The Voice Norge 2017 Liveshow6 レビュー記事 ~神神神回の果てに~

ノルウェー版The Voice 4期のライブを見ていきます! 
前回のライブショーから、チーム毎での歌唱対決ではなく
全チーム対抗式のライブショーになっているノルウェー版The Voice 
4チーム全体での視聴者投票の結果、最下位が敗退していくというものですが
私はこのシステムの方が好きなんだよね、The Voice
言ってしまえば、The X Factor と似たシステムってだけなんだけど
なにせ、チーム内に複数人優勝候補がいた場合
チーム内で潰し合って決勝に上がれない、なんてことがなくなるからね

特に、今期のノルウェー版は、チームごとの格差が大きいからね
どのチームにも優勝候補足りえるエース級の出場者がいるにしても
レアナのチームなんか、優勝候補の内の二人がいるわけだし
それに、毎週1人ずつ敗退の方が、みんなの歌を多く長く見れるからね

ということで、詳しいシステムは前回の説明の通りとして
さっそく見ていきましょう!

レアナのチーム
Agnes Stock
(曲:Fields Of Gold - Sting

開幕アグネスだああああああ!!!!!
てかこれ、Sting の曲ってウソでしょ!?
衝撃のアレンジなんだけど!?

苦手なバンド、歌手を上げろってなったら、私はPolice も Sting も挙げる
特に明確な理由を出せるわけじゃないけど、どうにも苦手なんだ
たぶん、音楽性が合わないからなんだと思うんだけど
そんな私が苦手なSting の曲を歌っているというのに
Sting っぽさも、 Police の音楽感も、微塵も感じられないようなアレンジになっていた
ここまでノルウェー色に染め上げるとは
アグネスとレアナのコンビ本当に最強過ぎる

原曲と聞き比べをしても、これもはや別の曲としか思えないよ
特に、1:07からの、ちょっとカントリーの雰囲気のあるところ
あそこの、ノルウェー X カントリーな雰囲気が好きすぎる
あの辺りとか、だって原曲だと特に苦手に感じそうな部分なのに
ここまで素敵だと思わせるアレンジになってるところが素晴らしいわ

これまでアグネスって、ずっとノルウェー色の強い曲を歌ってきていたよね
KOがカナダ人の曲、前回のライブショー5がスウェーデン人の曲なだけで
あとは英語だろうとノルウェー語だろうと、原曲を歌っているのがノルウェー人
それと同時に、アグネスはいつもアグネスらしく歌っていた
その、ノルウェー愛を感じさせる選曲と、アグネスらしい歌唱が魅力的で
だから、ここまで彼女の事を応援してくることが出来ていたんだけど
ただ、下手したら、どの曲を歌っても同じに聞こえるんじゃないか
いつか、飽きが来てしまうんじゃないかって心配があった
まあ、聞いたら聞いたで、いつも初めて聞くノルウェーの曲を聞けて
それがすごく素敵だから、毎回楽しめてはいたんだけどね

でも、いつか飽きが来るかもしれないって言うのは
もしかしたら、レアナ達も感じていたのかもしれないね
テコ入れ、って言うほど歌唱を変えるわけではないけども
ノルウェーらしさからかけ離れている、イングランドの歌手の曲を
まるで、最初からノルウェー人が書いた曲であるかのようにアレンジしてしまっていた
KOでカナダ人の曲を歌った時とはわけが違うよ
カナダ人の曲や、アイルランド人の曲、あと Coldplay みたいなバンドの曲は
ノルウェー人と相性がものすごく良いって言うのはこの番組を通して見ていたから
そうじゃなくて、編曲をここまで根本からノルウェー色で染め上げたことがすごいんだわ

はー、もうアグネス好き、ほんと好き
アグネスのオリジナルアルバムも聴きたいけど
こういうアレンジをかけまくった、カバーアルバムも聴いてみたくなるよ

それはそれとして、妙なタイミングで歓声が入ってるよね
生放送のはずだけど、効果音みたいな感じで突っ込んだのか?
まともに聞いていたら、あのタイミングで拍手喝采するとは思えないんだけど
最初から最後まで、静かにアグネスの歌を聞くはずだよね
ああいう余計なことしないで良いよ
Bオデ動画 Bオデ記事 バトル動画 バトル記事 KO動画 KO記事
L1動画 L1記事 L4動画 L4記事 L5動画 L5記事

ヨーセフのチーム
August Dahl
(曲:Seven Nation Army - Marcus Collins 版

今回何なの!? 私を殺す気ですか!?
立て続けに応援してる人が最高の歌唱って!

開幕がアグネスで、最高の歌唱をしていたってだけでもうれしいのに
続けて歌うのがアウグストと言うこの嬉しさよ
しかも選曲が『Seven Nation Army』って!!
あまりにも意外な選曲過ぎて、変な笑いがこみあげてしまったwww
でも、似合わないなんてことはなかったし、それどころかこのセクシーさが素敵だった
ただし、アウグストが歌ってる編曲は、元曲のThe White Stripes 版じゃなくて
元The X Factor UK 出場者のMarcus Collins がカバーしたバージョンだけど
でも、マーカス版のセクシーな編曲の方が、アウグストに合うね
セクシーだもんね、アウグスト、この上なく

ライブショーに上がってからのアウグスト、って
初週でKodaline の『All I Want』を歌って以来
アウグストへの選曲にしては、意外な曲ばかり歌わせているよね
アンドレアに対するコーチングに関しても同じことが言えるけど
ヨーセフって、あんまり大会に勝つことに関してこだわりを持っていないのか
この機会を使って、出場者に色んな経験を積ませようとしているのか
あまり一つの方向性に絞らずに、出場者に色んな曲を歌わせているように思う

それは、良くも悪くもって言う感じではあるけれど
ついさっき、レアナチームのアグネスに関して思ったことがここに返ってきてて
多少、冒険をすることになろうとも、似たような曲を似たように歌わせるんじゃなく
飽きさせないような曲選びをしている様には思うし
おかげで、アウグストの色んな表情を見ることが出来ているから嬉しいという

個人的には、『All I Want』を歌った時のアウグストと
Bオデで『Nervous』を歌った時のアウグスト
あのイメージが一番強いから、そういう曲を歌って欲しい気持ちが強いけど
だって、他のコーチだったら絶対ソウルを歌わせたり
こういうセクシーなジャズバンド調な曲を歌わせたりはしないと思うんだ
色んなアウグストを観れて、私は満足だと思ったよ

ちょっと残念なところがあるとすれば
アウグストの持ち味の一つである、高音域ファルセット
それをいまいち効果的に使えていないと思ったけども
技術的には前回の曲、楽しさ的には今回の曲って感じで好きかな
何より、私の好きな曲を歌ってくれたって言うのが一番うれしいwww

どうでもいいけど、途中で歓声が入るところ
スイッチを切り替えたみたいに入ってるけど、どっちだ?
会場の音声を拾う様にスイッチを切り替えたのか
それとも効果音をぶち込んだのか
Bオデ動画 Bオデ記事 バトル動画 バトル記事 KO動画 KO記事
L1動画 L1記事 L3動画 L3記事 L5動画 L5記事

マルティンのチーム
Elise Nærø
(曲:Du gråter så store tåra - Ane Brun

ここにきてエリーサまさかのノルウェー語歌唱
エリーサこそ、アグネス以上にいつもの感じで歌うと思っていたから
これは、選曲があまりにも意外過ぎて驚かされた
みんなテコ入れをする週なのかもしれないな

アグネスへのコメントで、似たように歌うと飽きるかもしてないって言うのは
実は、エリーサに対して思っていたことでもあったんだよね
だから、エリーサらしいかどうかは、この際、忘れてしまっても良いと思う
ここでエリーサが、勢いに任せるだけの歌唱をするのではなく
丁寧に真剣に、静かに一つの曲を歌い切ったって言うのには意味があると思った

この方向性で今後も歌っていくとは思えないし、思ってもいない
それをやると、必ずアグネスとぶつかることになるわけだし
そうなると、確実に敗退へまっしぐらなわけだから

ただ、物足りない歌唱だったかなって言うのが素直なところかなあ
普段、勢いのある歌い方をしているから、静かに歌うことが物足りないんじゃなくて
むしろ、静かさと言うか、ノルウェーらしさに物足りなさを感じてしまった

この曲って、原曲を聞いてみたら、イントロ歌唱の部分だけでもすさまじかった
歌い出しが、タイトルの「Du gråter så store tåra」から始まるんだけど
この中の、「tåra (トゥ~ラ)」って部分のビブラートのかけ方と言うか、こぶしの回し方
それが、驚くほど綺麗で、超絶技巧じみているんだよね
プロの歌唱だから、素人とは次元が違うのは、そりゃ当然なんだけど
何が言いたいかって言うと、こういう素直な曲を歌うにしても
エリーサは英語歌唱の様にストレートに歌う事しかできなくて
アグネスたちみたいな、ノルウェーらしい音使いが苦手なのかもそれないって思った
せっかく、ノルウェー語の曲を歌っているのに、核になるであろう部分が弱いんだ

って言っても、先に書いたように
今回は一旦、落ち着いた曲を歌うので良かったとは思う
出来栄えも、別にそんな酷いってわけじゃないんだし
私はここ最近のエリーサの歌唱の中では一番好きだったよ
Bオデ動画 Bオデ記事 バトル動画 バトル記事 KO動画 KO記事
L2動画 L2記事 L4動画 L4記事 L5動画 L5記事

レアナのチーム
Thomas Løseth
(曲:Fix You - Coldplay

うわあああああああwwwwwwww
一番やって欲しい歌い方をしてくれてるううううwwwww
こういうのが聞きたかったんだよwwwwww

最高過ぎでは!?wwwww
これは最高過ぎなのでは!?wwwwww
トーマスの歌唱の中でも、やって欲しいことが詰まってるwwwww
流石レアナのコーチングですwwwwありがとうございますwwwww

いや、何が良いって
まるで初心に帰るかのように、Bオデの頃の歌唱で来たのが良かったんだ
もうほんとその一点に尽きるって感じの歌唱だった
好き、本当に好き

そもそも、私がトーマスの歌唱を好きになったのって
やっぱりBオデでの、少年の心を持って歌ってるかのような歌唱なんだよね
声の綺麗さも、もちろん彼の武器であり、最大の魅力だとは思うけども
まず一番に聞きたいのは、ZONEのsecret base を歌えそうな
そんな心と歌声を持ってるところなんだ

だけど、ここ最近のトーマスへのコーチングは、ちょっとレアナの指導が入り過ぎて
トーマスが歌っているって言うよりかは、レアナが歌ってるって感じだった
レアナは、誰に対しても一律レアナの趣味を持って歌わせてる傾向にあって
アグネスに対しては、その方向性があるからこそ、ここまで来てる感があるものの
トーマスに関しては、徐々に徐々にレアナのコーチングが邪魔になってきていた
特に、前回と前々回の歌唱は、綺麗に歌えてはいたんだけど
どうにも何かが違う、と思ってしまうような曲と歌唱の組み合わせだった

そこにきて、今回の歌唱は前回までのレアなコーチング的な方向性ではなく
まるで、トーマス自身が曲を選んで歌った様に聞こえる歌唱だった
Bオデの頃の様な、純な心を持って歌ってるように聞こえて
これがもう、たまらんのですわ!(興奮のし過ぎ

選曲的に、私の好きな曲だったから絶賛してるって言うのも、もちろんある
だって、『Fix You』だぜ? Coldplay の『Fix You』なんだぜ?
私は 2012年のThe X Factor UK で Jay James が歌った時から好きになって
(その前から歌われてるけど、私が意識し始めたタイミング)
色んな人がカバーしてるバージョンを聞いてきていても
毎回、また好きになり直してるぐらい好きな曲だからね
そりゃ、選曲勝利で絶賛もするさ
でも、この曲に対するトーマスのアプローチが
なんかもう、すごくトーマス! って感じなところが凄く良かったんだ

この曲の解釈って、かなり大雑把に分けて二つの解釈が出来て
辛いことがあったら、自分を頼って欲しい、って寄り添う歌詞か
どうにもならなくて辛い状況に陥ったから、助けてあげるって声をかけて欲しい
って、誰かに手を差し伸べてもらうことを願う歌詞になると思うんだけど
その辺りが、歌い手の表現の仕方によって大きく変わってくる曲で
トーマスは、どちらかと言うと前者の歌い方になっていると思った

先のJay James を例にすると
彼は「自分がとても辛い状況に直面して、そこから再起できたから」
「次は誰かの助けになりたい、自分を助けてくれた人のために」
って言う感じの解釈をしていたと思う
彼自身の経歴や、ステージでの歌い方でそう察することが出来るというか

そうすると、トーマスの歌唱って、全く辛そうにしてるようには見えないよね
途中、しんみりとした表情で歌っているところはあるけども
基本的に、トーマスは自分が辛いから辛そうな表情をするんじゃなくて
辛そうにしてる人に共感して、何とか助けてあげたいって心底願うような
少年らしい青臭い考えを持って歌ってるように見えたんだ
その、少年の心が、Bオデで見た時のトーマスって感じに見えたし
それがすごく好きだったんだわ
世界中、どこのアレンジよりも純粋な心を持ってるって感じがした
これもう、決勝上がらないとおかしいレベルですよ
Bオデ動画 Bオデ記事 バトル動画 バトル記事 KO動画 KO記事
L1動画 L1記事 L3動画 L3記事 L5動画 L5記事

マルティンのチーム
Malin Joneid Ellefsen
(曲:Sex On Fire - Kings Of Leon

何今回どうしたの!?
選曲がことごとく私の好みにピッタシなんだけど!?

The Voice のライブショーでの選曲って、確かウクライナとか
国によっては、毎週の選曲に一定のテーマがあるらしく
それこそ、The X Factor みたいにね
それで、今回はやたらとバンドの歌から選曲されてるのかもしれない

まあ、モリンの歌唱に関しては、選曲は好きだけど~? って感じだった
なんて言うか、普段ロックを歌わない人が、ロックを勘違いして
「こういうのがロックでしょ?」って感じで歌ってるような感じがしたかな
でも、モリンってパープルレインを歌ったりとかしてるから
そう聞こえるのは私が捻くれているからってだけなんだとは思うけども

たぶん、今回のモリンって、あまり曲に乗れていなかったんじゃないかな
練習した通りに歌えるかどうかを気にしながら歌っているって感じで
この手の曲を歌う上で必要な、ライブ感がいまいち感じられなかった

もっと、大胆なアレンジを加えても良いはず
モリンだけのバージョンにしてしまって良かったはず
ここまでのみんなって、エリーサはともかく、そういう風に歌ってきているわけだし
Bオデ動画 Bオデ記事 バトル動画 バトル記事 KO動画 KO記事
L1動画 L1記事 L3動画 L3記事 L5動画 L5記事

モルテンのチーム
Sebastian James Hekneby
(曲:Sign Of The Times - Harry Styles

これまでの選曲の中で、一番似合う曲だったかも?
コーチがモルテンだって言うこともあって、相変わらず堅実な選曲だと思ったけど
ただ、これは結構、いやかなり今までの選曲の中でも
特別、セバスティアンの歌唱スタイルや歌声に似合っていると思った
80年代、90年代の歌手が、今風の曲を手に入れて帰ってきた感があるというか
前回の、いかにもなバラードソングと同じぐらい、彼の良さが出ていたと思う

モルテンのコーチングが、無難で堅実、とは書いてきたけども
一つ、考えを改めようって思ったことがあって
とは言え、その時々の歌唱力や能力に合わせた、最良の選曲をしてるって感じだよね
前々回よりも、一歩分、前回よりも一歩分、毎回ちょっとずつステップアップするような選曲で
セバスティアンの能力も、それに合わせてちょっとずつ上がってきているように感じた

大絶賛するって程での歌唱じゃないにしても
ライブショーに入ってから最初の2回で歌った曲よりも良かったと思うし
なんだか、徐々にモルテンがセバスティアンのコーチングが分かってきた感じがするね
Bオデ動画 Bオデ記事 バトル動画 バトル記事 KO動画 KO記事
L1動画 L1記事 L3動画 L3記事 L5動画 L5記事


ヨーセフのチーム
Andrea Santiago Stønjum
(曲:Set Fire To The Rain - Adele

これはアンドレアのベストパフォーマスですわ!!
おおっ! アンドレアがライブショーに入ってから一番の歌唱をしている!!
ライブに入ってからのアンドレアは、方向性を模索する様に色んな曲を歌ってたけど
紆余曲折して、ようやくBオデの方向性の延長線上にやってきたって感じがする
歌声と曲との相性が、カチッと噛み合っているように感じたし
前回と今回とで、アンドレアの方向性が定まった様に思える歌唱だった

ヨーセフ自身、それっぽいことを言ってるような気もする
ノルウェー語は分からないけども、3:30辺りから
ポップソングや、シンガーソングライターの曲や、ほにゃほにゃ、って言ってるし
実際のところ、模索していたのか、あえて色んなジャンルを歌わせたのかは分からないけど

そんで、これまで色んなジャンルの曲を歌ってきたことが、今に生きていたように思う
基礎がBオデに近いものを感じる歌唱だったとは言え、全く同じって言うわけでもなく
これまで、色んな曲を歌って、色んな歌手の歌唱を見たことから影響を受けて
ただのカラオケじゃなく、ちゃんと自分のメッセージを込めて歌えるようになってるように見えた

流石にAdele の曲を歌うにしては、小娘感が残ってしまっていると思ったけどね
例えば、そうならないように編曲やアレンジで本家から離れれば良かったんだろうけど
でも、あえて元の編曲のまま、Adele に対して真っ向から勝負を仕掛けたのが良かった
そのおかげで、これまで歌ってきた選曲の中でも、最もガッツを感じさせる歌唱だったし
とても迫力のある歌唱が出来ていると思った

と言っても、ラスト前の歌唱なんかは、結構アレンジをかけて歌っているよね
ちょっとメロディラインを変えて、自分なりのアレンジを加えてると思ったし
でも、そう言うことが出来るようになったのって
色んな曲を歌って、自分の中にあるメロディラインのポケットに
色んなパターンのメロディを収めてきたからだろう

もっと言えば、歌唱だけじゃなくって、途中で笑顔で歌ったところ
1:05の、ちょっと笑いながら歌っているところ
あそこの自然な感じがすごく良いんだよね
感情表現の仕方がものすごく自然で
あの笑顔一つとってもすごく素敵なんだから
そりゃ、全体のパワフルで熱い歌唱に関しても、正しく熱が入るわけだよ

ライブショー6週目にして、アンドレア
一人前の歌手としての一歩を踏めたんじゃないかなって思ったね
Bオデ動画 Bオデ記事 バトル動画 バトル記事 KO動画 KO記事
L1動画 L1記事 L4動画 L4記事 L5動画 L5記事


結果発表
さて、それでは今回の結果発表です!
ということで、今回も各チーム内での最下位ではなく
視聴者票が全体の最下位の出場者が敗退することに

ということで、今回の最下位敗退は

August Dahl

は?

は?

はぁぁああああああ

えっ!? マジで言ってんの???
マジでアウグスト敗退させたのノルウェー人????
バカなんじゃないのマジで!?
よりにもよってアウグストを落とすとかないだろ!?
それなら、エリーサかモリンの方が敗退だろ!?
アウグストは、だってまだまだこれから色んな曲を歌うか
アンドレアみたいに元の方向性に戻って歌ったりするはずなのに
はああああああああああああああウソでしょ!!!

いやこれ
各チームの最下位敗退よりもダメージデカいな……
全体の最下位だぜ? だって……


全体の感想
アウグストおおおおおおお!!!!

マジでアウグストの敗退ありえないんだけど!!!
怒りさえこみあげてくるんだけど!!
私なんか、ライブショー初週での『All I Want』を聞いてから
あの歌い方、感想のファルセットの伸ばし方をマネして
ずっとカラオケで練習してるぐらい気に入ってるのに

まあ、ヨーセフのコーチングも良くなかったけどさ
確かに、アウグストの色んな表情を見ることが出来たけども
その反面、プレミア感がなくなったというか
普通の量産型ポップ歌手になってしまった感はあったけども
それで言っても、まだまだ歌って欲しい出場者だった
クヌットだけでなく、激推しアウグストまで敗退してしまうとか……

こうなったら、アグネスとトーマスに頑張ってもらうしかない
私にとっての希望はもはやあの二人だけだ……

ううむ、しかしそうなると、見返していても、もう誰もいないぞ
エリーサとモリンが決勝まで残ってるとは思えないし
アンドレアも……、曲が合えばチャンスがあると思うけども
決勝戦まで上がれるのかどうか……
セバスティアンがちょっと一番読めないんだけどね
私が気に入っていないだけで、ノルウェーでは人気かもしれないし

いやあ、今回のノルウェー版を、神回認定しようと思った矢先よ
今回のライブショーって、出場者の歌い方も、選曲も
大抵が私の好みにドンピシャでハマるようなのばかりだったから
だって、アグネス→アウグストと立て続けに歌ったところとか最高だったし
トーマス→モリンだって、好きな曲が2連続で来ていたわけだから
それに、今回はトーマスとアンドレアが覚醒状態
ライブショーに入ってから、一番の歌唱を披露してくれたからね
結果はともかく、ライブショーの中でも特別楽しめる回だったんだ

次回からどうなるんだろう
アウグストが敗退するって言うのは全然予想していなかったから
これはアグネスとトーマスも危うかったりするのか?
読めなくなりすぎて恐いわ


次>>
http://sheilabirlings.blog33.fc2.com/blog-entry-6232.html

前<<
http://sheilabirlings.blog33.fc2.com/blog-entry-6220.html

もくじ記事
http://sheilabirlings.blog33.fc2.com/blog-entry-5512.html

関連記事
TheVoiceNorgeTheVoiceノルウェーノルウェーライブショー神回神回になるはずだった回衝撃のアレンジ原曲が行方不明衝撃の結末

2Comments

fumufumu  

Fix you

シーラさんの熱い感想に視聴しましたよ

“Fix you”と言えば、ティアゴ兄さんのバトル
気負わない、大人の包み込む優しさ溢れる歌唱がお気に入り
トーマスは力みなぎる歌唱ですね
全力で君を助ける、守るよという、使命感も感じる歌唱
弱い者を救えるのが強い者、みたいな正義感
トーマスに合った歌唱だと思います

ノルウェーの人達って、ほんとうにキレイな歌唱ですよね
声に透明感がある人が多い印象
で、キレイをきちんと武器に出来るってすごい
「キレイ=味気ない」になることもあるのに、
ベースを純度の高い歌唱として、そこに+αを乗せる感じ?


それとノルウェー版は高画質ですねえ
うらやましい
ただ、歓声は後からの差し込みっぽくてちょっと不自然?

2018/12/16 (Sun) 18:45 | EDIT | REPLY |   

シーラ B  

Re: Fix you

> fumufumuさん
> シーラさんの熱い感想に視聴しましたよ
ありがとうございまあああああ!!

> “Fix you”と言えば、ティアゴ兄さんのバトル
当時は、他のバトルとの間で見ていたからいろいろ気になったけど
今見返すと、ティアゴ兄さんのも改めて良さが見えてきますね
ナチュラルにティアゴ兄さん版のFix You になってるって感じで

> トーマスは力みなぎる歌唱ですね
そうなんです!
本来的には、相談に乗ってくれる人の大切さ
ぐらいのやわらかいものなんでしょうけど
全力で助けに来てくれる歌い方になってるのが良いんですよね
正義感、彼の歌唱を表現する上ですごく合ってると思います

> ノルウェーの人達って、ほんとうにキレイな歌唱ですよね
ポルヴォの後で見ると、ミカエル汚染された歌唱を見た後だと
改めて、どれだけあっちが形だけ綺麗なのかが分かるようなで
ノルウェーは「キレイ=味気ない」になっていないから面白い

> 声に透明感がある人が多い印象
ノルウェーはそういう声の人がとても多いけど
男性でも透明感のある声を持ってる人が多いのがすごい

> ベースを純度の高い歌唱として、そこに+αを乗せる感じ?
言われてみれば、それ凄いしっくりきます
みんな、まず前提として当然のように上手いんですよね
んで、取って付けたように表現力やらを追加させるんじゃなくて
歌唱力と付かず離れずで+αがある

> それとノルウェー版は高画質ですねえ
ギリシャとポルトガルはライブがやたら画質が悪いですからねえ
でも、確かルーマニアやウクライナも
生放送になると多少画質が落ちたような気が?
ノルウェーは特別画質が良い気がします

> ただ、歓声は後からの差し込みっぽくてちょっと不自然?
やっぱりそう思いますか
今回まで気にならなかったんですけど
一回気になってしまうとすごい不自然に聞こえる……

2018/12/16 (Sun) 20:52 | EDIT | REPLY |   

Add your comment