The Voice Norge 2017 Liveshow2 ~マルティンとモルテンのチーム~ レビュー記事

ノルウェー版The Voice のライブショーを見ていきます! 
ノルウェー版The Voice シーズン4のライブショー! 
ライブショーに勝ち上がった総勢20名の内
半数であるヨーセフとレアナのチーム10名分を前回見ましたが
今回は、残りの半分であるマルティンとモルテンのチームのライブショー
実質、今回が初回ライブショーの後半戦、と言うことだね

そして、今現在、ノルウェー版に対する期待値はものすごく高い!
もうとにかく上手い人ばかりだった前回のライブを見てたら
そりゃあ、もう、期待せざるを得ないってもんさ!
しかも、今回はKOで評価が爆上がりしたクヌットが歌うわけだし
彼だけでなくセバスティアンや、マグヌス、エリーサと
前回の出場者たちに負けないような実力者たちが揃っている

ということで、今回分もさっそく見ていきましょう!
マルティンのチーム
Elise Nærø
(曲:Hurts - Emeli Sande

エリーサほんとに最近の曲ばかり歌うよね
往年の名曲みたいなのを歌わない、歌わせないセンスはほんとに良いと思う
ただ、今回ちょっと、選曲が面白くなかったような気はする
一か所やらかし気味なところがあるぐらいで、全体では上手く歌えてはいる
それに、改めて彼女の歌唱力の高さを認識させられるような歌唱だったと思うし
ライブショー1回目に持ってきて、自分の能力を見せるには良い選曲だったとは思う
それでも、エリーサがこれまで見せてきたセンスの良さはなくなっている気がしてならない

これまでのエリーサの面白さ、あるいは彼女の魅力って
毎回書いていると思うけど、EDM系なんかの若めの曲を
だけど、若い子にはできない大人なアレンジで攻めるところにあって
それでいて、決して若作りしているとは思わせない自然さがあるところだと思うんだ
最近の曲を、あえて年齢を感じさせる歌唱で、ちょっぴり古臭く歌うことによって
懐メロみたいな曲を、さも最近のアレンジで歌い直した、って思わせるような
逆パターンに思えるように歌いこなすところが面白んだよね

でも、今回はほんと
ただ単に歌の上手い素人が、オーディション番組で歌ってるだけって感じがして
カラオケ歌唱ではないけども、歌唱力以外に魅せるポイントがなくなっていた
まあ、選曲自体はかなり若い曲なんだけどね
調べたら、2016年に Emeli Sandé が発表した曲っぽいし
だけど、先に書いた
「最近の曲を、あえて年齢を感じさせる歌唱で、ちょっぴり古臭く歌う」
で、留まってしまっているようにしか思えなかった
コーチがマルティンなのに、どうしたんだこの体たらくは

まあ、そういう曲しか歌えないって言うのも問題だとは思う
それに、これまでエリーサは歌唱力の高さを見せてはいなかった
改めて、彼女の実力を見せるって言う理由があるのなら
これはとても意味のある選曲と歌唱だったとは思う
でも、そうだったとしたならば、もっと上手く歌うべきだったよね
なにせ、ライブショー初週のアウグストが神ってたわけだし

中間のボーカルパフォーマンス後に、ちょっとやらかしているところがあるけども
あそこで喉声になっちゃったのはもったいないよなあ
あれが何とかなっていれば、まだ全体評価はちょっと変わったかもしれない

と、色々と書いたけども
エリーサ自体はそんなに悪いわけじゃないどころか
マルティンチームの中でも歌唱力がトップでもあるわけだから
今回で敗退するとは思えないけどね
次回の選曲に期待ってところかなあ
Bオデ動画 Bオデ記事 バトル動画 バトル記事 KO動画 KO記事

モルテンのチーム
Isabelle Bjørneraas
(曲:Crazy - Seal

マルティンチームのノックアウトバトルで、エリーサとバトルをしていたイザベラ
奇しくも、ライブショーでイザベラが歌った直後に歌うことに
ただまあ、その……、なんだ……?
上手くないよね、全然
イザベラに関しては、なんでここまで残ったのか不思議でならない
ノルウェー版には上手い人がこんなにも集まっていて
なぜイザベラがここまで残った
いただろ、他に、いくらでも
もっとスティールすべき人材

むしろ、怒りすら込み上げる、ここ案で下手だと
いや、これでモルテンに考えがあって彼女をスティールして
ノックアウトから一発逆転、トップに躍り出る歌唱が出来ていたら
そしたら、状況ももっと変わったんだろうけども
何一つ評価できない
Bオデ動画 Bオデ記事 バトル動画 バトル記事 KO動画 KO記事


マルティンのチーム
Karina Pieroth
(曲:Wearing Nothing - Dagny

そんなに上手くはないけど、悪くもなく
むしろ、この曲をエリーサに歌わせてあげても良かったかもなあ
まあ、この曲だと、エリーサの年齢を感じさせる歌唱になっただろうけども

今回、彼女がやるべきだった歌唱は、前回のアンドレアみたいな歌い方だよね
ライブショー1週目のアンドレアの歌唱について、文句も書いたけども
こういうのを見ると、いかにアンドレアが楽しそうに歌っていたか、改めて分かる
芋ジャージにスパンコールが何だ

とにかく、硬い、歌い方も硬ければ、表情も硬い
自分に自信がありません、って顔に出ているし、歌唱にも出ている
その一点においては、堂々と自信満々に歌ったイザベラのが上かもしれない
イザベラは下手なのにやたら自信満々だから逆に腹立たしかったけど

でも、緊張しながらも、かなり丁寧に歌えているとは思うかな
うん、他に褒めるポイントがない……
これはBオデレベルのパフォーマンスだったとしか言えないよ
Bオデ動画 Bオデ記事 バトル動画 バトル記事 KO動画 KO記事


モルテンのチーム
Dina Sæle Ek
(曲:Darkness, Darkness - The Youngbloods

ノルウェー人の曲だって思うだろ?
これ、USロックなんだぜ?

もっとも、原曲の雰囲気からして、ケルトロックって感じの曲なんだけどね
でも、原曲がケルトロックっぽいからってのもあるだろうね
1ミリも違和感なく、ノルウェーの曲として歌えているという
しかも、単にBGMの編曲で寄せているってだけでなく
ディーナの歌唱でそうなっているという

ただ、面白みはないよなあ
別に、彼女の歌唱の中に悪いところは何一つないんだけど
センスがないというか、カリスマ性がないというか
声に奥行きもなければ、響きもそんなに良いわけでもなく
表現する内容も単色で、深みがない

そして、そういうタイプがよくやるのが、「え」とか「あ」の発音の時に
舌を「べ~」って出しながら歌ってるように聞こえる発音の仕方
音の響きの悪さが、特にその発音に集約されている感じがする

歌唱力的には、先に歌ったイザベラとカリーナより上だとは思うけど
KOの時と同じ様な、ただただ軽い声で歌うカラオケって感じだった

そして、エリーサはともかく、ここまで何も良いところがないノルウェー版
今回、ちょっと厳しいかもしれないな……
Bオデ動画 Bオデ記事 バトル動画 バトル記事 KO動画 KO記事


Maria Celin Strisland
(曲:Toxic - Britney Spears

ようやく始まったノルウェー版ライブショー!( ゚∀゚)
これは良きです! これは良きですよ!!
複数の歌唱方法を巧みに使い分けて
完全にマリアだけの『Toxic』を歌っておられる!
ノルウェー版らしさはないかもしれないけど
アレンジ力の高さ、知ってる曲でも違った見え方のある歌い方
こういう歌唱を、欧州版のThe Voice には求めているのですよ!!

そして、完全覚醒のマリア・セリン!
そうそう! KOみたいなお行儀の良い歌い方じゃなくて
自分のクセを最大限生かした、自分にしかできない歌唱をしてこそよ!
前回の『Runnin'』の方が人気っぽいけど、私は今回のが圧倒的に上手くいってると思った
やっていること自体、使っている技自体は、前回とほとんど変わらないのに
とにかく、選曲と彼女の歌唱とがものすごく噛み合っているんだよね
まあ、今見ると前回の歌唱も別に悪くないし
むしろ、歌唱力や声量の必要な曲で勝負して
実力を示すような歌唱が出来ていたと思うけどね
なんであの時はあんなに批判していたのか、自分で謎であるが

いや、とにかく今は『Toxic』での歌唱よ!
歌い出しの時点では、原曲のブリトニー・スピアーズからあまり離れず
それでいて、全体的に、ちょっとジャズチックなアレンジがかかっているよね
歌声以上に、まずリズムにすごくクセがある
音楽的にも、歌唱的にも、スウィング感が強いんだよね
そして、このジャズアレンジの仕方と、マリアの引っ張る歌い方が、実に相性が良くて
もうそれだけで、楽曲全体にシックな雰囲気が生まれている
独自の世界観を持って、地力だけでこの曲の世界を作り変えている感じがする

それから、サビに入ってからが、またいいんだよね
ジャズであると同時に、ブルースっぽさを『Toxic』の中に入れていて
高めの歌声であるはずなのに、ものすごく熱くて渋い歌唱を
それも、とっても自然な形で出来ていると思った
特に、、マリアは今まで見せてきたシャウト歌唱と曲のアレンジの相性が素晴らしい
非常に特殊なシャウト歌唱を今回も武器にしているんだけど
『Runnin'』を歌った時の様に、無理やりそういう歌唱で曲を作り変えるんじゃなく
歌っていると、自然と流れでそうなってしまっている、ぐらいの自然さがある

人によっては、でも選曲が面白くないと感じるかもしれない
マリアの歌い方なら、当然、こういう曲を持ってくるだろうって思う人もいるかもしれない
それこそ、エリーサにホイットニーの『I Will Always Love You』を歌わせるようなものさ
でも、ただマリアに似合う曲を歌っているって言うだけじゃないんだよね
何がすごいって、真っ向からブリトニーに立ち向かったって事よ
この一点において、彼女は誰よりも評価されてしかるべきだと思うわ
仮に、これがBオデで、マリアがブリトニーの前でこのアレンジで歌ったら
って考えると、どれだけすごいことをしているかが分かると思う

いやあ、初期の頃はマリアの評価、そこまで高くはなかったんだけど
歌えば歌うほど、どんどん良くなっていくね、マリア
もっともっと、色んな曲をマリア・セリンのアレンジで塗り替えていって欲しいって思うわ
Bオデ動画 Bオデ記事 バトル動画 バトル記事 KO動画 KO記事


モルテンのチーム
Knut Kippersund Nesdal
(曲:Personal Jesus - Depeche Mode

クヌウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウ!!!
今回のライブショー、モルテン・マルティンチームで一番楽しみにしていたクヌット
……でも、正直選曲が(;^ω^)
モルテン先生、もうちょっと他に曲なかったんですかね?(;^ω^)
何が良くないって、とても熱い歌唱で、重いロックソングを歌っているんだけど
歌声に重みが全くないから、歌唱がスカスカに聞こえてしまうんだよね
ノックアウトで歌った『Million Reasons』が良かったのは
熱い歌唱が出来たからじゃなくて、歌に込めた想いが熱かったからであって
クヌットって、ぶっちゃけそんな、熱い歌唱が得意なわけじゃないし
歌声は低いし、パワフルな歌い方もできるんだけど
今回のは、表面だけなぞったパワフルさで勝負していた様にしか聞こえなかった
カッコ良く歌ってはいるんだけど、中身がなくてスカスカな歌唱だったし
声のハリボテ感があまりにも強すぎる

上手く歌うだけなら、他の人の方がずっと上手く歌うわけなんだし
それなら、クヌットにしか伝えられないメッセージを持って
ハートで歌って欲しかったって思うよ
あの時のクヌットを返して欲しい……
まあ、楽しく歌えているのは分かるし
ある意味、ボーイバンド出身のソロ歌手が歌ってる感はあるけども
でも、BオデでAdele の『When We Were Young』を歌ったり
KOで『Million Reasons』を歌ったクヌットではないよなあ

思うに、クヌットはAdele や Lady Gaga の曲を歌ったように
例えばFlorence + The Machine の曲を歌うとか
低音でソウルフルに歌う女性歌手の、綺麗な曲を歌う方が合うような気がする
それか、Sam Smith の『Lay Me Down』とか
いずれにしても、今回の選曲は正直ないなって思った

とは言え、全くミスはないんだ
上手いよ、すごく、ものすごく上手く歌えている
歌唱自体はとても綺麗で、あれだけスパッと気持ちよく声を出せていたら
そりゃあ、もう、歌う上でとても気持ち良かっただろうなと思うし
無理した歌唱が一か所もないから、そういった意味ではすごく聴きやすい歌唱だった
クヌットが楽しく気持ちよく歌えているからこそ
聞き手側にも、そんなクヌットのエネルギーが伝わってくると思ったよ
それだけに、選曲が残念過ぎるのがなあ……
Bオデ動画 Bオデ記事 バトル動画 バトル記事 KO動画 KO記事


マルティンのチーム
Magnus Bokn
(曲:Cake By The Ocean - DNCE

今回一番マルティンのセンスが輝いてると思った
ここまで見てきて、ようやくマルティンがコーチである意味が出てきたな
こういう曲を、エリーサがアレンジしたらどうなったかなって思うところもあるが
元々マグヌスは歌唱力が高かったから、さらっとこの曲を歌いこなしてるように聞こえるし
一日前に「初回ライブはこの曲にしよう」って渡されて
「おっけー」の一つ返事で歌い始めて
その日のうちに、もうここまで上手くなったようにさえ聞こえる
そのぐらい、マグヌスの実力を持ってカバーしているように聞こえたね

……ただ、思うんだけど
この曲を歌うのは、別にマグヌスじゃなくても良かったよね
アウグストが『All I Want』を歌ったレベル
マリア・セリンが『Toxic』を歌ったレベル、とまでいかずとも
クヌットが『Million Reasons』を歌ったのだって
あの歌い方はクヌットにしかできないって思えるような歌唱だった

でも、この選曲は正直、マグヌスじゃなくても
上手く歌える人はライブショーまで通過したメンバーの中にもいると思う
何なら、みんなでこの曲を合唱しても良かったと思うぐらいだわ

それなら、マルティンならではの選曲に、マグヌスならではの歌唱で
この瞬間にしか聞くことのできないパフォーマンスをしてほしかった
って言うのが、素直な感想

もっとも、マグヌスもクヌットと同じように
歌唱それ自体は全く問題なく歌えていたと思うし
先に書いたように、一片のミスなく、完璧に曲を歌いこなしていた

これで今回敗退するようなことは絶対ないと言い切れる
イザベラやカリーナの方がいるわけだし
でも、次回で様子見、って言う段階まで後退した感はあるよね
Bオデ動画 Bオデ記事 バトル動画 バトル記事 KO動画 KO記事


モルテンのチーム
Sebastian James Hekneby
(曲:Sound Of Silence - Simon & Garfunkel

曲を壮大にし過ぎた? でも今回一番の歌唱
マルティンチーム一番の実力者がエリーサなら
モルテンチーム一番の歌唱力を持っているのはセバスティアン
ということで、クヌットの次にモルテンチームで注目していたんだけど
……ううむ、どうなんだろう? なんか、結構悩むようなパフォーマンスだった

ものすごく広い音域を活かしまくった歌い方をしているし
パワフルな歌唱と、繊細な表現を上手く使い分けることが出来ているし
音程と声量のコントロールがとても上手いから
声の形がはっきりとした状態で歌えていると思う
セバスティアンの歌唱も問題ないのになあ
選曲だって、間違っていないと思う
セバスティアンの歌声なら、この綺麗な曲が似合うと思うし
ピアノ伴奏のみで、低音で歌っている間は、サビに対する期待値も高かったし
なのに、どうにも合わない歌い方をしているような気がするんだよなあ

たぶんだけど、これは編曲が良くなかったんじゃないかな
オーケストラアレンジにするんじゃなくて、ピアノオンリーか
あるいはアコースティックギター1本で十分だった気がする
曲に負けてるように聞こえるんだよね、今回の歌唱は

仮に、アウグストが同じ選曲、同じ編曲で歌ったなら
たぶん、上手く歌い切っていたと思う
壮大なアレンジで大きく見せようとしなくても
セバスティアンの声は十分魅力的なわけだし

私は、伴奏はもっとシンプルで良かったと思う
曲が後半からうるさくなっているから
セバスティアンの歌声だけに集中して聴けるような編曲にすればよかったと思う
ただ、モルテンがオーケストラアレンジにしたい気持ちも、分からないでもない
セバスティアンはすごいんだよ、って言うのを見せたいんだよね
まあ、これで今回敗退するなんてコントはないとは思うし
とりあえず、次回に期待ってところか?
Bオデ動画 Bオデ記事 バトル動画 バトル記事 KO動画 KO記事


マルティンのチーム
Malin Joneid Ellefsen
(曲:Don't Kill My Vibe - Sigrid

2度もスティールされた上で、逆転するかモリン
彼女の歌唱に関しては、これまでカラオケ歌唱だとしか思えなかったし
対戦相手にも恵まれてこなかったから、ほとんど大した評価をしてこなかった
そんなモリンに対して、私は今回、初めて上手くいっていると思った

思えば、バトルラウンドでは圧倒的格上のアグネスに
ノックアウトラウンドではヨーセフチームのエース級アンドレアと
ことごとく負けが確定するような対戦相手とばかりぶつかってきたモリンは
常に、そういう人たちと比べられて、評価されないでいた
が、今回はモルテンチーム、マルティンチーム、双方ともに上手くいっていない為
モリンぐらい選曲にピッタシな歌唱が出来ると、印象もだいぶ変わる

まあ、彼女の歌唱に関しては、これまで通りのカラオケ歌唱だったとは思う
「歌唱力が高い!」って騒ぐほどでもなかったし、上手く歌えていないところもちらほらある
だけど、カラオケ歌唱だからこそ、一番しっかりと歌えているとも思った
特徴があるとは思えない歌声ながらも、それゆえに違和感なく歌えていた

先に進める歌唱かどうかは、でもいけるんじゃないかな?
悪くはなかったし、普通に彼女の歌唱を楽しめたよ
Bオデ動画 Bオデ記事 バトル動画 バトル記事 KO動画 KO記事


モルテンのチーム
Ingeborg Walther
(曲:So Good - Zara Larsson

モリンよりも上手いカラオケ歌唱って感じ
な~~~~~んか、どうにも私はインゲボルグの歌唱は評価できないんだよなあ
ノリノリで歌えているし、良いい声をしているけど
歌唱自体は、別に大したことがないと思うんだよね
正直、私から見たらYouTubeでの彼女の過大評価っぷりが理解できない

まあ、微妙な歌唱が多い今回のライブショーでは
イザベラみたいに自信たっぷりに歌ってる分、上手く歌ってるように聞こえてくるが
なんか私は彼女の事を好きになれないんだよなあ
US版に出場していたら、だいぶ評価されていただろうけども

結局のところ、インゲボルグって大して特徴がないと思うんだよね
この部分で他の出場者に負けない! ってところが特にない
Bオデ動画 Bオデ記事 バトル動画 バトル記事 KO動画 KO記事


結果発表
ということで、今回の出場者が全員歌い終わったね
それでは、今回の投票最下位の出場者発表

生放送初回分、後半戦の敗退者は
Isabelle BjørneraasKarina Pieroth
それぞれモルテンとマルティンチームだね
まあ、この二人はしょうがないかなあ
実力的に考えても、彼女たちが太刀打ちできる相手が同チーム内にいないわけだし


全体の感想
ということで、今回はここまでなんですが
……正直、今回はそんなに面白くなかった
やはり、出場者のヨーセフチームと、コーチングのレアナチームの
両チームがいることで番組が持ってるようなもんだな
まあ、内心こうなるだろうなとは思っていたが

と言うか、マルティンチームもモルテンチームも
出場者のポテンシャル自体は、そんなに悪くないはずだったんだ
みんな選曲が面白くなかったのがあまりにも痛い
特に、クヌットはあんなもんじゃなく、もっとうまく歌えるはずだと思うんだ
エリーサもそうだけど、今回は選曲もコーチングも、上手くいかなさすぎる

逆に、今回の歌唱の中で、唯一私が評価できたのがマリア・セリン
彼女は、今回のベストパフォーマンス賞を獲得したとさえ思えた
一番センス良く歌えていたし、選曲を完全に自分のものにできていた
これまでいまいち評価してこなかったけど
人数が減ってきたから、注目度もどんどん上がっていると思うし
ルーマニア版のIoana Ignat みたいに
番組が進むにつれて、どんどん評価が変わっていく予感さえしているよ

さて、次回のライブショーについてなんだけど
まだ次回も前後半戦で番組を分けるみたいだね
元々、ノルウェー版は週2日放送だったからってのもあるだろう
そして、出場者に関してはチーム単位じゃなく
ある程度シャッフルされている様子

まあ、詳しくはまた次回、と言うことで


次>>
http://sheilabirlings.blog33.fc2.com/blog-entry-6208.html
前<<
http://sheilabirlings.blog33.fc2.com/blog-entry-6200.html

もくじ記事
http://sheilabirlings.blog33.fc2.com/blog-entry-5512.html

関連記事
TheVoiceNorgeTheVoiceノルウェーノルウェーライブショー微妙回

0Comments

Add your comment