The Voice Norge 2017 Liveshow7 レビュー記事 ~準々決勝~

ノルウェー版The Voice 4期のライブを見ていきます! 
ここまで本当に長い期間見て来たノルウェー版ですが
準々決勝である今回から、ついに終盤戦へと突入です!!
視聴の仕方のせいであるとは言え、一生見続けてそうな気もするけど
いよいよ終わりが見えてきた、と言ったところ

ライブショーでは、全出場者の中から一人ずつ敗退していくタイプのノルウェー版
いつものように、今回も一人が敗退することになるわけですが
前回は、優勝候補の一人と思って見ていたアウグストがまさかの敗退を喫し
視聴モチベーションが一気にガタ落ちになったりもしたという
しかし、まだ最強レアナのチームが残っている
Bオデからずっと気に入ってるアグネスとトーマスがいるからね
ヨーセフチームのアンドレアも面白くなってきたところだし

と言うようなところで、今回分もさっそく見ていきましょう!
レアナのチーム
Thomas Løseth
(曲:Run - Snow Patrol

しょっぱなからいきなりこの歌唱ですよwwww
もはやウィニングパフォーマンスにしか見えないwwww

今回もトーマスが最高過ぎる!!!wwwwwwwww
ライブショーが始まって、まだ一人目のパフォーマンスだって言うのにwwww
もう既に番組の終盤であるかのように思わせるほどの歌唱ですよwwww
ほんとウィニングパフォーマンスにしか見えないですわwwwwwwww
しかも、これまで歌ってきたどの曲よりも力強く、勇ましく歌い上げている!!
ただカッコよく歌えているというだけじゃなく、見た目や形じゃなく
心の芯の部分が強いというか、一人の男の人生が詰まった力強さがあって
その上で、一言一言を本気で歌っているから、凄まじい説得力を持って歌えている
聞いているだけでトーマスについていきたくなるような
彼の為に戦いたいと思わされるほどの力が歌声にあるんだわ

今までトーマスのこと好きだったし、彼の歌には力があることは分かってたけど
今まで見てきていた彼の歌唱の中でも、特別ストレートに想いが届くようだった
なんて言うか、胸にガツンと声が響いてくるような歌唱だったんだわ
ハートを鷲掴みと言うよりかは、こう、トーマスの為に立ち上がろうって
ガツンと撃鉄が振り下ろされるような感じの歌唱だった
いや、これほんとにすごかった

前回歌った『Fix You』同様、定番中の定番な選曲であるにもかかわらず
決して、無難だとか、堅実な選曲だとは思わせないこの歌唱
でも、『Fix You』の時のような、純真な少年の心を持って歌っているのとは違って
そこから色んなことを経験しながらも、曲がらず真っすぐに成長して
男の中の男って感じの精神を持って歌っているように感じた
まるで、『Fix You』から続く物語を見ているかのようだったわ

歌唱的には、アクション映画の一番派手な戦闘シーンダイジェストを見てるって感じで
10の力ぐらいに抑えて歌うパートと、100の力で押さえずに解放感を持って歌うところ
その二つだけで歌っているように感じた
「Aメロ→サビ→Aメロ→サビ→フィニッシュ」って感じの、かなりシンプルな構成
本来的には、100の勢いで歌うサビに至るまでに
「Aメロ→50の力で歌うサビ→100の力で歌うサビ」
って言う、段階を踏んで、徐々に盛り上げていく曲のはずで
サビのパワフルな歌唱以上に、抑えて歌うサビの部分で美しく歌えるかどうか
そこが、結構重要な曲でもあると思う
だから、アクション映画の戦闘シーンのダイジェストみたいに
とにかく、良い所だけを見せられるような構成になっていると思った

この曲自体は、おおもとを歌っている Snow Patrol 以上に
The X Factor UK の優勝者レオナ・ルイスが、あまりにも上手く歌ってしまっていて
レオナの歌唱を超えることが出来た人は、いまだ一人も出てきていないし
トーマスの歌唱に関しても、レオナの歌唱の足元にも及ばないところはある

それでもなお、今回のトーマスの歌唱は
先に書いたように、『Fix You』からそのまま続く物語になってるかのようで
シンプルな見せ方、声量とパワフルさでゴリゴリに押すパフォーマンスと相まって
男の子が憧れる男の姿って感じになっているように見えた
そこが、私はたまらなく好きなんだよね

……これ後続組が大変だな
Bオデ動画 Bオデ記事 バトル動画 バトル記事 KO動画 KO記事
L1動画 L1記事 L3動画 L3記事 L5動画 L5記事 L6動画 L6記事

マルティンのチーム
Malin Joneid Ellefsen
(曲:Elastic Heart - Sia

アレンジに失敗したか……? 違和感のある歌唱に聞こえる
原曲って、私の中ではSia の歌唱以上に、ちょっと平沢進っぽい音楽が面白いんだけど
それを、あえてアコースティックアレンジに直したのは良かったと思う
それだけで、だいぶ印象が変わってくるし、モリン版の『Elastic Heart』になってたから
しかも、元々Sia の曲って、結構モリンのスタイルに合うタイプとも思うから
選曲も編曲も歌手も、全部がバッチシハマるような組み合わせではあると思った
その点においては、マルティンのコーチングはとても上手くいっていると思った

アコースティックサウンドにするのは、ノルウェーならではなところがあると思うが
ただ、モリンの歌唱それ自体は、お世辞にも上手くいってるとは言えないものだったよね
元々、Sia の曲は歌うのが難しいと言われているんだけど
緊張で上手く歌えていないのとも、ちょっと違う感じがするし
音を大きく外しているところもあったり、酷い有様と言わざるを得ない
この曲を自分のものにできていない以上に、アレンジして歌うことが本当に大変そうで
聞いていて、あんまりいい気分にはなれなかった
モリンはクセのある歌い方をする、って印象があっても
これはクセの付き方以前の問題って感じだったかなあ
Bオデ動画 Bオデ記事 バトル動画 バトル記事 KO動画 KO記事
L1動画 L1記事 L3動画 L3記事 L5動画 L5記事 L6動画 L6記事

ヨーセフのチーム
Andrea Santiago Stønjum
(曲:What Now - Rihanna

ヨーセフのプロデュースの仕方ほんと上手いな
この3週間で色んな方向性の曲を歌わせて、歌手としての可能性を模索しつつ
前回の『Set Fire To The Rain』で完成されていたアンドレアの方向性
それを、今回また変えつつも、アンドレアのセンスを丁寧に磨いてて
ヨーセフがどれだけアンドレアに力を入れてコーチングしてるかが垣間見える
ヨーセフのチームにアンドレアしか残っていないからってだけでなく
ちゃんと彼女の事を、ライブショーが始まった段階から丁寧に鍛えてて
そのコーチングの仕方にものすごく好感が持てるわ
そして、ヨーセフのコーチングに応えるアンドレアも良かったし
本当に良いコンビになってきている

今回は今回でバラードっぽい方向性ではあるものの
前回のアデルの曲ような、歌手型としてのダイナミックバラードではなく
ライブショーの初週で歌わせた、アイドルっぽい方向性を突き詰めたような
まさに、リアーナのようなディーヴァ的な方向性でのバラードだった

まるで、前回のライブショーで優勝したその後
プロの歌手として第一歩を踏んだ、デビューシングルを発表したみたいに
歌唱の完成度も、アンドレアのセンスの磨かれ方も、今までで最高の形になってると思った

歌うだけが全てではなく、かといってダンスをするわけでもないんだけど
歌唱センスやカリスマ性が、これまでで一番研ぎ澄まされていて
それでいて、これまで培ってきた能力を遺憾なく発揮して歌ってる感じがする
なんかもう、毎回毎回、成長の仕方が著しくて、見ていて楽しいな

歌唱の中でも、自信たっぷりに、思い切りよく歌えているのも良かった
緊張のコントロールも上手くできているように感じたし
何より、若い子が歌ってる時特有の、小娘感のようなものが、あまり感じられなかった
サビ一回目では、ちょっとそういう雰囲気もありにけりだったんだけど
そういう感触すら、最終的には自分のセンスの中に取り込んで歌えてると思ったし
単なるカラオケではなく、しっかりと自分の曲として歌おうとする意志が感じられて
技術的な面以上に、精神的な部分を、ヨーセフは丁寧にメンタリングしたのが分かる

歌唱力では、決してアグネスやトーマスにはかなわないかもしれないけども
まだまだ、ここからさらにコーチングで化けて行けるだけのポテンシャルを感じるし
技術面で足りないところがあっても、底も天井も見えないわけだから
今後の歌唱も楽しみになる、今後に繋がるような歌唱だったと思う
Bオデ動画 Bオデ記事 バトル動画 バトル記事 KO動画 KO記事
L1動画 L1記事 L4動画 L4記事 L5動画 L5記事 L6動画 L6記事

モルテンのチーム
Sebastian James Hekneby
(曲:As Long As You Love Me - Justin Bieber ft. Big Sean

これは、選曲ミスだったのでは……?
いやあ、この選曲は良くなかったと思うんだけどなあ……
何より、セバスティアンの声の良さを、全く生かし切れていないと思った
いつも、綺麗な声で、しっかりはっきりと出して歌えていたのに
なんだかこの曲を歌う上ではパワー不足であるように感じたし
何なら、センスの良いアンドレアの方が上手く歌えそうな気配すらある

周りが色んな変化をしていっていく中で
変化に乏しいセバスティアンへのコーチングに焦ったのか
ここにきて、モルテンはセバスティアンに対して、意外性のある曲を歌わせた
だけど、結局それは、意外性だけを狙った選曲に過ぎなかったって感じだった
もし決勝まで行くことになるとすれば、今回含め、後3回も歌わなきゃいけないから
確かに、毎回毎回、似たような選曲で、同じような歌い方をさせていたら
どっかで視聴者も飽きが来てしまって、にっちもさっちもいかなくなるとは思う
と言うか、実際、前回までの3週間分の選曲で言っても
本当に毎回毎回、似たような歌い方しかしていなかったわけだから
そりゃ、堅実で無難すぎる選曲と歌唱って感じにもなるし、飽きるよ
だから、このタイミングで、これだけ思い切った方向転換は、英断だったと思う

だけど、だからと言って、セバスティアンの魅力が出せない曲はどうなのか
アップテンポな曲を歌わせるにしても、他にいくらでもあったはずなのに
元々、私はそこまでセバスティアンに入れ込んではいなかったものの
流石に、今回の選曲と歌唱はどうかと思った

しかし、セバスティアン自身は、この曲に対して真剣に挑んでいるのは分かる
セバスティアンもまた、同じような歌い方しかできない自分に焦りを感じたのか
全く方向性の違う曲を持ってこられても、むしろそれを好機とばかりに
自分を変えようと、全力でこの曲に応えようとしているのが伝わる
セバスティアンが優しすぎて、センスのある歌唱には繋がらなかったが

難しいなあ、セバスティアンのコーチング
こういうタイプは本当にコーチングが難しいと思う
他のコーチだったら、どういう歌わせ方をしたんだろうか
Bオデ動画 Bオデ記事 バトル動画 バトル記事 KO動画 KO記事
L1動画 L1記事 L3動画 L3記事 L5動画 L5記事 L6動画 L6記事

マルティンのチーム
Elise Nærø
(曲:Think Before I Talk - Astrid S

初心に帰って起死回生? しかし、もはや興味ゲージは……
ライブショーに入ってからのエリーサの歌唱の中では、良い方だったかも
見た目には若作りをしているように感じるところがあるものの
初期の頃から思っていたエリーサの良さである、玄人感のある歌唱と
それをあえて、若い楽曲に使うことで、若い子には出せない魅力を持てる
このコンビネーションが、今回の歌唱で戻ってきたように感じる
特に、前々回までの歌唱のように、やたら高い声で歌うことがなく
エリーサが一番歌いやすい音域で歌えているところが凄く良かったな
その上で、裏声の使い方とか、技術面での力量も見せていたし
エリーサらしさが戻ってきたのは、とても良かったと思う

ただ、エリーサに関しては、セバスティアンが抱えているのに近い問題があるよなあ
もう今更初期の頃の歌い方に戻ったって言っても、成長性がないのが問題だと思う
選曲的には、そこまでエリーサのイメージから離れていないとは思うものの
エリーサなら出せる範囲まで行っていない様に感じるのがもったいないと思った
なんて言うか、100の力を出せるはずなのに、50の力で歌ってる感じがするというか
手を抜いているって感じではないものの、死ぬ気で歌っているって言うわけでもなく
エリーサの持っているセンスの良さが100%出し切れているわけでもなく
かといって、全く彼女に合わない楽曲を歌わされているわけでもなくて
前々回の若作りして無理してる感じの曲よりかはずっとマシな歌唱って言う
飛び抜けたものがあるわけでもなければ、酷い歌唱でもなく
何とも当たり障りのない選曲で、何とも中途半端な歌唱
これこそ、堅実で無難な選曲って感じだったと思うかなあ

たぶん、セバスティアン以上に、今エリーサの方が厳しい状況だと思う
この先、方向転換して、全く今までと違うイメージの曲を歌わせても
あるいは初心に帰ったような曲で歌わせても
何をしても、これ以上の成長性は期待できないと思うから
セバスティアンよりも選曲に苦しむと思う
Bオデ動画 Bオデ記事 バトル動画 バトル記事 KO動画 KO記事
L2動画 L2記事 L4動画 L4記事 L5動画 L5記事 L6動画 L6記事

レアナのチーム
Agnes Stock
(曲:Stjernesludd - Dumdum Boys

レアナ、アグネス好きすぎ問題
14歳年下のアグネスの事を、レアナは娘か妹のようにかわいがってるんじゃなかろうか
他の出場者の歌唱でも、レアナはしょっちゅう感極まって泣いてしまっているけど
アグネスのパフォーマンスに対する表情が、ちょっと違う気がするし
それに、レアナがアグネスを本当に大切に想っているのは、選曲にも表れてるよね

アグネスが歌う曲と、アグネスの歌唱も
セバスティアンとエリーサのように、毎回の歌唱が似たようなもので
(セバスティアンは、今回はガラッと方向性を変えたけども、それは置いといて)
正直に言うと、アグネスの歌唱もあまり変わり映えはしないという問題がある
だけど、アグネスと他の二人が決定的に違うのは
セバスティアンとエリーサは、選んだ曲をそのまま歌わされているんだけど
アグネスへの選曲は、毎回彼女が一番綺麗に見えるように
編曲をアグネス専用に、ガラッと変えてしまっているところ

ここが、毎回同じ様な選曲で歌ってる人たちと決定的に違うところだわ
今回のアグネスへの選曲、それの原曲を聞くと、また驚かされるんだけど
これが、意外にもロックテイストな楽曲なんだよね
もちろん、ノルウェーらしい音楽の雰囲気はあるけども
より美しさが増すような編曲に作り直して、アグネスに歌わせているだよね

前回の歌唱だって、そうだったよね
Sting の『Fields Of Gold』を、微塵もスティングらしさを感じさせない
アグネスの、いつもの作風へと作り変えて歌わせていたわけだし
そういう編曲にして歌わせている時点で、アグネスはセバスやエリーサとは違うし
何より、レアナからの多大な愛を感じるんだよね

歌唱自体は、私も「いつものアグネスだな」と思ってしまうよ
でも、セバスティアンやエリーサとは、やっぱり違う
許せるいつも通りさであるのは、レアナのアグネスに対するコーチング
レアナの作風と、アグネスにピッタシな曲に作り替えるプロデュース
そう言うのがあるから、私も退屈することなく
純粋に、アグネスの歌唱を聞くことが出来るんだよね

まあ、ここでアグネスがガラッとポップスを歌うとかはやめて欲しいし
そもそも、視聴者の大半も、アグネスに対しては
今のこの方向性、いつものアグネスらしさを求めてると思うからね

ちなみに、当時レアナは38歳で、アグネスは23歳
Bオデ動画 Bオデ記事 バトル動画 バトル記事 KO動画 KO記事
L1動画 L1記事 L4動画 L4記事 L5動画 L5記事 L6動画 L6記事


結果発表
ということで、これで全員分の歌唱を見終わりましたね
例によって、今回も視聴者票最下位が敗退

ということで、今回の最下位敗退は
Malin Joneid Ellefsen
まあ、これは仕方がないでしょう
今回の中では、モリンが一番上手く歌えていなかったものねえ……
セバスティアンは、方向性がおかしいとは思いつつも
歌唱の完成度それ自体に問題があったわけでもないし
エリーサも同じく、ミスがあったわけでもないし
上手く歌えていなかったのは、モリンただ一人だったからな


全体の感想
さて、これでマルティンのチームも残りはエリーサのみ
モルテンチームもヨーセフチームも、1名ずつになっていたから
2名残ってるのはレアナのチームだけになった
流石、最強のレアナチーム

それどころか、残った出場者で言っても
セバスティアンやアンドレアに、エリーサが勝てるとも思えないから
次回でエリーサが敗退するのが濃厚に見えるよね

しかし、ノルウェー版のコーチたちも
それぞれのコーチングが分かりやすい形をしているから面白いね
特に、アグネスに対するレアナの作風的コーチングの安定感
そして、ヨーセフのアンドレアに対するプロデュース的コーチング
この二人は、毎回見ていて本当に面白いわ

んで、終盤が近くなってきて、それぞれのコーチの考えも見えてきて
例えばセバスティアンに対する、突拍子もないコーチングや
エリーサに対する原点回帰な選曲
コーチたちもコーチなりに真剣に考えているのが分かるし
セバスティアンやアンドレアみたいに、コーチに応えようとする歌唱も良いね

ただ、まあ
全体を見返して見ると、トーマスが飛び抜けて良かった
今までトーマスって、上手いけどそこまで突出はしていなくて
アグネスとアウグストの方が上手くいっている時もあったけど
前回と今回で、視聴者を釘付けにするような歌唱をしてたと思うわ
マジでウィニングパフォーマンスだったし、ほんとすごい

それでは、次回は準決勝

次>>
http://sheilabirlings.blog33.fc2.com/blog-entry-6244.html

前<<
http://sheilabirlings.blog33.fc2.com/blog-entry-6227.html

もくじ記事
http://sheilabirlings.blog33.fc2.com/blog-entry-5512.html

関連記事
TheVoiceNorgeTheVoiceノルウェーノルウェーライブショー

2Comments

Sharip  

No title

お久しぶりです!
アウグストがどんな事をするかが楽しみだったので、やはりアウグストを失われたThe Voice Norge 辛いです;;
1位じゃないにしても最下位とは…。アウグストの歌唱の時にノルウェーで大規模停電が起きてたとしか思えない……(どさくさに紛れてクヌットも)

残ってる中では、やはりレアナ組が強力ですね!アンドレア応援でセバスとエリーサも好きですが優勝となると今回は厳しいですかね。
ギャーギャーと言ってますがトーマスとアグネスが優勝なら納得です。残りも少ないですがこの2人で引っ張ってほしいです!


The Voice Norge 関係ない事で申し訳ないのですがOT終わられたんですね!Eurovision好きの端くれですので興味はあったんですが出遅れてしまい全然見ていなくて…
機会があればやはり見たいので、またそちらの方の記事も見させていただきますね!!!



2018/12/27 (Thu) 18:44 | EDIT | REPLY |   

シーラ B  

Re: No title

> Sharipさん
お久しぶりです!!
アウグストの敗退本当に辛いですよね……
アウグストへの投票回線だけ開いてなかったとしか思えない!
このタイミングで一番敗退しなさそうだったのに

> 残ってる中では、やはりレアナ組が強力ですね!
そうでしょう! そうなんですよ!
最初の内は、上手いけど他にも良い人がいる、ぐらいの認識だったのに
いつの間にか、もうレアナ組で番組が持ってるようなレベルになってるし
この二人のどっちかの優勝でないとありえないって思うほどです

> The Voice Norge 関係ない事で申し訳ないのですが
問題なし!

> OT終わられたんですね!
すっごい面白いのでお勧めですよ!
Eurovision関係なくめちゃくちゃ楽しめます!
番組自体は終わりましたが、Eurovisionと絡めるとなると
まだ、Eurovision で歌う人と楽曲を決める回が残ってる上に
OTの決勝まで進出できなかった人たちにもチャンスがあるって言う状態ですね
ぜひぜひ!

2018/12/27 (Thu) 20:54 | EDIT | REPLY |   

Add your comment