Eurovision 2019 サンマリノ代表 Serhat の『Say Na Na Na』をレビューする!

ESC 2019 のサンマリノ代表者と曲を見ていきます!!
3月10日、ホスト国であるイスラエルの代表曲が発表されたことで
ユーロビジョン 2019 各国の代表者と楽曲が全て出揃いましたが
当ブログでは現在、各国の代表曲を見ていっている真っ最中
もうまとめて記事にするのでも良いような気もするけど
書き始めたら、一つの記事で複数人を取り上げるには窮屈になったので
結局記事を分けているという状態

と言うことで、今回もESC 2019 の出場者の中でも
過去に ESC に出場したことのある代表者を見ていきます

サンマリノ代表
Serhat
(曲:Say Na Na Na


サンマリノからは、まさか過ぎるリピーターの登場!
セラハットは、Eurovision 2016 でもサンマリノ代表として出場した歌手で
生まれも育ちもトルコのイスタンブールであるトルコ人歌手という
2016年当時のセラハットは、お世辞にも大人気な出場者とは言えず
準決勝で敗退してしまった時も、私は案の定、と思っていたほど

当時、彼が歌っていた曲は、『I Didn't Know』と言う曲で
発表された当初は、クラシカルな雰囲気の漂うバラードだった
ところが、それが退屈だとする人の意見が多かったからなのか
本番までの間に、まさかのディスコアレンジ版を発表
Eurovisionって、曲の雰囲気や編曲を変えることはちらほらあるけども
曲そのものは変えないにしても、ジャンルをガラッと変えてしまうのは珍しくて
私も結構戸惑った覚えがある
ただ、今になって調べると
2016年に出場する2年も前から『Je M'adore』って曲を発表していたり
実は、ラテン系音楽やディスコソングみたいな、ダンスミュージックに強かったみたい

2016年当時のことをもう少し語ると
流石に私でも、毎年何か国かは曲も出場者も思い出せないところもあって
それは、その時々ですごく気に入ってたはずなのに思い出せないってこともあるんだけど
セラハットの事に関しては、よく覚えてる
彼の曲は、当時の私の好みからかけ離れていて、割と苦手だったんだよね
だから、2016年の私は、あまり良いコメントも残していなかったと思うし
でも、だからこそ、なのか、2016年の出場者の中ではしっかりと覚えてるという
特に、編曲を変えられてしまう前のバージョンのことを私はよく覚えている
まあ、とは言ってもサビの部分だけが妙に耳に残っている程度なんだけど
私はなんだかんだ、ディスコ版よりも編曲前の方が好きだったんだよね

さて、今年も2016年の時と同じように
サンマリノの公共放送局San Marino RTVの内部選考でセラハットに決まったらしい
んで、私は最初、曲を聴くまではあんまりセラハットのことに対して期待はしていなかった
やっぱり、2016年の曲や歌唱を知っていると、もろ手を挙げて喜べないわけで

だけど、今年の曲を聴いてから、評価が全く変わってしまった
今年の曲、すごく良いと思う
まず、曲の出来がすごく良いと思った
2016年の『I Didn't Know』みたいに、いかにもなディスコソングなんだけど
あまり、古臭さを感じさせないようなディスコソングになっているとも思ったんだよね
この手の音楽って、大抵の場合、もうディスコソングって時点で古臭く感じるのに
古き良きディスコソングの良さを残しつつ、今の技術を駆使して
古い曲・古い音楽を現代風に蘇らせたって感じの感覚があるというか
今のダンスミュージックらしさを取り入れたような曲になってる気がした
それも、最新のダンスミュージックっぽさを取り入れるんじゃなくて
あれだ、イギリスのBooty Love ってダンスミュージックのデュオユニットがいてさ
10年前の歌手だけど、その当時でもちょっと古臭さを感じさせたユニットで
それぐらいの、最新すぎず、古すぎず、「今風」な音楽に直してるって言う
そういう、一昔前のダンスミュージックぽさを感じるんだわ
だから、聞いていてあまり違和感を覚えなかったんだ

あと、単純に2016年から私の好みが変わったのもあるだろうな
特に、2017~2018年は欧州各国のThe Voice を見て
色んな音楽に触れていく中で、私の中でもディスコソングに対する評価変わったし

それと、途中で編曲をディスコソングにしてしまった2016年とは違って
最初っからディスコソングとして作ったからなのか
セラハットの歌唱も、ものすごく自然な形でディスコの雰囲気に溶けていると思った
何よりも彼の歌唱が音楽にハマらないと、2016年みたいに違和感で台無しになるだろうけど
そこが、カチッとピースがハマってるような状態に聞こえるんだよね

これ、また今年も準決勝敗退する可能性はあると思うけども
とはいえ、私は普通に素直にこの曲が良いと思えた
歌詞の中身とか、微塵もなさそうなところも良いよね
「考えるな、感じろ」を地で言ってそうな感じがすごく良い
とにかく、聞く人を楽しませることに振り分けポイント全部ぶち込んでるのがすごく良いよ

どうでもいい余談
音楽の方向性として、もちろんディスコをベースにしつつ
ちょっと前のダンスミュージックとして作り直してる感があるって書いたけど
案外、Jet Set Radio の『Electric Tooth Brush』みたいな
エレクトロニカ系のヒップホップって感じの感触がしないでもない
と思って聞き比べたら、全然そんなことなかったんだぜ


次 >> 歌詞解釈と解説
http://sheilabirlings.blog33.fc2.com/blog-entry-6387.html

Eurovision 2019 もくじ記事
http://sheilabirlings.blog33.fc2.com/blog-entry-6210.html

サムネ
https://www.youtube.com/watch?v=l5arNtTYK1s
関連記事
EurovisionSongContestEurovision2019サンマリノ

0Comments

Add your comment