The Voice Norge 2017 Duell 3 レビュー記事

完走目指してノルウェー版The Voice シーズン4!
ということで、2017年9月20日放送分のバトルラウンドを見ていきますぞ!
今回もバトルラウンド1週目と同じく、水曜日放送分
なので、動画の本数は4つ、各チーム1回ずつ歌うことになるわけだ
もっとも、このブログでは水曜放送分と金曜放送分をまとめて記事にするけども
前回同様、記事は分けるにしてもね

そんで、バトルラウンド1週目、10回戦分を見て思ってるのは
ノルウェー版のコーチたちはみんなコーチングが上手い!
一部、私が気に入らないバトルもあったにせよ、コーチングが丁寧で
選曲と組み合わせに外れがほとんどないという
だから、今回分のバトルラウンドも楽しめるだろうと思うのですよ

それでは、さっそく見ていきましょう!
モルテンのチーム  
Sebastian James Hekneby vs. Jorunn Undheim
(曲:Welcome To The Show - Adam Lambert ft. Laleh

二人の歌唱もさることながら、コーチングの上手さよ
歌い出しからして、ヨルンは相当上手く歌えているんだけど
まず、セバスティアンの歌唱がすごく自然なところに驚かされた
Bオデの時のセバスティアンの歌唱って、なんかどっか嘘っぽいというか
ただ綺麗なだけで、心がこもってるように聞こえなかったから
彼の歌唱に関しては、いまいち印象が良くなかったんだ
「自分は上手いから通るだろう」って、漠然とした歌い方をしているように聞こえていた
だけど、今回は対戦相手が目の前にいることや、曲のことを考えて歌ってる辺り
ちゃんと地に足をつけて歌っているように聞こえて、好感を持てた

んで、対戦相手のヨルンがまたすごく上手いんだよね
彼女が歌えば、セバスティアンのマイクをぶんどるぐらいのパワーが出てるし
高音に強いものの、歌唱がかなり軽いセバスティアンと違って
最初から地に足のついた、とても安定した歌い方をしている
重い歌唱をしているわけじゃないってところが良いね
基礎力の高さで足元を安定させて、一つ一つの音をしっかりと持ち上げている

これは選曲と対戦相手の組み合わせが本当に絶妙だわ
音域差で合唱した時のハーモニーも綺麗だし
相手の邪魔をせず、でも自分の声が陰になり過ぎず、みたいな歌唱だし
歌い方が全く違う組み合わせだから、お互いの魅力を引き立てあっている

選ぶとしたら、どっちかなあ
安定しているのはヨルンだから、この先も上手く歌うのはヨルンだろうけど
第一印象そんなに良くなかったセバスティアンの方が、今回は上手かったし
私は彼の事を今回の歌唱で、今後の歌唱もものすごく楽しみになっている

勝者は Sebastian James Hekneby
そして、ヨーセフが Jorunn Undheim をスティール


マルティンのチーム
Katharina Frogner Kockum vs. Elise Nærø
(曲:Keep That Letter Safe - Highasakite

ノルウェー版のこういうところマジで大好き
選曲は英語ではあるけども、そもそもノルウェーのインディーポップバンドの曲らしく
原曲のボーカリストの歌唱からして、こういう北欧の雰囲気があるという
そうだと分かってても、二人ともBオデじゃ微塵も北欧らしさを出していなかったから
今回、北欧らしさ全開のボーカルコントロールをしているのが凄く感動した

特に、トレーニング中のバレリーナみたいな格好をしてるカタリーナが凄いわ
カタリーナはBオデでアヴェ・マリアを歌ってたから、オペラ歌手だと思ってたのに
ノルウェー人はDNAレベルで、こういう音使いが刻み込まれてるんだろうね
Bオデでオペラやってた人とは思えないほどの、北欧らしい声の出し方をしてるし
大体、歌い出しのコーラスからして、自然過ぎてBGMかと思ったし
リードボーカルもコーラスもカタリーナは素晴らしく上手い
いやあ、これはもう本当に驚かされたわ
Bオデでの歌唱印象そんなに良くなかったし評価そんなしてなかったけど
これはもう手の平アタッチメント大回転ですよ

歌唱力的に上手いのはエリーサだとは思う
声の振るわせ方とか、微妙なニュアンスからして
声楽じゃなくて、ポップスを歌ってきてる感じが強いから
声楽やオペラで鍛えてきているカタリーナのパワフルな歌唱と違って
応用が聞きやすいと思うんだよね

勝者は Elise Nærø
いやあ、でもこれはカタリーナが最初から最後まで目立ってると思った
私が選ぶならカタリーナかなあ
コーチングも選曲も難しいような気がするし
今回ノルディックポップスを歌っちゃったから
そう言う隠し玉的なことももう出来なさそうではあるけども
そういった意味では、安定感の強さと応用力の高さでエリーサに軍配が上がるが
英語歌唱だろうと、ノルウェーの曲を今までそんなに聞いたことがなかったから
エリーサみたいな、いかにもなノルウェー歌唱が出来る人はもっと聞きたい
もっとも、ノルウェー人からしたらよく聞く歌唱だったかもしれないけどね


レアナのチーム
Lars Sollie vs. Olaves Fiskum
(曲:The Boy With The Bubblegun - Tom McRae

審査するどころじゃなくなる……(;・ω・)
この二人はBオデがとても良かったから、どちらも期待していた
特に、オラヴィスの少年声歌唱は楽しみだったからね
しかし、ラースが歌詞が飛んでしまって歌えない状態に……
もう見てるこっちも気が気じゃなくて、ハラハラしながらラースの歌唱を聞いていた
オラヴィスの歌唱なんて全然頭に入ってこないよ……
レアナが始終、優しく見守ってくれていたが
心なしか、オラヴィスもあまり集中できていないように聞こえる

勝者は Olaves Fiskum
プロでも歌詞が飛ぶことがあるとはいえ、これはしょうがないよなあ
オラヴィスがおこぼれ勝利って感じになってるのも、何とも言えない


ヨーセフのチーム
Ragnhild vs. Carmina vs. Lene
(曲:How Far I'll Go - Auli'i Cravalho

ディズニー映画『モアナと伝説の海』の曲だね
この曲は歌詞が良いから、オーディションでどんどん歌われるようになってる印象がある
でも、女性三人によるハーモニーでこの曲の世界を彩ってるのは初めて見るな
しかも、3人とも歌声が高すぎず低すぎず、綺麗に中音域で歌ってるから良いね
三者三様に自分らしさを出してもいるし、Bオデの時からステップアップもしているし

歌い出しのレアナは、個人的にはBオデであまり評価できなくて
今回の歌唱も、歌い出しからしばらくは緊張ですごく硬かった
でも、Bオデの時と比べると、歌い方がいくらか安定するようになってたし
3人の中だと、一番かっちりとした、セオリー通りに歌うタイプかな?
上手く歌っているけど、この曲じゃ彼女の魅力を引き出せてないかなって思った

2番目に歌い始めた、白い服のラングニル(一般的なカタカナ表記ではラグンヒル)は
3人の中で一番そのままのキャラで歌っている
レアナもカルミナも、大なり小なり歌う時のキャラで歌っている感じがあって
そういうところは、どっちも曲にちゃんと合わせて歌えているようで評価できるけど
ラングニルは演技をするような歌唱は全くしていなくて
それが、この曲を歌う上でどうなのかな? ってところではある
彼女はどっちかって言うと、Bオデでエド・シーランの曲を歌ったように
シンガーソングライターの曲を通して自分の気持ちを伝える方が上手そう出しなあ
ただ、彼女は3人の中で一番上手い
純粋に一番歌唱力が高い

3人目のカルミナは、一番この曲に合わせて歌えていると思った
ディズニーミュージカルを一番意識して歌っている感じで
とにかく元気にはつらつとさせながら歌おうとするのが伝わるような歌唱だった
技術的には他二人に負けているとは思うんだけど
足りない歌唱力を元気でカバーしているところはすごく良かったな
まあ、それでもぎこちない方だけども

勝者は Ragnhild Harket
ああ、まあ、大会的には一番歌唱力のあるラングニルが通るべきではあるか
個人的にはカルミナも気になるところではあるけども
カルミナは今回が天井の様な気もするから
合う曲、歌いやすい曲で勝負するラングニルが
コーチングを受けた後だとどうなるのか
そこは気になると思うよね


全体の感想
今回分の中に、個人的に注目してる歌手がいなかったのもあって
見る前まではあまり期待していなかったんだけど
見始めればやっぱり面白いんだよなあ
レアナのチームが少し残念だったこと以外は大体楽しめた

コーチングでだいぶ印象が変わった人が多かったのが大きいかもね
モルテンチームのセバスティアンとか、マルティンチームのカタリーナ
この二人に関しては、Bオデでは好きになれなかったのに
今回でだいぶ歌い方が良くなったのと、選曲が合ってたことで
私も思わず手のひら返して絶賛していたし
元々上手い人たちに関しても、歌唱力が底上げされてたと思う

でも、何回見てもカタリーナVSエリーサは面白いな
カタリーナがここで敗退するのが本当に惜しい
聞き手によっては、カタリーナの歌唱はオーバー過ぎるかもしれないけど
ノルウェーの雰囲気を上手く歌唱で出しているのはカタリーナだったと思うし
今後もああいう歌唱をしていくのであれば、私は期待しまくっていたよ
それに、結構盲点って感じのアレンジだったよね
オペラ歌唱をする人がポップスを歌う時って
オペラ歌唱そのままの状態でポップスを歌うことが多いんだけど
彼女はその辺りを、本当に上手くノルウェーらしい雰囲気に落とし込めていた
自然過ぎて、Bオデでオペラを歌ったことを忘れるほどだよ

それでは、同じ週、金曜日放送分である後半戦6個の動画は次の記事で




次>>
http://sheilabirlings.blog33.fc2.com/blog-entry-6106.html
前<<
http://sheilabirlings.blog33.fc2.com/blog-entry-6098.html

もくじ記事
http://sheilabirlings.blog33.fc2.com/blog-entry-5512.html


関連記事
TheVoiceNorgeTheVoiceノルウェーノルウェー秘技・手の平返し

0Comments

Add your comment