The Voice UK 2019 決勝戦 レビュー記事

うわあああああああああああああ!!!!
ついにやってきたUK版The Voiceの決勝戦んんんん!!!

待ち遠しかったけど来てほしくなかったwwwww
もっと見たいいいいいいいいwwwwww
もっとThe Voice UKも見たいしwwwwwww
もっとみんなの活躍ぶりも見たいいいいwwwwww

ということで、UK版の決勝戦を見ていきます!
今年のUK版は、ノックアウトでNXTGENみたいな下克上が起きたり
準決勝で優勝候補と思われていたエマニュエルが敗退したり
決勝を目前にしてウィルとジェニファーのチームがあっさり全敗したりと
何かと波乱が続いているという

それもあって、決勝がどうなるのか予想ができないが
全体のパワーバランスがそのままコーチから来ているかのような状態で
歌唱力、表現力では決勝進出組トップの実力者ベッツィアナと
最もアーティストらしい歌い方をする、表現力トップのディーナは
二人ともが大御所トムのチーム
そして、自分の人生経験を基に、素直な表現をするモリーとジミーは
コーチたちの中で最も若い、オリー・マーズのチームと
まるで、ベテラン・実力者VS若手・素人の全面対決の様相を呈しているという
この対立の仕方、正直ものすごく面白い!

個人的には、もう何度も書く必要もないかとは思うけども
やっぱりここは、モリーに優勝して欲しい!!
Bオデの時点からして応援しているモリーに優勝して欲しい!!
しかし、残り3人も結構優勝の可能性が高そうなんだよなあ
特に、イギリス人はジミーのことを、バックグラウンド含めて好きそうだし
ベッツィアナは歌唱力が本当に高いうえに、毎回変身するから今回も読めないし
ディーナに至っては、曲がカチッとハマった時のポテンシャルが一番やばい

そして、もう一つの期待要素が
オリーの初優勝コーチに決まるかどうかっていうこと!
この辺りも含めて見ていこうと思うのです

では、まずはこちらから
コーチパフォーマンス
(曲:Gimme Some Lovin - The Spencer Davis Group

出場者の前にトムとオリーのバトルになってる!!
って言ったら、まあ、過言ではあるけども
あのジェニファーが割と大人締めの歌い方をしているし(十分凄い
ウィルもあんまり大暴れするような歌い方をしていない(いつも目立つのに
そして、トムとオリーがセンターで歌っているから
なんだかもう、チーム戦の前の前哨戦みたいになっているねwww
これは会場も温まるだろうよ

さて、決勝戦での歌唱は、例年通り
ファイナリストそれぞれがソロパフォーマンスをして
その後、コーチと一緒にデュエット
通過した上位3名が最終決戦でバトルして、優勝を決めるようだ
去年だったら、上位2名の一騎打ちだったけども
その辺りは、ワイルドカード復帰のベッツィアナの件もあって
今年は最終戦の人数が一人増えたのかな
なんにしても、そういう流れで見ていくことになるのです

それでは、さっそく見ていきましょう!
1.ソロパフォーマンス
オリーのチーム
Jimmy Balito
(曲:The Best - Tina Turner

決勝のキックオフはジミーが! ……している、が?
これまで、『High & Dry』や『Fix You』と、バラード系を歌ってきていたジミー
明るめな曲と言えば、Bオデで歌った『Higher Love』ぐらいだけども
それでも、アップテンポすぎず、穏やかな曲を歌ってきていた
それが、今回は明るいロックソングで勝負に出ているという
選曲も意外だし、このタイミングで違うことをさせるのも意外という

……しかし、これはどうなんだろうか?
最初の内は、そんな悪くないと思いつつも
0:35 の辺りの歌い方が、なんだか上手くいっていないように聞こえたし
サビの歌唱も、なんだかヘロヘロになっているような印象があった
さらに、1:40の裏声も、綺麗に決まっているとは言い難かったし
いかにも歌い慣れていないっていう感じがモロに出ているというか

前回の、『Fix You』での歌い方からして、かなりアレンジをかけて歌うタイプだったし
多少、リズムや音程にミスがあっても、すぐに誤魔化せるほどの機転が利く人だけど
ううむ、今回はなんだか、全体的に上手くいっていないようにしか思えなかったな

これは、単純に練習不足だったって言うのもあるだろうけど
やっぱり、曲が合っていないような気がした
多少のミスがあったとしても、それがむしろ、感情表現の一環に聞こえるような
『Fix You』みたいなエモーショナル系のロックバラードで勝負すべきだったんじゃないかな
毎回毎回、父親に捧げるって感じで歌うと観客も白ける人がいるかもしれないけど
たぶん、求められているのもそういう歌唱だっただろうと思うわけだし
Sam Smith の『Lay Me Down』や、Kodaline の『All I Want』みたいな曲で良かったと思う

ただ、ジミーが選んだのか、オリーが選んだのか
いつまでも、ちょっぴり影を落とすような歌い方をするんじゃなくて
この曲みたいに、明るく前向きな曲で勝負したのは良かったかもね

なんにしても、ジミーらしい歌唱力で歌ってるようにも見えたし
ジミーならもっとうまく歌えただろ、とも思ったし
何とも煮え切らない歌唱に聞こえてしまったかなあ……
Bオデ動画 Bオデ記事 バトル動画 バトル記事 KO動画 KO記事 準決勝動画 準決勝記事

トムのチーム
Bethzienna Williams
(曲:Call Out My Name - The Weeknd

ベッツィアナほんとこの番組をショーにしちゃうよね
Bオデはまだ大人しかったけど、バトル→KO→準決勝と
先に進むにつれて、どんどんショーみたいな演出が増えていくという
特に、今回は前回みたいな派手なパフォーマンスこそなかったものの
全体のプロダクションがしっかりとしていて、見ていてかっこ良かった
しかも、歌唱力をステージングで誤魔化しているっていうわけじゃなく
パフォーマンスに力を入れられるだけの実力があるわけだし
ただ、今回はちょっと、歌唱に違和感もあったかな?

選曲の方向性的には、準決勝で歌った『You Don't Own Me』に近くて
KOで歌った『River』から続く、ベッツィアナ・ショーを披露してるかのようだった
基本的に、ダークなジャズを、ショー的な演出含めるのが得意なんだね
全く違和感なく、ベッツィアナ3部作って感じに仕上がっているように見えたし
今回の選曲、イントロだけで「ああ、ベッツィアナらしい」って思ったもの

そんで、ステージングが結構面白いよね
最初、鏡の向こうで歌ってるみたいな?
額のあるガラス箱で歌っているような演出からスタートして
男性ダンサーが入場すると、ガラスを割って箱から出て行くという
そして、階段に設置してるマイクスタンドで歌うっていう
衣装の雰囲気もあって、マイケル・ジャクソンみたいな
スター性のある人がやらせると、この上なくカッコ良くなる演出って感じ
そして、ベッツィアナはそういう歌い方がかなり似合うんだよね

個人的に、サビの歌い方にちょっと違和感があったかな?
曲の内容に合わせて、切なそうに歌ってるって言うのもあるんだろうけど
なんだか、ちょっと無理して歌っているように聞こえたかも?
River』を歌った時のカリスマ性を求めてしまうと
今回の歌唱は、ちょっと拍子抜けだったかもしれない?
You Don't Own Me』で、歌うのに不利な体勢をしながらも
全く意に返さず完璧なボイスコントロールで歌えていたのに
今回は、おおむね問題なかったとは思うものの
若干、違和感があるというか、聞いていて気持ちが良くならなかったかなっていう

KOと準決勝での歌いぶりを聞いていた身としては
「もっとうまく歌えたはず」って、やっぱり思ってしまうかなあ
まあ、ジミーよりかは上手く歌えていたとは思うが
Bオデ動画 Bオデ記事 バトル動画 バトル記事 KO動画 KO記事 準決勝動画 準決勝記事

トムのチーム
Deana Walmsley
(曲:Hometown Glory - Adele

そうだよ! こういうディーナを聞きたかったんだよ!
前回、準決勝での歌唱が評価されるのも分かるし
だからこそ、決勝に上がれたッていうのも分かるんだけど
私はどうにも、準決勝の歌唱は演技的に見えて、いまいちだった
「ここはこう歌わなきゃ」とか、そういう考えのない
もっと、ナチュラルで、流れるようにディーナには歌ってほしかった
だから、私はKOでの歌唱の方がはるかに良かったと思ってたし
今回の歌唱でも、狙いすぎない、自然体な歌唱を求めていたんだ

そうしたら、今回の歌唱だよ!
準決勝の時みたいな、歌い方を用意してきている感じがあまりなく
ちゃんと、この曲に対する彼女なりの向き合い方みたいなものが感じられたし
ミスなくしっかりと歌うんじゃなく、曲をちゃんと自分のものにできていたから
曲の中身を表現するために歌えてたのが良かった
この曲を通して、ディーナが伝えたいメッセージが見えてくる様な歌唱だったよ
これまで、彼女のことをアーティストっポイって書いてきたけど
こういうことが出来る人だっていう期待が高かったから
そういう歌い方ができているのを見れたのはほんとに良かったわ

それに、過度なボーカルパフォーマンスに走らなかったところも良かった
ボーカルパフォをやるとこがあるにしても、それまで築き上げてきた雰囲気を壊さず
抑えるべきところをしっかりと抑えて、かつ、丁寧にミスしないように歌うんじゃなく
伝えたいメッセージが伝わるように、丁寧に世界を作ってるから良かったよ

正直に書いてしまうと、私はそこまでディーナのファンではないけども
少なくとも、ここまで歌ってきた人たちの中では
一番しっかりと歌えていたと思うんだよね

気になるところがあるとすれば
抑えすぎているというか、歌唱を広げられないところが引っかかったかもしれない
というのも、Adele の曲を歌うには、歌唱に重みと深みが足りなかった気がするんだ
声の雰囲気がちょっと似てるからこの曲にしたっぽさを感じてしまうし
(実際のところ、どういう理由で選んだかは分からないにしても)
全体的に、暗い雰囲気を持って歌ってはいるものの
ちょっっっっとあっさりと歌いすぎているかな?
あっさりと言うほど軽く歌ってるわけではないのは分かるけど
なんか、ここにさらに、もう一個何かを足したかった気持ちが強い
まあ、ミス自体は他の二人と違って全くなかったわけだし
ものすごく感覚的なことだから、気にするほどではないかもしれないが
まだ何かできそうだと思うんだよね
Bオデ動画 Bオデ記事 バトル動画 バトル記事 KO動画 KO記事 準決勝動画 準決勝記事

オリーのチーム
Molly Hocking
(曲:Someone You Loved - Lewis Capaldi

うわああああああああああああああああああ!!
モリーがすごいいいいいいいいいいいい!!!
お気に入り補正抜きにしても一番の歌唱なんだけど!!!

なんていうか、これはもう言葉が出てこないレベルで上手いわ
実力トップであるはずのベッツィアナの歌唱に疑問が残ったり
表現力の高いディーナが歌唱に深みを持たせられなかったり
ジミーに至っては、なんかもう今回普通に歌えていなかったり
みんなそれぞれ、どこかに欠点があるような歌い方をしてて
内心、「まあ今年のUK版はこんなものか」みたいに思い始めてた
思い始めていたんだよ私は!

準決勝のライブから決勝まで1週間しかないから
歌唱やステージングを完成させるのにも時間が足りなかったんだろうなとか
決勝っていう大一番で緊張して歌えなくなりもするんだろうなとか
色々考えながら、自分の中で納得させようとしながら見ていたら
モリーの今回のこの歌唱が始まったらこれだ!
マジで信じられないぐらい上手くなってて正座した!!!
びっくりしたというか、いやこれは目が点になるレベルだわ!
これモリー優勝したも同然だろ!!!

歌唱力も演出力も表現力も、あまりにも次元が違う
もうモリーが一人でゲームを変えてしまったレベルで状況が一変したよね

みんなに足りていなかったこと、それぞれができていなかったことを
モリーは全く持って問題にすることなく、完璧に歌いきっていた
実力者ベッツィアナよりも正確な歌唱をして
アーティスト性の高いディーナよりも表現力高く歌って
エモーショナルに歌ってきていたジミーよりも感動させる歌い方をして
そして、何より前回私が一番気にしていた
モリーらしさが今回は帰ってきていた!!

何よりそこが一番良かった! 良かったよおおおお!!!!
今回の歌唱、完璧とは書いたけども、完璧すぎないからすごく良かった
準決勝の時の歌唱と遜色ないほどに、音程正確性を持って歌ってるし
何より、Bオデやバトルの時みたいな、いかにも自信なさそうな感じがなくて
準決勝の時のように、しっかりと自信をつけて歌えるようになっているんだけど
それでいて、KO以前のモリーらしさを感じさせる歌唱でもあった

準決勝は、歌い出しからサビ、ラストまで、全てが完璧だった
モリーなりの力強い女性像を持って歌ってる感じがして
それを、実現させるように歌っているように見えた

だけど、今回の歌唱は、ここまで来たモリーの、等身大の気持ちって感じだった
歌い出しの感じが、私はもうなんかすごく好き
準決勝の時の、プロっぽい歌い出しじゃなくて
素人っぽさを残した、ちょっと自信なさげな歌い出し
そこから、徐々に歌声に力を出していって、サビのパワフルな歌唱に繋げていく感じが
Bオデのモリーから、今のモリーへの成長を感じさせるものがあって好きだわ

そう、前回の何が良くなかったって
成長するのは、そりゃするだろうけども
Bオデの頃の面影があまりにもなさ過ぎたんだよね
でも、今回はBオデの頃の面影を持ちつつ
ちゃんと成長した姿も見せつつっていうところが良かったんだ

それに、以前はパワフルに歌う時に、モリーらしさは無くなってたけども
今回は、例えば影絵パフォーマンスの横でパワフルに歌う時なんか
ミスを恐れてか、ちょっぴり音程が不安定になってしまうところに、モリーらしさが詰まってるように感じたんだ

サビの直後に、穏やかな歌唱になるところも良かったなあ
どれだけ歌唱力が上がっても、プロっぽく歌う自分、そういう仮面の裏には
今までの、自信を持てないモリーの姿があるような気がしたんだよね
そして、そこから、ぐっとこらえて一番盛り上がるところに持っていくところ
ただ技術力を上げてパワフルに歌うだけじゃ出すことのできない
表現力というより、今のモリーの心境そのものを表した歌唱に聞こえて
なんかもう、一秒一秒にモリーの心を感じる歌唱だったんだ
そりゃ、オリーもあれだけ素敵な笑顔をするわ

手のひら返すように今回を絶賛するのどうだろうって思ったけど
別に、手のひらは全く返していなくて、モリーがモリーらしく
私が見たいモリーが、確かにそこにいたって感じがするから
私はこれだけ絶賛することができたって肝心だわ

ステージ演出もすごく素敵だったし、オリーには感謝しかないわ
(というか、オリーはもしかして、モリー優勝させる気しかないのでは?)
Bオデ動画 Bオデ記事 バトル動画 バトル記事 KO動画 KO記事 準決勝動画 準決勝記事 

さて、ここまではそれぞれのソロパートだったけども
ここからは、コーチと出場者がデュエットをするラウンドだね
これ、他国の時も思うけど、デュエットパートも集計に入るんだろうか
入る国と入らない国がある気がするから
最近はコーチとデュエットするところを見るのを楽しむのに徹してるけども

そして、普段ならコーチは一曲しか歌わない場合がほとんどだし
大抵の国は、決勝戦は各チーム一人ずつ残ってることがほとんどだから
(そもそも、そういう残し方になるシステムの場合が多い)
今年みたいに、トムとオリーの二人だけ2回デュエットは珍しい
2.コーチとデュエット
Jimmy Balito & Olly Murs
(曲:All Right Now - Free

ジミーこういう曲歌えるんじゃん!!!!
しかも、結構良い声で歌えてるんじゃん!!!

いや私はもうてっきり、ジミーはバラード歌手だと思いこんでたよ
つっても、やっぱりスター性のある歌い方に慣れていないのか
キラキラとした声で歌うことにぎこちなさがあるし
オリーがいるからこそ成立しているようなもんだけども
それでも、バラード歌手としてやるのと同じぐらい
ポップスター的歌唱を物にしたら、向かうところ敵なしなのでは?

最終的に事故る可能性もありそうだけども
ポップスター的な、アイドル歌手的な方向性で歌うジミーは面白そう
むしろ、なんで今までオリーからそういう歌唱を教えてもらわなかったのか

しかし、これ見れば見るほど好きになるな
オリーがどれだけジミーのことを気にかけているか
そして、ジミーがどれだけオリーのことを信頼しているか
それがこの2分間に詰まりまくってるように感じた

たぶん、ジミーにとって歌って言うのは
自分の気持ちや、伝えたいメッセージをぶつけるもののはず
今までの選曲や歌い方、歌い終わった後の反応から見て
歌はある種、武器のようなものって感じだったはず

だから、こういう風に、楽しむために歌うって言うのはあまりしてこなくて
だから、こういう風に、楽しむこと自体が不慣れでぎこちないんだと思う
でも、そういう先入観を、オリーは取っ払ってくれたって考えると
改めて、良いコンビに見えてくるよね
1:06 で「フェイス」って言って自分の顔を指さすところとか
絶対ジミー一人だったらやってこなかっただろうし
アイドル歌手はキラキラ歌うのも、まじめに歌うのも、どっちもできるけど
バラード歌手って、こういうことをするのがとことん苦手だから
これだけ変身させられるオリーの手腕、さすがだわ

Bethzienna Williams & Sir Tom Jones
(曲:Don't Let Me Be Misunderstood - The Good The Bad The Weird

もはやBオデの時の続きだろ!!
Bオデでベッツィアナが『Cry To Me』を歌った後
トムと一緒にデュエットすることになった時の延長戦に見えるwww
というか、ベッツィアナは確かに歌えばベッツィアナって分かるけども
それは、選曲あり切ってところが結構強いのに
トムはなんかもう、さすがトム・ジョーンズ
マジで声だけでトムだってはっきりわかる歌い方をしてるからすごいわ
声の深みのレベルが全く違っているんだもの
いや、そりゃ大御所だから次元が違うのは当然だけどもよ
改めて、大先生の凄さに感服しつくすんだよね
毎年そんな感じになってる気がするけども

んで、あれだけショーっぽい歌い方をしていたベッツィアナだけど
さしもの彼女も、ソロで歌うよりもトムと歌うことの方が緊張するみたいだな
そりゃ、誰だって緊張するわな

Deana Walmsley & Sir Tom Jones
(曲:I Believe - Ervin Drake/Irvin Graham/Jimmy Shirl/Al Stillman/arr. John Leavitt

ディーナが全くトムに負けてなくて驚いたわ
最初の一分間を、たっぷりトムが歌っちゃって
おいおい誰のための決勝戦だよwww
ってなってたところからのディーナの歌唱よ!
どうしよう、さっき声に深みがないって書いたばっかりなのに
トムについていけるほどの深みがあって驚いたという手のひら返し
ベッツィアナよりも遥か上手く歌えているように見えるんだけど

合唱パートからは、もちろんトムがだいぶ抑えてくれているとはいえ
離され過ぎず、しっかりついていけてるの凄くないか?
そもそも、楽曲的に、レトロな雰囲気がガンガンに入っていて
トムは、そういう曲を歌わせるとめっぽう強いのはそうなんだけど
二人が声を合わせたときに違和感が全くないのもすごいよね

だって、トムが一分歌った直後に、ディーナが歌い始めるところ
トムが世界に、ディーナが、すっ、と入っていくじゃない
あの入り方の聞き心地の良さよ!
あそこだけ何回も聞き直せる
あんなにきれいに入っていけるとか
どんどん語彙力無くなっていくわ

Molly Hocking & Olly Murs
(曲:Stars - Simply Red

モリーのために方向性からして合わせてくれるオリー兄
オリー兄に歩み寄って、明るめの曲に挑むモリー

ディーナ&トムがあまりにも完璧すぎたから、その直後に聞くと
どうしても、ちらほら感じる不安定さが気になってくるけど、そこが好き
オリーは(たぶん)苦手な事でも、モリーのために合わせてくれた感があるし
全力を出せるところはしっかりと出せているし
というか、全体的にモリーが全力を出せるようにしてくれている

あるいは、トムやジェニファーがコーチになっていたかもしれないモリーだけど
オリーが過保護なぐらい大事に育ててるのが伝わってくるから
なんかもう、本当にオリーがコーチで良かったなって思うわ

曲が曲だからって言うのもあるけど
二人とも素敵だね

中間発表前
Ruti
(曲:Racing Cars

去年の優勝者ルティがゲストで帰ってきた!
私は当時、ルティじゃなくてLucy Milburn を応援していたけども
ローレンが準決勝で敗退して
優勝予想でルティかドネルになるだろうなって言ってたら
ルティが優勝して、ドネルが準優勝するっていう結果になったんだよね
まあ、実際ルティはずっとうまかったしな
去年のことを考えると、今年はガチd絵歌える4人が決勝に残ってるのもすごいが
ちなみ、書いてなかったけど準決勝にはドネルもゲストにきていたという

中間結果発表
さて、ここまでの投票結果が発表され
上位2名が最終決戦で歌うことになる
最終決戦行が確定したのは、発表された順番で
Deana Walmsley
Molly Hocking


あ~~~~~
ベッツィアナもジミー敗退したか
まあ、モリーはソロで、ディーナはデュエットで
それぞれ最高のパフォーマンスを披露していたものな

そんで、こうなってくると、もはやモリーの優勝は確定したようなもんだろ
最終戦は、過去に歌った曲の中で一番人気の曲が選ばれるいつもの流れ
ディーナは、選曲でムラが出てくるものの
モリーに関しては、一曲たりとしてはずれがないわけだし
それだけでなく、歌唱力が横ばいなディーナに対して
モリーは急成長を遂げているわけだから
仮にBオデやKOの曲を歌うことになれば
今の実力での歌いなおしですよ
最&強

ということで、泣いても笑ってもこれが最後
The Voice UK シーズン8 最終決戦
Deana Walmsley
(曲:Autumn Leaves - Eric Clapton

ディーナのベストこれか~~~~~~~
準決勝で歌った曲だけども、私はこれがそこまで好きじゃないんだよなあ~
いや、モリーひいきで言ってるわけじゃなく(それも若干あるにしても
私は、ディーナが歌った曲ならKOの方が圧倒的に良かったと思うし
決勝っていうことのタイミングで地味な曲を歌うよりかは
明るく楽しめる曲であるKOの曲の方が良かったと思うんだよね

とはいえ、今回の歌唱を見て、悪い気はしなかったのも、また事実
聞きなれたって言うのも、もちろんあるだろうけども
何より、準決勝の時のようなわざとらしさというか
歌うポイントを間違えないようにする感じがないから良かった
準決勝の時よりかは、だいぶ滑らかに歌えていると思うんだ
表現の仕方が、以前よりもずいぶんとナチュラルになっている感じもしたし

それに、曲自体は、私は嫌いじゃないんだよね
『Autumn Leaves』と題しているだけあって
秋から冬にかけての空気感が伝わってくるような
暖房設備がしっかりとしていない、寒々しさが伝わってくる曲で
私もなんとなく、イギリスの冬頃の空気感を思い出すんだ
なんだかんだ、大道具をたくさん持ち込んでいた準決勝のステージング
あれが、ものすごく的確にイギリスの秋ごろの空気感を演出してて
かなり正確に、曲の世界やイギリスの秋の季節感を再現してたわけだし

しかし、トムが感極まってそうな表情をしているのが良かったな
正直、あれで全てを許せた感はあった

Molly Hocking
(曲:I’ll Never Love Again - Lady Gaga, Bradley Cooper

あああああああああああああああああああああああああああ
モリーーーーも準決勝の曲かああああああああああ
と、思ったら準決勝の時の力強さが微塵もない!!
やったあああああああああ!!!!
モリーとしてリバイバルしなおしてくれたあああああああ!!!

良かったああああああ! 良かったよおおおおおおおお!!!!
モリぃぃぃいいいいしゅきいいいい!!!!
うううううううぅぅぅぅぅ……!!(夜泣き
モリーしゅきい…………!(噛みしめてる
ありがとうモリー!!! ありがとうオリー!!!!
最後の最後で一番やって欲しいことをやってくれたの死ぬほど嬉しい……!

いやもう、私は今回の選曲が不満で不満で仕方がなかったんだ
ディーナに対して思っていたのとは比べ物にならないほど
歌うなら絶対にノックアウトだろおおおおお!!! ってなってた

私は、「今まで自分に自信が持てなかったけど、頑張りたい!」
「自分はダメだって言う妄信を洗って、まともな人になりたい!」
って、自分に言い聞かせながら奮起する
モリーのハートが伝わる『Human』が一番好きだった
それは、Saara Aalto が『Who You Are』を歌った時みたいに
聞き返すだけで泣きそうになってくるぐらい感情移入しちゃうからなんだけど
それだけに、決勝は絶対にノックアウト選曲で来てほしかったし
なんかもう、別人になってしまっていた準決勝は見たくなかったんだ
そのぐらい、完璧すぎた準決勝は、私の中で不満が多かったんだ

ところが、モリーは準決勝選曲でやってくれた!
一番やって欲しいことを最後の最後でやってくれたんだ!!

準決勝の時は、本当に驚かされた
今まで、どれだけ上手くなっても、どこか自信なさそうに歌っていたモリーが
まるで、プロの歌手みたいに、コリオグラフもつけてもらって歌っていて
歌唱力も、信じられないぐらいの成長を遂げていて
しかも、自信なさそうな表情なんて、一ミリも出さないで歌っていたんだもの
本当に、別人なんじゃないかと見まがうレベルで変貌していたんだ

だけど、本来的にはそういう風に歌うべきだろうとは思うし
そうなった、成長したモリーを応援すべきなんだろうけど
私はどうにも、完璧なモリーが見たいわけじゃないって気づかされて
Bオデから一貫してモリーの好きなところは変わらず
完璧じゃないけど、自信も全然ないけども
それでも、一生懸命歌う姿
素朴でハートに響く歌唱を求めていたんだなって思ったんだ
だから、完璧すぎた準決勝がどうにも苦手だった

だけど……! だけど……!!!
だけど今回は! あああああああああああ!!!

別人のように生まれ変わった、成長したモリーとしてではなく
ここにきて、いまだに自信なさそうに歌うというか
この状況だから、気丈にふるまうなんてことができなくて
素のままで歌ってしまってるように聞こえた
多分、音声波形とかで専門家が声の分析をしたら、大した差は出てこないと思う
だけど、違う、私には分かる
同じように歌っている中でも
準決勝の力強い心を持って歌っているのと
最終決戦という状況を目の当たりにして心が負けてる感じ
その違いが、確かに伝わってくる

特に、1:22頃の、「No I'll never love」の歌詞を歌うところ
準決勝と、今回のリバイバルとで
魂のこもり方が違っている
準決勝の方が、絶対に勝つっていう力強さがあって
今回のは、勝てるのかどうか不安に思う気持ちを抱えながら歌ってる
幻聴の可能性もあるけど、私には分かるんだ
リトアニアとかハンガリーとかルーマニアとか
伊達に同じ曲を何度も歌いなおす番組を何本も見ちゃいない

最後の最後でこんなことをするとか
もう優勝しかないだろ
これで優勝しなかったらおかしい
ディーナの優勝がおかしいわけじゃなく(それもあり得る
モリーを選ばない英国民がおかしいレベル

結果発表
はああああああああああああああああああああ
結果発表だあああああああああああああああああああ

ということで、優勝者アナウンスについてなんだけど
特に公式チャンネルから動画が上がっているわけではなく
もう動画なしでここで結果を書くほかない状態

私はもう、Bオデからモリー一筋だから
モリー以外に優勝はないと思っているから
この最終決戦、ひたすらモリーに優勝して欲しいけども

それでは、

The Voice 2019

優勝したのは




Molly Hocking

やったああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!!
モリー優勝おめでとうございますうううううううううう!!!!!!!!!


うわあああああああああああ!!!!!!!!!!
本当に優勝したああああああああ!!!!!
信じてた!! 信じてたぞおおおおおおお!!!!!
図6
The Voice で、私が応援する人は優勝できないジンクスを持ってたけども
今年は一押しだったモリーが優勝という結果になったんだもの
はあああもう本当にモリーが優勝して良かったああああああ!!

そして、オリーの初優勝おめでとうございまああああああ!!!
オリーも頑張った! 今期のオリーの活躍ぶりは例年以上だったし
このコンビ、優勝するべくして優勝したよほんとに!!!

全体の感想
ということで、The Voice UK シーズン8の優勝はモリーに決まり!
ほらな! それ見たことか! 私が優勝するという人は優勝するのだ!
勝率そんな高いわけじゃないけども!!
そんで、あれだけ強敵がゴロゴロしている中で優勝したんだから
本当に大したもんだよ、モリーは

今年のUK版って、例年通り強力なカードが揃ってたし
特に、歌唱力の高い出場者がとても多かった
昨年とか、決勝で「なんでこの人が?」っていうこともあったわけだし
それと比べると、エマニュエルとセドリックが準決勝で敗退しつつも
結果として、決勝に残ったのも、実力者と呼ぶにふさわしいメンバーだったわけだし
そんで、その中でモリーが優勝したって言うのも良かった
ただ実力だけ、歌唱力だけが「Voice」の全てではないんだよね
声の中に何を込めるか、歌の中に何を込めるか
声だけじゃなく、歌唱力でもなく、「歌」そのもので勝負したから
モリーは優勝できたんだと思うな

ウィルチームとジェニファーチームが決勝を目前にして全敗するとか
波乱と呼べるような状況もありはしたものの
トータルで見れば、ここ数年の中で一番面白かったな
モリーだけじゃなく、ジミーだってすごく良かったわけだし

なんにしても、一番押してた人が優勝したかkら今年は面白かったよ

それでは


<<前 準決勝
http://sheilabirlings.blog33.fc2.com/blog-entry-6276.html

もくじ記事
http://sheilabirlings.blog33.fc2.com/blog-entry-6260.html

サムネ
https://en.wikipedia.org/wiki/The_Voice_UK
関連記事
TheVoiceUKイギリスiTVUK

4Comments

通り酢ガリ  

(*’ω’ノノ゙☆パチパチ

おお~、ジンクス破りのモリーちゃん優勝おめ(*’ω’ノノ゙☆パチパチ

本筋とは関係ないけどモリーちゃん化粧やりすぎじゃね?

欧米っ娘って若い頃から普通に化粧するみたいだけど、まだ18でこんなケバケバにせんでも………

見た目で歌唱は評価できないけど、見た目の変化に合わせて無意識に歌唱にも影響が出ることってあると思うのよね。今後はもちっとナチュラル路線でいってもらいたいわ~

そーそー、BGTがもう放送始まってるらしいやんwww

今年は忙しいわなー、BGTが通常版とチャンピオンシップ版の2回、Xもチャンピオン版とセレブ版の2回、その合間をぬってどこかでキッズUKを放送するという超過密スケジュール(;^ω^)

なーんか内容スッカスカになりそう(;^ω^)

2019/04/08 (Mon) 12:02 | EDIT | REPLY |   

シーラ B  

Re: (*’ω’ノノ゙☆パチパチ

> 通り酢ガリさん
あらゆるジンクスを破った優勝
運命を変えた結果ですね
化粧はでも、確かに
準決勝の時とか、何気に化粧もあって微妙に見えてたし
てかスタッフは何をしているんだろうか
せめて曲に合わせてほしかったところですよね

> なーんか内容スッカスカになりそう(;^ω^)
まあ、同じ期間の中でやるわけじゃないでしょうし
結構空き期間も今まであるわけですからね

2019/04/08 (Mon) 23:14 | EDIT | REPLY |   

よっぴ  

今さら

今更ながら、コメントを。
平成最後の日に。

ジミー推しだった今回。けれども、結果は納得だったわ。

そして、ブログ記事の盗用、嫌な思いをしてたのね。
令和は、楽しいブログ生活になるといいわ!

これからも、楽しいブログ待っていますね。

2019/04/30 (Tue) 20:16 | EDIT | REPLY |   

シーラ B  

Re: 今さら

> よっぴさん
お久ですよ!
ジミー良かったですよね
背景事情を知ったから応援したってところがちょっとあったけども
たぶん、知らなくてもやっぱり1、2を争う勢いで好きだったし
確かに決勝まで上がれたのだから、納得の結果でした

> そして、ブログ記事の盗用、嫌な思いをしてたのね。
> 令和は、楽しいブログ生活になるといいわ!
結果的に奮起できるきっかけにもなりましたが
ともかく、楽しいブログ生活になれるよう応援お願いします!

2019/04/30 (Tue) 21:58 | EDIT | REPLY |   

Add your comment