Eurovision 2019 ベラルーシ代表 ZENA の『Like It』をレビューする! ~まるで The X Factor 出場者~

ESC 2019 のベラルーシ代表者と曲を見ていきます!!
3月10日、ホスト国であるイスラエルの代表曲が発表されたことで
ユーロビジョン 2019 の各国の代表者と楽曲が全て出揃いました
さて、当ブログでは現在、各国の代表曲を見ていっている真っ最中
今回も国名アルファベット順で、じゅんぐり曲やMVを見て
レビューをしていこうと思うのです

ということで、今回はベラルーシ代表
ZENA の『Like It』を見ていきます!

2019年2月1日に、合計で113もの楽曲が集まったことがアナウンスされた
ベラルーシの国内予選大会 Национальный отбор
2月4日に行われた予選では、113曲の内、73曲の歌唱が披露され
そこから決勝進出を果たした10人の代表者が、3月7日で優勝を競ったそうだ

ベラルーシは毎年、ゴリゴリに金をかけられるような国とは違って
比較的、小規模な国内予選大会番組を行ってきていたけど
今年も、それは変わらずといったところ
予選の動画をいくつか見ても、割とガチの予選をしているというか
「これ、本来は内部選考としてやるべき部分じゃないの?」というレベル
まあ、それは毎年のことだから別にいいんだけど
国内優勝を果たした ZENA 含め、決勝戦の動画を見てみた感じは
正直、今年の全体のレベルは、お世辞にも高いとは言えない大会だった
公式チャンネルの再生リストリンク
https://www.youtube.com/playlist

何というか、全体的に悪い意味で The X Factor っぽさがあるように感じた
下手とは言わないが、素人が歌っているんだなと分かるような大会と言ったところ
全体的に、ちょっと「ちゃっちい」というか、悪い意味で「ダサい」というか
どの曲も、どこかで聞いたことのあるような、2番煎じ感があまりにも強かったし
特に、80~90年代のアメリカらからの影響をもろに受けてそうな曲とか
まさに The X Factor で歌われてそうな曲、歌われてそうな歌い方って感じ
その中でも、個人的にまだESCで行けそうと思ったのは
4位入賞した Michael Soul ぐらいかなあ

個人的には、去年の国内予選に出場した Shuma みたいに
どこの国の音楽ともかぶらないような、独創性にあふれた曲を期待したのだが……

さて、大会に関してはそんなところで
優勝したZENA の『Like it』に関しては

言うほどそんなに悪くはない、という結論に至った

国内公式動画では、低評価割合9割と、尋常じゃなく多く
ESC公式動画でも半数が低評価を押しているという状態
とはいえ、これでもまだ良い方だと思うんだ、私は
73曲の予選曲を全て見たわけではないけども
これでも、まだレベル自体はだいぶ高い方だと思うし
さすが、決勝に上がっただけはあると思うよ、国内で
良くも悪くも、The X Factor クオリティではあるし
大賞ではなく佳作って感じに思えてならないけども
わざわざ低評価を押すほど悪いわけではないと思う

鍋の中に流行りの食材をぶち込みまくった様な曲
ESCらしいかとか、ESCで優勝を狙うかとか、そういう先入観抜きにしてみたら
多分、初見でこの曲を嫌う人はそんなにいないと思う
ESCのこととか知らない人に、そのままこの曲を聞かせたら
「ふ~ん、ケッコー良い曲じゃん」で済むと思う

イントロのアコースティックギターでのリフや
サビを歌ってる時のステップの感じは
見るからに流行りのラテン系音楽ブームからそのまま持ってきてる感じがするし
リズム自体、ラテンのリズムを持って歌っていると思うし
バックで聞こえる「ブーン」とか「バーン」って感じの、金属音というか
船の汽笛っぽい音って、英欧の最近の音楽でやたら使われてるよね
今年の Eurovision の曲の中にもそういうのがチラホラあるし
細かいことを言えば、本当に事細かに全部にそういう要素を言えるけども

そこに、笛の音色や、サビ後間奏でのコーラスとか
申し訳程度に民族音楽性を入れているところもあって
もう、とにかく人気が出るような要素を入れに入れまくった感じの曲だと思う
チーズを入れて~、アボカド入れて~、あとタピオカ最近流行ってるよね!
つって、ドボドボ鍋にくべていった結果、出来上がったって感じの曲
売れるように作ろう、人気が出るように作ろうって言う
制作した人の思惑が透けるどころかモロに見えてるような音楽
って感じかな

それ自体は、全然悪いことじゃないと私は思っている
サルヴァドールはそういう曲を一番否定するだろうけど
私は味のよく分からないマツタケよりチーズバーガーの方が好きだし
たまにピザハットの出前を頼みたくなることもあるし

楽曲全体で言えば、先の展開が読みやすいというか
流行りものを詰め込みまくっているだけあって
音楽の展開もとてもシンプルで王道で、とにかくサビで押そうって感じの曲
だから、すごく聞きやすいし、聞いてて違和感がない

ただ、個人的にこの声の出し方は好きじゃない
音楽は良いと思う、でも、声は正直受け付けないところがある
基本的に、こういう、べーって舌を出しながら歌ってるように聞こえるというか
舌先だけで音を出しているような歌い方をする人が苦手なんだよね
サビの歌い方と、特に声を張って伸ばすボーカルパフォーマンス
ただ喚いているだけに聞こえて、私は全然評価ができない

音を外すようなことはないし、下手ではないんだけどね~~~~
度胸があるのか、自信に満ち溢れた表情と声の張り方をしてるから
Eurovisionの舞台でも、緊張を見せずにバシッと決めてくれそうだし

まあ、アイドル歌手らしいアイドル歌手って感じだよね
The X Factor や Operación Triunfo の出場者って感じ

……って、調べてみたら、実際彼女はそういう歌手だったらしい
ウィキを見てみたところ
今年のアゼルバイジャン代表チンギスも出場した
New Wave っていう歌唱番組のジュニア版に出場したことがあるらしく
Junior Eurovision Song Contest の国内予選にも出ていたらしい
さらに、ロシア版のOperación Triunfo にも出ていたのだとか
そりゃ、The X Factor 出場者みたいなアイドルっぽい歌唱にもなるわ

ESC的にはどうかな
先にも書いたように、どこかで聞いたような音楽って感じが強いから
何も、Eurovision で聞かなくても、そこらに転がってそう
ってところで、あまり人気は出ないかもしれないし
あるいは、キャッチーだし聞きやすいし、ティーン向けって感じがするから
人気は出なくとも、それなりの評価を受けるかもしれない

ただ、PÆNDA の『Limits』みたいに、リスキーな曲と比べれば
『Like It』は、明らかにEurovision での成績を狙ってるのが分かるし
言ってしまえば、無難な曲、って感じになるんじゃないかな
ESCでの成績も「そこそこ」以上を狙えないような気がしてならないが


次 >> 歌詞解釈と解説
http://sheilabirlings.blog33.fc2.com/blog-entry-6378.html

Eurovision 2019 もくじ記事
http://sheilabirlings.blog33.fc2.com/blog-entry-6210.html

サムネ
https://www.youtube.com/watch?v=xsERZfy0oUU
関連記事
EurovisionSongContestEurovision2019ベラルーシ国内予選大会

2Comments

fumufumu  

やめてwww

サルヴァドールのことには触れないでw
ESCが近付くにつれメディアが彼に大会や代表の話を振りたがり、
失言するんじゃないかと、もう心臓が痛いんですからw
(実際、すでにいくつか失言というか「それ言わなくていいから」が…)
「船の音」の記述で、リンクが予想通りミハウ君だったのでにっこり
すごい再生数ですね

ベラルーシ代表のZENAちゃんは「ベラルーシ代表」と言われなかったらわからないですね
Navi Bandって相当レベル高かったですよねえ

2019/03/23 (Sat) 18:13 | EDIT | REPLY |   

シーラ B  

Re: やめてwww

> fumufumuさん
去年ならまだわかるけど、今年もメディアが失言待ちしてるんですか!?www
まあ、彼のは麻生太郎みたいなアレと思えばww

> 「船の音」の記述で、リンクが予想通りミハウ君だったのでにっこり
私にとっての初出がミハウ君だけど、あのスタイルの音楽、どこから来たのやら

> すごい再生数ですね
見てびっくりしました
ロシア人も見てそうな国はつられて再生数が跳ね上がることが多いけど
それにしても、凄まじい再生数

> ベラルーシ代表のZENAちゃんは「ベラルーシ代表」と言われなかったらわからないですね
そうなんですよねえ~~~~~~~~
Navi Band は分かりやすくベラルーシって感じだったし
その上で、ここ数年の中で間違いなくトップの実力だったし

2019/03/23 (Sat) 19:19 | EDIT | REPLY |   

Add your comment