並ぶほどの、高い表現力を見せてくれたとも思う
ああ、でもエッコと比べたら、今回はエッコの方に軍配が上がるかもしれないな

ほんと難しいところなんだ
評価したいと思わせるほどの歌唱をしているのに
同時に、評価しきれない歌唱もしているから、すごく評価が難しい
Bオデ動画 AF動画 バトル動画 L1動画
Bオデ記事 AF記事 バトル記事 L1記事

Édouard Édouard (曲:Rester femme - Axelle Red

めちゃくちゃ渋くてカッコいいんでけど
前回は選曲と歌唱がチグハグしていて、個人的に合わなかったけど
今回は歌唱と選曲の繋がりがものすごく強かったし、何よりスーツが似合う
正直、マエルにはこれぐらいの隙のなさを持って歌ってほしかった
ジャンルや歌い方は全く違うけど、この隙のなさをね、マエルには持って欲しかったよ

にしても、完璧なコーチング、完璧な選曲、完璧な歌唱だよほんと
前回はともかく、これまで大体やりすぎなぐらいのシャウト歌唱で押してたエドが
だけど、今回はとてもヴォーカルコントロールを上手くやっていて
一瞬一瞬の加減がとてつもなく上手かった
シャウトもやたらめったら使うんじゃなくて、ここぞってところで使っているし
シャウト歌唱に至るまでの溜めの上手さや、盛り上げ方の上手さ
全体的な歌唱構成が絶妙な加減になっていて、すごく聞きやすかった
エドゥワードの歌唱の中で、私は今回のが一番好きかもしれない

BオデとAFではシャウトしまくりの乱暴な歌唱だったけど
バトルラウンドで人と合わせて歌うことで、力の加減を学び
ライブショー1週目で全体の構成を意識した歌い方をさせ
そして、今回の歌唱はまるで完成形であるかのように
これまでで一番歌唱が安定している
元々シャウトばかりしていたとはいえ、音程を外すことがなかったエド
それもあってか、丁寧に落ち着いた歌唱だってできるし
元々声を張って歌うことが得意だった分、音にブレが全くない

ある意味、フレデリックに近い歌手とも言えるよね
歌い方がガラッと変わったものの、これまで培ってきた技術が
正しい形で使われて、レベルの高い歌唱に昇華しているんだもの

こうしてみると、ザジとミカの二人は本当にコーチングが上手いわ
マエルみたいに潜在能力を引き出して、鍛えるに鍛えまくるのも
エドゥワードみたいに元から出来上がってる歌手の能力を整えるのも
Bオデ動画 AF動画 バトル動画 L1動画
Bオデ記事 AF記事 バトル記事 L1記事

B. Demi-Mondaine (曲:Au suivant - Jacques Brel

埋込動画を再生できない場合はこちら
ユニークというか、普通じゃないというか
どこか、ミュージカル調の様にも思える歌唱と
作品世界に入り込んだ、物語の主人公そのものな、圧倒されそうな迫力
徐々に歌唱から激しさが抜けていっているエドゥワードとは対照的に
むしろ奇抜さセンスの尖り具合に磨きがかかったモデーヌ
これまでのモデーヌの歌唱の中では、一番万人受けしないタイプの歌唱かな
前回の歌唱からしても、結構変わったことをしていたけど
丁寧で大人しい曲を歌うよりかは、このぐらいの毒々しさを持ってる方が
他の出場者たちではたどり着けない場所へと向かってるようでカッコ良かった

シンプルな曲でありながらとても陰鬱としていて、ダークな雰囲気があって
歌唱が持つ怒りや憤りのイメージと相まって、とても重い歌唱
特に、まるでドイツ語で喋っているかのように聞こえるパッショナブルな歌唱は
攻撃的なイメージを持って耳に飛び込んでくる感じがするし
Bオデから続く彼女のイメージとしては、これ以上ないほどふさわしい曲だよ

エドゥワードとモデーヌ、二人して同じチーム内のマエルに
大人の歌唱を見せつけるかのようなパフォにも見えたな
これで、モデーヌが視聴者票1位を獲得したとしても、私は驚かないだろうな
それほどに、彼女の歌唱はしっかりとしていたんだ

しかし、独特な曲だよね
今まで聞いたことのないタイプの曲に思えるし、フランスらしい曲にも思えるし
何となく、クラシカルな雰囲気があるようには感じていた
というのが、Screamin' Jay Hawkins の年代の曲っぽさがあるように聞こえたから
古い映画の曲っぽさがあるような気がするというか
んで、調べたら原曲は1964年に歌われた古い歌なんだね
てか原曲の歌唱を聞くと、ほんとフランスってこの手の曲に強いみたいだ
フランス版The Voice でエドゥワードみたいな歌手が多いわけだよ
Bオデ動画 AF動画 バトル動画 L1動画
Bオデ記事 AF記事 バトル記事 L1記事


結果発表
視聴者の選択 Maëlle
ザジの選択 B. Demi-Mondaine
あ~~、これは人気投票になったかな
純粋な歌唱力勝負で言えば、今回はエドゥワードとモデーヌの方が上だと思った
というか、マエルのライバルが同年代の歌手ではなく
大人で、かつ格上の歌手って言うのが厳しいはずなんだよね
特に、マエルとモデーヌ、方向性として近いものがあるから
じゃあどっちを選ぶかってなったら、モデーヌになると思うんだ
歌唱力だけで考えればね

でも、マエルが視聴者人気で勝ち上がるのも分かる
何より、期待値が高いし、これまでの戦果貯金があるから
今回の歌唱が勝は知り気味でも、次回なら、って思えるからね
しかし、エドゥワードは惜しかった


全体の感想
という事で、各チーム残り2人ずつになってしまったわけですが
各チームの視聴者票通過者が
エッコ、ラッフィ、フレデリック、マエル、と
割と納得の結果になったと思う
全体、若い子が多いものの、歌唱力勝負でちゃんと1位通過した感じ
ヤスミンがなあ……、上手く歌えていればなあ……
てか、フロンのコーチングが恐ろしすぎて、次回もどうなるか分からないよね
大人しくBオデや初回生放送みたいな歌唱とアレンジで挑ませればいいんだけど
今回フロンチーム全滅してたしな

あと、今回のベストパフォーマンスはフレデリックで間違いないよね
もう誰もフレデリックに追いつけない状態になっているし
同チーム内の対戦相手がカサノヴァしか残っていないから
決勝進出さえも確定したようなもんだから
これはこのまま優勝も狙えそうという
もっとも、誰が優勝するかってなったら
エッコ、ヤスミン、マエル、モデーヌ、と
女性陣もすごく良い歌唱をしそうだから
まだまだ分からないんだけどね

もっとも、今の時点で優勝予想をしようが
ほとんど全ては次回決まると言っても過言ではない

という事で、また次回


>>次
http://sheilabirlings.blog33.fc2.com/blog-entry-5846.html
<<前
http://sheilabirlings.blog33.fc2.com/blog-entry-5844.html

もくじ記事
http://sheilabirlings.blog33.fc2.com/blog-entry-5588.html

公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCQRELbX0H5FCokIFxOAsHFA/featured
関連記事
TheVoiceフランスフランスライブショー主人公フレデリックハートの歌唱フロンの本気()パスカルの本気渋いエドゥワード

0Comments

Add your comment