Vocea României Season8 Blind Audition2 レビュー記事

ブォナセーーーラァアアアア!!!
ヴォーチャー・ロムニエの続きを見ていきましょう!

取り上げるまでに少々のブランクが空きましたが
ルーマニアでは日月の2夜連続放送された初週のThe Voice
今回は5本の短め番組ではなく、10人分のオーディションが行われる
2夜分をまとめたら、例年よりもちょっと人数多いぐらいで
実はそこまでいつもとは変わらないわけなんだね

どうせなら7人x7人ぐらいの方が、最終的には一番見やすいと思うんだけどね
今後もこの放送スタイルが続くのかどうか分からないにしても

さて、それはそれとして
初週1夜目のからしてすさまじい歌唱力の出場者が来ていた
流石にボグダンみたいな歌手は早々出てこないだろうとは思うが
ただ、ルーマニアは欧州各国版の中で言っても、レベルが高い方だから
なんだかんだ面白い人が来るとは思うんだ
2017年なんかも実力者、トリッキーな出場者、どちらも多かったわけだからね

ということで、期待値は今後も上がり続けるであろうルーマニア版The Voice
さっそく見ていきましょう!
Horatiu Bosca
(曲:L-O-V-E - Nat King Cole

ううむ……、選曲も歌声も素敵なんだけどねえ
The Voice なのに管楽器持ってくる意味が分からないもんなあ
個人的には、ルーパーは良いにしても、声を楽器にしているし
ピアノ弾き語りやギター弾き語りも、弾きながら歌えるから良いにしても
管楽器はどうなの? って思うよね

歌唱自体は、そんなに悪くないというか
この手の音楽を歌う人らしく、渋くて素敵な歌声だと思った
だからこそ、なおの事その素敵な歌声をもっと魅力的に使って欲しかったな
イリーナが結構一緒に歌っていて、アンドラもちょろっと歌って
出場者敗退が決まった後で二人とも歌って遊んでいて
ルーマニア語は分からないけど、そう言うところが敗因だなってのは伝わった
確かに、こういう曲で歌唱に遊びを入れないのはもったいない気がする
優等生過ぎる歌い方をしているというか、「歌いすぎ」ていて、「遊び」がない
トランペットまで用意したぐらいだから、もっと遊んでほしかったかも?

ノーターンになるのは致しかたなし
だけど、地味にアンドラとイリーナの株が上がる場面でもあったな


Maria Pop
(曲:Mama Do - Pixie Lott

ネットリした歌い方してるのに嫌味がなくてあっさりしてる
あっさりとしたネットリさって言う、矛盾してるような感じがすると思うけど
聞いたら分かる。あっさりとしたネットリさだから
これは単に、ネットリとした歌唱を普段そんなにしていないからってだけなのかも?
ガチでネットリさせる人って、もっと艶っぽさを出したりするよね
それが出来ないって言うあたりは、経験の足りなさか、表現力の足りなさか
ただ、それが良い方向に働いて、絶妙に嫌味のない歌唱になっていたと思う
若い子らしい、スカッとした気持ちの良い歌唱が出来ているんじゃないかな
私は、選曲ちょっとミスっていると思ったけども、アレンジ自体はすごく良かった

選曲ミスだなって思ったのは、先に書いたように経験と表現力の不足ゆえ
自分の歌い方で勝負しているわけではなくて、借り物の、カッコつけるような歌い方
ネットリがあっさりに聞こえるのは、形だけ挑発するような歌い方をしても
根が良い子で男を誘惑するようなことをしたことがないからなんだろうなって思う
でも、一番高い音で、一番声を張って歌った瞬間、素の彼女の声が聞こえた気がして
ああ、綺麗な声で歌えるんじゃないか、って思った

あと、歌唱タイプ的に、前に声を出した方が上手いような気がする
この曲って、手前にある音を手元に引き寄せるような声の出し方をする必要があって
糸を手繰り寄せながら、聞き手を自分の方に引き寄せるような歌い方が求められる
でも、そういう歌い方って、声を前に出す歌い方よりもずっとずっと難しい
彼女の場合は、逆に真っすぐ前に声を出す歌い方のが自然な気がする
本人も、明らかにその方が気持ちよく歌えてそうだったし

ただ、この曲を選んだことの利点を考えると
最初にバリバリアイドル歌唱な曲を選んでた方が敗退した可能性はある
今回のはピクシー・ロットって言う英国の(どっちかって言うと)アイドル歌手での曲で
例えばピクシーの代名詞的な曲『All About Tonight』みたいな
もっとキラキラした曲が他にある中で、わざわざこの曲を選んだ辺りはセンスいいと思う
Bオデの時点で色々できることを見せるって言うのは、すごく意味のある事だと思うんだ

あと、途中で嬉しくて歌唱が止まっちゃったこと
続けさせようとするイリーナ
この二つの流れが好き

コーチはトゥドールに
トゥドールかあ……
トゥドールはルーマニア版で最も成績の良いコーチとは言え
タイプ的に合いそうにない気が……


Sara Chiavegato
(曲:Crazy in Love - Beyoncé

https://www.youtube.com/watch?v=lJ7ASgO1wG4
すごく判断に迷ったけど、ユニークな歌声ではあるかな?
どうにも選曲が合っていなかったような気がするんだけど……、どうだろう?
前半の歌唱が、重すぎで硬すぎるんじゃないかなって思った
原曲のままの編曲で歌うよりかは、ダークなアレンジにしてみるとか
同じ編曲にするにしても、テンポ遅めにしてみるとか
もうちょっと、この人の歌唱に合うように出来たと思う
あるいは、ジャズアレンジにしてみるとかさ

もしかしたら、単に緊張しているだけで
普通に歌う時はそこまで違和感ないのかもしれない
でも、アンドラが気に入ったラストのボーカルパフォーマンス含め
歌声がユニークでとても魅力的だから、それを魅せる選曲のが良かったと思う

歌唱の中で良かった点と言えば
テンポの速いこの曲に対して、あまり急いで歌ってる印象がないところかな
曲に追いつくように歌ってしまうと、それこそ魅力半減どころじゃなくなるし
それに、後半の声を張り始めてからの流れは良かった
丁度全員がターンしたあたりからだね
全力を出して、音も外さずに歌えているし
リズム感と音程コントロールはすごく上手いと思う

個人的には、フルターンするほどじゃなかったとは思うけど
「こういうことが出来ますよ」っていう自己紹介歌唱だったと思うし
この歌声、リズム感、音程コントロールの丁寧さなら
どういう曲が合うのか、どういう曲なら魅力と実力を引き出せるのか
コーチ目線ではそう言うところが面白い歌手なのかもしれないね

コーチはアンドラに


Gabriel Ciobbotaru
(曲:Let Her Go - Passenger

わたくしの苦手なたぐいの歌い方をされておいでです
残念なことではありますが、全くわたくしは彼の歌唱を評価することができなかったのです
歌声はなんとなく、他の人にはない魅力があるような気はする
でも、歌い方がよろしくないよなあ

明らかに元プロっぽい雰囲気の事前ドキュメンタリーパート
ルーマニア語は分からないけど、栄光は束の間で売れなくなったのか
若い頃に、若さと勢いだけで売れすぎたのか、基礎が疎かになっているというか
そもそも、最低限必要な基礎を身につけて来たのかが怪しい歌唱
お腹から声を出して、喉をしっかりと開いて歌う、っていうんじゃなく
胸辺りで声を出して、舌の上で歌っている感じがする
日本人歌手って、喉声歌唱を効果的に使ってる人が結構いるけど
そういうタイプって、余り英米欧ではみかけず
彼の歌唱もシンプルにカラオケだったと言わざるを得ない
ボーイバンドのメンバーの中で、センターにはなれない歌唱力って感じか

そして、やはりというべきか、ノーターン敗退


Antinia Simion
(曲:Ex's & Oh's - Elle King

https://www.youtube.com/watch?v=fjMr4Qn4ZPg
突き抜けたクセの強さを手に入れると一気に化けそう!
先に歌ったMaria Pop といい勝負なクセの強さがあるよね
最終的に突き抜けたパフォーマンスができるのはマリアだろうけど
クセの付け方がとっても自然で、違和感がないアンティニアは聞き心地が良い
ニュートラルな歌唱に近いからかもしれないが

ただ、彼女の歌唱はかなり物足りないと言うか、惜しいんだよね
いささか優等生すぎる歌唱のようで、曲に乗り切れない真面目さがある
ビブラートや裏声の切り替えとか、技術的に目を見張るものもあるし
結構難しいはずのリズムの曲を、難なく歌いこなしていて
クセのつけ方、声の濁らせ方、そう言うとことがとっても自然
だけど、せっかく選曲と歌唱にユニークさとセンスを感じさせる魅力があるのに
歌い方が普通過ぎるというか、コーチのターンを気にしすぎた歌唱をしていて
全体的に、人の顔色を窺うように、上手く歌おう上手く歌おうってやり過ぎてる
歌うって、別に人の顔色を窺わないで、自分の好きなように歌えばいいじゃない
こういう曲が好きなら、胸を張って歌うべき
そう言うところの違和感で、魅力が半減しているように感じた

もし、自身を持ってスパッと気持ちよく歌ったら、一気に化けると思う

コーチ人は、イリーナとアンドラがターンして
スマイリーとトゥドールがターンしなかった
正直、気持ちは分かる
イリーナとアンドラは「面白い」っていう直感だけでターンして
スマイリーとトゥドールは「あと一歩感」でターンできなかったんだろう
私も、ギリギリまでターンできないと思うかな

コーチはイリーナに


Claudia Popina
(曲:Don't Be so Hard on Yourself - Jess Glynne

https://www.youtube.com/watch?v=10db59RTVz4
前半はガチガチに硬いけど、そこまで悪くない
出だしからしばらくは、緊張もあってか全然曲に乗れていなくて
曲に置いて行かれないように必死に歌ってる感じが、いささかきつかった
前半の振り付けなんか、ノリノリで自然やるんじゃなく用意してました感が強すぎるし
それもあってか、歌うことにあまりにも集中しすぎているように感じた
いや、歌うことに集中するのは当たり前の事ではあるんだけど
こと、こういう曲に関しては、リズムを感じて身を任せる方が良いと思うからさ
ノリノリになるまでは、素直に曲に身を任せて歌うのがベストだったと思う

ただ、サビに入って曲が一層明るくなると、グルーヴ感を上手く出せる歌唱になった
ノリの良さと、落ち着きのある歌唱、相反する要素が絶妙に合わさっていたと思う
特に、歌声がいかにもディスコ系の曲に強そうなところは本当に良かった
無理やりこういう声を出しているんじゃなくて、ナチュラルに出しているよね
他のジャンルもできるだろうけど、こういう曲を歌うために生まれてきたみたいで
歌声と曲とが全く違和感がなかった
そこは、才能でもあると思うし、彼女の強みでもあると思う

歌唱力的に、ちょっとふわついているところが気になるか
全体的に、もうちょっと声を張って欲しいと思うところが多かったし
特に、アンドラがターンする前の歌唱は、もっと声を張ってよかったし
ラストで声がカスったところは、締めとして尻すぼみになってて残念だった
それ以外は、悪くなかったと思う

コーチはアンドラに
それはそれとして、UK版だけだと思われていた押せ押せ演出
ルーマニアも今年からあるみたいだから
こういう余計な演出は、基本的に世界規模でやってるんだろうね
タイミング的に早い時期にやるからUKだけやってるって思われガチだけど
問題は(おそらく)フランチャイズ元であって、その国ではないようだ

Lina Sanden
(曲:Wake me Up - Avicii

https://www.youtube.com/watch?v=epiw0HS63Qg
歌声と声の振るわせ方、伸ばし方が素晴らしいな!!
途中でトゥドールがアワワワワワってやってるの笑っちゃったけど
そこがすごく良いんだよね、そこが聞き心地が良いんだよね
でも、そこももちろん良かったんだけど、ひゅっ、と上げる裏声の使い方
いわゆる「しゃくり」を裏声でやってるところが上手くいくと、すごくカッコ良い
って見ていたら、実はこの方はスウェーデンから来たのだとか
それで、腑に落ちたというか、全て合点がいったというか
彼女が歌った曲もスウェーデンのアーティストAvicii の曲だし
裏声の使い方に関しても、ノルウェー版The Voice みたいな
北欧の歌手が良く使うような技法だから

でも、彼女はベースとしてカントリー音楽の基礎やソウルがあるようで
カントリー音楽の中に上手く北欧の歌い方を落とし込めていたのかもしれないし
だからこそ、カントリーらしさのあるこの曲を、ちゃんとカントリーらしく歌えていたのかもしれない

コーチ陣がすぐにスパッとターンしないのは分からないでもない
上手いのは上手いんだけど、突き抜けたものを感じにくいんだろう
でも、今回の分の中では、ここまでで一番能力パラメータが均等に高い感じがするというか
六角形グラフでどれかが突き抜けないながらも、どれかが足りていない、って人が多い中で
彼女はちゃんと全部の能力がバランスよく並んでるって感じで
だから、私はターンはして然るべきって思ったかな
フルターンじゃなくて2ターンなのも妥当な感じか

コーチをスマイリーにしたのは、最良の選択だと思う
スマイリーは2016年もカントリー系歌手を準決勝まで導いていたし


Matei Blaga
(曲:This Love - Maroon 5

ああ~~~、私は嫌いじゃないかもしれない!
どっちかって言うと、今まで私が毛嫌いしてきていた
喉声で歌うネットリ歌唱系の出場者
だけど、彼の歌唱は正直そんな悪くないと思ったし、嫌いじゃなかった
出来の悪いMichał Szpak っぽい感じがなんか私は気に入っていた

最初から最後まで舌先で歌うような感じだったから
もしかしたらボーカルトレーニングとかで基礎から身に着けたんじゃなく
独学でライブを繰り返したりで地力をつけてきたタイプなのかもしれない
まあ、喉声だから声がすごく軽いし、言葉が薄っぺらく感じるが
ただ、曲と歌唱に違和感がそんなになかったし
鍛え方や選曲によっては面白いことが出来そうって思った

ボーカルトレーニングで基礎力つけて上手く歌う人たちと違って
センスだけで歌っている辺り、才能があると思う
それもあって、拍手が長い事鳴りやまなかったんだろうなって思う
突き抜けきれないからターンできないのも分かるし
次のバトルラウンドで潰れそうでもあるからなあ
でも私は1ターン合っても良かったと思う
スマイリーとトゥドールのタイプじゃないだろうけど


Romanita Fricosu
(曲:Nu sunt perfecta - Elena Carstea

https://www.youtube.com/watch?v=9D6zLFP6vPw
ただ歌うだけでなく、語るような歌い方がすごくカッコ良い
何かに雰囲気が似ているなって思って聞いていたんだけど、アレだ
ディズニー映画ジャングル・ブックの『I wanna be like you』だわ
ジャズの中でも、こういう、台詞調な歌い方のジャンルなんだろう
考えてみたら、ジャズの中の細分化されるジャンルを知らないという

派手じゃないし、ゆったり目の曲ではあるものの
静かに情熱を燃やすような歌い方がカッコよくて
ここまで歌ってきた人たちの中で、一番安定した歌い方をしている
音の線がしっかりとしていて、ブレるようなことも一切ないわけだし
当たり前のようにミスがなくて、当然のようにこの曲を歌いこなしていて
聞いていて不安になるような事、疑問に思うことがなかった
とても気持ちよく、気分良く彼女の歌唱を聞くことが出来たという

人によってはガツンと来るような歌唱じゃなかったと思うし
私も、初見ではガツンと来るようなではなかった
ルーマニア語だからって言うので「おっ?」とは思いつつも
「この人は優勝狙えるでえ!」とはならなかったわけだし
だから、イリーナとアンドラがターンしなかったのも分かる

でも、この人の歌声と歌唱力は無視できない
何より、地味に今のとこ表現力の高い歌手が来ていなくて
それゆえに、彼女の表現力の高さも強力な武器になりそうだと思う
過去にこの番組で出場した似たようなタイプの歌手も
選曲でそのユニークさをいかんなく発揮してる人たちもいたし
それに、今回は選曲もあってかなり抑え気味に歌ってはいたものの
だからこそ、絶対もっと声量を出して歌えるだろって思うし
リズム感も抜群にあるから、歌えない曲そんななさそうに感じるんだよね
実力の全てを出し切ってはいないけど、次回に期待できる歌唱になっていた

そして、コーチはトゥドールに
選択可能なコーチがトゥドールとスマイリーな時点で
どちらのチームに行ったとしても、彼女と相性のいいコーチだと思う
今回の語るような歌唱から、トゥドールお得意のミュージカル系
あるいは演劇っぽい歌唱にもっていっても良いと思うし
逆にロックをやっても上手そうだし
ほんとに何でもできそうな気配がするから良いんだ

ところで、思ったんだけど、トランペットのおじ様と良い
アンドラってジャズへのこだわりが強いみたいだね


Lacramioara Bradoschi
(曲:Don't You Remember - Adele

https://www.youtube.com/watch?v=PrquRfmD1YI
開幕即ターン案件だろターンしろよ!!
これ一回原曲を聞いてみて欲しい
何がすごいって、キーが違うぐらいで編曲はほとんど変わらないのに
歌声だけで完全に違う曲にアレンジしちゃってるんだよ
これなぜフルターンされないのかが理解できねえ
もしかしたら、たまたま選曲と歌声が噛み合っただけで
他の曲で聞くと、そこまで特別じゃないかもしれない

実際、サビの歌唱とか、あともう一歩だけでも踏み込んで欲しかったし
もう少し、歌声の魅力を発揮させるような歌い方をしてほしかったとも思う
特に、歌い出しの歌唱だけで全部持っていくだけの魅力があったもの
全体で見たら、結局のところ大味な歌唱ではあるんだけど
それでも、上手くコーチングしていけば、この声の使い方を上手く指導できれば
圧倒的なユニークさで大活躍できるはず
というのが、2016年フランス版のTamara Weber-Fillion に並べたと思うんだ
タイプ的にちょっと近い歌い方をしているとも思うし

ただ、フランスのタマラとの最大の違いは、この歌唱が借り物ってところか
先に書いたように、平凡とまでは言わないけども
途中から歌唱がちょっと大味になってしまうんだよね
そういう歌唱になってしまった最大の理由って
おそらくだけど、ラクラミォーラの歌い方は、イリーナを参考にしてるからだろう
2度目の歌唱で、イリーナがラクラミォーラとデュエットした時
そこで、初めてラクラミォーラがイリーナの声マネをしていたことに気が付いた
他のコーチ陣がターンしなかったのも、そう言うところがあっての事かな

イリーナが即興カバーすると「ああ、これが本物の歌い方か」って驚かされた
思わず、この曲のオリジナルがイリーナだと錯覚するほど
二人の歌声と歌い方は、酷似していると言い切れるような状態
それ以上に、イリーナの裏声が尋常じゃなく上手くて心底驚かされたが

んで、ラクラミォーラが最初に歌った時の歌唱の途中で
イリーナ風歌唱で歌い続けられず、化けの皮が剥がれちゃったのかな
だから、歌唱が途中から大味になってるように聞こえるんだと思う
あと一歩前に出れないのも、ベースとしてイリーナ風歌唱があるからだろう
ラクラミォーラ本来の歌い方と、イリーナの声マネの中間みたいな状態
それでも、人の声マネで歌えるって言うのも才能だと思うけどね

コーチはイリーナの単独ターン
こうなると、かなりコーチングが気になってくる


全体の感想
1夜目と合わせて全体で見るべきか、それとも2夜目だけで判断すべきかってとこだけど
ただ、さすがにやっぱボグダンを超えられるような人どころか、追いつける人はいなかった
まあまあ、まだ初週な分けだし、ここからがお楽しみではあるけども
それで言っても、通過した人たちはなんだかんだユニークな歌手が多かったんじゃないかな
無難な選曲と言うか、よく聞くような曲を持ってきてる人はいなかったと思うし
選曲を自分のものにしようとしてる人が多かったように思う
『大絶賛!』って言えるようなタイプがいなかったと言うか
あともう一歩面白ければな、って言う惜しい歌手も多かったとは思うかな
ただ、そう感じるのはおおむねボグダンのせいだろう

それから、もしボグダンを見るタイミングが、今回の後に来ていたなら
評価がだいぶ変わっただろうなって言う歌手もチラホラ

今回の中で言えば、私はラクラミォーラが結構気になるかな
他の人たちも、みんなほとんどもれなくクセのある歌い方をしてるんだけど
その中でも、ラクラミォーラの歌声は、かなり特殊だと思う
今回はイリーナ風がかなり強かったみたいだけど
地声はあそこまで高いわけでもないわけだし
素直な歌い方をしたらどうなるのか気になる

それから、スウェーデン人のリーナもかなり良かったな
私はあまり、カントリー系歌手にはなじみがないんだけど
彼女の歌唱は自然と耳に馴染んだ
選曲が良かったのもあるけどね

あと、若い女性陣は、大体みんな似た感じに聞こえる所がある
選曲やジャンル、歌い方はみんな違うんだけど
なんていうか、むしろ The X Factor 出場者な人が多かったように思う
ちなみに、ちょうどいまThe X Factor もほうそうしているみたい
https://youtu.be/eKoQqbGe1hE

まあでも最後のコーチ合唱が全部持ってったよね
出場者の歌唱よりも、何よりもラクラミォーラとイリーナのデュエット
そして、そこから繋がったコーチ陣大合唱は良かった
ラクラミォーラの動画だけ、2夜目の動画の中で再生回数が多いのって
絶対みんなコーチのパフォーマンス見たさに再生数回してるよねwww
大体、トゥドールはなんで歌い出したんだよ急にwww
トゥドールって、時々歌唱力あるのか分からなくなる時があるけど
遊びで歌う時はものすごく上手くて、カッコいいんだよね
そして、アンドラもスマイリーも続いちゃうところwww
というか、2本目と3本目のマイクってどっから出てきたの……
最後スタッフにちゃんと返しているから、最初から持っていたわけじゃない様だが

ところで、今回のこの編集って、どうなの?
主に、ラクラミォーラのオーディションについてなんだけど
実際はギリギリでターンしたのかもしれないが、イリーナがターンするまで敗退にならないし
会場からは押せ押せコールがすごいし、悪い流れが来てるような?
まあ、押せ押せコールは歌い終わった後だからまだ良いにしても
他の国で実験的にやった演出とかを、別の国でも導入する流れ
これは他の国でも続きそうだな


次>>
http://sheilabirlings.blog33.fc2.com/blog-entry-6050.html
前>>
http://sheilabirlings.blog33.fc2.com/blog-entry-6048.html

もくじ記事
http://sheilabirlings.blog33.fc2.com/blog-entry-6047.html

関連記事
TheVoiceofRomaniaVoceaRomânieiルーマニアクセの強い歌唱スウェーデン人イリーナ系歌唱

4Comments

通り酢ガリ  

あら?

動画が再生できないね(;・ω・)

正確には公式動画の埋め込み再生ができなくて、YouTubeのページに直接アクセスしないと再生できない仕様になってるね

再生しようとするとそういう意味合いの注意文が表示されたわ(;・ω・)

2018/09/14 (Fri) 22:47 | EDIT | REPLY |   

シーラ B  

Re: あら?

> 通り酢ガリさん
あ、ほんとだ
初回のは再生できるのにな(;・ω・)ナンデジャ

非公式は削除の危険があるからあんまり使いたくないのが本音だけど
差し替えるか悩ましいところ
動画が死んでるわけじゃないからまだマシか

報告ありがとうございます!

2018/09/14 (Fri) 22:57 | EDIT | REPLY |   

通り酢ガリ  

うーん(;・ω・)

なんでいきなりこんな仕様にされたのか(;・ω・)

一つ考えられるのは

『埋め込み動画の再生は再生回数が反映されない』

じっさいさっき検証してみたら、再生回数は変化してなかった。これが理由かなぁ(;・ω・)

2018/09/14 (Fri) 23:36 | EDIT | REPLY |   

シーラ B  

Re: うーん(;・ω・)

> 通り酢ガリさん
いや、埋め込み動画の再生回数がカウントされないのは
埋込動画に自動再生機能が設定されている場合
例えばマイリストを丸ごと埋め込みして
自動再生で複数の動画が再生された場合はカウントされない

追記
調べたらヘルプの中に
自動再生による埋め込み動画の再生「は」、視聴回数としてカウントされません。
って書いてあった
リンク先の「埋め込み動画を自動再生する」を開いたところ
https://support.google.com/youtube/answer/171780?hl=ja
それ以外で、明確に「埋め込み動画はカウントされません」とは書かれていない

> じっさいさっき検証してみたら、再生回数は変化してなかった。これが理由かなぁ(;・ω・)
いつぞやのカンナムスタイル問題、KPOP再生回数不正水増し問題で
同一IPからのアクセスはカウントされなくなったはず
あと、ちゃんとしたアクセスかどうかの確認が入る場合があるから
それでカウンターがストップしてる可能性もある

2018/09/15 (Sat) 00:41 | EDIT | REPLY |   

Add your comment